2014年 02月 03日
ラスト2話。
最終回のひとつ前が最も面白くなるという定説もありますが、もうね…くっそ面白いです。
こっちの期待するモノを期待以上の興奮で見せてくれる。
血が湧き立つ。

大地の闇と地上の同時攻撃。
どちらも成功しなくてはデーボス打倒は叶わない。
先んじたトリンと共に戦う為、ラミレスと鉄砕も大地の闇へと向かう。
代わりに優子と真也が新たなシアンとグレーとして戦う事に。

初代バイオレットも出て来るし、シアンとグレーの後継者も出て来るし、ジェントルも実は強かったしで凄まじい総力戦。
二人の後継者は確かに前にフラグは立っていましたが、まさか本当に変身するとは。ということは、ラミレスと鉄砕が大地の闇へ向かって二点同時戦闘を行う事はあの時から考えられていたのだろうか…。

というかこれ、トリンはともかくとして既に故人であるラミレスと鉄砕だからこそ出来る作戦ですよね。
おそらく素直に「十大キョウリュウジャー全員集合!」だけでも最終決戦として大いに成立すると思うんですけど、スピリット戦士という設定を無駄なく有効活用している部分に「さすが!」と膝を打たずにいられない。
ただ過去怪人のスーツを再利用しやすいがために出したのだと思われた「大地の闇」も、スピリット戦士を最後に活かす為の設定だったのかと思えてくる。仮に後付けであったとしても。
とはいえちゃんと「10大キョウリュウジャー!」という部分も後継者を作る事によって捨てていない。
どの段階から考えられていたのか分かりませんが、ほんとパズルのように無駄なく積み重ねられてココに至っているなぁと感じる。
これぞ三条さんだわなぁ…。

デーボスを倒す術を手に入れたキョウリュウジャー達でしたが、悪のメロディの影響で変身は出来なくなってしまう。
ダイゴを氷結城へと送り込むため、仲間たちはしんがりを務めて戦う事に。

「俺に任せて先へ行け!」というドベタ展開なんですが、この一年分の積み重ねで直球に燃えるのが悔しい。
一年前に反りの合わなかったイアンとソウジをここで組ませという…何のひねりも無い予想通りの流れなんですが、くそ燃えます。ずるい。
また、何でみんなこんなに動けるんだというぐらいの生身アクション。
吹き替えだろうと思ったら顔が映っててビックリとか、そんなんばっかり。

ドゴルドとエンドルフには生身のウッチーが迎え撃つ。
ここぞという瞬間にエンドルフを裏切り、ドゴルドはウッチーと共にエンドルフを討ち取る。
空蝉丸に叱咤され、戦騎としての誇りは取り戻していたという。

ドゴルドは「オズの魔法使い」の「勇気のないライオン」がモチーフ。
最期に勇気、ブレイブを手に入れて散ってゆく。
ウッチーはドゴルドを認めることで「怒り」を受け入れる。
これで「喜怒哀楽」の全てをキョウリュウジャーは受け入れた事となるのですね。

「哀」と「怒」の処遇はどうなるモノかと思いましたが、単に許すとか受け入れるといったコトでなく、思いのほかドラマチックに仕上がっていて胸アツでした。
最後にウッチーが鎧着るとかなぁ…ズルイよなぁ…それは…ズルイよ。

いやぁ…もう爆発的に面白い。
よく出来ているなぁーとは前から分かってはいましたけど、それが繋がった瞬間にここまでの爆発力があるとは思っておりませんでした。
はぁ…残り1話ですか…。

ん~、もうどうとでもなれ!!

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by マキャベリー URL at 2014-02-05 17:59 #- Edit
Title :
あー今回も実にブレイブでしたわー。
ソウジとイアンが背中合せになるとことかウッチーとドゴルドの最後の一騎討ちとかブレイブ極まりましたわー。
そん中でも一番のブレイブはキョウリュウジャーを一話から最終話、そして劇場番とVシネマを書き上げたらしい三条さんマジブレイブですわー。
はじめの頃は、ブレイブってなんぞと思ったけど、ブレイブってブレイブなんですよね(意味不明)

さて、こんだけ書いてくれたんだ。そろそろ冒険王ビィトをですね…読みたいなぁ
Commented by ゼノドレイク URL at 2014-02-06 23:32 #zHTyKSPE Edit
Title : 眠れる怒りの獅子が目を覚ます
他者への寄生が前提の特性は当本人にはコンプレックスだったものの、
番組上では間違いなく1年通して盛り上げ要素に一役買ってくれていましたね。
前回に引き続き、心通えど道は交わらざる宿敵の最期としては有終の美と言わざるを得ない所。

この様子だとカオスの旦那も、地獄でなお奮戦する実弟との繋がりを
最後の最後で今一度実感させる末路に期待したいものですが…
Commented by はっさく URL at 2014-02-07 20:28 #- Edit
Title :
何と言うか、痒いところに手が届きまくる脚本ですね。
ウッチーのドゴルド再装着とかシアンとグレーの引き継ぎとか、ファンの妄想力泣かせのオンパレードで、ファンの期待にはキッチリ応えた上で予想は良い意味で裏切ってくる。
しかもそれが取ってつけた様な感じじゃなくて、キャラクターの積み重ねと張り巡らされた伏線の結果なんだからただただ感心するばかりです。
三条さんはホンマ天才やで〜。
Commented by 銀河勁風 URL at 2014-02-07 22:00 #701gxeB2 Edit
Title :
もうため息しか出てこない怒濤の展開…まさかウッチーが再びドゴルドを身に纏うことになろうとは。スピリットレンジャーとその後継者、二人のバイオレット、親子、仲間、ライバル…本当に「これでもか!」と様々な要素を余すことなく詰め込み正にブレイブとしか言い様のないストーリー。最終回が非常に楽しみであります。

37番目のスーパー戦隊、そのラストバトルは如何なるものになりますでしょうか。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2014-02-07 22:24 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>マキャベリーさん
とりあえず「ブレイブ」って言っとけば成立するのは便利だなーと最初は思っていましたが、確かに今となっては「ブレイブはブレイブ」としか言いようがない気がしますね。
戦隊は出来るだけ多くの作家さんに書いてもらってバラエティに富ませることが定石の中、全話執筆という掟破りは確かにブレイブ以外の何物でもない。というか敏樹先生の他にそんなコト出来る人が居ると思っていなかったのですが…。


>ゼノドレイクさん
ドゴルドがキョウリュウゴールドだと分かった時には「ドゴルドさん卒業かー」と思っていたのが懐かしいです。
一番盛り上がる展開を直球で見せてくれているって感じなんですよね。それ…それやられたら面白いに決まってるじゃないか…と。もう感嘆しか出ないです。
残り1話でカオスさんとデーボスさん…ラスボスとの対決が短いながら、キョウリュウジャーのテンポと強さなら納得もしてしまいますなぁ。


>はっさくさん
上手い事、伏線も張っていたのだなぁと感心します。これも全話執筆だからこそなのかもしれませんが。
ベッタベタですが…ホントやってくれる。構成厨としても理屈がこれだけ通る気持ち良さは快感ですよ。
「ザ・戦隊」というキョウリュウジャーらしい王道とそれ以上のブレイブを見せて貰えているような。


>銀河勁風さん
主題歌なし→「ブレイブを黙らせるな!」→主題歌イントロ の流れからずっとヤバイです。
単純に尺の足らなさを補うためのOPカットかと思いきや、そこでテンションを上げるための仕掛けだった…かもとすら思えてきます。
最終回で「自分たちのメロディ=主題歌」をどう使うのかも気にかかります。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from 大海原の小さな光 at 2014-02-04 09:32
タイトル : 獣電戦隊キョウリュウジャー 第47話「だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ」
エ、エンドルフー。 あまりにも…あっけなさすぎる。
Tracked from MAGI☆の日記 at 2014-02-04 11:15
タイトル : 獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ47「だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ」
獣電戦隊キョウリュウジャーの第47話を見ました。 ブレイブ47 だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ 地球滅亡まで残り5時間と迫る中、ダイゴ達の逆襲が始まった。 しかし、大地の闇で戦うトリン1人ではモンスターを封じるのがやっとという状態でこのままでは世界中にゾーリ魔達があふれ出してしまう。 そこでラミレスと鉄砕も大地の闇に向かうため、新しい戦士として優子と真也をシア...
Tracked from 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 at 2014-02-04 19:39
タイトル : [ヲタ話][スーパーヒーロータイム]最終回前にしてこの熱さ、まったく腹立たしいぜ!!(ナゼ?)
 とまあ、朝からテンション上がりまくりの「キョウリュウジャー」第47話。 いやいやしかし、まさしく怒涛の展開と呼ぶに相応しい、エントロピーを凌駕する猛烈な激アツっぷりだったね。去年のゴーバスターズも相当にハラハラドキドキだったけど、今回はそれに輪をかけて
Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2014-02-04 22:03
タイトル : 獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ47 「だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ」
もうあまりに素晴らし過ぎて、これまで何度も見ちゃいました(汗。 しかし、最終回前にOPなしという決断は驚きました。 まぁ、冒頭からテンション高くて・・・。 ジェントル ...
Tracked from 色・彩(いろ・いろ) at 2014-02-05 02:23
タイトル : 獣電戦隊キョウリュウジャー #47
「だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ」 この時期に、アイテムが店頭にて半額セ
Tracked from blog mr at 2014-02-05 08:06
タイトル : キョウリュウジャー「だいはんげき! さいだいさいごのブレイブ」
 最終回ならともかく、そのひとつ前でオープニングを変えるのは珍しいような。  中身もそれに負けない熱い展開。ドゴルドと空蝉丸の合体にはうなった。ドゴルドも、最後に漢を見せたな、と思ったらウッチーも倒れてしまった。なんてことだ。  それにしても、優子まで変身するのには驚いた。ちょっと期待したけど、デカレンジャーにひっかけた遊びはなし。まぁ、遊んでる場合じゃないんだけど。  無粋なことを言わせて...