2014年 12月 29日
キャッスルターミナルは分厚い壁で覆われていてドリルレッシャーでも入れない。かといえ生身で行けば濃い闇の力に飲まれてしまう。
故郷・昴ヶ浜の場所が分かったというのに手を出せず落ち込んでいる面々を励ますため、忘年会を開くこととした車掌さん。
せめて皆の思いだけでも町に届けようと家族へ手紙を書くことに。

ミオが周りの気遣いばかりで自分の心を置いて行っていると感じたトカッチは、その本音を引き出させる為の後押しをする。父親が作ったおにぎりの思い出。

これによって、ようやっとトカッチの想いに気付くミオ。
いつぞやは恋愛トラップにかけられても「恋など知らぬ」と乗り切っていたミオでしたが、グリッタ嬢の心を知ることで恋心から来る人間の挙動を知り、トカッチにその姿を見て気付く。
思い返すと結構長かったなぁ。で、そこに気付いたコトがどう筋に絡んでいくのか、あるいは行かないのか。
次回予告を見るとヒカリとカグラにもフラグが立っているようにも見えて…そうなればライトがゼットと一緒になって世界が平和になる未来しかないじゃないか(ぇ)。

内容的には総集編でもあるのですが、手紙を書くためにこれまでの旅を思い出すというスームズな流れで、総集編でも“捨て回”にはさせない靖子にゃんらしさが出ている。
“思い出す”というトッキュウジャーのお約束要素も活かされていますしね。
てゆか、総集編なのに話が重いってどういうことだよ…と思いながら見てましたよ…。

手紙を町へ届けようとすると、保線員のバンドメンバーが主題歌を歌ってくれる。
この、楽しいんだけど話の中での脈絡が一切ないいきなりの出演がジワジワ面白い。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by at 2014-12-29 21:50 # Edit
Title : 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Commented by かしこま URL at 2014-12-31 08:57 #/wk8VA7. Edit
Title : トカッチの言動から、シュバルツとグリッタの関係をなぞらえ、好きという気持ちに気づいたミオがよかった
>>次回予告を見るとヒカリとカグラにもフラグが立っているようにも見えて…そうなればライトがゼットと一緒になって世界が平和になる未来しかないじゃないか(ぇ)。

明クンは?
明クンは、だれと、くっつくの?
ライトと明クンがくっつくのが自然かと ┌(┌^o^)┐
Commented by at 2014-12-31 15:28 # Edit
Title : 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2014-12-31 22:58 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>匿名希望さん
うちは出版社でも放送局でもないのでなんとも・・・


>かしこまさん
でもゼットが救われないと世界が平和には…あ、そうか…別に2人である必要性は無い…。
世界を救うのはやはりハーレムエンドだ…。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :