2014年 10月 20日
自分たちの事を思い出し、再びトッキュウジャーとなって戦っていく事を決意した面々。
ライトとヒカリが道場で空手を習っていた事実も記憶の中から掘り起こされる。

ヒカリ役の横浜流星くんが空手の達人という事から着想されたお話だとは思いますが、ライトもかなり動けるのが今回の話ではよく分かる。
素面でキレキレのアクションを次から次へと見せてくれて素晴らしい。
殺陣以外のアクションも「マジかよ」というレベルだし、あのビジュアルでJAEと遜色ないアクションが出来るとか…なにそれズルイ。

てっきりヒカリの空手アクションを見せる回なのだと思っていたけれど、同じく動けるライトを使って話を組み立てていることで、幼馴染というトッキュウジャーならではの話になっている印象。
ヒカリの空手スゲー!というだけでも話としては十分に成立するのだろうけど、それだけではトッキュウジャーじゃなくても出来るだろうと。
トッキュウジャーはゲストエピソードよりも身内で話を回す話の方が多い…かな。
シンケン、ゴーバスもだけれど。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2014-10-20 20:47
タイトル : 烈車戦隊トッキュウジャー 第33駅 「カラテ大一番」
今回は記憶が戻ってからの、キャラクター掘り下げ回と言った感じでしたね。 プラス、横浜流星くんのルーツを掘り下げた回でもありました。 しかし、流星くんの空手の型、アクショ ...
Tracked from MAGI☆の日記 at 2014-10-20 21:19
タイトル : 烈車戦隊トッキュウジャー 第33駅「カラテ大一番」
烈車戦隊トッキュウジャーの第33話を見ました。 第33駅 カラテ大一番 記憶を取り戻したライトとヒカリはライトのおじいちゃんから空手を教わっていたことを思い出す。 そんな中、隣の駅がシャドーラインに乗っ取られていることに気付いたライト達が駆けつけると、シャドーではなく人間の男達が襲ってくる。 「何?何!?」 「シャドーには見えないけど…」 「ちょっと、何なの!?」...
Tracked from blog mr at 2014-10-23 22:19
タイトル : トッキュウジャー「カラテ大一番」
 毒注入器がかっこいい。もうちょっといじったら変身ギアになりそう。  怪人の口は不思議な感じだったなぁ。  生身のアクションすげぇ。  冒頭の練習シーン、ヒカリとライトの動きがずれてるんだけど、どっちが下手、っていう感じではない。ひょっとしたら、二人の違いを出すためにわざとずらしたのかな。  巨大怪人の最後の言葉、注射器だから医療→ご臨終だったんだろうけど、考えようによっては際どい。いや...
Tracked from 色・彩(いろ・いろ) at 2014-10-24 02:14
タイトル : 烈車戦隊トッキュウジャー 〜第33 駅 
「カラテ大一番」 随分遅くなりましたが、区切りに。 過去が明らかになった、と言う