FC2ブログ
2013年 07月 05日
本日放送は「ひっこし地図でおひっこし」と「かがみでコマーシャル」でした。

「ひっこし地図~」は、地図の区画を自由に貼り換えて実際の土地ごと入れ替えてしまう地図。
学校の近くに引っ越すのではなく、学校が近くに引っ越してくるというのは素晴らしいアイディアであるなぁ。
「何故、学生は毎日学校に行くのか?」「学校が来てくれないから」という掛け合いも何処かで聞いた事があるが。

「かがみで~」は、鏡やガラスなど反射する場所に映像を映すことが出来る“遠写かがみ”のお話。
町中の鏡にスポンサーのコマーシャルを流して儲けようと試みるのび太。発想が小学生的ではないのがさすが。この原作を初見の時はまだ広告の概念がよく分かっていなかった時なので、きんつばが上手そうだなという記憶だけが強く印象に残っていたなぁと思ったり。
広告というものを理解してから読み返したらまた面白かったですけども。
何を伝えるかではなく、どう伝えるのかが重要なのだと良く分かるお話。
ただ情報を連呼するだけではなく、上手い物を食ってる顔を見せるだけでいいと。
映像広告の特性を大いに活かせというのが見て取れる。
ふむ、演出は大事だよね…。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :