2011年 12月 28日

今年も来期プリキュアさんが公表される時期となりました。
去年「え、ナージャ!?」と思ってから一年経ったのですね…早いもんだのぅ。

そして次期シリーズでプリキュアさんは9年目。
こうなると、次どんなに失敗しても10周年記念作はやるであろうという根拠の無い推測が働くので、妙な安心感が生まれる(え)。
ディケイドですよね、そうですよね…。

そんな10年目を目前にした繋ぎn (げふんげふん) 新たなシリーズ。
今年もまだ分からないからこそしっちゃかめっちゃか勝手に推測の翼を広げていこうと思うのでありまする。


「スマイルプリキュア!」
---------------------------------------------------------------------
宇宙のどこか・・・お伽話の登場人物が暮らす「メルヘンランド」がありました。
その中にある、お伽話の悪役ばかりが集まった「バッドエンド王国」の悪役達が、
人々に「最悪の結末」を見せ、そこから生まれるバッドエナジーを集めるため地球にやってきた!
このままでは、地球だけでなく、全ての世界が「最悪の結末」になってしまう・・・。
それを防ぐには、『5人の伝説の戦士プリキュア』を探し、「バッドエンド王国」に奪われた
『メルヘンランドの女王の幸せの力「キュアデコル」』を取り戻さなくてはならない。
一刻も早くプリキュアを探すため、「5つの光」を追いかけて地球に向かった妖精「キャンディ」が
最初に出会ったのは、転校初日なのに遅刻ギリギリで大慌ての中学生「みゆき」だった・・・。

朝日放送公式サイトより引用)



なるほど…。
アイドルネタではなかったのか…っち(ぉぃ)。

いや~、前の記事でも書きましたが、結構本気でアイドルモチーフじゃないかと思っていたので残念。だって、今やらないでいつやるのよ! 今が一番良い時なのにぃ! これは時期を逸してしまったな~。後でアイドルになりたいなんて言い出しても遅いンだからね!(え)


■TITLE

とりあえず恨み節は置いておいてスマイルさんですよ。
まずは例年通りタイトルロゴから情報を探りたいと思いますが…。

5人という事と、羽がモチーフになっている事辺りがトピックスでしょうか。

タイトルに5人である事が示され、キャラ紹介でも既に初期メンバーが5人である事が提示されている。
ということは、スマイルさんは完全なる五人組という事かしら?
最近定番の追加戦士枠を使用しない…というコトになるのでしょうか。

追加戦士は新しいアイテムの追加と物語のカンフル剤として、スポンサーサイド・アニメ制作サイド、両者にとって都合の良い素材なので現在ではマーチャンダイジング作品では当たり前のモノとなっていて、最近のプリキュアさんでもお馴染みのイベントです。
それを今更取っ払うなんてコトあるの? という疑問は浮かびますね。
まぁ「救急戦隊ゴーゴーV」でも、恒例化していた追加戦士を入れなかったなんてコトがありましたけどね。

「スマイル」さんは初期メンバーだけで突っ走るのか、はたまた「キュア」が付かない別枠の人がやって来るのか…。
どうにせよ「フレッシュ」~「スイート」のシリーズ構成とは若干変化したモノになるのではないかと予想しておく。
新人追加イベントとは違った物語の起伏をどう作るのか…に期待。

さらに、ロゴに含まれた「羽」のモチーフ。
キャラクターデザインでも羽が各人に仕込まれていて、割とプッシュしているアイテム。

割と「プリキュア5」との類似性が目に付く「スマイル」さんですが、これもプリ5の「蝶々」と同じ意味合いなのではないかと思えてくる。
夢への飛翔、希望…てコトなのかなぁ…。
今のところ、設定を読む限りでは「夢」が前に出てきている感じは薄いのだけれど。

だいたい、そんな感じですか…。
鷲尾P時代同様、梅澤プリキュアも4年目で5人制になるという不思議。
平成ライダーが昭和ライダーのデザインの流れを踏襲したように、平成VSシリーズでも結局ゴジラの息子が登場したように、歴史は繰り返すのだなぁと感慨深いね(え)。

あ、あと虹? 虹もロゴに入ってましたっけね。
でも虹は毎年作中に入っている多様性へのモチーフだから取り立てて言及する事でもないっす(えー)。


■STORY

「スマイルプリキュア!」はおとぎ話をモチーフにした物語、だそうで。

「スイート」では、人間には一人一人自分だけの音楽があると言っています。
それと同様に、「スマイル」でも、人にはそれぞれ自分だけの物語がある…といった語り口でお話が展開するのであろうコトは想像に難くない。

物語の中で物語とは何かを語る物語(え?)。
「スマイル」という物語の中に、お伽話の物語や、一人一人の人生の物語を内包するというコトなのでしょなぁ…たぶんなぁ。

なるほど…つまりこれは「ディケイド」じゃないですか(えー)。
入れ子構造で物語を語るといえばディケイドさんですよ。ディケイド厨だからそう考えるのは仕方ないじゃないですか!(うわ)
毎回色んなお伽話を渡り歩いて行けばいいんだよぅ…。

まあ戯言は置いておいてだな(ぎゃふん)。

来期の敵さんはバッドエンド王国。
全ての物語をバッドエンドに導こうとしているとのこと。
つまりプリキュアさんは、そのバッドエンドを打破する為に戦うというコトなのか…。

しかし、「バッドエンド」か「ハッピーエンド」かは、かなり主観的な気もする…。同じ出来事でも少し角度が変われば意味も変わってしまうわけで…。
その辺の「そもそもバッドエンドって何?」て辺りからしっかり説明してくれるのか、気になるところ。

ま、もっと言えば「バッドエンド」にしても「ハッピーエンド」にしても、どっちも終わってるじゃないかというツッコミもあるワケで。
物語は良いトコで終わったり悪いトコで終わったりがあるけれど、人の物語はそう易々といかない。

白雪姫にだって王子様と結婚したハッピーエンドの後、母親を焼けた靴で踊り殺すという重大な物語が残っていたじゃないですか(え)。
その「エンド」とは何を持って「エンド」とするのか…これもまた規定が難しそうだなぁと思う。

要するに最終回は「俺たちの旅は終わらないぜ」エンドになるしか無いのではと思えてなりませんぜ(え)。


■LOAD OF STAR

それぞれに自分や周りのハッピーエンドとスマイルを求めて戦うお話…なのかな。

個人的には、5人体制と主人公らのキャラ説明がどうしても夢原さん達を彷彿とさせて…若干の不安もある。いや、でも来期のケモノは一匹だけだので、夢原さんの時に感じたような「なんでこんなレギュラー増えとるん…」という恐怖は無いと思うのですが。う、うん…。

とにもかくにも、キャラの線数が北条さん対比で4割引ぐらいになってるのはイイコトだ!
あとは監督やメインライターさん、中の人などの続報を待つばかり。
てか、何故か去年だけキャラクター絵の公開と同時に声優も発表されていたんですよねぇ。やはり宣伝担当さんとしても、ナージャ復活で盛り上げたかった、という狙いがあったのやもしれぬ…うむ。

とりあえず発表された簡単な設定などを読む限りでは、相変わらず王道狙いだと感じる。
転校初日に遅刻するドジでおっちょこちょいのヒロインって、なにこのベタベタ感…。21世紀も10年経っているのに…。

あ、でも圧倒的に斬新な設定も盛り込まれていて、そこは新鮮。

まさかヒロインのモチーフがロブスターだなんて…。
星空だけにロブスターか…(ドヤァ

プリキュア 関連記事集
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by 銀河水晶 URL at 2011-12-28 23:45 #701gxeB2 Edit
Title : エガオノチカラ
2年の沈黙を破りミユキさんがプリキュアに…

ついにその姿を現した新たな伝説の戦士達、『スマイルプリキュア!』の5人。人数、色、キャラ設定と『5』と被ってる感は否めないですねえ。特にビューティ/れいかさんは「水」、「生徒会副会長」、「弓」と…某生徒会長と共通要素が多い。
しかしこれで決定したと言うことは、そう言う前評判を覆せるという自身がある!…ってことなんでしょうか?まあそこまで気になるほど似てるって訳じゃないんですけどね。
プリキュア初の関西弁キャラ(?)は楽しみですし。9年目まで持ち越すとは意外でした。

でも一番度肝を抜かれたのは東映アニメの方にあったピースの決めゼリフ(?)ですね。
「はじけるレモンの香り」と同等かそれ以上ですよ、ありゃ…(え)。
Commented by makiray URL at 2011-12-28 23:55 #RsdfxmUU Edit
Title :
 とりあえず、夏は暑そうな髪型の人ばっかりだな、と。

 どうしてもプリキュア5との類似性が気になるわけですが、今のところ、筋はともかく、相違点を見つけるほうが難しそうな感じ。
 説明を読む限り、青い人はアクアだし(弓は青って誰が決めたんだ!)。
 りんちゃん要素が、オレンジだけでなく緑に波及しているようですが。5人のうち3人が運動部ってのもすごい。おとぎ噺の物語のはずなのに。実は筋肉論理のストーリーなのだろうか。

 ロブスターですか。
 黄色の髪型には大分びっくりしましたが、そう言えばああいう水棲生物がいたような気がする。
 オレンジもエビっぽい。まさかイソギンチャクではあるまい。緑はワカメですか。

 6人目はいるのかいないのか。
 名前に統一性がないので難しい。「サニー」に「マーチ」って、車モチーフかと思いましたよ。
「ビューティ」が“Sleeping Beauty”だとすると、それぞれそういう話があるのだろうか…。

 5人もいると推しメンとそうでないのとが出てくるものですが、今のところそれぞれにかわいいので楽しみです。
 まぁ、一年前もそう思ってましたけどね。
Commented by ミルク苺 URL at 2011-12-29 15:46 #hEK25d6Q Edit
Title : ザリガニ娘ですたー
ヒロインのモチーフがロブスターということで最終回はイカ娘にエビと間違えられて食べられちゃってバッドエンドってオチなのですか?
Commented by キュアロブスター URL at 2011-12-30 09:29 #- Edit
Title : なんでキュアベリーの髪の毛はドリルとして機能しなかったのだろうか?
ロブスターがモチーフなので当然あのツインテールはロブスターの爪として機能するんですよね、あたかもイカ娘の触手のように。爪で挟んで相手の動きを封じ、そこにプリキュアビームを撃ちこむというエゲツナイ攻撃ですね、わかります、わかります。ああ、早く動いてるところが見たくてしかたないです。スマイルプリキュア!たのしみにしてまーす。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2011-12-31 03:33 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>銀河水晶さん
青さんは副会長という中途半端なポジションなので、たぶん中学二年生なんでしょうね。BBAの称号だけは継承しなかった…そうか…。
梅澤版プリキュア5なのか、はたまた蓋を開けると別の方向性なのか…まだ分かりかねますね。他のスタッフ布陣も知りたい。とりあえず主人公が1話で遅刻してるところと黄色の名乗りがオカシイところまでは夢原さんと同期。
黄色の口上は読んでいるだけで既に殴りたいんですが…これをイラッとさせずに読み上げる声優なんて存在するのかしら。


>makirayさん
ピンクが海老、オレンジがタコ、黄色と青がイカとエイ…かな。
緑は迷いますが、タツノオトシゴぽさとヨークシャーテリアを兼ね備えた髪型だと思います。プリキュアも動物モチーフの時代かぁ。
今のところ、黄色が一番人気みたいですね。ピクシブでよくエロ絵を見かけます(え)。
オレンジは関西ノリなのでどうしようもなくツッコミ担当になりそうですね。既に周りがボケの飽和みたいになっとるし。夏木さんロードを突っ走るのか否か…。


>ミルク苺さん
バッドエンド王国の間の手から逃れられなかったか…。
これで世の中のおとぎ話もアニメも全てバッドエンドになってしまうのか…(え)。


>キュアロブスターさん
プリキュアさんでお馴染み、触手でつかまる時なんかにあのハサミが大活躍です!
脱出する際だけでなく、そのままロケットパンチのごとく飛んでいくに決まってます。
ひゃっはー、みじん切りだぜ!

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :