2006年 08月 06日
ホントは映画のレビュー記事で一緒に書こうと思っていた舞台挨拶のレビューですが。
今回は別記事にします。
なぜなら、映画レビューは後日になるし、でもその時には舞台挨拶の詳細を忘れていそうだから。

いや、何より最も重大な理由は、舞台挨拶が一番楽しかったから! なの。
でもまぁ、録音もしてないし、使っていない脳みその記憶でしかないので、期待にこたえる何かは有りませんでしょうね、うん。


劇場はシネコン・Tジョイ大泉で一番大きな1番スクリーン。
入る途中に東映のスタッフパスみたいのを首にかけた人がいましたけど… もしかして今日あそこに日笠Pとかもいたのかなぁ? 撮影所の横だしさ。


いやぁ、満員の場内でした。
当然ですが家族連れが殆どです。
男一人で観に来ているなんてのは、よほど珍しいということですね。

それにしても、映画館の椅子のあの~肘掛。
両側とも隣の人に取られると、何か切ないです。いつも満員の劇場で映画なんて観ませんから、慣れないですね。

時間になってやって来たのは女性MC。
「――今回の司会進行役を務めさせて頂きます、映画パーソナリティーの伊藤さとりです」
なにぃぃぃ!
この人が伊藤さとりなのか! そう言われれば、聞いた事のある声です。

昨日公開された映画の舞台挨拶で、昨日今日と各地を巡ったボウケンジャー。
今回はその舞台挨拶の最終日で、最後の回の皆さんです。
とかあって…
その伊藤さんの紹介で上手から現れたボウケンジャー6人。
湧きあがる歓声と拍手。ええ、ちゃんとボクも拍手しましたとも。
素直に感じましたからね「うおおお、本物かよ~…」て。


ボクの位置は図ほど近くないにしても前から8列目で、間に通路を挟んでの2列目、左の通路から2つ目の座席でした。
遠からず近からずではありますが、壇上に立つ6人を不快感なく見れる距離であり、映画を観るにも問題ない席でした。ラッキーです。

で、6人が自己紹介がてら、コメントしてました。以下、一部を記憶より抜粋。正確性は皆無。

赤「一回も瞬きをせずに観て下さい」
黒「今日最後の舞台挨拶になります。33分とライダー、楽しんで下さい」
青「昨日から行って来た舞台挨拶は、皆さんあったかくて優しくて、トークも楽しんでいます」
黄「テレビと同じでドジばっかやってます」
桃「こんにちわー! イイ所を見逃さないで下さい」
銀「楽しんで帰ってください」

あれ? もっと皆喋っていたような気がするけど… たぶん八割方は忘却の彼方です。
メモしてたけど、ボク速記者の才能は無さそうです。
末永嬢はなんかテンション高かったです。お子さん達に合わせていたんだと思われます。
そして、出合さんは思いの他、腰が低い。
すごく物腰やわらかです。キャラとは全然違いました。

次に、伊藤さんが撮影の大変だったコトについて聞きました。

赤「荒れた海の撮影のシーンで、皆ウェットスーツを着て撮影をした所です。あ、シルバー、いなかったっけ? チームワークを観てもらいたいです」
黒「映画は規模の大きいものになって、気合も入っています。33分とライダー、楽しんで下さい」
青「大変は全部大変だったんですけど、6人で変身するところがカッコイイですね」

伊藤「出合さんは、6人で変身するのは初めてだったんですか?」

銀「え?(聞いてない) あ、そうですね。6人で変身するのは、劇場版が初めてでしたね」
桃「泳げなかったので海のシーンは大変でした。でも、なんとか泳げるようになって、5~6mもあるプールに飛びこんだりして」
黄「海のシーンは大荒れで寒くて。撮影の後、お風呂に5人でドボーンて入ったりしました」
銀「へぇ…そんなコトあったんだ…」

(以下、何となく覚えてる件…)

赤「レッドは最近汗っかきなんです」
銀「知ってる。キラキラしてるんだもん」
赤「最近じゃボウケンアセッカキて呼ばれてます」
銀「オレはボウケンカラマワリって呼ばれてる」

(たしか…最後のコメントで…)

黄「半年経って、一日一日を大切にして、ステップアップしていきたいです」
桃「自分の好きな事やるってイイなって思います。6人で力を合わせて頑張って行きます」
銀「野菜を食べると強くなれます」


いやぁ、ホントに今日観てきた事なのに、こんだけ憶えていないとはね。
たしか、もっと皆さん実のあるコメントをしていたはずです。
ブルーとブラックだってちゃんと喋ってましたから。脳に残ってないだけで。


で、退場という事になり拍手をしていると、シルバー達が舞台を下りて通路を走っている。
おぉ、粋なファンサービスじゃないか。
後ろからイエローとブラックも追って来ます。
横を通ったら、ガン見しようと思っていたら、前の通路に入っていきます。

えええ? おいおい、近くねー!? とか、思ってたらレッド、ピンク、ブルーも上手に!(気付いてなかった)
およそ2~3mの近距離です。オレがプロでなくても暗殺実行できる距離です。
そして6人が並んで、再び挨拶。
正直、何て言ったか全く記憶に無いです。
「近ぇーって! すげー近ぇーって!」て、ずっと思ってたもんで。


そして、図のように帰って行く6人。
本物だぁ… すげー本物… と、浸っていたら





目の前にさくら姐さんがぁぁぁぁ!!!!!
さくら姐さま、ボクの前の列のお客さんと握手を交わしています。
そのおかげでさらに近距離です。

そして、気付きました。
さくら姐さん、顔小っちぇえええ!!!!!!

何この人、スゲー小っちぇッす。
こんなです、こんな! あ、文章じゃ伝わらない(ぐはっ)

最後まで残って握手してました、さくら姐さん。
ボクも手を伸ばせば握手できたかも。
でも、それが出来ないチキンハートです。
大きなお友達は、あくまで小さなお友達より前に出てはいけないと思ってるもんで…
だから、握手も求めないし、手も振りませんでした。
ここはグッと我慢ですね。
でも、横に座っていた大きなお友達らしい女性客達はガンガン手を伸ばしていましたけどね。

つーか、何故か「近い!顔小さい!」て思いながら拍手してた、オレ。
やはり興奮していたンだと思う。
だって、もう一度書くけど、スゲー近かったの! スゲー顔小さかったの!!!!
だから、とりあえずずっと拍手してた。


ヤバイね。
堪能しちまった。
行ってよかった… 今までの浅いイベント体験史の中で一番燃えたぁ…。
映画の前に、既に前売り1300円分楽しんじまった。
ケータイ刑事の舞台挨拶をあれだけ冷めて観ていたボクでしたが、ちょっと燃えたかも…


ちなみに、今のボクのバロメーターは

赤■■■■■■■■
黒■■■■■■■
青■■■■■■
黄■■■■■■■■■■■■
銀■■■■■■■
桃■■■■■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■


顔小っちゃぁ…

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by sorcerer URL at 2006-08-06 21:04 #79D/WHSg Edit
Title :
いやー!違いますね!やっぱり大泉は!
すごい!ちゃんと座って見てたんだー!
超、ヤスカ君の後ろで見たかったかも(笑)
それはそれで映画に集中できそうにないけど(笑)
はるかちゃん、可愛かったよね!
私はちせちゃんの方がちょっと好きですけど(笑)
関東は何かにつけ良いですよねぇ・・・
うらやましいです~
それでは、イラストレビューの方も楽しみにしてます!
TBしかしてないけど、毎週楽しみにしてますよ!
あ、それとプリキュア、朝再放送やってるので、
見てます。
何しろtjtype1 さんが大お勧めしてましたから(笑)
それでは、また!
Commented by tjtype1 URL at 2006-08-06 23:56 #79D/WHSg Edit
Title :
立ち見だったら整理券の列に並んだ後でも、帰るつもりでしたから、シネコンに救われましたね。
正直、どちらかと言えば中村嬢を観に行く気持ちの方が強かったんですが、現場では末永嬢のサービス精神にやられました!
今後は密かに応援しよっと…
近くで見れたのは関東だからじゃなくて、座席運が良かったからですね。
おそらく今後しばらくは道で転んだり、お金落としたりするのではと。
それと、イラストレビューはですねぇ… まだ今週のレギュラーも描いてないし… 日本沈没もレビュー書かなきゃだし… だもんで、忘れた頃にやって来る筈です。
あ、そうか。関西はS☆S再放送しているらしいですね。何話までだろ…
いいなぁ、関西は…
プリキュアを観るコツは、男の子のヒーロー番組として観る事、ですぞ!
Commented by ひいな URL at 2006-08-07 11:12 #79D/WHSg Edit
Title :
こんにちは。
TBありがとうございました!
ってか、さくら姉さんがそんな近くにっ??
うらやましーーーー!!!
すごいですぅ~。
丸の内はそんなサービスはありませんでした。
というか、やったら危険な会場です^^;
丸の内は大きなお友達が多かったですよ(笑)
Commented by tjtype1 URL at 2006-08-08 01:21 #79D/WHSg Edit
Title :
コメントありがとうございます! ひいな さん
ええ、近かったです、さくら姐さん。
近いのに、顔が小さいんです。(そればっか)
大泉の劇場は駅から少し遠いし、住宅街の中にあるので家族連れが多いという事でしょうか。そういう意味では安全だから、あんなサービスしてくれたのかも。
あ~なにやらあったらしいですね、丸の内では。
電波的なコトが。何があったのか知りたいような、怖いような…

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from ふしぎなことだま at 2006-08-06 21:05
タイトル : ボウケンジャー 梅田ブルク7 舞台挨拶行ってきました!
舞台挨拶、行ってきました!記憶だけが頼りの報告です・・・良かったら読んでねv実はかなり前の方で、ヤスカ君立ち位置側、端っこで、すこし通路側に出てる席だったので、前には何の障害(人様の頭とか)もなく5m先にはホンモノのヤスカ君がぁぁぁ!!!ってか自分、金縛り
Tracked from あっちゃん語録 at 2006-08-07 11:13
タイトル : 劇場版ボウケンジャー初日舞台挨拶<その2>
では、舞台挨拶の模様です。戦隊物ってどうしてこう挨拶が短いのでしょう?一言コメントとOPEDの歌でおしまいでした。去年もこんな感じでしたね。うむむ、ざんねーん。去年も同じ感じだったんですが、戦隊物の方がお客さんの声が大きくて賑やかですね。今日もヤスカくんは滑
Tracked from blog mr at 2006-09-09 06:44
タイトル : 「最強のプレシャス」
 なかなか、ここで書く話題が途切れないもんだから、このままではいつになるかわからないのでレビューしてしまいます。 ネタバラシありです。 なぜ末永遥は水着じゃないんだいやそうじゃなくて。 時間が短いせいもあるのかもしれないが無駄なところはなく、一方で必須項