FC2ブログ
2010年 08月 27日
本日放送は「変身、変身、また変身」と「大氷山の小さな家」でした。
米粒やコーヒー、果ては髪の毛をキャンバスにまでした「ドラえもんを描いてみよう」のコーナー。
今週の素材は、「石ころ」でした。なんか一周回って普通に戻ってるやん!!

「変身~」は変身ドリンクで色んな動物に変身してジャイアンをからかおうというお話。
馬やゾウが昔は冴えない動物だったというとても為になるお話でもある。
「ドラえもん」を一通り読めば大概の常識は手に入るのです。便利だなー。
“動物に変身する”というモチーフだけだと他に幾らでもある珍しくもないお話ですが、一言こうやって進化の話を挟むだけでSFに変容させてしまうのだなぁ。全身の細胞を変化させているのでちょっと時間がかかるとか、馬に変身したあと服が伸びちゃってるとか、変なところでリアルだし。
相変わらず「ドリンクは飲みすぎるな」と注意をしておきながら、余ったドリンクはそのまま部屋に置きっぱなしにするドラえもんさんがクール。
もう分かってやってるんですよね、そうですよね。

「大氷山~」は南極から流れ出た大氷山に行ってカキ氷を食べたり、自分だけの部屋を作ったりして遊ぶお話。
秘密基地は子どものロマンだけに「ドラえもん」でもこの手の話はよくある。いや、もうちょっと言うと「土地を求める話」ってのが多いのですね。
秘密基地やアパートの一室を手に入れるぐらいの話から、果ては小惑星を自分のモノとする話まである。
大長編でも「宇宙開拓史」や「日本誕生」、「雲の王国」「ねじまき都市」と結構あるある。
“自分が好きに出来る空間”を求める話ってのは、F作品にもう一つ多い“神様になる”話とも繋がる気がする。
土地を求めるのは人間の根源的欲望の一つだけれど、言わばそれは神様になりたいがゆえの支配行為というコトなのやもしれぬなぁ…うぅむ… ん、何の話だっけ? 完全にそれたわ。
大氷山の上でカキ氷を食べるという無駄にスケールのある話に憧れたもんだよなぁ。今見ると「その氷は生水で危なくないのか?」とか思ってしまう。スレたなぁ…。

次回は9月3日のドラえもんさん誕生日SP。
毎年、22世紀を絡ませてくるのですが、今回はネコ型ロボット全体の危機。
それに取って代わるはイヌ型ロボットたち…という対立軸らしい。

正直言うと、割とどっちでもイイ(ちょ)。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。
TRACK BACK

トラックバックURL :