FC2ブログ
2006年 06月 17日
………


………


え…っと…



すいません、ボク30分間ずっと泣いてました。(脚色無し)


だぁぁぁぁぁぁ!!!!!
なんだよ、もう!
これはぁぁぁ!!!!



先週の「『超星艦隊セイザーX』の最終局面にあたり――」という記事で「セイザーX」という番組が実は(ココ重要)すげー番組だと微力ながらお伝えさせて頂いたのですが。


今週の話はナンですかい?


ビデオで鑑賞したし、横に家族いたから躊躇もあったというのに…
泣きのミラクルコンボであないか!!

観終わって十分間、ボク、放心状態――

――って、しかも、これまだ最終回じゃないのにぃッッ!!!
ヤバイって、来週ボクの涙腺破壊されるのは確定らしいですよ、お母さん。


いやぁ、なんでしょ。
全部キタ。
拓人がレミーに「ちょっと行って来る」「晩飯までに戻るから」とか言うのとか…
ザケンナ―――ッ!!!てーのッ。
そーゆーのボクかなり好きなんだよぉッ!!!

もう会えないかもしれない恐怖もあるのに、でも笑顔で普通を振舞う。
ごめん、思い出しただけで涙腺がヤバイ…

他にも、各々のキャラクターが頑張るところとか…さすがミラクルコンボ。

その先週の記事で書いた実はスゴイ「セイザーX」のテーマなんかも、今週熱く伝わりました。俺の目は間違っていなかったんだね、ありがとっす。
またさ、ネオデスカルの全てを一つにすれば争いがなくなるってのが、一理有る点にも注目です。ネオデスカルもまた、ベクトルこそ違えど自分なりの理想と平和を目指していたのです。


――でも、それは違う。拓人は言う。

たとえ、時々ケンカしても、オレはみんながいる世界のグ#$&ビG87(&'+`*L…

う、すいません。涙でキーボードが見えません。

とにかく、凄いんす。
この1ヶ月ぐらいで、今まで「そこそこ普通」だったセイザーX株が「なかなか」にステップアップ、「やる時はやる」になったかと思ったら、「神様ありがとう」にまで昇華。

なに、この右肩上がり? 先が見えません。
いや、来週終わるんだけどネ。

今回のビデオ、何度も観ます。てゆか、そうしないとダメって特撮の神様が言ってる。
関連記事
TAGS : セイザーX
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by かかし URL at 2006-06-23 07:18 #79D/WHSg Edit
Title :
 セイザーXは伏線回収なども上手く、特に敵キャラの立ち方が尋常じゃない(特にタクトとの関係が)笑えて感動できる特撮ですね。最終回が楽しみなようなお別れするのがさみしいような。
Commented by tjtype1 URL at 2006-06-23 23:30 #79D/WHSg Edit
Title :
コメント感謝です!
>かかし さん
うんうん。そうなんですよねぇ。
伏線回収も凄く、実は丁寧にやっているなぁと感じますね。
伏線の自然な張り方自体にも今になって感激しているのですが。
あぁ、もうすぐ最終回が放映されてしまう…
ハンカチを… いや、バスタオルを持ってテレビの前に集合だい!

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from MEICHIKU なんで.. at 2006-06-18 01:04
タイトル : SAZER X #37
次回は最終回、ということで、最終決戦も敵の懐に突入。軽い復習のつもりで16日のBS JAPANで36話をと思ったら、35話と36話の連続放送(35話が「ドラえもん」と重なったため、まとめて再チェックしました)が行われ、その流れからやはりTV大阪のON AIRも追いました。(来週は2
Tracked from 東洋亭パーツ館 at 2006-06-18 09:49
タイトル : セイザーX、the Climax 2
 今回、ストーリーを追って書いてますんで、読むとぜんぶわかっちゃいます。 「みん...
Tracked from 振り向けば二次元 at 2006-06-18 21:17
タイトル : セイザーX感想 #37
今日の主役は一応タッくん。でも、大活躍したのはブレアード。肝心なところで大働きしたのはツインセイザーとゴルドさん夫婦でした。タッくんがネオデスカルと、レミーがバレーダと戦ってる間、私はいつカプセルのところにパトラさんが湧いて出るだろうと思って時折画面の端
Tracked from Weekly Web W.. at 2006-06-19 07:04
タイトル : 超星艦隊セイザーX#37『拓人、闇の中へ』
 夢は決して諦めてはいけない。  ライオン1を取り戻すためにデオデアーク内に突入した拓人とレミー。ダークゲランを倒されたネオデスカルは、バレーダを始末し、ダークゲランと一体化してしまった。ネオデスカルを追ってダークゲランに転送した拓人は、そこで黒いライオセ
Tracked from mk.com記録書庫 at 2006-06-19 14:01
タイトル : 超星艦隊セイザーX第37話「拓人、闇の中へ」感想
30分とは思へない内容の濃さ。一話一話の積み重ねが終盤に來て效果的に發【発】揮されてをり、一見お遊びで無駄だと思へたやうなエピソードまでも、物語を盛り立てる効果があるのだから、見事なものである。此處【処】まで神經の行き屆いた番組がバーダー船長の謎をスルーす
Tracked from V.S.A. at 2006-06-21 18:52
タイトル : じゃぁ,ちょっくら行って来るわ - セイザーX #037..
超星艦隊セイザーX 第37話「拓人、闇の中へ」. 感想がまたしてもだいぶ遅くなってしまいました.他の特撮の感想が全然かけていない中,セイザーXだけは書いておかないと.最終話の一つ前です. ブラックライオのスーツアクターは和田三四郎さん. ダークゲランになんでドリ