2013年 01月 07日

終幕へ向かう番組もあれば始まる番組もある。

ついに来期さんの動く姿がテレビでも流れてきました。

スポットで流れたあの声優さんは一体誰なの? とお思いの方も随分多いようですが。

いや、あの声はどう聞いても…

千葉繁のナレーションだと思うよ…うん。

…え?

■えほんのあくやく

新年の挨拶もそこそこに、突如地球に飛来してきた謎の飛行物体。
それは巨大に成長したピエーロ様のたまごなのでした。
バルンガが地球に戻ってきたのではなかったのだ…。

さらに文字盤が12個輝いたロイヤルクロックの影響か、キャンディが巨大な宝石・ミラクルジュエルの姿に変わってしまいました。
さすがの超展開に思わず噴き出してしまうのですが、まさかキャンディがジュエルペットだったなんて…。
ミラクルジュエルは随分前から引っ張っていて、この物語上かなり重要なキーアイテムであろうとは思うのですが、よもやこんなカタチで現れるだなんて…。
まぁ、ロイヤルクロックの所為なのかなと分かるだけいいか。
空からパーフェクトゼクターが降ってくるよりはね。

今回の3幹部は命がけの大勝負。
黒ッ鼻を自らと融合させてプリキュアさんに挑んできます。
とてもとても強いウルフルンさん達。
その根源にあるのは、悔しさ・寂しさ・痛みなど…。
絵本の悪役として、いつも怖がられ、嫌われ、誰にも相手にされなかった3人は辛く苦しい日々を過ごしていた。
そんな3人の前に現れたジョーカーさんは、世界を壊し、未来を奪い、もっと住み易い世界にしようと言ってくれた。

それを聞いてしまったプリキュアさんはどうしていいのか分からなくなってしまう。
ウルフルンさんは「いつもヘラヘラ笑いやがって」と言うけれど、その女子中学生は女子中学生なりに、これまで辛いことや苦しいことも経験してきている。だから、その痛みを分かってしまう。
プリキュアさんの拳は肉体言語であり、自分の気持ちを相手に伝えることが殴る蹴るなので(え)、理解してしまえば殴る必要が無くなる…。

辛いことや苦しいこととぶち当たって、心が捻じ曲がったのが3幹部。
でもそれは誰だってそうなる可能性がある。プリキュアさんだってそう。
だから、その痛みを少しでも和らげたいとハッピーさんは仰る。
怒りを静めて欲しいと願った瞬間に現れたのは、謎の巨大ハッピーさん…。
色々言いたいことはあるけれど、そんな暇を与えぬままにウルフルンさんたちを包み込んでしまう。

巨大ハッピーさんは絵本を読んで知っている。
狼や鬼や魔女が、本当は優しいコトを。
そして、彼らがいるから絵本には素敵な物語が存在しているコトを。
悪役はメルヘンに必要な存在なのだと。

3幹部が象徴する、辛さや苦しさ、悔しさや寂しさや痛みといったモノは、どちらかというとメルヘンではなく現実サイドを象徴する要素ですが、プリキュアさんはその要素の必要性を訴える。
現実にメルヘンが必要なように、メルヘンに現実も必要。
辛さや苦しさ、哀しさもこの世界には必要なモノなのだと認めてくれる。

今回描かれているのは「スイートプリキュア♪」で到達したテーマでもあります。
梅澤プリキュアは各シリーズが独立しつつも、前作までのテーマを踏襲して更に深化させるという趣があるため、ここで「スイート」までの踏襲を見せ、ここから「スマイルプリキュア!」としてのテーマの到達点をさらに見せるのである…と、そんな風に思えてくる。

来期はチーフPさんも変わってしまわれるらしいので、スマイルのまとめはこの4年間の梅プリとしてのまとめであると言えなくもないのではないかなー…なんて、勝手にハードルをあげておく。
視聴者、こわい。


■終わる旅

ラスト4話となりまして、今回はかなりすっ飛ばした忙しい話になっていたなぁという印象。
ミラクルジュエルもそうですが、最終決戦に向けて世界中が絶望したという描写があっさりしたものでしかないのがちょいと残念。
新年のウキウキモード → 絶望 みたいな急下降があっても好かったのですがねぇ。

また、今話のみで幹部のカタをつけなければいけないので、巨人を使うという荒業も使用しているような気がします。
いや、もう巨人出されたら理屈とかそんなんどうでもようなってまうから…。だって怖いじゃん(え)。

そしてお話はバッドエンドプリキュアさんが登場したところで次回へ続く。
残り3話で新キャラ(?)と戦わせて大丈夫なのだろうかとも思うんですがねぇ…。
あとジョーカーさんにピエーロ様、森の少女やクイーンさんといった要素がちょくちょく残っていて、これからも忙しそう。

スマイルプリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by ななし URL at 2013-01-10 22:21 #0LkNUQkY Edit
Title : >それは巨大に成長したピエーロ様のたまごなのでした。
多分このたまご、プリキュアがバッドエナジープリキュアと戦っている間に
アニメ『ゲゲゲの鬼太郎(第3期)』の「たぬき軍団日本征服」の咬龍のたまごと同様、
政府の命令で防衛軍がミサイルを撃ち込むのだろうな。
そしてミサイルを撃ち込まれたピエーロ様のたまごは東京湾に墜落して、東京湾からピエーロ様が東京に上陸して破壊の限りを尽くすのだろうな。
もちろん、防衛軍も戦闘攻撃機や戦車を出動させて戦うが、あっさりとピエーロ様にやられて壊滅し、
内閣総理大臣が救援に頼んだ国連軍も、ピエーロ様に空母を沈められて救援をあきらめて撤退してしまい、
プリキュアに人類の最後の望みが託される筋書きになるののだろう。
なんてことは、女児向けアニメなので全く期待していません(笑)。
Commented by 銀河勁風 URL at 2013-01-10 22:30 #701gxeB2 Edit
Title : 絶望の年明け
>新年のウキウキモード → 絶望 みたいな急下降
楽しい七夕だー → キャンディとデコル強奪
デコルが揃ったぞー → 星空さん以外がナマケ玉に
といった前例があるので、今回の唐突な出だしと駆け足な展開はちょっと引っかかりましたね。

そして登場したバッドエンドプリキュア。彼女たちと正反対の存在のようですが、この戦いで彼女たちのテーマに真の決着が付くのでしょうか?
Commented by ゼノドレイク URL at 2013-01-11 10:17 #zHTyKSPE Edit
Title :
正直な所、脈絡が弱かったり駆け足になりがちな米村氏の悪い部分が出てしまっていたかな、と。
魔女さんとか、こういう時にあのお巡りさんを思い起こせば良かったのに…

>スポットで流れたあの声優さんは一体誰なの?
正解は生天目仁美さんでしたね。どちらかというとクールな役所のイメージが強い方なので、
元気ハツラツと思しき今回の様な役は中々新鮮に映りそうです。
Commented by makiray URL at 2013-01-11 20:13 #RsdfxmUU Edit
Title :
 つまり、厳しい環境で仕事をしていた従業員が、それによるストレスに付け込まれて怪しい組織に勧誘され、犯罪に手を染めてしまった、ということですね。
 来週はロイヤルクイーンが登場するようですが、その監督責任が厳しく問われる回になるんでしょうか。
Commented by おおふ URL at 2013-01-11 20:53 #.mXwswPA Edit
Title : 「♪愛を知らない瞳が求める、闇に隠されたREASON」
ミラクルジュエルの件や三幹部の末路などは、少々唐突な感もありますが大方予想通りといいますか。
あとはキャンディがどうなるかですが、いくらなんでも宝石になったままで終わりとも考えにくいので、そうなるとミラクルジュエルにかけられる願いももしかしたら…まあ、そこは今後を見てのお楽しみでしょうが。

けれど、今回で個人的にいちばん引っかかるところはと言えば、今や型落ちの技になったレインボーバーストを使う必要がどこにあったのかという点だったりします。レインボーヒーリングよりは間違ってないとはいえ…あぁ、気がつけばこれも個人の必殺技より遥かに影が薄くなってましたねぇ…(遠い目)。

※追記
キャンディなしでロイヤルレインボーバーストは使えませんよね…。すみません。すっかりド忘れしてました。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2013-01-11 20:55 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます◆
>ななしさん
まあ、あの大きさならプリキュアさんが巨大化すれば何とでもなるでしょう。
巨大化も合体も割と何でもありになってきてるしなぁ。


>銀河勁風さん
年明けから最終戦開幕ってちょっと久しぶりなんですよね。最近はもうちょっと前から始まる事が多かっただけに、ややカツカツ感を抱いてしまいますね。もう1話欲しいなぁと思ったり。
そこにさらにBEプリキュアさんですからね…これはもうホントにもしかしたらディケイドよろしく映画に続くのかという詰め込みっぷりですよ。


>ゼノドレイクさん
今回はちょっと荒い部分が出てしまった印象はありますね。ただ、それでも30分で3幹部のドラマを集結させたのは凄いなぁとも思います。まぁ、デカいプリキュアさんに抱き抱えられたら理屈ヌキで納得せざるを得ないというチカラ技にも感じますが。
来期プリキュアさんの生天目さんは、個人的には酔っ払い役のイメージが強いですなぁ…。
宮本さんの配役も驚きましたがね。いや、くるなら謎生物の方だと思ってました。


>makirayさん
結局メルヘンランドの職場環境が改善される見通しは立っていないですからね。
プリキュアさん(絵本の読み手)が認めてくれたのは良いけど、同じメルヘンランドの同僚たちの意識改革が起こらないとなぁ…。
プリキュアさんはメルヘンランドに対しても厳しい目で見ないといけない気がしますな。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from 色・彩(いろ・いろ) at 2013-01-07 02:12
タイトル : スマイルプリキュア!#45.
「終わりの始まり!プリキュア対三幹部!!」 ロイヤルクロックが前回で12時になり
タイトル : スマイルプリキュア!感想/第45話「終わりの始まり!プリキュア対三幹部!!」
 「てめえらなんかに何が分かるってんだ」(ウルフルンさん)  スマイルプリキュア!第45話「終わりの始まり!プリキュア対三幹部!!」の感想です。
Tracked from 四十路男の失敗日記 at 2013-01-07 04:30
タイトル : スマイルプリキュア! 第45話 「終わりの始まり!プリキュア対三幹部!!」
スマイルプリキュア!さんも、残すところ4話。 2013年一発目の放送は、「三幹部還る」 噂どおり、ロイヤルクロックから溢れた光がキャンディを包み…    なにやら結晶になってし
Tracked from MAGI☆の日記 at 2013-01-07 08:35
タイトル : スマイルプリキュア! 第45話「終わりの始まり!プリキュア対三幹部!!」
スマイルプリキュア!の第45話を見ました。 第45話 終わりの始まり!プリキュア対三幹部!! 「役立たずの皆さんにもう一度だけ集まっていただいたのは墓でもありません。ミ
Tracked from 大海原の小さな光 at 2013-01-07 09:24
タイトル : スマイルプリキュア! 第45話「終わりの始まり!プリキュア対三幹部!!」
三幹部の最後、そして正体。 今回だけならそこそこ良い話なんですけど、ここまでがなってなさ過ぎる。
Tracked from 日々の記録 at 2013-01-07 17:09
タイトル : スマイルプリキュア! #45
いよいよ最終決戦の始まりです!みゆきたちが空を見上げると、上空に不気味な物体が浮かんでいます。ピエーロの卵が地球へとやって来たのです。それと共に、キャンディは妖
Tracked from 黄金時代のTourism at 2013-01-07 19:12
タイトル : スマイルプリキュア!イラスト感想 第45話「終わりの始まり! プリキュア対三幹部!!」
「実は…皆さんの命、もうわずかしか残っていません」(byジョーカー)  とんでもないことをさらっと三幹部に言い渡すジョーカー。「もう一回黒っ鼻を使ったら確実に死ぬけど、プリ ...
Tracked from あおいろ部屋 at 2013-01-07 22:18
タイトル : スマイルプリキュア!45話感想&考察
今年最初の、そして2週間ぶりのスマプリさんでした! …が、アレ?私、1話観るの飛ばしたっけ…?先週放送あったんだっけ…? いやたしかに今回は45話のはず…。でも、間に1話か2話...
Tracked from blog mr at 2013-01-08 07:10
タイトル : スマイルプリキュア!「終わりの始まり!プリキュア対三幹部!!」
 んーっと、ちょっと期待と違う雰囲気で、あらら、と思ってしまった。  確かに、狼も鬼も魔女も、物語の中では悪役だが、そのこと自体はこのシリーズでは描かれてこなかった(あ
Tracked from しるばにあの日誌(新館) at 2013-01-10 18:50
タイトル : スマイルプリキュア! 第45話終わりの始まり!プリキュア対三幹部!!
(プリキュアシリーズ通算 434話) 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201301/article_5.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお
Tracked from にちあさ・たぁぶ2013 at 2013-01-12 11:41
タイトル : スマイルプリキュア! 第45話 『終わりの始まり!プリキュア対三幹部!!』
三幹部が、絵本の中の悪役であったことは各所で予想されていたし、やっとやってくれた事でもあるし、 その正体がメルヘンランドの妖精だった事は、落とし所としては良かったと思い
Tracked from 穴にハマったアリスたち at 2013-01-13 00:23
タイトル : スマイルプリキュア! 第45話「終わりの始まり!プリキュア対三幹部!!」
【2013年のプリキュアさん】 記念すべき10番目のシリーズは「ドキドキプリキュア」。 公式サイトを見た瞬間「これはない」と思い、宣伝予告を観た途端「あ、いつものプリキュアさん...