2010年 05月 23日

まさか1クールでゴセイジャーが終わるとは思わなかった…。
来週からの新番組にも期待です。え、まだ終わって…ないの?

■演劇部員はむしろ今日までよく頑張ったと思う…

今日の花咲さんは志久なみなみの妹さん、るみるみのお世話から始まりました。
てゆか何でるみるみが中学校に来てるんや。授業に関係の無い幼女は持ってきちゃいけないって先生が言ってたでしょう、んもう。

そんな折に現れた演劇部の部長・高岸あずささんは、ファッション部部長である我らが来海えりか様と張り合って、今度の舞台衣装をファッション部で作らせるコトにしました。演劇部は衣装制作の作業が省けるし、ファッション部は演劇部の予算から服飾費を捻出できる(はず)。
ケンカをしているように見えながら、実は互いに利のある話をまとめあげた。さすが部長。さすがトップ会談。

クラブの部長で、周りが見えなくなる傾向を持つあずさとえりかは似た者同士。
ついつい周りのコトを見ずに突っ走ってしまう。
来海さん、一応自覚はあるんですよね…自分が軽くウザイという自覚は。

演劇部を率いる高岸さんは、演出でも衣装でも自分の案を曲げない頑固肌。
他人の意見を聞き入れず、自分こそが正義というワンマンタイプ…。
対して、来海部長は服のデザインを考えるにしても部員の意見をよくよく聞き、それらをまとめあげて作り上げていくタイプ。
「アタシに着いて来て!」と奮起する来海さんは一見ワンマンぽく見えますが、実はそんなことないぜ、という罠ですね。
トップダウンとボトムアップ。遂には一人になってしまう高岸さんと、皆から意見を求められて頼られている来海さんが哀しいほどに対照的。

確かに高岸さんのワンマンぷりは、部員の堪忍袋の緒が切れるのも無理ないレベル。ただ正確には、高岸さんは他人の意見なんてどうでもいいと思っている子、というワケではないのです。
ファッション部から提出されたデザイン案を見て「これじゃあ貴婦人に見えない。みんなもそう思うでしょ?」と言う高岸さんの言葉には、主観しか無い。つまり自分が思っているコトはみんなも同じように思っている、と信じている子なのです。自分と同じように思っているはずなんだから、そもそもみんなに意見を聞く必要なんて無い、それだけのこと。
高岸さんは自分と相手が違うコト、人間がバラバラであるコトをまだ理解していない子なのです。

でもそれは仕方が無い。
思春期ってのはそこに気付いて孤独を感じるコトがテーマですから。
そしてそれを乗り越えて、もうそんなコトどうでもいいやと思えるようになるのが成長ですよね(いやまて)。
あぁ、中学生日記してるなぁ。

部員に見放され、独りになってしまった高岸さんの心はデザトリアンに。
心が照明ライトの姿になる…ライト…RIGHT…正義…自分だけが正義、そう信じて疑わない少女の怪物ということか。なるほど。スペルが違うのは黙っておこう。

人間はバラバラだけど、仲間と一緒だから生まれるコトもある。
非常に珍し…とゆうか初めてのマリ子さんお説教タイムで海より広い心も限界です。
途中でブロ子さんが「そんなことありません!」と割って入って来やせんかと冷や冷やでした。ふぅー。

高岸さんは仲間と一緒に楽しみながら芝居を作り上げるコトの大切さに気付きました。
そしてファッション部の皆で作り上げた衣装を纏う。それは仲間と一緒に作り上げる喜びを目指す、新たな高岸あずさに「変わった」コトを表しておるんですのね。

服を着るコトによって心の変化を表す。
服を作るコトによって人の心を救う。

ファッション部が有機的に作用しているーッ!
心を救うという目的とファッション部がやっと合致したというか、てか素直に考えるとこれが鳩プリにおけるファッション部のフォーマットだよなぁ。まぁ、凄く…今回だけって気がするわけですけど(え)。

毎週毎週ゲストの為に服を作るワケにもいかないですしね、うん。
でもファッション部の存在がストンとお話に落ち着いていて、とりあえず今回的には素直にまとまっていて好かったなぁと思います。
ゲストと同時にえりか自身の話でもある、てのも好きな構成です。どうも。


■白「プリキュアの美しき魂…を継承したいのね?」

高岸さんの暴走は本来顧問の先生が注意すべきコトなんだろうなぁ…と思ったら、演劇部どころかファッション部にも今まで顧問がちらりとも出ていないのよね。
意図的に大人を描かない番組…という類でも無いので、普通にやる気の無い先生なのかなあ? あぁ、そういえばボクの中学の部活の顧問もそんな感じだったけなぁ…。
活動の殆どが“部室を掃除して帰る”という恐ろしくユルイ活動だったなぁ…ひどい。

さて次回。
月影さんからプリキュアとして認めて貰おうというお話のようで。
予告からは見た目のチェンジと中身のチェンジ、テーマが如実に発揮されるお話…のようですが。

しかし敗北した人の許認可なんか別に気にしなくてもイイと思うけどなー(おい)。

ハートキャッチプリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by 通りすがりの人 URL at 2010-05-25 21:18 #tHX44QXM Edit
Title : あれ?
こんにちは
前回、ファッション部に入ると宣言していたはずの生徒会長ですが、今回は出演してませんでしたね。はて部活のシーンでは居なかったような…。まだ入部届出してないのでしょうかね?それとも生徒会と道場と女装(普段は男装)で忙しいのでしょうか?
Commented by 銀河水晶 URL at 2010-05-25 21:39 #701gxeB2 Edit
Title : 青い挑戦状!怒れ二つの正義の花
>>てゆか何でるみるみが中学校に来てるんや。
百歩譲ってそこは納得するとしても、花咲さんwith妖精×2と芝居やってるってのはどういう事なんでしょうか…、一切説明されませんでしたし。
もしや早々に正体がばれたとか・・・?

>>演劇部は衣装制作の作業が省けるし、ファッション部は演劇部の予算から服飾費を捻出できる(はず)。
その上舞台発表がファッション部の作品発表を兼ねるという一石三鳥の良案ですね。なんかどっかで聞いた気がしますけども。
というかプリキュアであの発声練習されますと、どうしてもあの黄色い方が頭に浮かんでしまうのですが…(え)。
Commented by タダタカ URL at 2010-05-25 23:16 #- Edit
Title : うわ、今回、俺得すぎる
先週の予告で、演技を演じるハイレベルな役なら、やれるとしたら折笠富美子しかいないと思っていた。
ホントに来た。
シナリオも、実に彼女の演技を堪能させてくれる構成で良かった。
そして、今回はつぼみがほとんど眼鏡装備。
どこまで俺得なんだ。
しかも、来週は月影さんのターン。
TJさんの通販の申し込みに間に合わなかった無念さが晴れました。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2010-05-25 23:22 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます◆
>通りすがりの人さん
「毎日は顔出せないけど」と言っていたなみなみよりも出席率は低そうですね。出席しないとどんどん出辛くなる不登校の原理なのに…しかも相手は中学生女子グループですからね、放っておくと裏でなに言われてるか分かったモンじゃありません。
さすがにそんなリアル中学生日記な雰囲気はこの番組では描けないでしょうけども…。


>銀河水晶さん
妖精はプリキュアの知り合い→メガネのおネエちゃんは妖精と知り合い、という構図から自然と答えが導き出されてもおかしくない展開ですね。あぁ、ハイドさんに頼んでメモリーウォッシュしなかったから…。
ボクもあの黄色い娘はちょっと脳裏をよぎりました。最初から仲間がいないのと、途中から居なくなるのとではどっちが辛いンでしょうねぇ…。まぁ黄色の娘は最初から最後まで友達居ないけれど…。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2010-05-25 23:27 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます◆
>タダタカさん
ボクはEDのテロップ見るまで折笠さんとすら気付きませんでした。みんな、すごい音感だなー(棒)。プリキュアはMH以来ですかね。
そういえばつぼみが全編メガネなんですよね。いつもはつぼみ視点でメガネを取るコトによって内面変化を表していたりするようですが、今回はえりか視点だからってコトでしょうか。じゃあえりか話はいつもメガネ? マニアックな。

通販が間に合わなかったそんなアナタに、近々DL販売のお知らせがあるよ。
エヘヘヘ。要チェックやで。
Commented by オゴポゴ URL at 2010-05-25 23:49 #sc5pCUW6 Edit
Title :
>月影さんからプリキュアとして認めて貰おう
どちらかというと認めて貰うよりも月影さん自身をプリキュアに復帰させる作戦も考えて欲しいですな。
Commented by Wショッキング URL at 2010-05-26 10:07 #zHTyKSPE Edit
Title : 燃え上がれ、キュアマリン!
サイクロントリガーより薄いあたしの存在意義もここらが我慢の限界…ということで来海さん回。
ふたつの部の有様のコントラストから、やがてひとつに調和する完成型へと結実―相変わらず毎週ほぼ全力投球でいい話書きますなぁ、心臓鷲掴。

…それにしても、幹部経由で自打球喰らったデザトリアンは御愁傷様でしたw
何時ぞやの銅像もそうでしたが、コブラーマン本格的に使い魔との相性悪化してますね。

>冷や冷やでした
ブロ子さんはやっぱ空気読める子だ、うん。
Commented by タカくん URL at 2010-05-26 16:51 #Fo1S5Whw Edit
Title : 来海さんも必死なんです・・・
 さて、今回はどんどんスペックの上がる花キュアさんに負けじと、一人で決着をつけようとする海キュアさんのお話でした・・・
(違ってますかね?)
 とはいうものの来海さんは、花咲さんをバディにすることによりKY度を下げることに成功しました。後はヒロインの花咲さんを亡き者に・・・
 あ、そうそう。どこかの方のブログに書かれてましたが、海キュアさんの決めぜりふ

海より~(なんちゃら)

は本当に会話に絡めづらいセリフですね。もうちょっと小マシな決め言葉はなかったんでしょうかねぇ。例えば

海水でもかぶって反省しなさい!

とか
 でもこれを言ったら月影さんからキツイお仕置きがあるかも知れませんね。月影さんの中の方は来海さんの中の方より大先輩ですからね。
追伸:来週は月影さんが新人プリキュアの二人に言葉責めで猛特訓を施すようです。めっちゃくちゃ楽しみです~
Commented by オニギリ URL at 2010-05-26 21:25 #- Edit
Title : なみなみが、古代ローマで満足できる行動を(ry
先週の話といい、部長はハサミが似合いますね。今度から「シザーズ」と呼ばせていただきます。
ファッションで人の心を操る「黒バサミ」の使い手と、我らが部長が対決する話も見てみたいです。


その昔、部活のメンバーで映画を観に行くことになった時、「俺について来い!」とか言って私の選んだ映画が、ジャッキー・チェンの『シティーハンター』でした。
…だって、とりあえずジャッキー映画なら大丈夫だと思うじゃないですか。
観賞後のあの気まずさよ…。
Commented by おおふ URL at 2010-05-26 22:06 #.mXwswPA Edit
Title : つぼみは鼻息へのツッコミ禁止!(え)
今回の予告には第1話のえりかの映像が使われていましたが、これは「今度の話はあの頃のえりかを思い出しながら見てね!」と暗に訴えていたのでしょうか。
確かに、会って間もないつぼみをフェアリードロップへ引きずり込んでいたえりかは総スカンをくらったあずさにも似て独善的でしたが、その陰では自己嫌悪から一人で頭を抱える場面もありましたよね。それを思えば、部員達の気持ちへを気にしてつぼみに尋ねている今回の姿には、あの頃とは着実に変わっていることが感じられました。
一方、つぼみもあずさと他の演劇部員達との温度差をちゃんと見ていて練習の場へ行かない部員達に進んで話を聞きに行ったりと、明らかにラーメン屋の回の頃とは違いますね。

でも、マリンの方は一瞬だったとはいえ、戦闘で二人揃ってスパッツが見えていたのにはちょっと引っ掛かりました。設定画にあった「なるべく見せないように」との但し書きは一体…というか、またこんな話に食いついてる自分が何となく嫌…(汗)。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2010-05-28 23:46 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます◆
>オゴポゴさん
月影さんはブラックギラスとレッドギラスに脚を折られて、もう役に立たないとか言ってませんでしたっけ?
それに今ふたりで和気あいあいとやっている中、辛気臭いババァに割って入られるのは正直勘弁だぜと二人も思っているんですよ(おい)。


>Wショッキングさん
サイクロントリガーは早撃ちというアイデンティティがあるんだい!だからイエスタデイが街中に刻印をバラ蒔いた時は本当はサイトリの出番だったんだい!それをルナが…ルナが!
今回、ブロ子さんは空気を読んででしゃばりませんでしたが、あれが夢原さんだったら関係無く前に出て来ていたンでしょうなぁ…。「そんなことない!」「絶対に許さない!」


>タカくんさん
「海より広い」は如何にも机上で考えられた口癖という感じで、会話の中に込めづらいし真似しにくいんですよねー。実際劇中でも机上で考えたという設定にしてはいますが、まさに中二臭い台詞なのだよなー。これは逆に上手いのか…いや。
しかしこうなると、噂される追加戦士にもブチギレ口癖が用意されているというコトなのでしょうか。当然プリキュアのモチーフを入れ込んで、ですよね。
「月」があの台詞しか思い浮かばない…。


>オニギリさん
闇のファッション部が使うとされる伝説の黒バサミ…対する来海さんは師匠から貰いうけた白バサミで対決…かと思ったら普通のハサミで対決して普通に勝つ。心の中に変なモヤモヤだけが残る、そんな夏のお話ですね…。
シティハンターってそんなにダメでしたかねぇ…久方みていないのであれですが。いや、最近のジャッキー映画の方がもっと…なのありますしね(おい)。


>おおふさん
ボクは今回の話、一話と比較して観るという行為が出来ていませんでした。
とゆーか一話で部員が辞めた理由が来海部長にあったのかどうか判然としていないと思いまして。来海さんの強引さが原因なのか、単に個人的理由で辞めたのか…今後、辞めた部員のお話とかあったらまた深いお話になりそうですが。
そうか、アイツ成長していたのか…そうか…。

アンニョヌエボさんは間違いなく上手いンですけど、馬越デザインは苦手…そうですね。
スパッツが見えるよりも、見えない方がwktkとは、これいかに。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

タイトル : ハートキャッチプリキュア!感想/第16話「ライバルはえりか!演劇部からの挑戦状です!!」
 「私たち、ファッションのプロだからさ」(来海えりか)  ハートキャッチプリキュア!第16話「ライバルはえりか!演劇部からの挑戦状です!!」の感想です。
Tracked from オヤヂの萌えブログ at 2010-05-23 20:01
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第16話 感想
 なにげに珍獣と普通に会話しているるみちゃん、このシチュエーションってるみちゃんはプリキュアの正体を知っているってとっていいのかし...
Tracked from MAGI☆の日記 at 2010-05-23 20:33
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第16話「ライバ...
ハートキャッチプリキュア!の第16話を見ました。第16話 ライバルはえりか!演劇部からの挑戦状です!!舞台衣装をめぐり、友人の演劇部部長・高岸あずさと口論したえりかは、ファッシ...
Tracked from 日々の記録 at 2010-05-23 21:00
タイトル : ハートキャッチプリキュア! #16
えりかが演劇部のあずさに挑戦されて、ファッション部が演劇部の衣装を作ることになるお話でした。アバンでは、いきなりシプレ&コフレと遊んでいるるみが登場。なんでるみが学校にい...
Tracked from のらりんクロッキー at 2010-05-23 21:22
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第16話「ライバルはえりか!演劇部からの挑戦状です!!」
ひさびさえりかたんメイン回! 演劇部の衣装を作ることになったファッション部。 えりかたんのファッション魂が燃える! えりかたんのおうちでミーティング。 えりかたんが使ってたファッションコーディネートグッズは新しいおもちゃでしょうね。 早速販促とみま...
Tracked from 三十路男の失敗日記 at 2010-05-23 21:31
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第16話 「ライバルはえりか!演劇部からの挑戦状です!!」
いきなりぶっちゃけますが、今週はサバーク博士の出番は全く無し。 ボスの出ない話が、今期は多い気がする。 砂漠の使徒が、勝手に出撃して勝手に敗れる。 サバーク博士の影の薄さが泣けるとともに、彼がラスボスではないということを 暗示しているような。。 …とまあ、...
Tracked from 秋元こまち解放区 at 2010-05-23 22:58
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第16話
ファッション部のえりかは、みんなの作ったものを高く評価しながら、 自分のペースにのせてしまう。 一方、演劇部のあずさは、自分の思いで...
Tracked from 穴にハマったアリスたち at 2010-05-24 00:16
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第16話「ライバルはえりか!演劇部からの挑戦状です!!」
【今週の戦い】 「旅の日」をYCATキャティがPR/横浜(YAHOO!ニュース) [引用]  横浜駅東口の横浜シティ・エア・ターミナル(YCAT)で16日、猫のマスコットキャラクター「キャティ」が、利用客らと触れ合うなど旅の機運を高めるのに一役買った。 (中略)  ...
Tracked from 現実逃避 at 2010-05-24 03:58
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第16話 『ライバルはえりか!演劇部からの挑戦状です!!』
今回のお話は演劇部部長とファッション部部長のあり方を対比させつつ、えりかさんがウザい割には人の意見を聞く度量がある・・そんなリーダーシップの取れるえりかデーだったわけかしら(え)。 衣装自慢しているうちに演劇の衣装対決をすることになった来海さん率いるフ...
Tracked from パズライズ日記 at 2010-05-24 12:24
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第16話
今回はえりかが演劇部部長のあずさと対決することになる話。 似た者同士な性格に雰囲気にで、自分の部の方が衣装に関して凄いと言い争う場面は楽しかったです(笑)。 しかし部長としての差、部員達との関係の違いというのはなかなか痛々しいものもありましたねぇ。 ...
Tracked from Jimmy's Impression at 2010-05-24 12:52
タイトル : ハートキャッチプリキュア!(第16話)
アメンボアカイナ、アイウエオ! こんなところに仕込んでやがった! さすが腹黒うらら、自分だけでも思い出してくれってことかっ? いやいや、わかりやすい。 いいです。 なみなみ妹がシフレコフレといっしょに部室で遊んでいるのがよいです。 妹の面倒をみることと好き...
Tracked from しるばにあの日誌 at 2010-05-24 14:53
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第16話 「ライバルはえりか! 演劇部からの挑戦状です!!」
(プリキュアシリーズ通算 308話 ケロロ軍曹通算 315話)
Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2010-05-24 20:54
タイトル : 今週のハートキャッチプリキュア! #16
るみが何の違和感なく学校にいる件について・・・(汗 しかも、珍獣と何の違和感なくお戯れ・・・(笑 これは何かの「伏線」ですか? はっ!!もしや るみがキュア●●●●●●という超展開!?(汗 ある意味、ターゲット層の子...
Tracked from 色・彩(いろ・いろ) at 2010-05-24 22:54
タイトル : ハートキャッチプリキュア!#16.
「ライバルはえりか!演劇部からの挑戦状です!!」 今回は久々のえりかメイン回。フ
Tracked from あおいろ部屋 at 2010-05-25 02:16
タイトル : ハトプリ16話感想&考察
どもです。ハトプリ16話 「ライバルはえりか!演劇部からの挑戦状です!!」 を観ました。 …。 えりか様が(←こう書くと某タレントさん...
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第16話「ライバルはえりか!演劇部からの挑戦状です!!」
今回は、演劇部のあずさという女の子のお話。 あずさちゃん、大会で成績を残すために、かなりスパルタ指導をしていらっしゃるようで。 本気で演劇の世界を目指しているなら、実力も備えた努力家なんでしょうねぇ~。 が、やや周りが見えなくなってしまうことがある...
Tracked from blog mr at 2010-05-28 07:09
タイトル : ハートキャッチプリキュア「ライバルはえりか! 演劇部からの挑戦状です!!」
 盛りだくさんの販促回。  白状してしまうと、同級生やファッション部員連の顔を把握していないので、誰が誰やら。台詞でなんとか、あーあの人ね、と思い出すのがやっと。絵柄が俺の体質に合ってないのよね。  シフレコフレが一般人と遊ぶのは OK なんだっけ。つか、...