FC2ブログ

仮面ライダー鎧武 第11話「クリスマスゲームの真実」

ロックシードを多く集めた者が勝者という新たなゲームを始めるライダー達でしたが、結局ロックシードそっちのけでバトルを始める始末。
そして白いライダー・斬月が他のライダーにかかっている隙に、紘太はユグドラシルのキャンプに近づいて情報を探る事に。

次々とライダーを仕留めて、森からライダーを排除する斬月。
ゲームの中だけで戦うライダーでは、そのルール適用外から刀を振るう斬月には敵わない…。
でもブラーボさんは他のライダーとは括りが違うので、本気でやればきっとやり合えるのでは…とも思うんですよ。斬月さんを気に入って戦意が無かったのでどの程度の戦いが出来たのかは分からなかったけれど…。
いや、ボクはブラーボさんを信じてます…よ…うん。

紘太はユグドラシルのキャンプで、インベスゲームもライダーバトルも全てはユグドラシルの実験だと知る。
大人ならそんな危険な事には手を出さないが、子どもはすぐに危ないモノに手を出すから…。

いきなりライダーベルトでバトルしろと言われたら子ども達も「嫌だよ、アブネーよ」と言ったかもしれないけれど、先にインベスゲームでロックシードに慣れてしまっていたから簡単に手を出してしまった…と、徐々に段階を踏むと麻痺して分からなくなるということか。
“徐々にステージが変わっていく”というテーマは“新たな世界を切り開く”という前向きな意味だけでなく、“深みにはまって落ちていく”コトになるのかもしれないわけだ。
今のところは“切り開いている”というイメージよりは“堕ちている”というヤバイ印象の方が強いストーリーなのだけれど、まだ序盤なのでその後は逆転攻勢に転じてくれるのかなと思いたい。

そして黒影さんのベルト破損。
制作発表会でもグリドンが紹介されて黒影が出ていなかったのが気にかかったのですが、もう退場なのしら…あ、でも予告にいっぱいいる…。
まさか黒影さんがフィーチャーされる日がこうも早く来るとは…。

仮面ライダー 各話レビュー
関連記事

コメント

ラストにかつてアギト初期のテーマにちなんだ台詞がありましたね。ビートライダーズが「大人になろうとするもの」、ユグドラシルが「大人になってしまったもの」と当てはめれば、異質であるブラーボさんは「既に大人であるもの」なのかもしれません。
将来に不安を感じて目先の楽しいことに「没頭する若者」でも無く、立場を利用し惰性と諦めで「大人をやっている」のでも無く、若い頃からパティシエという夢を叶える為に必死で努力をしてきた。一見遠回りに見えるけど軍隊の経験も決して無駄ではなかった。それらに裏打ちされた実績と実力があるから、余裕を持って「なりたい大人」になれた…意外と原点のクウガ、ヒビキ、カブトのようにちゃんとした仕事を持ったカッコいいカリスマの持ち主なのかもしれない…普段のキャラがあれ過ぎて破片も感じられないのはナイショだよ!
実は前日の内に仕込みを終えて開店時間になったら「お店明けなくちゃ!」と起き上がってもまったく可笑しくないぜ。

◆コメントありがとうございます!◆

>ミスターグラブシさん
そうなんですよね、要素要素を見ればピエールさんは閉鎖された世界に外から風穴を開けに来る、用心棒的な主人公キャラにも見えるんですよね。
キャラの濃さと、戦いが好きというヤバそうな部分さえなんとかすれば…。
お店がパティシエ無しでクリスマスを乗り切れたのかも気にかかりますが…。

>大人ならそんな危険な事には手を出さない
その大人がヘルヘイムの森やらロックシードやらに手を出した結果が今の沢芽市なんですよね。ダンスそっちのけでインベスゲームやらライダーバトルにのめり込んでいったビートライダーズの自業自得みたいなところがありながらも、やはり原因はユグドラシルというか…ここら辺考えると難しくなりますが。

初瀬ちゃんのドライバーが壊されたとたんに投入される量産型黒影…初瀬ちゃんが壊れたドライバー持ってる映像もありましたが、もう変身はできないのでしょうか…

◆コメントありがとうございます!◆

>銀河勁風さん
毒見は頭の悪い子どもにさせて美味しいところを頂こう…というのがユグドラシルという感じですかね。
そこそこ儲けている企業なので、あの森から手に入れた何らかの利益を人間社会で資金還元しているってコトなのだろうか。可能なのだろうか…。
龍騎のような“願い事が何でも一つかなう”とかだと組織として連れ立つ必然が無いからなぁ…レアメタルでもあるのかしら。
そもそもなんの会社なのかよく分からんのだけど。
非公開コメント

トラックバック

仮面ライダー鎧武 第11話「クリスマスゲームの真実」

大人と子供との違い。 あ、その話題まだ引っ張るんだ。

仮面ライダー鎧武 第11話「クリスマスゲームの真実」

仮面ライダー鎧武 第11話「クリスマスゲームの真実」

仮面ライダー鎧武 #11.

「クリスマスゲームの真実」 クリスマスでも、通常運転と言うことでダンスの練習して

仮面ライダー鎧武 第11話 「クリスマスゲームの真実」

真冬のスイカ推しw スイカアームズに群がる初級インベスが、虫の様だったw 今回,、「クリスマスゲームの真実」というサブタイだったから、 クリスマスゲームし掛けたのはミッ ...

仮面ライダー鎧武 第11話「クリスマスゲームの真実」

仮面ライダー鎧武の第11話を見ました。 第11話 クリスマスゲームの真実 ヘルヘイムの森で光実の提案によるロックシードの奪い合いのゲームがスタートする中、紘汰も森に潜入し、白いアーマードライダーと防護服の集団の拠点を探す。 ロックシードを数多く集めることがゲームの目的ではあるのだが、戒斗や鳳蓮、初瀬がルールを無視して戦いを初めてしまう。 城乃内は戦わず、ロックシー...

鎧武「クリスマスゲームの真実」

 いや、別にクリスマスだからってゲームをしたわけではないと思う>サブタイトル  要するに、敵の拠点を探しに森へ行ったら、本拠地に出てしまった、と。  確かにメロンが強そうに描かれていてその辺はうまくいってると思った。  関係者に化けてるコウタと話している研究員、鈍すぎw  ラストのナレーションが長かった。新年はさんで一週休むからなんだろうけど、最終回かと思った。

仮面ライダー鎧武/感想/第11話「クリスマスゲームの真実」(ネタバレ注意)

 『仮面ライダー鎧武(ガイム)(公式サイト)』第11話「クリスマスゲームの真実」の感想です。  ネタバレ注意です。

[スーパーヒーロータイム][ヲタ話]弓削智久くん、結婚おめでとう!!

 本作でフルーツパーラー「ドルーパーズ」のマスター・坂東清治郎を演じる弓削智久くんが、去る12月23日にかねてよりお付き合いしていた一般人女性と入籍されたそうな。 詳しくはコチラ。 平成ライダーシリーズでは最多の3度レギュラー出演の彼。これを期に、さらな

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2020年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


LATEST ARTICLE

CATEGORY


CATEGORY TAGS

LINKS



魔法つかいプリキュア! Go!プリンセスプリキュア ハピネスチャージプリキュア! ドキドキ!プリキュア スマイルプリキュア! スイートプリキュア♪ ハートキャッチプリキュア! フレッシュプリキュア! Yes!プリキュア5GoGo! Yes!プリキュア5 ふたりはプリキュアS☆S ドラえもん 動物戦隊ジュウオウジャー 仮面ライダーゴースト 手裏剣戦隊ニンニンジャー 仮面ライダードライブ 烈車戦隊トッキュウジャー 仮面ライダー鎧武 獣電戦隊キョウリュウジャー 仮面ライダーウィザード 特命戦隊ゴーバスターズ 仮面ライダーフォーゼ 海賊戦隊ゴーカイジャー 仮面ライダーOOO 天装戦隊ゴセイジャー 仮面ライダーW 仮面ライダーディケイド 侍戦隊シンケンジャー 仮面ライダーキバ 炎神戦隊ゴーオンジャー 仮面ライダー電王 獣拳戦隊ゲキレンジャー 仮面ライダーカブト 轟轟戦隊ボウケンジャー 仮面ライダー響鬼

これまでの記事