FC2ブログ
2012年 03月 16日
本日放送は「ドラえもん×クレヨンしんちゃん Wアニバーサリー 春のアニメ祭」でした。
クレしんの放送と共に「新・のび太と鉄人兵団」も放送されました。

クレしんは前回から「渡り廊下走り隊7」とコラボしたお話をやっているそうなのですが、前回を見ていないので何故アナゴと戦う羽目になっているのか分からない。というか、想像すら出来ない。アナゴ…。
渡り(略)さんが本人役で声の出演を果たしていますが、まゆゆこと渡辺麻友嬢はナチュラルにアフレコ上手いんですね。またこれで一人アイドル崩れの声優への道が げふんげふん

というわけで、その後は「新・鉄人兵団」の放送でした。
本編ノーカット。ただしOPとEDは除く!(キリッ)
あのEDの歌が良いのに…うぐぐ みんな、DVD買ってね!(え)

今回の視聴で感じた事は大体において去年劇場で見たことと同じです。
だので、詳しくは去年の記事をどうぞ(『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』)。

あのピースがあそこに繋がってこういう風になってテーマが昇華して…とひたすら思ってました。
原作の物語をより現代的に、より劇的に、よりテーマ性溢れる描き方に組み立て直している様がまぁ見事。
「新・魔界」の時にも思いましたけどね。あ、個人的には「新・魔界」の方が好き(え)。

あー、ちくしょう面白ぇなぁー。ホント、震災で興行ダメージがあったことだけが悔やまれる。
当時、最もダメージが多かった映画だそうですからね。仕方ないとはいえ惜しいことを…。

とにもかくにも、相変わらずピッポの鉄板シーンで泣きますわ。ええ、そうですとも。
これであとひと月ほどテレビはお休みか…と思いきや、来週もあるんですね。あ、そうなんだ。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by ハナ URL at 2012-03-17 10:33 #- Edit
Title :
ドラえもんの映画ってすごいですね。おもしろいといったら違うという人がいるかもしれないですが、凄いと言ったらみんな納得すると思います。なぜなら、映画を公開する前に漫画で全部映画の内容をネタバレという暴挙(笑い)をやるんですもの。ほとんどの子供たちは漫画で映画の内容を知って映画に見に行く。僕がコロコロの記憶は竜の騎士の連載からリアルタイムだけど第1作からこんな形だったのだろうか?よく、出版社、東宝も映画の前の漫画ネタバレに許可をだしたな。F先生の力?という感じです。それで、リメイクでも200万人以上の観客動員をしている。基本リメイクは映画の元をみている人も多数いると思います。それでも映画に1000円払って見に行くしアニメでも何度も同じ話を作り直して放映しているし、完全に文学の分野の古典というジャンルだと思います。どれをとっても誰がどう見てもすごいと思います。ただドラ約30作で9000万人ですごいと思ったら、ポケモンは14作で6000万人かよ。ポケモンって凄いですね。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2012-03-17 14:19 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます◆
>ハナさん
聞いた話では、日本では事前にあらすじを知って物語を見るコトに対してさほど違和感を抱かないのだそうですが、アメリカなどではそういう事はありえないそうで。新聞にドラマのあらすじが書いてあるなんてアンビリバボーだそうです。
個人的にドラえもんの映画で凄いと感じるのは、原作者がわざわざ映画用のマンガを描くというのは、他の多くのアニメ映画ではやっていないのでえらいこっちゃと思っていました。映画がお好きなので、他の原作者以上にがっつりと関わりたかったのだろうなぁと。

ポケモン映画は毎年成績が凄いし、とにかく戦略も上手いなぁと感じます。
映画を見に来るとポケモンが貰えるとか、そういう大胆な戦略はドラさんでも取り入れても良いですね。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :