2014年 06月 13日
本日放送は「パパもあまえんぼ」と「たけしのズンドコ誕生日」でした。

「パパも~」は、酔っ払ってくだをまいたパパを叱ってもらうべく、タイムマシンでおばあちゃんに会わせるお話。
これ幼い時分に漫画を読んだ時はよく分からない話の筆頭だったんですけど、年取るほどに堪える話だなぁと感じられるようになる。
この手の泣きエピソードが十数分で成立できるというのがよく考えると凄いかもしれん。同じ運びで話を作ろうとすると、のび太やパパが経験した嫌な事まで描写しなければ…と思ってしまうもんなぁ。そこをバッサリ切って、母親に甘えたくなるという普遍性の部分の描写にだけ注力してる。
視聴者・読者は泣いているのび太やパパではなく、それを一歩引いて見ているドラえもんやのび太の視点なのが、泣きエピソードの作り方としては変化球にも思える。それはページ数の限られた中でテンポよく話運びするテクニックなんだけど、誰にでも経験あるでしょ?という普遍性の部分でちゃんと泣かしにかかっている。
映画で2時間出来そうな話でも十数分でまとめてますからね。このコストパフォーマンスの引き出し方に感心する。

「たけしの~」は、“日本標準カレンダー”で6月15日をジャイアン誕生記念日として国民あげてのお祭りにするお話。
この日はジャイアンシチューを食べてテレビで生中継されるリサイタルを視聴する。「視聴する国民の義務」というのが凄い…。
「きよしのズンドコ節」ならぬ「たけしのズンドコ節」をクライマックスで熱唱。カバー曲のキャラソンもあるのかよ…。てか、ジャイアンのBGMに歌詞が付いていた事の方が個人的には驚きでした。そんなものをいつのまに…。
リサイタル生中継の放送だけはなんとかして食い止めたものの、誰にも祝ってもらえないのかとうなだれたジャイアンを見て、ドラえもんは“ツモリガン”で誕生日リサイタルをしたつもりにさせてあげるのでした…。
最後がイイ話っぽいような、でもよく考えたらひどい話なのが如何にもドラえもんさんらしくて良いです。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by syonbenjajaja URL at 2014-06-15 23:55 #- Edit
Title : バックバンドは出ますか?
ジャイアンのバックバンドも今後は見たいです。 ギター、シンセサイザー、ベース、ドラム等をアニメ化期待します。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2014-06-16 22:59 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>syonbenjajajaさん
楽器はアニメで出すの大変なんですよねぇ。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :