2014年 06月 23日
新たな戦士トッキュウ6号が登場。
元シャドウラインにして今はレインボーラインの整備士ザラムさんがアプリチェンジャーで6号に変身するぞ!

ザラムさんは元シャドウラインの一員。
いつも雨を降らせて人間を困らせて闇を発生させていたとのこと。
基本精神面へ悪事を行うシャドウラインの中でも抜群にゆるい悪事ですね…。むしろ喜んでいた農家の人とかいませんでしたかね…。

アプリチェンジャーが出て来て、ザラムさんをライトが気に入って、チェンジャーを渡して…と、如何にも手っ取り早く一番近くにいた人をたまたまチョイスした感があるような…。
どうしても、最初からアイツを6号にしようという目的でライトが行動しているように見えてしまいます。
ザラムさんが悪いわけではないけど、6号はこの人でなければならない!というハッキリとした理由付けは無い…ようなのが気にかかる。
あ、今思い出したけどザラム君も幼馴染の一人だったじゃーん! みたいのがあると分かり易いんですけどねぇ。
それなら車掌が6号でもいいわけで…。今回の為だけにチケット君6号Ver作ったのかしら…。

シュバルツ将軍はザラムさんと一緒に何かやろうとしている模様。
闇ではなく烈車の力で地上を制圧する…とか。
皇帝がキラキラを求めていることを考えても、シュバルツさんがラスボス…なのでしょうか。いや、見え見えのフラグをこんな早い段階で出すのもおかしいか…。

ザラムさんは自分の罪に苛まれ、死に場所を探しているという。
靖子にゃん戦隊的にはいかにも終盤で死にそうなキャラといえばそうなんだけど、トッキュウジャーの雰囲気からするとさすがに死な…いや…どうかな…。

6号の武器ユウドウブレイカー、レッシャーを入れて攻撃するのイイぞーと思ったんですが、どのレッシャーでも同じ音だと聞いてちょっと残念。
レッシャーによって変われば劇中での表現にも幅が出るんですがね…今年のアイテム、全体的にそういうのが気にかかる…。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by 銀河勁風 URL at 2014-06-27 23:40 #701gxeB2 Edit
Title :
もしや車掌か?…とも思われた新戦士6号、変身するは元シャドーラインのザラム。訳ありで敵対していたり怪物になっていたり…といった者はいましたが、完全に敵方出身の者は彼が初めてでしょうか。

中々に新鮮な展開ですが、「6号は彼しかいない!」という感じは確かに弱いですね。チェンジャーも特に変身制約は無いようですし。これから5人とどう関わっていくかが気になります。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2014-06-29 04:08 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>銀河勁風さん
操られて敵の怪人になってたけど元に戻った…というのはこれまでもありましたけど、完全に敵さん出身はそうか初めて…。
今年の最終回消える枠はこの人…なのか? いやでも今年はみんな消えそうな気もする…。
あとせっかくチケット君6号を作ってるので、いつかチケット君および関根さんがメインで戦う回が欲しいです…。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2014-06-23 23:57
タイトル : 烈車戦隊トッキュウジャー 第17駅 「雨上がりの空に」
待望のトッキュウ6号登場編! しかし・・・、よくもまぁ毎回毎回、 濃い追加戦士投入するなっ!www 鎧、陣&樹液、ウッチー・・・。 それらに負けないほどの ザラム!! ...
Tracked from MAGI☆の日記 at 2014-06-24 09:34
タイトル : 烈車戦隊トッキュウジャー 第17駅「雨上がりの空に」
烈車戦隊トッキュウジャーの第17話を見ました。 第17駅 雨上がりの空に 車掌の元に闇の皇帝に対抗するため新たに作られた変身アイテム“アプリチェンジャー”が届き、トッキュウ6号が誕生することが明かされる。 「当然の人選が行われました。分かるでしょう?」 そんな中、シャドーとの戦闘でレールに損傷がないか確認するために元シャドーで烈車が安全に走れるように線路を守る保線作業...
Tracked from blog mr at 2014-06-26 21:49
タイトル : トッキュウジャー「雨上がりの空に」
 強烈だなぁ。  ライトの推薦でスルっと6号になっちゃうザラム。  もとシャドウってのも、昨今ではさして珍しくない配置だが、その怪人としての能力が「雨を降らせる」という凄いんだか凄くないんだかよくわからないところが凄い。「雨天中止」っていう言い方にセンスを感じる。さすが小林靖子。  死に場所を探している愛すべき勘違い野郎の活躍に期待。活躍っつーか、基本的にまじめな人ばっかりである5人とのずれ...