2014年 12月 05日
本日放送は「ドラミが生まれた日」と「やりくりアリでリサイクル」でした。

「ドラミが生まれた日」は2114年12月2日。その100年前を祝しての誕生会が行われる。
その中でドラミがリボン型の耳や兄妹である理由が語られる。
初めてドラミの誕生日エピソードが披露されたと思いましたが、案外と話はシンプル。設定だけをさらりとおさらいするような内容。オイルの濃い部分を使ったとか、耳があるとドラえもんが可愛そうだからとか、ほぼ方倉設定のまんまですね。
兄妹愛の部分も少し盛り込んでほっこりとした内容でしたが、せっかくだったらもうちょっと広げたエピソードにしてもよかったのでは…という気もする。むしろいつもなら貪欲にそうしているのに何故今回はこうもあっさりとした内容で誕生日エピソードを描いているのか。

「やりくりアリ」は、ゴミの分子を結合から組み替えて全く別のモノへと蘇らせてくれるリサイクルアイテム。
これもまたクリーンなアイテムで夢があります。鉄は鉄から、ポリ製品はポリから作るとか、実に日常感SF。
のび太のイメージでは車やバイクまで作っていましたが、そんなんまで作れるならもう新品なんていらないのでは…復元光線とかDXライトなども存在する未来の市場経済はどうなっているのか割と気にかかります…。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by ハナ URL at 2014-12-06 11:21 #- Edit
Title :
今年はドラえもんの一年でしたね。2014年興行収入が118億円ですからね。宮崎駿ジブリ映画クラスの大ヒットですよ。製作費も宮崎駿くらい使ってると思ういますが。ドラえもん1980年第一作が30億推定なので35年後にまさかこうなってるとは、世界中のどんなコアなドラえもんファン誰も思っていませんよね。2015年の映画はオリジナルなのでよくわかりませんが2016年リメイクならどの監督に作ってもらいたいですか?
渡辺歩~まさに映画を感性で作る人。感動系を得意とし、敵のクオリティも子供の映画とは思えない大人の悪を描くので大人でも見ごたえがある。あまりにも感性で書きすぎるため「ドラクラッシャー」の異名を持つほど原作がないと暴走し、あまりにも渡辺ワールドにドラファンが恐怖を覚える。僕は渡辺監督に海底鬼岩城を作ってほしいです。
寺本幸代~監督の総合評価はドラ映画no1。ひみつ道具博物館がドラえもん総決算映画すぎて、一部ではそろそろドラえもんを卒業して寺本オリジナルブランド映画(宮崎映画みたいな)作るんじゃないかという噂がある。
楠葉監督と腰監督~ドラファンの中ではあまり評判は良くない。
八鍬監督~一言で言って渡辺監督の後継者。
Commented by 名無しさん URL at 2014-12-12 18:25 #QisW12dc Edit
Title :
どうしてドラえもんは量産型に対してドラミは一体だけなのですか?
出来れば詳しいお願いします。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2014-12-12 21:23 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>ハナさん
監督の個性が強いモノも結構好きなので、全く今までかかわった事が無い監督なんかが来てくれても面白いのになーとは思います。クレヨンしんちゃんの映画では時々そういうこともやってるだけに、ありかなと。
そういう今までに無い化学反応的なモノが見てみたいのです、個人的には。


>名無しさん
オーダーメイドなのではと。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :