FC2ブログ
2012年 10月 19日
本日放送は「おおかみ男クリーム」と「人間用タイムスイッチ」でした。

「おおかみ男~」は、丸い物を見るとオオカミ男になってしまうクリームを誤ってママが使用して外出してしまったのを、ドラえもんが必死でフォローするお話。
この原作の話は喜劇としてかなり好きなお話。面白い事をしようとするギャグではなく、真剣に行動した結果が笑いを誘うという上品な喜劇がよく出来ているなぁと感じます。話のある喜劇を少ないページ数の中で作っていたコトに感心なんですよねぇ。落語の省略技法を上手いこと漫画に落とし込んでいる。
今の漫画だとそういう部分もちゃんと説明しているもんなぁ。別にどっちが良いとかではないけど、省略しても問題なく読めるのは感嘆。
もちろん漫画をそのままアニメにすると流れが繋がらないので出来ないんですけどもね、ええ。

「人間用~」は、予め予定を吹き込むと自動的に予定通りに行動する事が出来る道具。
明日の予定を吹き込んで準備万端と思いきや、午前と午後を間違えて入力してしまい、夜中に宿題をしたり、しずかちゃんの家へ出向いたり、マラソンしたり…。
便利な道具を使うはずが、逆に道具に使われてしまうお話。人間が時間に使われるお話でもありますかね。
機械に自分の行動を委ねてしまった事で人間としての自由を失ってしまうという、実にSFらしいお話でありますなぁ。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :