2014年 09月 15日
モルク侯爵の命で闇を回収しに来たノア夫人。
人を操って暴力を振るわせるというド直球のやり方が潔い。
トッキュウジャーと遭遇するやライトを操って仲間同士戦わせるが、2号以下は仲間とは強く戦えない。

主軸はトカッチとヒカリがお互いに面倒な部分を持っているなぁと共感して友情を深めるお話。
ミオの事が好きで嫉妬してしまうトカッチと、つい厳しいことを言うと冷たく見られがちなヒカリ。
お互い面倒くさいし、お互いうらやましい。

幼馴染設定での友情深化エピソードは矛盾を孕んでて難しいとは前にも書いたことあるけど、今回の話は幼馴染だから分かる事と、それでも分からない事というのが素直に受け止められました。
しかし、こういったかなりバランスの難しい話になるので、靖子にゃん以外の人では書けないのだろうなぁ…とも感じる。
既に仲イイ状態だと対立軸も無く、とっかかり作り辛いもんなぁ…。

…と、主軸はトカッチとヒカリの話なのに、ライトに言いたい事ぶつけてやろうという作戦にシフトするのは何なんでしょうか…。
いや、確かにトカッチとヒカリが今まで言えなかったことをお互いに言い合う話ではあったが…ライトは関係なかっただけに何故繋がるのかと疑問が…。
トカッチとヒカリだけでなくミオとカグラも含めての話だったらその流れも分かるけど、そこ急に、なにどしたの?と思ってしまった…。

ダイカイテンキャノンは5人のレッシャーをチャージすることで巨大クライナーも撃退できる。
もうトッキュウオー要らないんや…。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MAGI☆の日記 at 2014-09-15 09:38
タイトル : 烈車戦隊トッキュウジャー 第28駅「カッコ悪いがカッコ良い」
烈車戦隊トッキュウジャーの第28話を見ました。 第28駅 カッコ悪いがカッコ良い トカッチはミオとヒカリが仲がいいことが気になっていた。 そんな中、明からシャドー出現の知らせを受けたライト達が駆けつけると、街ではノア夫人の放った羽によって催眠状態となった人間が凶悪化して暴れていた。 「トッキュウジャー、邪魔はやめてもらいましょうか」 「あなた、まだゼットの側にい...
Tracked from blog mr at 2014-09-17 20:56
タイトル : トッキュウジャー「カッコ悪いがカッコ良い」
 あ、トカッチとミオは匂わすだけでなく明確に行くんだ。ふうん…ちっ。  自分のミスでノアの羽がライトに刺さってしまった。責任を感じて大暴れする明。「明を止める」が可笑しかった。  にしても、「牛乳かけられた」とかで「突っ込んで」いくとは。この肩すかし感が素晴らしい。  ところで、この6人の中に、めんどくさくない人いるのかw?
Tracked from 色・彩(いろ・いろ) at 2014-09-18 01:25
タイトル : 烈車戦隊トッキュウジャー 〜第28駅
「カッコ悪いがカッコ良い」 めんどくさい男子の話(おい)よりも、シャドーラインの