2011年 01月 23日

愛とはためらわない事ですよ。

怖いね…。


■地球は最近のファッション

遂にダークプリキュアを倒すに至ったキュアムーンライト。
タクトをかざした「ハァ――トキャッチ!」の声が凛々しいです。
ダークさんの心は何一つキャッチしていなかったような気もするけれど、勝ったのだから良しとするのです、ええ。

デューンさんに仮面で操られていたという月影父。
みんなを幸せに出来るかもしれないと心の大樹についての研究に邁進し、フランスの地でデューンさんの甘い誘いに自ら乗ってしまったのだと言います。しかもその交渉をしたのが男爵だったのか…無駄にフランス設定が繋がってると思っていた劇場版ですが、ちゃんと繋げて来ましたか…。
月影さんとはそんな因縁もあったわけね…。

しかし、幸せというのはみんなが少しずつ頑張る事によってキャッチするものであって、心の大樹やら何やら、たった一つのモノで全てが解決する代物ではない。
これは「ハートキャッチ」で描かれていたコトだけではなくて、「フレッシュ」を活用しての論理展開という感じがする。
勿論両作品は別作品ではあるのだけれど、劇中で描かれているように「ハトプリ」は前世代のプリキュアから想いを引き継いでいるというプリキュアなので、メタ的に過去作品からテーマを引用する事も許容されていると解釈できる。
その辺はある種“他人の褌”的な卑怯さもあるのだけれど、とても便利な技であるというのも事実。さすが疑似ディケイドさん。

ムーンライトを倒すために作られたダークプリキュア。
ダークさんはゆりさんの体の一部を利用して作られた妹であり…心の無い人形。

ダークさんがムーンライトを目の仇としていたのは、もう一人の娘である月影ゆりを消す事によって父親であるサバーク博士の愛情を得ようとしていた為。
それほどまでに愛されたいと願っていたという事は、自分は愛されていないと感じていた…てコトになるのだろうか。

確かにダークさんはゆりさんと同じ父親を持つ姉妹であるけれど、ダークプリキュアという名称だけで、名前すら無い、偽者の子ども。
「子どもを愛していない親なんていません」という花咲さんの言葉があったけれど、ダークさんは愛されていない子どもの化身だったのではなかろうか…。

そうなるとダークさんとは、父親が消えて自分が愛されていないと感じてしまった、そのゆりさんの中にあったドロドロした想いが分裂した存在だったのだと理解できる。
最期、父親に娘だと認められて成仏する…。花咲さんのあの言葉が真実である事を証明している…。

ダークさんは心が無いから、心を求めてムーンライトの心の片割をずっと持っていた…。
てことは、デューンさん他が必死に人間の心の花を回収していたのも、自分たちに心が無いから、その空っぽを埋める為に他人の心を集めていたのだと考えられないコトも無い。靖子にゃんぽいけど…(え)。

ムーンライトさんとダークさんは姉妹。
結局今期のプリキュアさんは姉妹間の問題をみんな持っていたというコトになるのか…あ、花咲さんは違うけど。
しかも総じて、妹の方が姉(若しくは姉っぽい兄)に対して憧れ、コンプレックスを抱き、姉(兄)のようになりたいと願っていたコトになる。
所謂アイデンティティ発見の話を、家族の話によって全て包んでいる。

登場人物のコンプレックスやサバーク博士の正体、劇場版含め、「ハートキャッチ」は“家族”を重要なテーマとしている事がよく分かります。
ただ、“チェンジ”や“花”といったテーマに対して、どうして“家族”がそこに入って来ているのかボクはちょっと掴みきれない所がある。てか、「フレッシュ」でも“家族”やったじゃんって気がしてしまうんだろうなぁ…。うむぅ…。

それとも梅澤プリキュアは全て“家族”がテーマに入ってくるかも…ぐらいに思えばいいのかしら。「スイート」のキャラ紹介を読むとそんな気もしてくる…。

そういや「ダブル」もそうだったし…。
“地球”と“家族”は最近のトレンドなのかもしれない…。


■「ムーンライトプリキュア!」

仮面が取れて洗脳から解かれた月影父。
今までのお返しにとデューン様に殴りかかる!
おい無茶するな! …と思ったけれど、意外と動けるオッサン。
しかし、デューンの放った攻撃を制するために身を投じ、散華…。

え、月影博士死んでしまったの…?
プリキュアで人死に描写とかあるのか…え?
後で適当な理由で復活せんでも無さそうなのですが、展開重いです。

憎しみに支配されそうになる月影さんを制止する花咲さん。
しかし、憎しみや怒りを晴らす為に戦ってはいけない。
憎しみや哀しみは誰かが歯を喰いしばって断ち切らなければならない。
以前、ゆりさんが自分で言っていた言葉。

あなたが何をしたいのか、何をするべきなのか、何の為に戦うのか。
それは自分で考えて、自分で決めてください。

これまで幾多の人々が抱える悩みや問題に触れながら、実際の問題解決にプリキュアさんが関わらないのが「ハートキャッチ」でした。
だってそれはプリキュアが解決する事じゃないから。それは当事者のアナタが自分自身の手によって解決しなければ意味が無いから。
だからプリキュアさんは手を貸したりしなかった。
自分で考えて、自分で決めろ。

「ハートキャッチ」のプリキュアさんは、自分のプリキュア名称を自分で考えて、自分で決める事が出来ました。それは変身した自分、変わりたい自分を自分で考え、自分で決めろという事。
悩みに向き合って新しい自分に変わる、その変身した姿は、自分で思い描かなければならない。

一人一人が自分で決断して自分の望む形にチェンジするコトが大切であって、月影博士の言うような「心の大樹によって皆が幸せになる」という、何か一つのモノによって全員が幸せになるなんてコトは無い。

自分で考えて自分で決める。
憎しみではなく愛で戦うと決めたムーンライトさんは、遂に欠けた心の種を取り戻すコトが出来ました。

「ハートキャッチプリキュア!」は、月影ゆりが失った心を取り戻すまでのお話… 一年かけて描かれた月影ゆりのゲストエピソードなんだな…。
勿論、花咲さんの成長物語でもあるのだけれど、ゲストに関しては最後まで、通りすがって背中を押すだけ…というスタンスでしか無かったのなぁ。

通りすがりの堪忍袋か…。


■デューン様がビービ虫で巨大化の流れか…(え)

一年かけて癒してきた月影さんの心の回復も完了し、次回最終回。
オーケストラさんのメリケンを受けてデューン様に勝てる余地なぞ無いって気もしますが…どうなる事か。
今回でデューン様は倒されていて、最終回は花咲さんのキューバロケって可能性も充分ありえます(え)。

最終回のサブタイは分かり易い成長の帰結点でグッと来るのぅ。

余談ですが、序盤のサブタイトルは「~ですか??」「~ます!?」といった自身の無さの表れである「?」が多用されていたのに対し、10話以降は全て「!!」で絞められていて、そんなトコにも成長の変化を表していたのだなぁと思ったり…。

最終回予告。

ブロ子「このパンチであなたのハートをキャッチします!」

いや、その理屈はおかしい…。

ハートキャッチプリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by オゴポゴ URL at 2011-01-26 18:24 #sc5pCUW6 Edit
Title :
博士、お亡くなりになったんですかね
プリキュア史上初めてですよね。プリキュア戦士の親族が敵の手で命を落とすのは。
Commented by 銀河水晶 URL at 2011-01-26 20:30 #701gxeB2 Edit
Title : だって強さは愛だもの
今回は息もつかせぬ展開というか、あっという間でした。ダークさんの消滅やら月影博士の行動、つぼみの説教やらゆりさんの立ち直りを見てると終盤なんだなあ…としみじみとしました。
次回はいよいよ最終回、どんな展開が待っているか非常にドキドキします。とりあえずデューン様はラスボスなんだからもうちょっと反撃していただきたい(おい)。

>>いや、その理屈はおかしい…。
体当たりでも「パンチ」と言い切りますしね、あの人…。今思えばオーケストラが鉄拳制裁なのは何でもかんでもパンチパンチ言ってたせいなのでは(え)。
Commented by Voiceters URL at 2011-01-26 22:28 #HfMzn2gY Edit
Title : サバーク…その愛と死
今週のゴセイジャーとハートキャッチは目からシーイックパワーが出る内容です。
いろんな意味で去年を上回るSFになったと思います。
ダークプリキュアが散り、月影博士も死にました。今回のタイトルの元ネタにしたスーパー戦隊のサブタイトルもこれと似たような内容です。
しかし身内亡くす役なら失うものを持っていないつぼみでも良い気もします(最も今週出番のない薫子博士が作中にて死なないとも限りませんが)。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2011-01-26 22:32 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます◆
>オゴポゴさん
ちなみにゴセイジャーで一般の人死に描写があったのも結構ビックリでした。人が死ぬって概念があったんだ…(え)。
せっかく三年間もお父さんを想って戦ってきたのに死んでしまうとか、なんなんでしょうねこの展開。妖精が死んでお父さんが死んで自分も一回打ち切り最終回を食らって…「ムーンライトプリキュア!」という番組の救われなさ加減が尋常じゃねえっす。
やはりプリキュア界のネクサス的存在なんだ…。


>銀河水晶さん
極端な話、この番組は花咲さんと月影さんだけいればそれでいいってのがよく分かりましたね。
マリンとかサンシャインとか居なくても何ら支障なかった…まぁ仕方ないね。
もうドラマ的にやり残した事はほぼ無いと想われるので、あとはテーマのまとめを最終回でやって素直に終わりって感じでしょうか。
最後が一話の夢にループするなんてディケイド的なコトにはならないと思います。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2011-01-26 22:37 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます◆
>Voicetersさん
SF…? あぁ、「少し不思議」の方ですね。サイエンスの方じゃないですよね、うん。
「ハートキャッチ」で本当にやりたかったのは「ムーンライトプリキュア!」というひどく救われないヒロインの話で、しかしそのままやるとそれは余りに残酷なので、その物語を内包する「ハートキャッチプリキュア!」として企画が出来上がったのではないか…と思えてきます。
月影さんを主役として見ると、展開がえげつないッたら無いです。ホント。
Commented by ゼノドレイク URL at 2011-01-27 15:36 #zHTyKSPE Edit
Title : 痛みを乗り越えて
ゆりさんはやっぱりシリーズ屈指の薄幸プリキュアやね…。心の大樹でコロンと共に御父様が見守ってくれていると思いたいです。

時にフローラルパワーですが、ここに来て随分と汎用性の高い描写がなされていますな。
『1人で2人分の力を出す』か『単に2人ならどの組み合わせでも良し』とな。
2発分放った矢先に鉄拳制裁に繋げるコンボは、絶対に憎しみが上乗せされているとしか思えないのが困ります。
Commented by ymokkuk URL at 2011-01-27 20:06 #- Edit
Title : ダークさん完全消滅!!
これで、ダークさんの復活は絶望的になりました・・・
こうなったら・・・、デューン様撃破の数年後に月影さんにダークさんそっくりの子が誕生・・とか。

デューン様が鉄拳制裁ごときで死ぬはずありません。幽魔デザトリアンを食って幽魔王デューン様になるんです。
もしくは、肩のアレがデューン様食べて巨大化とか。
果たして、最終回に何かサプライズ演出を求めていいんでしょうか。
黄色い子が切り札を隠し持っていると信じたいです。
Commented by おおふ URL at 2011-01-27 21:06 #.mXwswPA Edit
Title : 色々と懐かしんでみたりしています…
振り返れば、この番組が始まった頃には「おジャ魔女の絵柄で格闘??」と腑に落ちないものがありましたが、今回の嵐のような格闘シーンを見て今更ながら全く余計な心配だったと改めて思いました。ただ、ハートキャッチオーケストラを喰らう瞬間のデューンの顔をしっかり見せられたら、アレって本当に怖い技だな~とも思わずにはいられませんが。

序盤を見ていた頃を思い出すといえば、つぼみがゆりを説得する場面にも「自分の大ジャンプでボロ泣きしたかと思えば地面に大激突して失神していたへっぽこ娘が、よくぞここまで…」と妙に感慨無量になりましたね。
でも、最終回のサブタイトルは態度デカすぎでは…?(汗)
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2011-01-28 00:30 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます◆
>ゼノドレイクさん
薄幸どころか鬱アニメの主人公レベルです。花咲さんが主役というカタチで見せてくれているからまだ和らいでいますが、怖ろしいコトです…。
相手を殴り倒してもそれが愛だといえば愛になるわけで、愛と憎しみの違いなんて紙一重でしかありません。
憎しみはダメだけれど、愛といえば正当化され手段は問われない…怖ろしい事です。


>ymokkukさん
ダークさんはキャラ的にもテーマ的にも生き残る余地ほぼ無かったですからね…。
結局、邪気眼や片翼など中二設定の理由は明かされず…何の意味が…。
デューン様の肩のアレは実はとんでもない重さでして、あれを外したデューン様は瞬発力が凄まじいレベルで跳ね上がります。気をつけて!


>おおふさん
フレッシュでもハートキャッチでも始まる前は「これがプリキュアだと?笑わせるぜ」と思っていたのに、いざ始まると「なんだいつも通りの殴る蹴るか」と思わせてくれますからね。怖い怖い。
次回は最弱のプリキュアから最強のプリキュアへと変化を遂げた花咲さんという構成が美しそうですが、何をもって最強と謳うのかがいまいち分かりませんね。自分がそう思ったらそうだって話かしら。
Commented by オニギリ URL at 2011-01-28 22:02 #- Edit
Title : 妹殺しの女
倒れたダークさんを俯瞰で捉えたカットが、『女優霊』のパロディだったことは評価に値します。
映画と同様、妹役にあの死にポーズを取らせたのはスゴイです。
普通に後ろに倒れて、その脚の曲がり方はおかしいだろう…。

