2013年 09月 16日
前回、トリンは元デーボス軍の一員でカオスの弟であったと判明。
自らにキョウリュウジンの刃を刺し当て、その命を果てたトリン。

なかなかに壮絶な展開となっていたところに助っ人して現れたのはラミレスと鉄砕。
OPの鉄砕、髪の毛どないしてんと思いましたが、実はあのスキンヘッドすらもイミテーションだった…かもしれないという謎オチ。
そこは相棒のブンパッキー合わせでのアイデンティティだったんちゃうんかいと思うところなんですが…。
意外と頭やわらかい人ですよ、あの人は…。

シアン、グレー、バイオレットと3人のスピリット(?)レンジャーも大暴れで見応えあります。
わざわざ3人用の挿入歌をそれぞれのパートごとにBGMとして使うという面倒なことをやってのけてくれて頭が下がります。
歌と踊りが結構重要視されていたと分かった今回だけに、気を抜かない演出だなと思いました。

力を失い全身が石化したトリンですが、ダイゴたちが持っていた秘石の力によって復活。劇場版でも使われたあの歌も大いに役立ちました。
変身時にサンバを踊ったり、劇場版では歌をたくさん唄ったり。
恐竜とは何ら関係のなさそうな“歌と踊り”が何故か猛烈プッシュされていた「キョウリュウジャー」。
今回はその理由に言及する。

トリン曰く、人間の遺伝子には超古代の様々な音楽が潜んでおり、それは人間の活力の源となっているという。
そしてキョウリュウジャーに変身する際にサンバを踊る事で、遺伝子に眠った自分の力を最大限に呼び起こすのだそうです。
何となく「絵的に楽しいから活用してるんでしょ?」とだけ納得していた“歌と踊り”が、戦いにおいて重要な儀式だったのだと説明したお話。
よもや、わざわざサンバ変身の理由を説くとは思いもよりませんからして、ようそこまで言及するなぁと感心。この辺の玩具からのこじつけがさすが三条さん。
やらなくてもいい説明だけど、やれば統一感と完成度が上がるというのを実践しております。

しかし個人的には、“遺伝子の中に音楽が潜んでいる”という部分には「?」という印象だったので、“心臓の鼓動(命)”=音楽であるというぐらいの理由付けをもう一個乗せてもらいたかった。

とはいえこれでキョウリュウジャー世界における不思議が幾つか解消されたのでありますね。
あぁ、あの劇場版もテレビと地続きの世界だったんだな…これもまた三条さんらしい抜かり無さ。

だからこそ歌と踊りを最高潮に使う事が出来るのがカーニバル。
他の獣電池の力を使って、次々にアームを取り換えられる。
どう見てもフォーゼです本当に。こんな分かり易くトレースするほどフォーゼは絵的にもアクション的にも使いやすい方だったのかなと、しみじみ感じ入ります。

「怨みは生きていくのに必要のない感情だ」とキングも言っていましたが、確かにカーニバルに怨みの要素は全く感じられないですよね。
感情とお祭りという、概念としてはまるで別の物なんだけど、ドラマとしては両者が対比構図になってるってのが凄い。

しかし、生きていくのに必要かどうかで言うと…喜怒哀楽は全部必要ってコトになるよね…。デーボス軍の扱いはどうなっていくのか…まぁカオスの旦那は関係ないんで倒せそうだけども。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by ゼノドレイク URL at 2013-09-20 00:52 #zHTyKSPE Edit
Title : さまよう鎧に消えた奴がいる
自身の怨恨と対極をなすカーニバルの陽性の力に敗れ、ドゴルドの依代にされたエンドルフ…
アイガロンの暴発についてそれっぽい反応を示していたことも含め、これで終わったとは判断し難いでしょうね。
因縁のウッチーとの一騎打ちに敗れ、弱った隙を今度は逆に…でしょうか。
Commented by 銀河勁風 URL at 2013-09-20 21:45 #701gxeB2 Edit
Title :
今回のトリンの話から考えると、獣電竜は惑星侵略用に生み出された存在ではないもののデーボス由来の力で生み出された可能性が高そうですね。トリンが何かしら別の力を手に入れたとも考えづらいですし。
カーニバルがもうあいつ一人で(ry状態ですが、獣電池とその持ち主のブレイブが必要と考えるとちゃんと仲間と協力しているんですよね。ますますフォーゼのスイッチみたいですが。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2013-09-21 01:06 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>ゼノドレイクさん
喜怒哀楽は人間に必要なモノだけれど、恨みの混じった怒りとなると話は別で、こいつはもう倒すしかないというコトになりそうな気も。
アイガロンは…まぁどうか分かりかねますが、キャンデリラとラッキューロは案外生き残りそう。


>銀河勁風さん
実は敵由来の能力であると、ベタベタな設定も乗せてくれているんですね。ひねらない剛速球を投げてくるという感じだなぁ、キョウリュウジャーは。
前回「電池が6本になった」というくだりに「何の意味があるくだりなんだ?」と思っていたのですが、カーニバル用に使っても戦いに支障なしというコトだったんですね。
今までも意外と「数足りない!」と焦るくだりはありませんでしたが。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2013-09-16 20:59
タイトル : 獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ29 「だいげきとつ! おどれカーニバル」
いやぁ〜〜〜、すごかった。何がすごかったって・・・、 石像トリンを、なんでもやまるふくの軽トラで運ぶとはww ガーディアンでなんかしたりしないの?(汗 しかし
Tracked from 色・彩(いろ・いろ) at 2013-09-16 21:17
タイトル : 獣電戦隊キョウリュウジャー #29.
「だいげきとつ!おどれカーニバル」 トリンの大ピンチ!に駆けつける先輩方+見習い
Tracked from 大海原の小さな光 at 2013-09-17 10:37
タイトル : 獣電戦隊キョウリュウジャー 第29話「だいげきとつ!おどれカーニバル」
トリンの命、エンドルフの命。 トリンの復活よりもエンドルフの敗退の方が本気で意外だった。
Tracked from blog mr at 2013-09-17 22:49
タイトル : キョウリュウジャー「だいげきとつ! おどれカーニバル」
 今週も坂本監督、弥生をフィーチャー。  表情もこなれてきたね。  先週の飲み会では、弥生は眼鏡をするべきか外すべきかで激論となった。  映画を持ってくるとは。だから坂本
Tracked from 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 at 2013-09-19 18:59
タイトル : [ヲタ話][スーパーヒーロータイム]歌で生き返す人、マキシマム・ザ・ホルモン以外で初めて観たわ(笑)
 つーかさ、訳あってウィザードから先に観たんだけど、昨日の感想で「死んだ者は簡単に生き返ったりしちゃいけない」とか書いた矢先にコレってどうなのよと(笑)。まあ、死んだ後も魂だけ残って戦うような連中だし、臨終の直後だったから何とかなったんだよきっと、ウン。
Tracked from ぺろぺろキャンディー at 2014-07-10 00:04
タイトル : ◎獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ29「...
|トリーはカオスの弟だった、トリンはキョウリュウジンと戦って→倒される#いつかこんな日がくると覚悟していた、全て倒さねばならない、#わたしとて例外ではない、私は地球に派遣...