2014年 12月 22日
暴走したハートから何とか逃げ延びた進ノ介。
霧子は進ノ介をレストランへ誘い、ロイミュードの停電作戦を必ず阻止するようにと誓わせる。
進ノ介が戦うのは市民の為でもあり、自分の為でもある。
ゲスト少年等の誕生日会を守る為に戦う、みたいな話の方がベタって気もしますけど、自分の誕生会の為にってのもカラッとしててこれはこれでいいなぁ。

ベルトさんがトライドロンを作った理由。
それは強いカラダでドライブと一緒に戦う為。
ベルトさんが心で、トライドロンが身体なのだ。

公開中のMOVIE大戦でもベルトさんの過去語りがある為か、思い出そうとすると自分の脳内で今回の話と映画の内容とでごっちゃになってしまいます。あれ、今思い出したくだりはどっちの方だったかな…と。
意図的かどうかわかりませんが、映画と今回の話とでちょっと“対”になっている感もある。心と体…。

当初はベルトさんの“心”と進ノ介の“肉体”、半身同士が一つになった時に“仮面ライダードライブ”に変身できるのだ…という認識でしたけど、そうではないんですね。
ベルトさんと進ノ介、二人の人間がタッグを組んだ姿がドライブ&トライドロンなのだと。

半身同士で一つになるというのは、どちらかというとプロトドライブの方だったのかもしれないなー。その時はトライドロンが無かったわけだし、その不完全さゆえにプロトドライブは死んでしまったのかもしれない。
心と体が別々だと結局ロイミュードと同じだし、ヒーローのアドバンテージにならないのかも。
「二つの心が協力する」というコトに強さがあるのならば、ベルトさんにも進ノ介にも心と体が備わっている必要があった…ということなのだろうか。
おいおい分かると思うけど。

次回から本格登場の新ライダーもちらりと顔見せ。
バイクに乗るライダーなんて…掟破りもいいところだぜ…。

仮面ライダー 各話レビュー
関連記事
TAGS : ドライブ
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from blog mr at 2014-12-25 22:39
タイトル : 仮面ライダードライブ「暗黒の聖夜を防ぐのはだれか」
 進ノ介やベルトさんと連絡つかないってどういうことよ。  会話はできないかもしれないけど、どこにいるかくらいはわかってしかるべきだと思うんだが。  霧子のセリフがいいな。「笑って何が悪いんですか」とか「色々様にならない」とか。  祝ってもらう気満々の進ノ介。  特状の面々がいることにがっかりしてたが、何を期待してたのでしょうかw  相変わらず残酷な倒し方。どうしてそういう方針になってる...