2010年 04月 11日

おっかしいぞ~?
片翼で飛ぶのなら羽ばたくと言うよりも、プロペラみたいにギュルンギュルン回さないといけない気がする。
まぁ結局片翼じゃあ本体もギュルンギュルン回ってしまうんだろうけども。

■今回、作画陣が豪華ですね…

プリキュアの使命は心の大樹を復活させるコト。
さらにその為に心の種を守り、キレイに咲かせるコトも重要な任務なのです。

今更ながら最確認してみた花咲さんたち。
毎週毎週のルーティンワークをこなしていると、ついつい目の前のコトばかりに追われてしまって大きな目的を見失ってしまいそうなのです。
そうですね、心の大樹とかありましたね。で、その心の大樹の妖精がフィーリア王女とか言う人なんでしたよね。よし思いだした。

しかし、何個タネを集めたら心の大樹が復活するとか妖精さんは知らないようなのです。明日ノルマ達成かもしれないし、はたまた十年後なのかもしれない…。
そんなゴールが何処にあるのか漠然としているコトに気付くと、少し哀しくなりました。とゆーことで慰めにブルーのタネで気分をクリアにしました。ほわわん。

心の種は各種特殊能力として使用された際も、別に消えて無くなるわけじゃない…みたい。
つまりレッドの種で何回でもクロックアップしておkてことかな。
人を助ければ助けるほどプリキュアも強く変われる。
そうと分かればもっと市民はデザトリアン化されるべき(まて)。

そんなある日、上島さん率いる女子サッカー部が何者かによって襲われたのです。
ひどい、誰がこんなコトを!?
「プリ…キュア…」

プリキュア…?
花咲さんたち以外にもプリキュアが… いや結構いるんで誰が犯人か突き止めるのは大変そうだが。
待てよ、女子サッカー部に恨みのあるプリキュアが犯人のはずだ… そうか、犯人はかつて女子フットサル部員から友達がいないコトを指摘されたアイツ! アイツに違いないよ!(ちょ)

花咲さん達はもしかしたらムーンライトが生きていたのかもと想像。てゆか死んでると思われていたのか…。
確かに「私が負けても次のプリキュアがいるわ!」という負け際の台詞も、悪役の散り台詞っぽかったしなぁ…。

しかしサッカー部を急襲したのもお花畑を散らしたのも、全てはダークプリキュアさんの仕業だったのです。
黄色いツインテールはミスリードだったのか、やられた。

ダークプリキュアさんは、プリキュアを倒すために作られた存在だと自己紹介。
作られた…てことは人造人間的なコトなんでしょか。裏切りとかじゃないのか…いやまだ何とも言えないトコロだけれど。
それにしてもプリキュアを倒すために作られた…て、「プリキュアを倒すにはプリキュアしかない!」という頭の悪い発想が素敵すぎるな、サバーク博士。
ダークプリキュアさんのボディはスペースチタニウム合金で出来ていてとっても頑丈です、本当に。

ダークさんはプリキュアの評判を落とす為に、女子サッカー部にケガを負わせたり、花畑を枯らしたりしていたんだそうです。
……やっと喋って動いて戦ってくれると思ったら、作戦がせせこましいなおい!
プリキュアと名乗るコトでプリキュアの名を落とそうとか…発想が昭和すぎる。

ダークさんはシプレとコフレを拉致。集めた心の種と交換すると持ちかけます。
シリーズ恒例、人質になる謎生物という展開がちょい懐かしい。こんな時に日向さんがいれば乗り越えられるのに…。

妖精がいないと変身できない花咲さん来海さんですが、自分たちを信じているシプレとコフレの気持ちを裏切るわけにゃいかんとカチコミを決意。それはシプレとコフレの心を守るコト。
今回はいつものゲストエピソードの体裁では無いけれど、心を守るというテーマはきっちり活きている。なるほどッ。

なんやかやで妖精はコッ… メガネの青年さんが助けてくださった。便利ねん。
これで変身も出来る。変身すれば大爆発も出来る! ドドドドドーッ!!
ふむ、今日の特技監督は川北監督か(え)。

しかし必殺のフォルテッシモも、ダークさんには効かなかった。
信じても努力しても勝てないもんは勝てないと言い残し、ダークさんは消えていく。
結局、ダークさんには敵わなかったという事実だけが残って、今後へ続く…。

今回はダークさん大活躍の巻というか、ダークさんがどんな人かを紹介する感じの一話だったのかしら。
ダークさんの存在意義や、信じる心や努力する心が無いコトを提示し、存在から思考に至るまで明確にプリキュアと対立する者であると示したお話、てコトかな?

引き要素が多かったため、お楽しみは今後…としか言えない感じで。素直に待つと致します。
米村さんはちゃんと伏線を回収してくれるって私信じてる(棒読み)。

鳩プリは一話簡潔ドラマのクオリティを高めるフォーマットな反面、縦軸の描写が少ないから、やる時はこうして一気にドドーッと来るのだろうか。とゆーことはダークさんが三たび喋ってくれるのは…また当分待たなければならないのかもしれないな、ふむ。


■月影さんの心の種がデカ過ぎる…ような

今週は月影さんもご出陣。
自ら話を振っておきながら「自分で考えなさい」と言い残して去っていく月影さん。うぜぇ…(ちょ)。
基本絡み辛い人ばかりな気がする…やだこわいこの町。

次回は修行編…。
ムーンライトさんにジープで追いかけられたり、煙突をいきなりヌンチャクにして戦うぞ!
暮らしの中に修行あり。

ハートキャッチプリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by Voiceters URL at 2010-04-14 05:28 #HfMzn2gY Edit
Title : Mの残光/相棒をとりもどせ
非常に結末が予想しやすい話でした。
ダークプリキュアは超絶強いですね。アレだけ強いとシフォンやミルキィローズも軽く倒せますよ。
初めて行った作戦は今回のコメントのタイトルの元ネタに使われた作品に良く似ています。
月影ゆりはまるでダン隊長のようでした。この人がムーンライトで復活しても依存を断ち切らせるため殆ど変身しそうな雰囲気ではないと考えています。
次回はフレッシュプリキュアでもあった特訓回です。守る対象に人間も含まれているから自分自身も強くならないと意味が無いのでしょうな。
話変わりますが、いつかダークプリキュアとダークプリキュア5がコラボしたイラストが見たいです。
Commented by 銀河水晶 URL at 2010-04-14 20:07 #701gxeB2 Edit
Title : 戦慄!砂漠の使徒の凶悪プリキュア
プリキュアを倒すために作られただとか、本物の名を汚す策が子供を狙ったり花を散らしたりする程度だとか、なんだか懐かしい感じがするダークさんでした。
こんなノリなら幼稚園バスデザトリアンに捕らわれた子供を助けるなんてシチュエーションが見られるかもしれない…(おい)。

今回初めて戦闘中に変身解除となりましたが、無印みたいに元の服ではなくあの光るワンピース姿になってましたね。パフュームを吹きかける前からあの姿ですし、アレは電王でいうプラットフォームみたいなものなんでしょうか?

次回はカンフーでパワーアップを図るとか。…なぜカンフー?といった感じです。カンフーを猛プッシュした人でもいたんでしょうか…(え)。
Commented by オニギリ URL at 2010-04-14 20:44 #- Edit
Title : ガッチャ エクスプロージョン ウザイック・パワー!
いやー、いいですね。戦闘員との胸がすくバトル!
一(二)対多で敵を次々となぎ倒す爽快感!無印以来ですか?5あたりでもありましたっけ?
お決まりシチュエーションの連発でしたが、「貯水タンクに逆さ吊りにされる妖精」が見られなかったのはちょっと残念。でも、しっかり縛ってくれた所はポイント高いです。

>つまりレッドの種で何回でもクロックアップしておkてことかな。
ただし、体にかかる負担が大きいからスピードは2倍以上超えちゃいけないよ、という話ですね。
しかし、ダークプリキュアに対抗するには限界を超えるしかない!
ブロッサム「おしりパンチ3倍…いや、4倍だああああっっ!!!」
マリン「つぼみ、だめええええっっ!!!」
で、かはあっ!と吐血…そんな燃え展開を期待していいのでしょうか?

川北監督は「インパクトがあるから」という理由で、台本に無いカットを勝手に撮影しちゃいますから、注意が必要ですね。
「川北さん、マリンにダム決壊させちゃったよ。どうする?」
「うーん、『しまった』って言わせりゃいいんじゃね?」
4人のプリキュアがムーンライトをコアにして最強合体、みたいな玩具が出たら絶対買う!(え)
Commented by Wショッキング URL at 2010-04-15 11:48 #zHTyKSPE Edit
Title : Dが来ました!/狙われた心
強制解除のネグリジェで響鬼のアレが咄嗟に頭を過る始末(滝汗

やっとこそ重い腰上げたダーク様ですが…
…うーむ、やはり最高幹部の威厳を示すべく混じりっ気無しの正攻法で花海一蹴にしてほしかった所。
まあ、あくまで本命の種強奪に忠実なので、様式云々にこだわるつもりも無かったのでしょうけれど。
てっきりダースベイダーよろしく堕落した戦士みたいな立ち位置かと思いましたが、妖精達が説得のひとつも試みようとしなかった辺り、本人曰くの人造タイプ確定なのでしょうかね。枯れた心の花の集合体から作られたとか?

>妖精さんは知らないようなのです
上の人達からネタバレ禁止の圧力をかけられているんでしょう、多分。
いやしかし、真面目に考えてみてもFUKOのゲージ蓄積作業の方がよほど先行き明るいですね…。

>米村さんはちゃんと伏線を回収sh
カブトやディケイドを見る限り、もはやあの人は伏線という言葉すら知りません(キリッ
それ以前にこういう重要回をサブに任せる姿勢に正直面食らいました。例年以上に伏線プッシュの方向性はプロデューサー本人の弁だというのに…。
Commented by タカくん URL at 2010-04-15 18:38 #Fo1S5Whw Edit
Title : 女子中学生の・・・
 やってしまいましたね・・・
 主役二人の変身強制解除のネグリジェ姿。
(ウィキペディアの表記を使用させて頂きますが)
さぞや、二人とも撮影スケジュール上冬の時期の撮影はきつかったでしょう・・・(爆)
 良識ある(?)ご両親から(まあ、母親からのみでしょうが・・・)クレームが来ないか心配です。
 ですが、コレでまたお茶の間のお父さんのハートキャッチに成功し、どんどん鳩プリ信者を増やす東映動画さん。恐ろしい存在です。
 ちなみに、ネグリジェ姿で倒れ込む花咲さんの肩のラインが妙に色気があったのが印象に残りました。良い仕事しますね、馬越さん。
 話は変わって、ついに前線にお出になった闇キュアさん。正義のプリキュアへと「生まれ変わっ」たもとイタい子イースことパッションさんと違って、寝返りフラグは立たないご様子。まあ、当たり前と言っちゃ当たり前なんですが・・・ だって、
「プリキュアを倒すために造られた存在」
だというのなら、寝返ってしまったら自分の存在が否定されますからね。
 ちなみに裏事情は、中の方が某少年探偵の収録で忙しいからなのでしょうかね。(笑)
追伸:このコメントの前のコメントを書かれた方がおっしゃってましたが、そういえば、以前日曜日の朝から、全国にうつぶせ姿のオールヌードを晒した大阪出身の俳優の方(あえて名前は伏せましょう)がいらっしゃいましたね。あのときは私もビックリしましたね。
Commented by おおふ URL at 2010-04-15 21:55 #.mXwswPA Edit
Title : 何気に怒り頂点の台詞なし?
まず今回は、「数字でつぼみに感心されるえりかの図」に驚きました。前にTVで「私はデザイナーになりたいから数字ができないと図面も引けない」と語っているフランスの学生さんを見たことがありますが、以前のカラーセラピーを勉強中という発言も振り返れば、ああ見えて自分の夢に必要なことには真面目に向き合っているのかなと思えて微笑ましかったです。
古文の授業で指名されたときの通り魔に刺されたような形相や、今回のスナッキー達を蹴散らす場面での頭カラッ…おっと、何の憂いも迷いもなさそうな顔は置いといて(汗)。

その一方で、つぼみも最初の頃よりずいぶん戦い慣れてきたと思ったらふたり揃って笑えないぐらいの完敗を喫してしまったわけですが、次回予告でつぼみがまたいい具合に壊れていたので暗い気分を引きずらずに済みました。
かつて生徒会長への熱い思いを力説していた姿しかり、おしりパンチしかり、どうもこの娘はリミッターがはずれるとどこかが壊れるようですね…面白いからいいけど(え)。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2010-04-15 22:34 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます◆
>Voicetersさん
今までのブロマリはプリキュアという見た目は変わっていても、中身は変わらないままだったので、次回の特訓編はついに内面変化に足を踏み入れるのか…と思わせておいていつものゲストエピソードぽいのでそんな期待はしないぜ、うん。
ダークコラボは探せば他の人が描いていてくれそうな気が…しないでもないような、えへ。


>銀河水晶さん
プリキュアの名を貶める為に女子中学生に軽い怪我を負わせたりお花畑を枯らせたりと、闇キュアさんの極悪非道ップリもここに極まれリって感じでしたね。くそう、なんて卑劣な!
あのネグリジェ風のワンピは電王プラット、クウガグローイングですか。ということはあのままでも頑張ればデザトリアンに勝てる…はず。


>オニギリさん
なんかマリンがダークさんに爆死させられてブロッサムがスーパー化するような気がしてきた。マリリンは一回死んでるから、もうコッペ様でも生き返らせるコトは出来ないのに。
川北プリキュアだけではなく、樋口プリキュアも観て見たいですね。マリンの白い息まで見える作りこまれた映像。でもカメラが動けないのがアクションモノとしては難だなぁ。


>Wショッキングさん
悪役が味方になるとかはフレッシュって大々的にやっちゃっただけに、ダークさんは純真なるまでに悪役として散ってもらいたいですけどねぇ…。てゆかダークさんが改心しちゃったら、他のプリキュア要らなくなるもんなぁ…うん。その為の人造設定…かもしれないですね。
米村さんはライダー以外では大変な実力を有している…人だと思います、きっと。ディケイド見た後に「あさたろう」最終回観ると、同じ旅モノでここまで違うかと思いますよ。


>タカくんさん
尻彦さんが現れるともはやザンキさんだけのアイデンティティではなくなってしまった。いやまあどうでもいいんだけれども。
ダークさんの出番が少ないのはきっと、名探偵の劇場版撮影で忙しかったンでしょうね。大作の主役ともなれば毎日ロケばかりですよ、うん。だからこれからはもっと出番が増えるって私信じてる。


>おおふさん
えりかのくせに勉強できる要素なんて生意気です(え)。まぁ得意科目まで設定に入ってるのかもしれませんが…。
今回圧倒的敗北を受けての次回は新アイテム登場かと思いきや、普通にゲストエピソードに戻るぽいのがたくましいですね。戦隊なら絶対バズーカ出るタイミングなのに(え)。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

