2013年 05月 21日
全仮面ライダー×全スーパー戦隊という驚愕の数のヒーローが結集した映画から一年。

今年はライダー、スーパー戦隊に加え、全宇宙刑事が参戦とのこと。

何だ、増えたの3人だけか(ぇ)。



お話は、魔法の力によって宇宙全土に渡りとんでもない事態が引き起こされているところから始まる。
そしてその原因が地球で魔法を使う仮面ライダー、ウィザードとビーストにあると考えた銀河連邦警察は、両者の抹殺司令を宇宙刑事ギャバンに下すのでした…。
マジレンジャーは関係ないのかな…。

一方、バーベキューに来ていたイエローバスターことヨーコは、宇宙から飛来した謎のヤカン…型機械生命体サイコロンをスペースショッカーから保護して逃げ回る羽目に。
大ショッカー、スーパーショッカーと来て、大ザンギャックも飲み込んで…どうしてショッカーは負け続けているはずなのに事業規模だけはどんどん拡大してゆけるのだろう。
その方法論をビジネス新書で出版すればいいんじゃなかろうか…。

地球側ヒーロー陣営、宇宙刑事陣営、さらにスペースショッカーも加わっての展開。

とにあえず見終わってまず感じたことは…
こんなゴチャゴチャした話をよう整理したな!
…という米村さんへの涙ながらの感心。

ギャバンをメインとした軸と、ヨーコとサイコロンを軸とした二つのメイン話に加え、サブキャラを立たせる為のアレやコレやもいっぱいで頭がパンクしそう。
話としては去年の「スーパーヒーロー大戦」よりもオーソドックスなタイプのドラマなのでしょうけれど、二つの話が同時進行しつつ、去年よりもドラマ要素を厚くしよう、泣かせを入れよう、アレもやりたいコレもやりたいetc...という要素がメチャ詰まっていて、この物量を交通整理すると考えただけで熱出しそうです。
ホンマ感心なのです…。

宇宙を混乱させている魔法の元凶はウィザードではなく真犯人がいるはずだと、撃は銀河連邦警察本部の意向も突っぱねて独自捜査を開始する。
宇宙刑事がメインというだけあってか、刑事ドラマ的なお話。
個人的には「うわ、2時間ドラマっぽい!」とか思っていましたが。

話がギャバンメインで刑事ドラマだからなのか、終始暑苦しい印象を受けました(ぇ)。
全然現代的じゃないのです、泥臭いというか野暮ったいというか…男臭いというか。
あ、だからもう一方の軸がヨーコとサイコロンでバランス取ってたのかしら。
これがギャバンだけだと、ラストの城への突入がヤクザ画画のカチコミにしか見えないもんなぁ(こら)。

その他、諸々気になった点を特記すると

キョーダインの扱いがフォーゼの映画より良い!? とか。
また戦闘員に変装して潜入してるよ米村さん、とか。
撃と凱のアクションがスゲェなぁ、とか。
シャドームーン何回死んでるンだろう、とか。

あと、動物モチーフのヒーローが集まってる中に混じる響鬼さん、宇宙ヒーローの中に混じるディケイドの浮き具合はなかなか笑わせてもらいました。
ディケイドは何処にいても浮くコトが念頭とされているからまだしもですが、響鬼さんは何であそこに混じっちゃったんだろうね…。

前半は物量の多さのために詮無いことなのですが、若干の強引さも気にかかったりしたのですが、後半になると映画のタイトル通りぞろぞろとヒーロー達が大挙してきて、それまでの事もあまり気にならなくなるぐらいに見ていて爽快になっていきました。
やっぱりヒーローが沢山映ると画が強いです。

ただあんまりヒーローが多すぎるもんで、レイダーさんを囲んで攻撃していた時はイジメにしか見えなんだが…。


去年の「スパヒロ」と比べると、かなり万人受け向けのフォーマットを活用している映画になったなぁという印象を受けました。ちょいとホロッと来る部分なんかも足してきていますし、かなり真っ当にヒーロー映画っぽくなっている(失礼)。

…なんだけど、個人的にはメタ要素が無かったのが残念に思ったりもするのです。
去年の映画は一瞬耳を疑うような直球のメタが仕込まれていただけに、今回は宇宙刑事シリーズをどう扱うかちょっと期待していたんですけどねえ。残念。
やっぱりディケイドが活躍してる時でないとメタは入れ辛いかな…。

映画の最後にはあのお方が映っていましたけれど。
これは仮面ライダーWとメタルダーも黙ってないですぞ…。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by kanata URL at 2013-05-23 09:26 #KqigePfw Edit
Title : 回せ回せ地球を回せ
 メタルチャージぶっ放すためだけのレジェンドキーにメタルダーがいなかったのは、やっぱり告知のあれと並べるための温存でしょうか。

 マジレンジャーは、ウィザードと共闘する最高の機会を逃してしまった形ですね。
 設定面のフォローが色んな意味で面倒臭いから、出せなかったのだとは思われますが。今回の脚本の都合だけでなく、ビーストと対面させることにも問題がありそうで。

 キョーダインは扱いが大幅に改善されましたけど、けっきょく最後に爆死したのがちょっと残念。
 いえこのまま、二度と登場しないのならば構いませんが。今後再び登場してしまう場合、ヒーローサイドへ融和するにせよ悪役を貫くにせよ、完全にシャドームーンの同類と化してしまいそうで。お前ら何度死ぬんだよという。


 響鬼さんがあそこにいたのは、動物(Dアニマル)使いだからかなとちょっぴり思ってみたり……いや多分、アマゾンと並べてみたかった的なネタでしょう。

 今回は万人向けというか、ちゃんとヒーロー達が素直にヒーローしていて素適でしたね。
 一応メイン扱いであるはずの「宇宙刑事」の総元締めが、大変な醜態をさらしていたことにさえ目を瞑れば(汗)
 無理して全員を出そうとしなかったのも、正解だったように思います。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2013-05-24 21:58 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>kanataさん
晴人が「俺の魔法は希望だ…」って言ってる横でマジレンジャーが「魔法、それは勇気!」とか言ってたら、やっぱり邪魔ですかね、そうか。そっちが犯人なんじゃないの、ってなりかねないしなぁ。

警察機構なのに元々の捜査がずさんだとか、刑の執行まで行ってるとか気にかかりますが。
これだけゴチャゴチャした要素をちゃんと詰め込んで一つに仕上げた様はやっぱり凄いです。
Commented by 銀河勁風 URL at 2013-05-24 22:45 #701gxeB2 Edit
Title : 風雲の宇宙海にスーパーヒーローのZ旗あがる
前作に比べると話も大分スッキリとし、アクションも十分満足のクオリティと全体的に見やすい感じでした。ただ尺の都合か、烈が汚れ役っぽくなってましたが…苦渋の決断だったのでしょうが、やっぱりアレで印象を悪くした人も結構いるみたいで。
しかし何はともあれ大満足な作品でした。個人的にはドル・グランドバース・バビロスの揃い踏みが見られたのがもう本当に嬉しかったですね。最後の"アレ"を見ると、来年は数年越しに石ノ森ヒーローが参戦するんでしょうか…イナズマンとかもういますけど

>動物モチーフのヒーローが集まってる中に混じる響鬼さん、宇宙ヒーローの中に混じるディケイド
公式によると、響鬼さんは『野獣系』として昭和・平成の異色ライダー枠でアマゾンと共に、ディケイドは"並行宇宙"を行き来できるから宇宙枠らしいですね。後者は「世界」って言われていたのでちょっと厳しい気がしますが…
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2013-05-24 23:48 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>銀河勁風さん
個人的には烈さんより初代ギャバンの扱いは大丈夫なのかって気がしないでもないです。
刑事ドラマの無能な係長役を背負ってしまっているような…。偉くなるより最後まで現場にいるいぶし銀刑事の方が合っていたかも。
ディケイドは宇宙感が全然ないですけど、「お前浮いてっから!」と言われる事がアイデンティティなだけに、それはそれでありって解釈が出来てしまうのがズルイです。
世界の破壊者…おのれディケイド…!

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from blog mr at 2013-05-21 22:49
タイトル : 『スーパーヒーロー大戦Z』
 ヨーコをメインに据えたのは大正解。  つか、そろそろ女の子だけの「スーパー大戦」とかよくね? いや、やるべき。  感想の前に、西沢利明氏のご冥福を。なんかクレジット入った
Tracked from Hybrid-Hills at 2013-05-22 01:12
タイトル : 仮面ライダー × スーパー戦隊 × 宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Zの感想
今日、観に行きました。 何とメタルヒーローがお出迎えしてて、握手しちゃいました{%チョキwebry%}
Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2013-05-22 07:06
タイトル : 【映画】仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z【感想】
いやぁ……… 面白かったじゃなイカーーー!!!w まぁ、何故イカちゃん的なのかは見ていただけると分かるかと(汗。 うん、前作の100倍面白いよ!真面目に!! 色々
Tracked from お萌えば遠くに来たもんだ! at 2013-05-22 08:20
タイトル : 仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z
観てきました。 <新宿バルト9> 監督:金田治 アクション監督:おぐらとしひろ 原作:石ノ森章太郎、八手三郎 脚本:米村正二 立ち上がれ、 全スーパーヒーローよ!! 全宇宙 対...
Tracked from 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 at 2013-05-27 19:19
タイトル : [☆☆☆★★][映画][スーパーヒーロータイム]「仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z」感想
 東映二大ヒーローが一堂に会するお祭りムービー第2弾。全宇宙征服を企むスペースショッカーの野望を叩くため、仮面ライダーとスーパー戦隊、そして宇宙刑事ギャバンが大共闘を繰...