2014年 04月 09日
イマジネーションによる成りきり力の強いカグラ。
そのバリエーションを増やす為に忍者映画を見ると、調子に乗ってヒカリのけん玉を壊してしまって両者気まずい空気に。
しかしシャドーさんの術中で、カグラとヒカリのふたりで戦わなければいけない羽目に。

成り切って調子に乗ってしまうカグラも、けん玉で思わずカッとなってしまうヒカリも、子どもっぽさの表れという印象。
見た目は大人でも中身は子ども…これが5人の過去と関与するのだろか…。

今回のトピックは乗換変身が始めてちゃんと役に立った!ということかな(え)。
操作役とけん玉役の入れ替わりで、なるほど武器も乗換するからこその有効活用。ピンクになると成り切り力がアップするということはなさそうですが…。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2014-04-09 06:36
タイトル : 烈車戦隊トッキュウジャー 第7駅 「やるせなく、やる気なく」
今回は戦隊でも「ど」定番の・・・ 仲違いしている2人が、他の3人(or4人)が戦闘不能状態の中、仲直り〜協力して敵を倒す。 というお話でしたが、この体の話は主に追加戦士と元 ...
Tracked from blog mr at 2014-04-09 06:51
タイトル : トッキュウジャー「やるせなく、やる気なく」
 そうそう、こういう乗り換えが見たかった。ヒカリと力グラの二人、それぞれが攻撃と防御に専念している、と敵が気づいたところで瞬時に乗り換える。見ながら「それそれ!」と騒いでしまった。まぁ、乗り換えるときに両手放してるけどその間どうなってるの、というのはあるが、そこは突っ込まないところ。我々は白線の後ろに下がってないとね。  ヒカリの横浜流星はよく見ると韓流風のイケメン。  ひっかきまわし要員...