タイトル : ハートキャッチプリキュア!感想/第10話「最大のピンチ!ダークプリキュアが現れました!」
 「どうかしら」(月影ゆり)  ハートキャッチプリキュア!第10話「最大のピンチ!ダークプリキュアが現れました!」の感想です。
Tracked from 日々の記録 at 2010-04-11 19:54
タイトル : ハートキャッチプリキュア! #10
ついにダークプリキュアがつぼみたちに襲いかかってきました!アバンは、いきなりダークプリキュアから。サソリーナたちの度重なる失敗にしびれを切らしたサバーク博士は、一気に決着...
Tracked from 地球(ほし)の本棚 at 2010-04-11 20:09
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第10話
ハートキャッチプリキュア! 第10話 ダークプリキュアキタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!! イケメンキタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!! 大...
Tracked from 三十路男の失敗日記 at 2010-04-11 20:13
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第10話 「最大のピンチ!ダークプリキュアが現れました!」
失態続きの部下どもに、温厚なサバーク博士の堪忍袋の緒がキレました。    博士:「キュアムーンライトに敗れたならともかく…」 博士のこの言葉で、キュアムーンライトさん再登場キマリとみた。 同時に、サソリーナ姐さんたちがずっとムーンライトさんに負け続けた
Tracked from Jimmy's Impression at 2010-04-11 21:10
タイトル : ハートキャッチプリキュア!(第10話)
作られた・・・? ほんとのプリキュアではないということですかね。 つまり、あれです。 マフラーが黄色いライダーとかと同じなのでしょうか。今期は、下っぱが大活躍ですね。 ・女子サッカー部! あれ、5人? 学校の規定では5人以上ってことなんでしょうけど、、、そ...
Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2010-04-11 21:38
タイトル : 今週のハートキャッチプリキュア! #10
今回はなんかつぼえりの2人の不遇の色が濃かった回に映りました。 初対戦のダークさんに完敗だわ その上、シュミーズ姿にさせられるわ 初めて会ったメガネのお姉さんにダメ出しされるわ 戦う目的の詳細について、すべて「秘密」で交わされるわ ...
Tracked from MAGI☆の日記 at 2010-04-11 21:50
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第10話「最大のピンチ!ダークプリキ...
ハートキャッチプリキュア!の第10話を見ました。第10話 最大のピンチ!ダークプリキュアが現れました!ある日、さやかが結成した女子サッカー部の試合相手として、サソリーナ率いる「サバーク中学女子サッカー部」が現れる。ダークプリキュアは自分のことを「プリキュア...
Tracked from 穴にハマったアリスたち at 2010-04-11 22:23
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第10話「最大のピンチ!ダークプリキュアが現れました!」
【今週のヒーロータイム】 プリキュアさんの回答は「ち」。 残りの3つも気になるところですね。そんな人は、他3つのヒーロータイムも視聴しましょう。 同僚同士の横の連携が熱いです。 …花咲さん、何か裏切って回答を公開してる気がしますけど、見なかったことにし
Tracked from のらりんクロッキー at 2010-04-11 22:45
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第10話「最大のピンチ!ダークプリキュアが現れました!」
なんてわかりやすいネタバレ展開(笑) ちょっともったいなかったかな~ ゆりちゃんもうキュア○○○ライト確定ですねw マリンたんノリノリwww 「にゃっ!!」てなんだよwww プリキュア大爆発吹いたwww おしりぱんちといい、ハトプリの技は西さん...
Tracked from モノクロのアニメ at 2010-04-11 23:26
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第10話
第10話 最大のピンチ! ダークプリキュアが現れました! つぼみの部屋に、えりかがお呼ばれしていました。でもえりかは、退屈そのものでつぼみの背中に寄りかかってしまいます。 「う~、えりかぁ、重いです……」 つぼみは難しい顔を深めてノートと...
Tracked from しるばにあの日誌(新館) at 2010-04-12 08:43
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第10話最大のピンチ! ダークプリキュアが現れました!
(プリキュアシリーズ通算 302話) 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201004/article_20.html 注意事項...
Tracked from 色・彩(いろ・いろ) at 2010-04-12 15:49
タイトル : ハートキャッチプリキュア!#10.
「最大のピンチ!ダークプリキュアが現れました!」 いつぞやのレビューで、砂漠の使
Tracked from お萌えば遠くに来たもんだ! at 2010-04-12 22:30
タイトル : ハートキャッチプリキュア 第10話
「最大のピンチ!ダークプリキュアが現れました!」 脚本:米村正二 演出:長峯達也 作画:馬越嘉彦 美術:須和田真 「キュアムーンライトに託された想いは、いつでもこの胸にあります。だから、私達は、負けるわけにはいかないのです!」 未熟なプリキュア、ブロッサ
Tracked from 黄金時代のTourism at 2010-04-12 23:50
タイトル : ハートキャッチプリキュア!イラスト感想 第10話「最大のピンチ! ダークプリキュアが現れました!」
「サバーク!! スライディング部隊!!!!」(byサソリーナ)  キャプ翼やらわぴこ走りやら、幼女や幼稚園児には絶対分からないだろ的なネタが豊富な回。スナッキー群VSプリキュアの図もアクションが一々決まっていて見てて飽きませんでした。
Tracked from blog mr at 2010-04-14 07:08
タイトル : ハートキャッチプリキュア「最大のピンチ! ダークプリキュアが現れました!」
 あー、ちょっと待ってくれ。盛りだくさんで消化できてない>俺  まずダークプリキュアの参戦。「キュアダーク」とかではないのね。プリキュアを貶めようという作戦。ちとショッカーっぽい作戦って感じがしないこともないが。かつてプリキュアに助けられた子の再起用は...
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第10話「最大のピンチ!ダークプリキュアが現れました!」
ダークプリキュアさんの声、高山みなみさんだったとは・・・・(笑)。 彼女の声は、どうしてもコナンにかぶってしまうんですよねぇ~。 鋼の錬金術師のエンヴィーも、どうしてもコナンにキャラがかぶってしまいますし、困ったもの。 前置きはこの辺りにして本編へっ...
Tracked from パズライズ日記 at 2010-04-27 13:52
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第9話~第12話
何だか月ごとにまとめて感想を書くのが慣例になってしまった感のあるプリキュアですが、それもきっと今回まで。 一応この前の日曜日の放送分まで視聴したので、ようやく追い付きました。 まとめて簡易気味の感想になりますが、今後も感想の分量はあまり変わらないかもし...
Tracked from ぺろぺろキャンディー at 2011-06-14 20:39
タイトル : ◎ハートキャッチプリキュア!第10話「最大の...
デザトリアンは、プリキュアのことを話す。なんど未熟なプリキュアに敗れてるのだといてると、ダークプリキュアが出撃するという。サソリーナが部下として使ってやろういわれ承諾す...