2012年 04月 05日
昨年、「最後の大集合」と銘打って幕を閉じた「オールスターズDX3」。
そして新たに幕を開けた「New Stage」。

「さらば」の後の「超」みたいな、何とも東映さんらしい展開…とも思ったのですが、実際に映画を見てみると…なるほどな、とも思えます。
同じ「オールスターズ」でありながらも、「DX」と「NS」はコンセプトが全く違うのであるとよく分かる。

「DX」がキャラクターからプリキュアさんを描いていたのに対し、
「NS」ではストーリーからプリキュアさんという存在に迫っている。

そのアプローチの違いが鮮明に表れていて、「DX」とはまた別の充足感を与えてくれる映画になっていると思う。


■Deluxe → New Stage

映画は横浜の町がフュージョンさんに侵攻されるトコロから始まります。

ビルの間から怪獣の姿で現れるフュージョンさんがとってもクール。
これは怪獣=東宝を倒すという東映さんのやる気の表れですね、なるほど(え)。
このフュージョンさんに立ち向かうのが初代からスイートまで6組のプリキュアさん達。

「DX1」の敵であるフュージョンさんではありますが、この「NS」では当時参加していないハト・スイート組も戦いに加わっている。つまり同じ街と同じ相手ではあるけれど、「DX1」とは別の歴史の世界であるというワケですね。
てことは、別にフュージョンさんじゃなくても良かったんじゃないのか…という疑問も浮かびますけどね。わざわざ新シリーズとして始めるのならば尚更…。

この序盤のバトルが、バトルという面においてはこの映画のクライマックスであるとも言えます。まばたきを許さぬ怒涛のアクション。
そして、このアクションシーンは「DX」シリーズを暗に示していて、その戦いの後に広がる物語こそ「NS」なのだとメタ的にも示唆しているのだと思われる。
「NS」はアクションで魅せた「DX」とは違うんだぜ、と最初から語りかけてくるかのように。


物語は横浜に引っ越してきたばかりで友達がいない坂上あゆみという少女を視点にしたお話。
少女は偶然、フュージョンの欠片・フーちゃんを拾い、友達となる。
最初は可愛いだけのフーちゃんも、成長すると力を増し、あゆみの拒絶するモノを全て消し去ろうとする。

この辺りのお話が怪獣映画みたいだなぁと思ってワクワクしました。
怪獣の卵を拾って育てたり、近所の犬が食べられちゃうなんて話も定番だぜぃ。
個人的には「ガメラⅢ」を思い返す。あぁ、近所の人が皆ミイラになっちゃうー!

坂上さんは偶然、道でフュージョンの欠片であるフーちゃんと出会いました。
かたや、多くのプリキュアさんもまた、偶然に謎生物と出会いプリキュアに変身する力を得ている。

どちらも空から降ってきた謎生物に偶然出会うというシチュエーションにありながら、なぜ美墨さんや日向さんの方がプリキュアになれて、坂上さんは近所の犬や母親を食われる恐怖体験を味合わなければならないのでしょうか…。
妖精か、邪悪の融合体か、そこにどんな違いがあるというのですか。
いやホント、それって視点とかスタンスの問題ってだけじゃないかなーと思う。

「DX」シリーズでは各シリーズのプリキュアさん達を描いてきましたが、「NS」では坂上さんというプリキュアではない少女の姿を描いているのが、コレまでと全く別のアプローチで面白い。

「プリキュアになった少女」と「プリキュアではない少女」とをぶつかり合わせる事によって「『プリキュア』という存在は何か?」というテーマに切り込んでいく。

「DX」シリーズの場合、既にプリキュアになっている少女しか登場しないので、言うなれば「プリキュア」という存在は最初から全肯定されていると言ってイイ。
しかし、そこに非プリキュア少女を放り込み、「プリキュア」という存在に懐疑的な視点を盛り込んでみたのが「NS」。
それによって、「プリキュア」を内側からではなく、外側から切り取ろうとしているのが分かって面白いのだなぁ。
ただ全肯定して自社ブランドを盛り上げるよりは、「ディケイド」や「ゴーカイジャー」同様、対立させる事で対象の良い部分を見つけ出そうとする、こういう冷静なスタンスの方が個人的にも好みだったりする。うむ。

「NS」は普通の少女が歴代プリキュアに背中を押されて、遂に本物のプリキュアになる物語です。
「本物になる物語」という意味で、ディケイド・ゴーカイ的な要素も強い気がします。プリキュアが世間に認知されていて、憧れる少女が居るという設定も、メタ的に受け止められるしなぁ。

「NS」は「オールスターズ」と銘打ってはいるものの、「DX」のようなお祭り映画ではありませんでした。
一人の少女の変化を描いた、より物語性の強い映画を目指していたのが分かります。

この映画はお祭り映画ではないし、観客が既に知っているプリキュア少女が主人公の物語でもありません。
しかし、「プリキュアとは何か」に迫り、「本物のプリキュアになる」この物語は、しっかりと「オールスターズ」という映画でしか描けない物語になっている。

間違いなく「オールスターズ」の「New Stage」なのだよ。これは。


■キミが変身する

「DX」シリーズ…だけでなく、これまでのプリキュア映画とは違う角度から少女の戦いを描かれているのが「NewStage」です。
それはプリキュアとそれを見守る人々、ヒーローと守られる一般市民との関係性を変化させる物語にもなっていたと思う。

これまでのプリキュア映画では、少女が戦いの中でピンチになった時、ミラクルライトの光、人々の声援によって力を貰い、再び立ち上がる姿を描いていました。
前述したように、これまでの映画はプリキュアを内側から描いていた作品ですので、少女が周りの人達から力を貰い、勇気付けられる展開も自然に受け止められるコトが出来たでしょう。

しかし、「NS」はプリキュアを外側から描くお話なのです。
プリキュアではない普通の人間の視点で描かれる「NS」で同じコトをすれば、「プリキュアという少女に争いを任せ、自分たちは応援こそするものの、それ以上は何もしない…」という人々の姿がまざまざと映ってしまうのです。
うーむ、これはえぐい。

では、どうするのか。
その答えが「プリキュアになる」という事です。

今まではライトを振っていた少女が、今度は自分で立ち上がる。
プリキュアとか、ヒーローとか、他の誰かに「頑張れ」と言うのではなく、自分が頑張ってヒーローになればいい。

といっても、どうすればいいのか分からなくなる事もある。
そんな時はプリキュアさん達が支えてくれる。
自分が過去に見てきたプリキュアやヒーローのようにしてみればいい。
そうすれば、今度は自分自身がヒーローに近づける。

そうして誕生したのがキュアエコーさん。
それはプリキュアという存在に憧れ、いつかプリキュアのようなヒーローになるであろう、未来の子ども達の姿…なのだと思う。

だから「NS」ではミラクルライトの使い方も今までとは違う。
今まではライト=応援だったけれど、今回のライトは場所を示したり、暗闇で道を作ったりする「道しるべ」として機能しています。

ヒーローになろうとしているキュアエコーさんに、進む道を示すのがミラクルライトです。
それって、自分がこれまで憧れた、そうなりたいと願ってきた、プリキュアやヒーローの姿を表しているのではないでしょうか。

つまりライトが象徴している存在が全く逆転しているのだと思う。
これまではプリキュアを応援する一般市民がライトを振っていたけど、今回は普通の少女に進むべき道を示す光であり、ライトを振っているのはプリキュアの方なのだと言える。

個人的にもこのライトの扱い方は非常に納得出来るものでありました。
声援という物が素直に力になるというのも分かるけれど、ただ「頑張れ」と言うだけの無責任感ってのを、震災後の情勢の中では結構感じることが多かったです。
その言葉を口にした瞬間、その人は外野にいる感覚…というかな。

「NS」はそんな震災後だからこそのヒーロー像をしっかり追及している作品だと思う。外野に居るのではなく、全員野球をやるのだと。
だからこそ、プリキュアではない少女が覚醒する物語を描くコトになったのだと思います。

今だからこそ、こういうプリキュアの話が必要なのだと。


■みらいのともだち

時代性とメタな視点を盛り込んだ、爽快な映画だったと思う。

このテーマ性の強さが今までの「オールスターズ」とは違う充足感を与えてくれて、満足感があります。しっかりと噛み応えがあるお話。
決着のつけ方もスイートのラストを経ていれば当然の帰結といった感じで納得。
個人的にも、今までと違うコトをしている新鮮味が心地好かったのでもありました。

しかし、コレまでと同様のキャラクター映画を期待すると、喋らないプリキュアさんも多いだけに不満を感じる方もいるかもしれませぬ。
ただ現実問題、全員に台詞を与えるコトが厳しいのは分かりきったコトでもある。
ならいっそ、スマイルとスイートの「VSシリーズ」として作っても良かったンじゃないか…とも感じられるかもしれない。しかし「プリキュアとは何か」というテーマを扱っている以上、そこは「オールスターズ」である事の方がテーマに即していたのであろうと思われる。

確かにボク自身も、過去のプリキュア陣が喋らない事に結構驚きは感じました。
しかしまぁ、初代黒白が映画の一番美味しい所をかっさらって行ったので、それはそれでイイのかなと思ってしまった。
幾らなんでもそんなアホな…と思える怪力でした。

あ、でも「あぶない刑事」でも船を押し返すギャグあったなぁー(え)。
横浜って、そういう街なのかな…。


ま、そんなわけで。
新鮮味のあるプリキュア映画であり、色々と思考できる映画でもありました。
割と個人的嗜好にも近かったので楽しかったですねぇ。
ウルトラマンや怪獣映画っぽさがグッと来ます。

ただ、劇中ではタイトルの「みらいのともだち」について言及が無いんです。
タイムスリップものではないかという期待もしていたけど、そんなこともなかったしなぁ。
この記事中に書いたように「未来の子どもたち」を示しているのかもしれません。

あるいは、もっと物理的に…

「(みなと)みらいの(街に住んでいる)ともだち」

…て、だけだったのかもしれない。

う、う~む…。

プリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by 銀河水晶 URL at 2012-04-05 21:00 #701gxeB2 Edit
Title : 誰もが皆
新米のプリキュアが先輩と出会い、スクリーン狭しと大暴れしながら成長する…そんな流れだったDX三部作。「守る」側を描いたDXに対し、NewStageは「守られる」側がその未来に何をするのかを描いていたと思います。
自分たちを守るヒーローを見て人々は「頑張ろう」と思い、そんな人々だからこそ守ろうとするヒーロー。今回はその前者である一人の少女、坂上あゆみの物語。プリキュアに憧れるだけだった少女がプリキュアに背を押され歩みだし、今新たなヒーロー(ヒロインですが…)になる。『NewStage』というだけあって、DXとは違う新たなオールスターズとして見応えのある作品でした。

演出としては転校生の微妙な心情や、日常を脅かす恐怖描写が光っていたと思います。特に犬が消えるわ親が消えるわのあたりは本当にゾクゾクしました…『ウルトラQ』あたりを見てる感じでした。

ルミナスが力仕事をしているのにも驚きましたが(おい)、相変わらずチートなアカルンには目を見張りましたね。あれフレッシュ見てないと何が起きたか分からないのでは…。
Commented by おおふ URL at 2012-04-06 20:15 #.mXwswPA Edit
Title : 「奇跡、切り札は自分だけ」
うーん…みなとみらいにフュージョンときたら、自分の場合は昔ハマっていた某ロボットアニメを思い出すところですが…(すみません、こんなのばっかりで)。

というか、こちらにこうしてコメントを寄せているということは…はい、休みの日に朝イチで見に行っちゃいましたよ。お客は他に母娘三組だけだったとはいえ、劇場でプリキュア映画初体験はちょっとした修行にも思えましたよ(汗)。全ては「ハッピーのスーパー頭突き」なんておいしい絵を使っていたCMがいかんのです!(えー)
それはさておき、お話の方は「多数の作品のキャラクターの中に主人公はオリジナル」という形で、他所でこそよく見る手法ながらこちらでは初めての試みですよね。ただし、こちらの主人公には他と肩を並べられるような力もなく、他のプリキュア達に援護されながらひたすらフーちゃんのもとへ走るのみ。自身がプリキュアになってもやることは同じで、ミラクルライトもそのための道しるべ。この辺の徹底ぶりが単純明快な勧善懲悪ものとはまた違って、独特の心地よさがありました。

もちろん、見慣れた面子の掛け合いも楽しかったですけどね。相棒そっちのけで勝手に談笑して、「ネコが!」「子ブタのぬいぐるみが!」と互いの相棒をビビらせるハミィとキャンディとかはかなりツボにハマりました。
Commented by ymokkuk URL at 2012-04-06 21:26 #- Edit
Title : 地球は我々人類の手で(ry
「女の子は誰でもプリキュアになれる」・・・か・・・?
流石にそれはちと強引では?
一応最低限大事なことはあるのでは・・・・・・顔とか・・・

しかしせっかくプリキュア達を脇役にしたんだから、最後は「あゆみをはじめとする一般市民達が自分達の力で立ち向かい、プリキュアに頼ることなく敵を撃破」というのもありかと思いましたね。
駄目か・・・・・・いや、ありじゃね!?
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2012-04-06 22:15 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます◆
>銀河水晶さん
「DX」にはなかったモノを作り出しているおかげで「そうだ、これが観たかったんだ!!」というモノを観れたような気がしました。「DX」はキャラ愛の強い作品だけど、物語性は薄いってのが問題点でしたからなぁ。どうせ尺は増えないのだから、キャラか物語か、どちらかに特化するしかないのだよなぁ…。
ルミナスさん何してるの?と思いましたよね。あれは絶対船を止めているようで触って無い、と強く思いました。
あんな一面、いまだかつて少しも見せたことが無いくせに…。


>おおふさん
映画オリジナルの少女を主人公に据えるというのは、なかなか冒険ではあったでしょうね。
ハートキャッチのように毎回ゲストキャラが出てくるフォーマットだったら、映画ゲストという形も受け入れ易い事でしょうが、そもそもハートキャッチはプリキュアの中で異色作で、他はそういうフォーマットでも無いですしねぇ。
しかしその分メッセージは明確だったし、DXより爽快だった部分も多かったですけどね。


>ymokkukさん
プリキュアさんの顔は関係ないと思いますよ。どうせ変身後はスーツを着るんですから。
龍騎やディケイドも最初は「え!?」と思いますが、見慣れればカッコイイもんです。

スイート後、震災後の物語だから、「敵を撃破」という流れにはいかないのでしょうね。
そうなると美少女に託しておいた方が平和的に解決するのかなーという気はします。
みんな、政治家のいう事は聞かなくても、美少女の言う事なら聞くだろ?
Commented by makiray URL at 2012-04-07 13:19 #RsdfxmUU Edit
Title :
 毎年思うのですが、プリキュアにはちゃんと地図を読める人を選んでいただきたいものです。

 ミラクルライトの使い方は好きです。これまで「光がプリキュアに」向かっていたのに、今回は「プリキュアが光に」向かっていっている。
“New”でしたね。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2012-04-07 22:59 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます◆
>makirayさん
元々女性には地図を読めない人が多いとは聞くので、偶然が重なって地図の読めない人ばかりになってしまったのかも。
しかし横浜の近くの鎌倉に住んでいるS☆S組の来るのが遅いのはなぁ…。

最近、ライトの使い方もワンパターンやなぁという風にも思っていたので、同じようで違う今回の使い方は非常に上手かったです。不思議パワーで変にチート化しないのも含め。
Commented by 人形 URL at 2012-04-12 01:46 #1wIl0x2Y Edit
Title : 栄光の29プリキュア!キュアエコー!
今回は本当にNew展開でしたね。
内容の感想なんかは他の方とほぼ同じなので省きますが
あゆみが出た時この子が今後のオールスターズ映画の主人公で話を続けていくのかなって思いましたが
そんな事なさそうでしたね。
なんか観てると歴代が登場するディケイド的(どっちかというとゴーカイジャー的?)なプリキュアっぽくてこのまま歴代プリキュアが助けに来る物語の主人公でも良いなぁなんて思いました。(゚∀゚)

なんかディケイド、ゴーカイジャーっていうより
さらに昔の歴代ライダー大集合な10号ライダーこと
ZXっぽい気がしないでもないですが(;^ω^)

しかしライダーといいプリキュアといい全員集合の映画で新ライダー、新プリキュアと大盤振る舞いですね。(; ・`д・´)

まさかプリキュアは来年の10周年でTVでエコー主人公の全員集合やるのかしら・・・?
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2012-04-13 19:42 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます◆
>人形さん
ディケイドやゴーカイジャーを観ている身としては、レジェンド扱いされて喋るか喋らないかはさほど重要じゃないとは思っているのですが、すんなり思えない人もいるみたいですね。
ライダーや戦隊で、とっくに慣れたものかと思ったけど…クラスタが違うのかしら。

「みらいのともだち」ということで、実はエコーさんが既に来年の記念作主演が決まっているのでは…と考えたこともありました。その時は、ディケイドみたいに全てのプリキュアコスチュームに変身出来る能力を持ってて貰いたいんですが。
でも、デコルで変身していたから、その可能性は無いか…。
Commented by ななし URL at 2012-04-14 08:41 #0LkNUQkY Edit
Title : 次の「NS」は、東京スカイツリーの破壊を期待する
>プリキュアではない普通の人間の視点で描かれる「NS」で同じコトをすれば、「プリキュアという少女に争いを任せ、自分たちは応援こそするものの、それ以上は何もしない…」という人々の姿がまざまざと映ってしまうのです。
うーむ、これはえぐい。>

東宝の怪獣映画のように、人間側も防衛軍が出てきて戦闘機や戦闘ヘリや戦車や軍艦で戦う場面を描けば、「自分たちは応援こそするものの、それ以上は何もしない…」というえぐいことにはならんだろうけど、それやると劇場が大きなお友達だらけになって、もっとえぐいことになるだろうな(笑)。
でもプリキュアたちを脇役にしたんだから、プリキュアがピンチになったときに防衛軍がミラクルライトを装備した照明弾を発射して、プリキュアを援護するのもありかと思うけど・・・。
なにはともあれ次の「NS」は、東京スカイツリーが敵に壊されるのを期待するけど、女の子向けだから無理か・・・?
「NS」でも、東宝の怪獣映画では必ず怪獣に壊されるランドマークタワーが敵に壊されなかったし、・・・。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2012-04-14 19:49 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>ななしさん
戦闘行為の日常化は男子が好む物語で、女子はあくまで両者を切り離した物語を好むという話がありますね。
ようするに女子は日常パートから戦闘の匂いがする戦争モノを好まないそうで。そういえばスーパー戦隊も結局は男子の好きな戦争モノのフォーマットなんだなぁと思ったりして。

東宝の怪獣映画でも、人間が何もしないって結構多いですよ。
最後は怪獣同士のバトルを見つめるだけで、ただ見てるだけという展開…。
あれが個人的には物語として納得いかなかったりしてました…お前ら映画なんだから最後まで動けよ、と。
Commented by 横浜学園都市部 URL at 2012-05-09 15:19 #- Edit
Title : 挨拶(という名の1つの突込み)
TJさんこんにちは。

横浜学園都市部です。

主にpixiv・やtwitterでコメントしているので、初めてではありませんが、取り敢えず個人的に気に入ったストーリーを中心に、コメントしていきたいと思います(戦隊とライダーも含みます)因みにスティクスさんのブログを経由していたりしているのは内緒です。

さてこの映画は、あゆみを主人公にしつつ、彼女なりにプリキュアの活動を眺めながら、テーマに相応しく元気を送るコンセプトもあって、中々面白かったですね。

過去の戦士達の出番を割いてても、スイート組とスマイル組が生き生きしていたので、個人的には満足でした。

ラブラブのひびかなとか、アクション面で活躍したミューズなど。

少ない割にぶれないえりかとラブも面白かったです。

自分はプリキュアでは、中3の時に初代からリアルタイムで見始めて、ホワイト・ミント・マリン・リズム・マーチ・ビューティが大好きです。

さてなんで突込みなんて入れたかというと、氷川丸を止めた面子に問題が有りました。

ピースを除いたスマイル組とスイート組でも、船を止める事が出来なかったのですが、馬鹿力に定評のある初代が船を止めてくれました。

台詞が無い割には、結構インパクトを残せていいなぁと思ったのですが、止める面子にルミナスを入れた事には、突っ込みを入れざるを得ませんでした。

ルミナスは防御力では最強ですが、戦闘能力が低すぎる方です。

一応ブラックとホワイトの後ろに居る形ですが、それでも違和感しか感じられませんでしたね。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2012-05-11 21:33 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>横浜学園都市部さん
あのシーン、ルミナスさんが混じっていたことに思わず噴出す場面ですよね(え)。
まぁボクは基本的にルミナスさんは何しても笑えるなぁと思ってるんですけど(おい)。
劇場版ではちょっただけ戦ったことのあるルミナスさんも、いないよりはマシってことだったのかもしれませんね。
黒白が踏ん張ってる横で船に潰されてるルミナスさんって感じでも、十分に美味しいとは思いますが。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

タイトル : 「映画プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち」感想
 毎年恒例、歴代プリキュアが一堂に会するスペシャルムービーの第4弾。横浜みなとみらいを舞台に、総勢28人のプリキュアが、復活したフュージョンに戦いを挑む。  今までの「DX」とは一線を画し、タイトル通り新たなステージへの昇華を目指したとされる本作。...
Tracked from blog mr at 2012-04-05 23:11
タイトル : 『プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち』
 パンフに CD の広告。 「スマイル!」主題歌の DVD にノンテロップのエンディングが入ってて、やっぱりハッピーのだけかな、と思ってたんだが、全員分入ってるらしい。  3/19 の月曜に休みを取って4連休にする、というのは今年の正月から決めてた (今年はそうしないと...
Tracked from 色・彩(いろ・いろ) at 2012-04-05 23:17
タイトル : 劇場版「プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち 」感想。
祝日なので、お子様方凄く多かったです。すなわち、プリキュア映画的には、ライト振る
Tracked from あおいろ部屋 at 2012-04-07 02:32
タイトル : 映画プリキュアオールスターズNS感想
『映画プリキュアオールスターズNew Stage みらいのともだち』 観に行って参りました! お久しぶりのキュアパッション♪もうそれだけでウルトラハッピー! 追記以降、ネタバレ満載の感想ですので ご覧頂く際はご注意くださいましー。
タイトル : 映画プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち/感想
 という訳で、公開初日に観てきた『映画プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち』の感想です。  ネタバレを含んでおりますので、まだ観てない方はご注意下さい。
Tracked from 穴にハマったアリスたち at 2012-04-14 15:58
タイトル : 感想:映画 プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち
【今年のオールスターズ】 T・ジョイ大泉さんにて17日00時より行われた最速上映を見てきました。 夜の闇に浮かぶ東映アニメーション様、格好いい。 昨今、大きな問題となっているテーマが一つ。  『私たちはプリキュアになれないのか?』 それに応えてくれるとて...