2013年 05月 05日

ラケルって犬ですよね…。
カエルじゃないよね…。

■かみのまにまに

前回、バラの中から出てきた謎の宝石。
それはトランプ王国の王宮にあったという伝説の宝石・ロイヤルクリスタルではないかとダビィさん。
五つ集めると何かが起こるといいますが、王宮でもバラバラに保管しておったのだろうか…。
そもそも五つじゃ人数が合わないわけですが…はて…。

そんなことより重大なのは、菱川さんの試験の学年順位が落ちた事。
いつも学年1位だった菱川さんが、今回2位に陥落…。
激しい動揺を隠せない菱川さん…。
でもこういうのって順位じゃなくて点数の方が重要ですよね。
出来の悪い人たちの中だけでトップ取ってもあんまり意味ないし(ぉぃ)。

成績が落ち、部屋では奇声をあげ、食事中におかしな呪文を唱える…。
ダビィさんとシャルルは確信しました。菱川さんが遂にグレたと…。
相田さん達のツッコミのキャパシティが崩壊してしまったのかもしれない…だから前回、「ネコがいるからピアノが弾けない!」とボケ側に回ってしまったのか…。
この世界もう誰もツッコミがいない…世界の崩壊を告げる恐ろしい事態となってしまいましたな…。

しかして実は、菱川さんは競技カルタにハマッていたのだという。
百人一首の恋の詩に心ときめかせ、気付けば競技カルタに入門。
しかし、そのせいで成績が落ちてしまったのだと反省…。
みんな、1位になった十条君の成績がアップしたからだとは考えないんだね…。

ママのような医者になる。
子どもの頃に交わした約束のため、菱川さんは成績を下げるわけにはいかない。
かるたクイーンとのお手合わせ会を最後に、競技カルタは引退すると決意。菱川さんの最後の戦いのため、相田さん達はカルタの特訓と勉強を全力でサポートする。


そしてやってきたお手合わせ会の日。
クイーンの強さにガクブルしていた矢先、クイーンの心はジコチュー化。
巨大カルタで戦いを挑まれるも、クイーンの実力に歯が立たない…。なんか今シリーズ、こういう変則的なバトル多いなぁ
しかし、ダイヤモンドさんには仲間の応援と積み重ねてきた努力の日々がある。
接戦にて一枚ゲットし、ジコチューを撃破。
え、一枚だけでいいの…? 勝ってない気もしますが…。

その後、無事にクイーンとカルタ勝負をすると、クイーンから貰った百人一首からロイヤルクリスタルが現れる。
バラに続いてカルタからクリスタルが…。
これはアン王女が五星ローズガーデンに寄り、かるたクイーンとコンタクトを取った事を意味しているのでしょうか…。

「五星」と「百人一首」…クリスタルの出現する数字を集めると、何か暗号にでもなってるのだろうか…。
ミステリー…なのか…しら?

娘のカルタの試合を見ていた六花ママ。
もっと自由に、自分のやりたい事を全力でやりなさいと娘に諭す。

菱川さんは、母親との約束か、自分のやりたい事かで揺れ動く。
それは「誰かの為に」と「自分の為に」という、二つの心の葛藤だったのかしら。
母親との約束の為に自分のやりたい事を切り捨てようとする菱川さんは、周囲の為に自分が犠牲になっていく“幸福の王子”の姿にも近い気がする。
相田さんほど病的ではないにせよ(ぇ)、菱川さんにもそういう部分があるのだと。
最後はもそっと自分自身のやりたいコトも大事にしようという方向性で締め…とりあえず、今のところは。
明確にどうしたいのか菱川さんもまだはっきりしないだけに、この続きの話がいつかありそうな予感もある…。

前回今回と、「自分」と「他者(仲間・親)」との関係とゆーか、折り合いのようなモノを描いているような印象も受ける。

友達の悪口で我を忘れていた(自分を失っていた)四葉さんや、親との約束の為に自分のやりたい事を捨てようとした菱川さんが、もう少し「自分」というモノを保つコトが出来るようになった話…というか。
かといって単にジコチューが強くなったのかというとそうでもなくて、その「自分」を維持できるようになったのは「仲間」のおかげだったりする。

仲間がいたおかげで、自分を見つける事が出来た。
自己愛と他者愛との関係性は、この辺りに落としどころがあるような気がせんでもないなー。


■カルテ・カルタ・カード…

しかし、なんでカルタだったのだろうね…。
恋の詩(ドキドキ)を札の中から見つける、“自分の心を見つける”話だから…という解釈かしら。
対して、「医者」ってのは“人のため”の仕事だもんな…。
そうかそうか…。

カエルが好きだから、字面がちょっとだけ似てるカルタに惹かれたとか、そういう可能性もあるけどな…うん。

次回はまこぴーさんの御当番。
前回今回の流れから見ると、「芝居」=「他者になりきる」というコトから自分を発見するという流れだろうか。
アイドル=偶像(偽物の神様)という事を鑑みても、然りかしら。

プリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by ゼノドレイク URL at 2013-05-09 00:15 #zHTyKSPE Edit
Title : 「もっと馬鹿になれ。真面目過ぎるんだよ、お前は」
燕さんは4人の中では一番生真面目で気を張りつめやすい性格故に、
今回や10話の様に人との交流を経て自分の気持ちと向き合う下りが丁寧に描かれてますね。
幼馴染みの様子がおかしいことを本気で心配し、目標に向けて親身になって付き合う王子を見るに、
昔から現在に至るまで一番近しい絆故の関係も、今一度実感できたのも良かったなー、と。
Commented by 銀河勁風 URL at 2013-05-09 21:40 #701gxeB2 Edit
Title : 青いカルタ!! 襲撃する百人一首
各メンバーについて掘り下げられていく中、ますます謎が増すトランプ王国…魔法的なものがあったり、固有種の薔薇があったり、カルタがあったり…結構ごった煮な文化なんでしょうか?

>変則的なバトル
本作は歴代と比べても、怪物固有の特性を活かした戦闘が多い気がしますねえ。こんな感じばかりでもあれですが、肉弾戦の合間に適度に挟まれると楽しくていいですね。
Commented by オルタフォース URL at 2013-05-10 00:36 #PnFm5lIg Edit
Title : カエルの妖精?
御所望なら

MH映画1のカエル達
Commented by クズマ URL at 2013-05-10 17:41 #- Edit
Title :
 相変わらず六花さん回は丁寧ですね。前作といい青を優遇していく方針なのか…それともべ◯ーさんの呪いか…。
 今回演出は黒田成美さんでした。そして作画監督は稲上さん。そういえばアイちゃん回もこの組み合わせだったような。まさか来年はシリーズディレクターが黒田さんで、キャラデザが稲上さんじゃ…!などと考えてしまいましたw。稲上デザインのプリキュアまた見たいなぁ…。黒田演出はノリが楽しくていいですね。
 それにしてもまこぴーは見せ場ないなぁ。紫系最弱とか言われそう…。
 
 
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2013-05-10 21:37 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>ゼノドレイク さん
いつも気を張っているだけに、前回のように「ネコがいてピアノひけない!!」というボケも時には受け止めてあげるべきなんでしょうかね。人間だもの、時にはボケに回ってみたい時もある。
いつも相田さんにつきあって何かしているという描写が多いだけに、菱川さんも自分だけの何かを見つけるというコトが必要になっているんですかね。この辺は相田さんと同一テーマなのだなぁ。


>銀河勁風 さん
とりあえず、まこぴーが「王女様は××が好きだったわ」と言えば何とでもなってしまうんですよね。
次回辺りトンコツラーメンが好きだったと言ってもおかしかないわけで…。
敵モチーフに強く由来するバトルは、ジコチューの個性を引き出すというか…ウルトラ怪獣的な面白さもあるのかもしれませんね。これも目指している少年漫画っぽさの一つなのだろうか…。


>オルタフォース さん
あー、いましたっけね。
さほど可愛くは無いカエル…(ぉぃ


>クズマ さん
菱川さんは生徒会長とかアイドルとかお金持ちといったアニメ的漫画的記号を背負ってないキャラなのですよね。最も普通の人間の感覚に近い場所にいる娘なので丁寧にやりたくなるんですかね。
ま、まこぴーさんは次回大活躍ですよ!
最近アイドルっぽさは感じられなくなって誰もチヤホヤしてませんが…。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from 四十路男の失敗日記 at 2013-05-05 21:45
タイトル : ドキドキ!プリキュア 第14話 「夢か約束か!六花おおいに悩む!」
今週は、大きなお友達に大人気の菱川六花さんメイン回。 昨夜からツイッターが騒がしかったです。。 菱川さんの夢は、お母様のような医師になること。    カメラマンもいいぞぉ
Tracked from 大海原の小さな光 at 2013-05-05 22:03
タイトル : ドキドキ!プリキュア 第14話「夢か約束か!六花おおいに悩む!」
何故、競技カルタ。 色々と自然な顔をしてわけのわからない話だった。
Tracked from 日々の記録 at 2013-05-05 22:40
タイトル : ドキドキ!プリキュア #14
プリキュア版「ちはやふる」なお話でした。(^^;六花の小さな頃からの夢は、お母さんのようなお医者さんになることです。それには、うんと勉強することが必要だと言われて、
Tracked from 黄金時代のTourism at 2013-05-06 00:27
タイトル : ドキドキ!プリキュアイラスト感想 第14話「夢か約束か!六花おおいに悩む!」
「年頃の子は、ちょっとしたきっかけで悪い子になっちゃうんダビィ!」(byダビィ)  六花さんが競技かるたに熱中していただけだと分かり、慌てて口笛を吹いて誤魔化そうとするシャ ...
Tracked from 色・彩(いろ・いろ) at 2013-05-06 02:30
タイトル : ドキドキプリキュア!#14.
「夢か約束か!六花おおいに悩む!」ちはやふる。(おい) 六花さんお当番回。「私、
Tracked from にちあさ・たぁぶ2013 at 2013-05-06 06:33
タイトル : ドキドキ!プリキュア 第14話 『夢か約束か!六花おおいに悩む!』
かつて自分で語った夢が考え方を狭めてしまったという、真面目な六花らしい話でした。 六花の気持ちを受け止めるながら、もっと広い視野を持ってもいいと諭す父母も優しい。 楽しげ
Tracked from MAGI☆の日記 at 2013-05-06 08:29
タイトル : ドキドキ!プリキュア 第14話「夢か約束か!六花おおいに悩む!」
ドキドキ!プリキュアの第14話を見ました。 第14話 夢か約束か!六花おおいに悩む! 学校のテストでいつも1番だった六花が2番になってしまい、最近様子がおかしいと不思議に思...
Tracked from 空 と 夏 の 間 ... at 2013-05-06 10:27
タイトル : ドキドキ! プリキュア 第14話「夢か約束か!六花おおいに悩む!」
いつも学年首位だった六花が2位になってしまう。 何か六花にあったのではと心配するマナたち… 実は、六花は競技カルタに熱中していたのでした。 1週間後のかるたクイーンとの
タイトル : ドキドキ!プリキュア感想/第14話「夢か約束か!六花おおいに悩む!」
 「六花はグレちゃったシャル」(シャルル)  ドキドキ!プリキュア第14話「夢か約束か!六花おおいに悩む!」の感想です。
Tracked from あおいろ部屋 at 2013-05-06 15:06
タイトル : ドキドキ!プリキュア第14話感想&考察
小さな女の子にとってお母さんは世界一素敵な女性。 大きくなったらママみたいになりたいと憧れるものです。 そう、ちびっこ六花ちゃんも。 「六花、ママみたいなお医者さんになり...
Tracked from 穴にハマったアリスたち at 2013-05-08 00:48
タイトル : ドキドキ!プリキュア 第14話「夢か約束か!六花おおいに悩む!」
【今週のソードさん】 お歌のCDを凛々しく発表。 それはともかく、なんでラストで玉子を握りしめてるんですかね、この子は。 買わないと握り潰す的な脅迫か。 6月にはワンマンラ
Tracked from お萌えば遠くに来たもんだ! at 2013-05-08 09:49
タイトル : ドキドキ!プリキュア 第14話
「夢か約束か!六花おおいに悩む!」 学内テストでずっと一位だった六花が二位になってしまった。元気のない六花を心配するマナ達。六花のママも最近娘の様子がおかしいと言って…...
Tracked from blog mr at 2013-05-09 22:45
タイトル : ドキドキ!プリキュア「夢か約束か! 六花おおいに悩む!」
 クイーンって言うから宝積有香かと思ったら違うじゃん。  競技かるたのいろんなルールをすっ飛ばしてるから、まじめにそこを把握しようとしても挫折することになるね。まぁ必要
Tracked from しるばにあの日誌(新館) at 2013-05-11 06:01
タイトル : ドキドキ!プリキュア 第14話夢か約束か!六花大いに悩む!
(プリキュアシリーズ通算 451話) 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201305/article_6.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお