2014年 05月 23日
本日放送は「な、なんと!! のび太が100点とった!!」と「珍加羅峠の宝物」でした。

「な、なんと~」は、のび太がまさかの100点を取ってしまったことを誰も信じてくれないため、どんな事でも信じさせてくれる“ピーアール”で100点の事実を世間に広く知らしめるお話。
どんな事でもということは別に事実である必要は無いのだろうか…範囲も広いしこれまた恐ろしい道具だな。
のび太が100点を取った事は日本中へ拡散され、テレビでは記念特別番組、国会では新たな休日にする法案、大変なお祭り騒ぎとなる。
口頭で伝えるより、テレビや新聞の方を人は信じるとか。偉い先生が言及しただけで涙を流したりと、メディアや権威主義に対するエスプリも利いている。
オチはオチで笑えるけど親子の温かいオチでよくまとまっている話だよなぁ。

「珍加羅峠の宝物」は、“宝探さがし機”を使って伝説になった財宝を探し当てようという一編。
ドラえもんの方から金儲けを持ちかけてくる珍しいお話。前回も書きましたが、金銭欲にかられる様は面白い。
宝探しをするが、結果的に財宝は見つからず。原作だと助けた御礼を素直に受け取って札束を手にしていましたが、アニメでは機会を逃す。たしかに原作読んだ時、このお金はこの後どうなったのだ…とえらい気になったので、こういうオチがベターかも。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :