2014年 01月 30日
「平成ライダー 対 昭和ライダー」の争いが行われる前に、まずは平成ライダーの天下統一が必要である。

そんな映画だったのかもしれない…。

■WIZARD 約束の場所

コヨミの想いであるホープの指輪の預け先を探して旅を続けていた晴人。
そこへ現れたのはファントムのオーガさん。
ファントムを食って自分の力とするオーガさんは、晴人の中のドラゴンを食らおうと狙ってくる。
ホープの指輪は奪われ、コヨミの姿を模した幻影が晴人を襲う。

コヨミが残したホープの指輪と晴人の心を巡るお話。
インフィニティの指輪を失っていたりもして、あのオールライダー特別編も受けての続編的エピソードとなっている。
あれ、でも紘太はウィザードの事を知らなかったなぁ…。
鎧武だけパラレルなのかな、面倒くさい…。

コヨミとの約束で指輪を安全な場所に眠らせなくてはならない晴人ですが、本当はコヨミと別れたくないとも思っている。そのジレンマに挟まれてコヨミの幻影とも戦えない。

相変わらずコヨミと自分の話になるとへなちょこな晴人。
いつの間にやらキマイラを再捕獲していた仁藤は、命の危険も覚悟で再びキマイラと再契約。いや、ファントムがもはや生まれない事を考えれば、かなり危険な契約…。
それでもビーストになる仁藤は、登場した時と比べると随分とヒーローしてるなぁ…。

コヨミと晴人の話は完全にラブストーリーの域に達している。
そういえばテレビシリーズもいわゆる「難病モノ」のフォーマットみたいなもんだもんなぁ。
この話では、テレビシリーズで死んだ恋人の遺骨をオーストラリアに撒きに行く…みたいなアレですね。

最後、ホープの指輪を自分のアンダーワールドのコヨミに預ける晴人。
自分の心に眠らせることで、コヨミと別れることなくコヨミとの約束を果たすことが出来る…と、なるほど綺麗な落ち。
これで晴人も「希望」を胸に生きていくことが出来る。

ウィザードが自分のアンダーワールドに入る事が出来るようになった瞬平の奇跡…はちょっと分からなかったんですが。
なんだろう…魔法使いになって奇跡を起こしたいという願いの結晶なんだろうか。
晴人に救われた瞬平が、晴人の希望になれたというコトでもあるのですかね。


■戦極 BATTLE LOYAL

ヘルヘイムの森から更なる異世界へと飛ばされた鎧武、龍玄、バロン。
そこは武神ライダーを使って様々な国が争い合う群雄割拠の戦国時代。

今年のMOVIE大戦(大合戦)は、3パートではなく2パート構成。
鎧武編自体がMOVIE大戦の世界と化して、そこにウィザードが合流する。要するに「鎧武の世界」というパートは今回無いんですね。
番組開始がひと月遅くなったとかもあって作り辛かったのかしら…。
とはいえ、ライダーを据えて覇権争いをするという「鎧武」の世界を表わした世界観ではあるわけですが。

散り散りになった紘太達はイエヤスやノブナガといった武将らと出会い、そしてどの武将にも与しない最強の武神ライダー・武将鎧武と対決する事に。

なんだか久しぶりに「どういうことなの?」というライダー映画を見た気持ちになれました。ん~難しい。
なぜライダー同士が戦うのか…という部分がさほど明確ではないというか。
「鎧武」テレビシリーズのように「自分の居場所を守る」為の争いだとして、そこに各平成ライダーが象徴化されている部分が弱いような…。

いや、「ディケイド」前の状況であれば各ライダーが自分の存在意義の為に殺し合うってのは分かるんですけど、「ディケイド」以降の仮面ライダーは「平成ライダー」という一つのパッケージに内包されてしまっているので、覇権争いをする必然性が無いんですよね。
要するにメタ的には、群雄割拠していた各平成ライダーは「ディケイド」によって平定され、天下統一は既に成されていると言える。

だもんで、いくら「鎧武」の世界観を模しているとはいえ、この平成ライダー達が天下を目指して争う様はどうにも納得いかない…。
何か別の理由付けで争うならまだ分かるんですけどね…。

最後に控えるは鎧武と同じ姿をした武神鎧武。

この人結局何者だったのか分からずじまいだったんですけど…まぁ鎧武の影のような存在ということですよねぇ。
鎧武の影…ということは力に溺れてしまった存在ということなのかもしれない。
他の武神ライダー達には武将や兵といった仲間がいるというのに、武神鎧武が率いるのは怪人のみ。
己の力を己のみの為に使う、力に溺れてしまった闇の鎧武…ということかも。

武神鎧武と怪人らの軍勢に対し、斬月を加えたアーマードライダー達はレジェンドライダーアームズで対抗。
こちらは武神鎧武と違い、レジェンドライダーの力を「分け合う」というコトなのだろうかな。
ま、それはそれでやっぱりライダーが争っていた点と繋がらないのだけれど…。


といったわけで、大合戦パートはちょっと難しい印象も。
いや、同じノブナガでもバレエ踊る奴よりは分かり易い…かな?
ウィザード編は51話、53話に続く三つめの最終回といった装いでしっくりと受け止められました。

いつもと違う構成のMOVIE大戦。
個人的には別々に並んでいた世界が融合する3パート構成の方が好みだったりするかな…。
一作目のカタルシスが強く印象に残っているからかもしれませんが。

MOVIE大戦も5年目ですからね…あれやこれやと試行錯誤して変革に入る時期なのかも…。

仮面ライダー 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by 銀河勁風 URL at 2014-01-31 21:00 #701gxeB2 Edit
Title :
前作までとは打って変わって二部構成となった今回。ウィザードパートが手堅く纏まっていたのに対し、鎧武パートはちょっと気になりましたね、正直。

W~ウィザードがややパラレルな本編世界だったりアンダーワールドだったり、「本編の隣」ぐらいで収まっていたのに対し、鎧武は沢芽市の隣のヘルヘイムの森のそのまた隣の世界に行ってしまったというか…ディケイドあたりならあそこまでメチャクチャな世界観でも納得できるのですが、鎧武中心となるとどうもなー…というか。いやまあ毎度のように面白かったのですが。

あとビースト復活の経緯が結構適当だったのが気になりましたね…キマイラをどうするかは非常に気になっていたので。年明けの鎧武の展開を見ると、それどころじゃなさそうな気がしますが(え)。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2014-01-31 22:04 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>銀河勁風さん
テレビの世界観に比べると結構はっちゃけた「鎧武」世界だなぁーと思えて、まぁそれは映画なのでいつものことって気もしたんですが。
光実が貴虎お兄ちゃんの目の前で変身していたのが結構気になってしまいました。パラレルだと覚悟していても、それは…いいのかなぁ。
鎧武は連続したストーリーのドラマだから、テレビ本編が映画公開時にどんな人間関係になっているのか予測するのは難しいんでしょうけれど。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2014-01-31 21:30
タイトル : 【感想】【ネタバレあり】仮面ライダー×仮面ライダー鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦
もう1回見に行く予定ですが、感想書くの忘れないうちに書いておきますw MOVIE大戦シリーズが始まって今作で5作目。ここ2年坂本浩一監督が続きましたが、それまでの2作を撮っ ...
Tracked from Hybrid-Hills at 2014-02-03 00:10
タイトル : 仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦の感想
公開初日に観に行って来ました。 以下、少しネタバレします。