2012年 07月 29日



第 24.5 話
ピエーロ復活!ゴリラは絶滅危惧種!!


2012/07/29放送

脚本:東堂いづみ 監督:八手三郎






メルヘンランドから帰ってきたみゆきたち。
新たなノルマを目指してデコル回収の日々が再び始まるのでした。

そんな折、キャンディは道端でカメラを拾いました。
いつぞやのように透明人間にはならないものの、普通のカメラとはどうも機能が違うようです。
普通のカメラのレンズからは、ビームが出て、やよいちゃんを危うく焼き殺したりするなんて事態にはならないのです。


そこへ現れたのは青いゴリラ。

よもやカメラの持ち主ではないかと、必死のジェスチャーでコミュニケーションを試みるみゆきですが、どうにも上手くいかない。
こうなったらプリキュアの中で最もゴリラに近い女・北条さんを呼びつけるしかないと思った矢先。
その青いゴリラの正体が明らかとなりました…。



そう… そのゴリラは皇帝ピエーロだったのです!




ピエーロはゴリラ怪人を引き連れてプリキュアを急襲。
圧倒的なゴリラの物量を前に、プリキュアは苦戦を強いられて云々…






ゴリラ。

それは近年のプリキュアという作品を読み解くにおいての重要なモチーフの一つなのです。
前作「スイートプリキュア♪」での猛烈なゴリラ推しに続き、今作「スマイルプリキュア!」においてもそのゴリラプッシュの波は留まっていない。

この「プリキュア」におけるゴリラとは、これまでその殆どが好意的なモチーフとして扱われてきていました。
プリキュア氏と幼稚園児との親愛のしるし(ゴリラダンス・人形)としてだったり、日野さんや緑川さんが言う「可愛い物」の代表として扱われたり。
遂には本年、FUJIWARAゲスト回において「キュアゴリラ」という名称までもが登場したのです。

これはもはや「ゴリラ≒プリキュア」という図式がゆるぎないモノであると、そう言っているコトに疑いの余地はありません。
人間に最も近い生物はボノボ・チンパンジーだと言われていますが、プリキュアに最も近い生物はゴリラだったのです!
これはもう圧倒的な真実として受け入れる他無い…。

しかし、ここで驚くべき展開が繰り広げられました。

あれだけ「ゴリラ≒プリキュア」というテーマを、ゴリラは「プリキュア」における親愛の象徴だと描いていながら、「スマイルプリキュア!」のラスボスである皇帝ピエーロ様が実はゴリラだったと明かされたのです!!

あ、あんまりだよ…
こんなのってないよ…

今までゴリラを信じてきたのに、まさかそのゴリラこそが世界を滅ぼそうとする悪の首領だったなんて…。
ひどい…もう何も信じられない!!

まさかまさかの展開でした…。
ですが、これは作劇においては当然の展開とも言えるのではないでしょうか。

「ゴリラ≒プリキュア」であり、「ゴリラ=ラスボス」でもある。
つまりこれは、プリキュアが自分自身と対決しなければならない、というコトを意味している。

ゴリラと戦えるのは、ゴリラである自分だけ。
ゴリラの強さを理解して、弱いゴリラに打ち勝たなければならない。
これは、本当のゴリラの強さを勝ち取る、そんな自己証明の物語だったのです!

女の子は誰でもゴリラになれる!


しかし…

そもそも、これだけゴリラがプッシュされているのは「プリキュア」に限った話ではありません。

「ゴーバスターズ」ではメインキャラでありメインモチーフの一体として登場。
「オーズ」ではサゴーゾコンボとしてモチーフに採用されています。

戦隊・ライダー・プリキュア、東映3大特撮においてゴリラはとても有用な素材として利用されているのです。

これはもはや疑うべくも無い事ですが…
東映(株)の社内に、ゴリラの息がかかった人間がいるとしか思えません。
もう間違いない…。


辛くもピエーロの魔の手から逃れたプリキュアでしたが、ピエーロは…
否、ゴリラはいつまた襲ってくるか分からない。

着々と番組内モチーフにゴリラを浸透させ、
機が熟したと見るや、腕力によって番組の座を奪い取ろうとするゴリラ…。

番組を超えてゴリラを牛耳るその何者かの策略は今も進んでいるのです…。

果たしてそれは何者なのか…?


今話のラストに少しだけ映った彼らがまさか…



※東映本社 その一室にて



スマイルプリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by イッツモーフィンターイム URL at 2012-07-29 13:59 #JLoBQIig Edit
Title : キャンディがイチガンバスター拾っててウケタwwww
武器の管理、もっとちゃんとやってほしいですね、ゴーバスターズ。
Commented by 名無しさん URL at 2012-07-29 15:48 #- Edit
Title :
>>普通のカメラのレンズからは、ビームが出て、やよいちゃんを危うく焼き殺したりするなんて事態にはならないのです。

やよいちゃんも、イチガンバスターでシャットダウンされたら、本望だとおもう(えー
Commented by ゼノドレイク URL at 2012-07-29 16:24 #zHTyKSPE Edit
Title : バナナはどこ?
もう、人類先祖返り計画か何かでも進められているんじゃないかのゴリラ推し…。
照英やガオ、ゲキで局所的な重点こそ担っていたことこそあるものの、ニチアサがここまで連帯しているのも数奇ですなあ。

まあ、裏方に甘んじているゴリサキや、再び鳴りを潜めることとなった皇帝が、
いずれは荒々しく樽を投げつける等して前線で大暴れするフラグかと思うと、楽しみな所であります(ぁ
Commented by ミスターグラブシ URL at 2012-07-29 19:58 #- Edit
Title : 「博士、今回の作戦名は?」「うむ、その名も、『真ゴリラの惑星、そしてタイトル奪還』だ!」
特撮でゴリラと言えばこの二人…リアルタイム世代じゃないのにどうしてこいつらだけ記憶の片隅にあるんだろう…。

この後全特撮のゴリラ系ヒーロー、怪人、怪獣を呼び寄せるのか…。ゴリラによる、ゴリラのための、ゴリラによる世界征服…あ、すでに某エネルギーを世界中に売り込み済みだから終了してるか(うわ)
Commented by 銀河水晶 URL at 2012-07-29 21:00 #701gxeB2 Edit
Title : ゴリラとゴリラとゴリラ
『スーパー1』は最初の敵がゴリラ(コング)、『メタルダー』ではゴリラと少女の交流話、『ガオ』の映画にはガオゴリラのカラバリが登場し、プリキュアでも謎のゴリラ推し…思い返せば定期的にゴリラが登場しているような。

八手三郎や東堂いづみの正体がピープロから送り込まれた超進化ゴリラなのではと思えてきました…(え)。
Commented by makiray URL at 2012-07-29 22:35 #RsdfxmUU Edit
Title :
 おかしい。
 彼は科学者なのに。
 いつの間にそんな政治力を身につけていたんだぁ。
 悔しかったら、椅子を見せてみろ。椅子をぉ!

 はっ。
 館長…。
Commented by 由維 URL at 2012-07-29 23:20 #PIa8w1cM Edit
Title : みっしょーん・あうったあすぺえーーーっ!
「ゴリラ」というのは某宇宙をまたにかけた仕事人チームの名称でもあります。確かロボの名前がスラングルとかいったようなw。
Commented by 寒色派 URL at 2012-07-30 01:19 #4NUSdI.g Edit
Title : ごめんね、ゴリラ…
ゴリラ…優しくて繊細な心を持つ彼らに対し、人間達が行ってきた数々の蛮行を思うと、皇帝ピエーロの発した怠惰な世界という言葉にも頷かざるを得ません。ゴリラ≒プリキュアだというのならば、やがてプリキュアも…。 24.5話と同日にキュアゴリラさんが子供たちをギャグで笑顔にしようと奮闘する番組が放送されたのは、本当に只の偶然なのでしょうか…。
Commented by 奈茄死 URL at 2012-07-30 20:15 #- Edit
Title :
クソッ!ゴリラってだけで笑えてくるwwww
何がとは言いませんが反則じゃないでしょうかwwww
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2012-07-30 21:52 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます◆
>イッツモーフィンターイムさん
ウルフルンさんに勝手に捨てられてしまったのかもしれませんね。
危険なものだけに管理はしっかりしないと、あやうく黄瀬さんが焼け死ぬところでした。


>名無しさん
まさかそこまで重度の特オタだったとは…。
ちょっと引きますね。


>ゼノドレイクさん
元々モチーフとして使われてはいるものの、最近のゴリラ頻度は何らかの作為性を感じざるを得ません。
これが番組の中だけ出なく、現実にも波及してきたらと思うと…。


>ミスターグラブシさん
タイトルを奪われた恨みはまだ晴れていなかったというコトなんでしょうか。
最終回、あるいは来年の映画では全ゴリラモチーフが結集して戦う羽目になるのでしょうね…。
果たして人類に勝ち目はあるのか…?


>銀河水晶さん
元々東映内部に潜んでいたゴリラ推進派でしたが、ここ数年で一気にその動きを加速させたようですね。
社内で相当な力を持つ部署に行ったのでしょう。
一見すると普通の人間だけど、実はゴリラだった!なんてコトはよくあることだから。


>makirayさん
自分の理想と目的を持って強く生きて行ったおかげで、着々と人脈…ゴリラ脈が出来上がって東映の社内に力を持つまでに至ったのやもしれません。
偉くなって部屋が変わっても、椅子だけはやっぱり自前のモノなんでしょか。


>由維さん
舘ひろしが居た警察組織もそんな名前だったような…。
ゴリラ推進派はどこにでも潜んでいるのですね…。


>寒色派さん
一見、荒々しいイメージを持たれますが、実は大変優しい動物ゴリラ。これは殴る蹴るしかしないようで、実はちゃんと文化的な性質を持ったプリキュアという動物とも一致するイメージですね。
ゴリラによって支配しようと目論むゴリラ急進派と、人間との共存を目指すゴリラ穏健派の二つがあるような気がします。


>奈茄死さん
何もしないでも笑えるって芸人として最高じゃないですか!
ゴリラの目指す道はそこなのでしょうか…。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :