FC2ブログ
2010年 08月 20日
本日放送は「ドクロ島の秘宝」でした。

本物の“宝の地図”の写しを手に入れたのび太達は、地図に書かれたドクロ島に行って宝探しをする…という夏休みらしいアドベンチャーなお話。てか、ついこの前も宝探ししたばっかりだったような…まぁいいか。

ドラえもんチームと出木杉チームに分かれてどちらが先に宝を発見するかと競い合いますが、哀しいかな、誰がどう見てもドラえもんチームに軍配が上がらないことは目に見えている…。

地面に敷かれた白と黒のひらがなタイル、出木杉チームは地図の暗号である「色は間違えずに」と書かれていた部分から、「いろはにほへと」の順に文字を踏む事に行き当たる。

一方、我らがドラえもんさんが出した結論は“人間機関車セットでごり押しして罠を突破”。
百年後の未来の科学が結集している方とは思えぬ結論。未来に不安を抱かずに入られない…。

その後は暗号にあって暗号にあらずというか、要は普通に進めば自ずと宝の場所まで辿り着けるという一本道なダンジョンでした。
いろはパネルの出来にしても、数百年前の海賊がしかけた罠にしては何かがおかしい…と思っていたら、宝はとうの昔に見つけ出され、ダンジョンは村おこしとして近々解放する予定のアトラクションに作りかえられていたらしい。ズコー。

通りで罠にも殺気が無いし、懐中電灯も無く奥まで進めたわけだ(え)。
ただ、滑り台にいた蟹の大群はアトラクションにする際はやめた方がいいと思うんだよ、うん。普通に怖い。

海賊の宝はこの島の開拓に使われた様子。
つまりこの美しい島そのものが、かけがえのない宝だったってことなんだね。
………。

なあ、うちわが屋根の上にあるのは流石にぞんざいじゃないのか?(ちょ)
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :