2014年 12月 15日
闇の力が弱まる闇減りキャンペーンの最中、皇帝ゼットに襲い掛かるシュバルツとトッキュウ6号。
闇が弱まる今ならばレインボーラインの力の方が上!とシュバルツは読んでいたものの、皇帝の力は強大。チェンジャーを奪った皇帝はレインボーラインへと乗り込んでくる。

虹野さんがキャッスルターミナルに攻め込んだり、ゼットがレインボーラインに乗り込んだり、状況は敵味方入り乱れての混戦。
ゼットがレインボーラインへとやって来たのは、本人の言う通り闇が弱まったのでレインボーラインに居る方が楽だからなのか…あるいはそうしなければトッキュウジャー無しでも話がグイグイ進みかねないからなのか…。

グリッタがゼットから離れないのはシュバルツの為であり、レインボーライン、シャドーライン双方の為でもある…とのことでその説明も次回以降の様子。
前中後編の中編なので、次回への宿題が多い。仕方ないけれど。

そんな折に何故か現れるシャドーの総本山キャッスルターミナル。
何と横には見覚えのある木も。キャッスルターミナルのあるその場所こそが探し求めていた昴ヶ浜だったのだと…。
これには驚きと同時に納得。

そうだよな。自分たちの大目標とシャドーを倒す事が直結するのは当然の作劇ですもんね。うんうん、そりゃあそうだわ。
目的が明確化してきて話も動いていると楽しいですな。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by 名無しさん URL at 2014-12-18 19:13 #- Edit
Title :
この木なんの木、気になる木があらわれて、ああ、ナルホド、でしたよね。トッキュウジャーの連中がトッキュウジャーやってるのが偶然じゃなくて必然だったという。なんで気がつかなかったのか?昴ヶ浜の場所。。。おもしろいなあトッキュウジャー
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2014-12-19 19:56 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>名無しさん
話がグッと動くと面白さが増しますね。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2014-12-15 21:51
タイトル : 烈車戦隊トッキュウジャー 第40駅「誰があいつで あいつが誰で」
烈車戦隊トッキュウジャーの第40話を見ました。 第40駅 誰があいつで あいつが誰で 「明…お前、俺達と戦うのか?」 「お前達がこのまま引き下がればその必要はない」 「そんな…!?明くんと一緒じゃなきゃ引けないよ!」 「だったら力尽くで追い払う!」 シュバルツ将軍を追う行く手を阻んだ明はライト達を吹っ飛ばすとザラムの姿に戻り去ってしまう。 そして、シュバルツ将軍...
Tracked from blog mr at 2014-12-16 08:24
タイトル : トッキュウジャー「誰があいつで あいつが誰で」
 ほぉほぉ。  それぞれの意図、思惑がはっきりしてきましたねぇ。  しかも、キャッスルターミナルがライトたちの町、昴ヶ浜だとは。それがどういうことかの詳細は不明ではあるものの、そりゃググっても出てこねぇよな。  そもそもレインボーラインもシャドーラインも同じ業種で、相互乗り入れも可能な関係。ライトたちとゼットたちの間になんらかの関係がある、ってのには納得性がある。  まぁ、「仮面ライダーかよ...
Tracked from 色・彩(いろ・いろ) at 2014-12-19 01:53
タイトル : 烈車戦隊トッキュウジャー  第40駅 
「誰があいつで あいつが誰で」  なかなかに奥の深いサブタイ。 どちらかと言うと