ところで、なみなみと番長のフラグは最終回へ向けての伏線ですか?
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2011-01-29 22:42 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます◆
>オニギリさん
来期は「在庫アリ」という映画で死んだはずのバトン娘が蘇るお話だそうですし、なんともホラーなコトばかり起こりますなぁ。
なみなみと番君はフラグ…なのかしら。単に人気のあるサブキャラで場を濁しただけで…あれ、でもそれならもも姉やさつき兄さんを出せばいいのか。
ということは、やはりフラグ…。最終回は結婚式…(え)。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from 三十路男の失敗日記 at 2011-01-23 21:54
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第48話 「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!」
ハートキャッチさんも、残すところ今回を入れて2話。 北条さんたちが、たおやかで荒ぶる戦いを繰り広げる裏で、ハートキャッチ最後の戦いが始まる。 ムーンライトさん:「お父さん!!」    月影博士と、父親独占権を獲得した実の娘が感激の抱擁… 月影博士:「私...
Tracked from SERA@らくblog at 2011-01-23 22:16
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第48話 「地球のため! 夢のため!プリキュア最後の変身です!」
ラスボス・デューンを相手に最後の決戦へ! ブロッサム&ムーンライトが手をとって戦うのは、2世代のヒロインの共闘に見えて。 すごく熱くなるシチュエーションでした。 心折れかけた先輩を後輩が励まして...
タイトル : ハートキャッチプリキュア!感想/第48話「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!」
 「プリキュアを信じていれば大丈夫だ」(番くん)  ハートキャッチプリキュア!第48話「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!」の感想です。
Tracked from MAGI☆の日記 at 2011-01-23 22:32
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第48話「地球の...
ハートキャッチプリキュア!の第48話を見ました。第48話 地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!「ゆり、私はお前を抱きしめる資格はない。全ては心の弱さが引き起こした...
Tracked from 日々の記録 at 2011-01-23 22:41
タイトル : ハートキャッチプリキュア! #48
ついに砂漠の王・デューンとの対決です!今回は、これ本当に女の子向けのアニメなの!?と思えるような燃え展開でした!!!アバンは、地球に残った番君とななみ。荒れ果てて
Tracked from 黄金時代のTourism at 2011-01-23 23:31
タイトル : ハートキャッチプリキュア!イラスト感想 第48話「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!」
「憎しみが力になるのなら…私はそれでも構わないわ!!」(by月影ゆり)  デューンとプリキュアが壮絶な死闘を繰り広げた回。「地球のため!」というサブタイトル通り、砂漠化した地 ...
Tracked from 色・彩(いろ・いろ) at 2011-01-24 00:45
タイトル : ハートキャッチプリキュア!#48.
「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!」 アバン。砂漠化した地球。ど
Tracked from あおいろ部屋 at 2011-01-24 11:09
タイトル : ハトプリ48話感想&考察
いよいよ大詰め! デューン様フルボッコ、スタートです! 締めはビッグマザーのパンチだよ!! (けっこう合ってる気もするんだ…) ハトプリ48話 「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!」 の感想です。
Tracked from しるばにあの日誌(新館) at 2011-01-25 04:53
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第48話 地球のため! 夢のため!プリキュア最後の変身です!
(プリキュアシリーズ通算 339話) 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201101/article_15.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお送り...
Tracked from 破滅の闇日記 at 2011-01-25 10:13
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第48話「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!」
ハートキャッチプリキュア!【10】 [DVD](2011/02/16)水樹奈々、水沢史絵 他商品詳細を見る  ダークプリキュアはゆりさんのクローン人間的な存在?キュアムーンライトとの戦いの末に、プリキュアとしての力...
Tracked from アニメ徒然草 at 2011-01-25 13:59
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 48話
万感の思いを込めて鉄拳制裁!というわけで、「ハートキャッチプリキュア!」48話先輩呼び捨ての巻。お父さん!たとえ変身解除しなくても、ムーンライトさんがゆりさんに見えるな ...
Tracked from 穴にハマったアリスたち at 2011-01-26 03:10
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第48話「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!」
【今週のオールスターズ】 1年前の玩具が、再び宣伝されているこの不思議。 「DX」コンテンツの優秀さがよく分かります。 良かったですね美翔さん。営業機会をまた貰えて。 ■ハートキャッチプリキュア! 第48話「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!...
Tracked from のらりんすけっち at 2011-01-26 12:12
タイトル : ハートキャッチ プリキュア! 第48話「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!」
ダークプリキュア消えちゃったー!! そんなあ… すべて終わったらゆりちゃんとの楽しいハイスクールライフ期待してたのに― (。>0<。) 博士に娘といってもらえて、少しは救われたかな。 誕生した時のダーク...
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第48話「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!」
今回のお話は、デューン様をプリキュア全員で倒しにかかるというお話でした。 怒涛の展開でしたねぇ、今回のお話は。 正直てんこ盛りすぎじゃないかと思うくらいでした(笑)。 ダークプリキュアを撃破したゆりさんは、お父さんとこれまでの経緯についてのお話を聞か...
Tracked from blog mr at 2011-01-28 00:23
タイトル : ハートキャッチプリキュア「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!」
 ゆり父、体動きすぎ。博士なのに。  TJ-type1 さんがネタにしてるけど、「愛で戦う」ってのが骨子なんだとすれば、あのキュア・ギガンティアのメリケンサックはねぇよなぁ。  今週は、キッズタイムのレビューがやたら短い。やっぱりパンクしかけてるのかもしれない。
Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2011-01-30 04:04
タイトル : ハートキャッチプリキュア! #48 「地球のため! 夢のため!プリキュア最後の変身です!」
番くんとなみなみはやはり愛されてるな。 最終回・・・、地上で二人は、キュアファイアーとキュアカーネーションとして戦うんじゃないかと思うぐらいの優遇っぷりでした(笑。 ...
Tracked from パズライズ日記 at 2011-01-30 07:55
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第48話
今回はデューンにプリキュア4人が必死で挑む話。 サバークの最期が壮絶、デューンの容赦無さが恐ろしいですねぇ。 日曜日の朝枠とは思えないような熱さだったと思います。 砂 ...
Tracked from ぺろぺろキャンディー at 2012-04-09 23:17
タイトル : ◎ハートキャッチプリキュア!第48話「地球の...
地上では、バンくんが女子と砂漠眺めてた。ダークプリキュア倒される。5階から転落した人みたいなポーズくる。ユリがサバークにハグ。サバークが、私の心の弱さが招いたことだ。研...