2010年 04月 04日


問 トンカツの好きな犬とてんぷらの好きな猫が将棋で勝負をしたらどっちが勝つでしょうか?

この問題文、トンカツとてんぷらが重要なのか、犬と猫の方が重要なのかが煙に巻かれていて、なかなか難易度が高い気がしてしまう…。で、結局正解は何なんだろう。

「と金」が勝って、「と、勝つ」「とんかつ」みたいな事だろうか。
よし、この回答にオレはスーパーひとし君をかけるぜ!
(なんか答え違うッぽい。没収された。くそぅ)

■「海より(ry の台詞はキレ台詞にしちゃ長い気がする…

花咲父の元教え子という小畑さんがフラワーショップにやって来て、自分の会社の研究所に勤めてくれないかとオファーをして来ました。
花咲お父さんは元大学教授で、花屋となった今でも時々講義を受け持っておられるほどの方なんだとか。

それを知った来海さん。
「つぼみのお母さんも眼鏡かけてて頭良さそうだよね」
眼鏡かけてる=頭がいい… この一言だけで来海さんの学校の成績がどの程度なのか知れるというもの。
花咲お母さんも前は忙しい人だった、という情報提示の会話を導く為のきっかけ台詞でしかないと言うのに、その短い一言の中で来海えりかというキャラクターが存分に表現されていて、もう凄まじくよく出来た台詞だと分かっちゃったら軽く凹んだわ(え)。

花咲父から話を断られた小畑さんは、娘のつぼみから説得をしてくれないかと要請を試みる。
中学生の娘にそんなお願いをするのは無理があるけれど、そうしないと花咲さんがお話に絡めn(ry

花咲さんの両親は二人ともとても忙しいお仕事をされていた。
そのおかげで長い出張も多かったが、花咲さんは両親を笑顔で見送った。
本当は寂しくても、その気持ちをぐっと押し込んで笑顔で手を振った。
本当は両親と離れたく無かったけれど、花が大好きな二人の仕事の大切さも分かってるから、それを壊したくないから、怖くて言えない。
本当の気持ちを言えない。

両親はそんな娘の本当の気持ちを知り、いつも家族が一緒に居られるようにと花屋を開く事にしたのです。

…このシーンで軽く涙腺が溢れたのはたぶん花粉症だと思うよ、うん。

花咲父にもきっぱり断られ、花咲家の事情も知ってしまい、これ以上はどうする事も出来ないとショボくれていた小畑さんの心の花はデザトリアンに。

本当は教授に来て貰いたいのではなく自分で研究をしたい。新種の花を作り出したい。
でもそれを言えば組織で居場所が無くなるかもしれないから、怖くて言えない。
本当の気持ちを言えない。

デザトリアンとなって叫ぶ小畑さんの心は、以前の花咲つぼみが抱えていた心と同じもの。
いい加減じゃないからこそ、壊れるのが怖くて本当の気持ちを言う事が出来ない。
植物が好きで、でも本当の気持ちを言い出せない花咲さんと小畑さんは、とても近しい存在。
小畑さんの心の花を救い出す行為は、同時に花咲さんが自分自身を救い出す事でもある。

あの時の花咲さんは、心の想いを言い出すことは出来なかった、でも今では言える。それは隣に来海さんが居るから。
一人で出来なかった事もふたり居れば出来るようになる。なんというふたりはプリキュア。
そんなあの頃とは違う花咲さんだからこそ、あの頃の自分と同じ小畑さんを今回助け出す事が出来た、というわけなのです。なるほどだゥ゙お。

あの頃の花咲さんが春の向日葵なら、今の花咲つぼみは夏の向日葵に…少しは近づいているのです。
初夏ぐらいは来てるんじゃないのかしら、うん(え)。

いやぁ、もうなんというか…。
今回のお話、上手すぎる…気がするんだ、マジで。

つぼみの両親や過去エピソードの紹介があって、今回のゲストである小畑さんってのはそのエピソードを引きずり出す為に用意されたキャラクターなんだろうなぁーぐらいにしか思っていなかったのに、実は小畑さんとつぼみの問題がシンクロして合致して、その人を助け出す事が同時に自分自身の問題を解決する事に重なるという…もう構成がキレイすぎて泣ける!!

人助けという主眼でありながら、実は自分探しなんですよねぇ…。
結果、主役自身にドラマが回帰してくるというのが物語として美しすぎて、もう見終わった後に溜息が出るぐらい感心しちまいました。いやぁ、凄ぇ…成田さんやっぱ凄ぇっす。
語彙が無いので凄ぇとしか書けないですけど、凄ぇっす。


■ゴセイは別のレベルで楽しんでますけどね。

うん…今回はホント感心した。
浮遊していた要素が最後にガシガシガシッと合わさった様が見事すぎて悔しいぐらい。勿論、それは今回の映像演出などの素晴らしさがあってこそ、てーのも分かってますが、オレはやはり構成美に一番感動するタイプなんだろうなーと自己分析。
ちょっと成田さん一回ゴセイジャー書いてきてくんねーかな(え)。

満足感に浸りつつ次回はダークさんが遂に再登場ですってば。
どう考えても負けフラグ…ハッ、つまり新商品登場の流れか!

ハートキャッチプリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by 銀河水晶 URL at 2010-04-07 20:34 #701gxeB2 Edit
Title : ケータイはデザトリアン化するものではなーい!!
…いや、ケータイ捜査官はまだ見れてないんですけども(おい)。

つぼみがツバメの親子を見て泣きだす行には少しホロリときてしまいました。やっぱりこういうシチュエーションに弱いなあ…。

にしても夕日の中での戦闘が格好いいです。あの「そんな広い場所あるのか」な場所での戦闘も第二期ウルトラシリーズなどを彷彿とさせるものでした(ちょ)。

次回は沈黙を破りダークプリキュアがハートキャッチ二人組に迫る!つぼみとえりかはこの窮地をどう切り抜けるのでしょうか?ダークの謎も少し明かされそうで、見逃せない回になりそうです。
Commented by Voiceters URL at 2010-04-07 20:54 #HfMzn2gY Edit
Title : 家族の絆
つぼみの家が花屋を営んだのはつい最近なんですね。ここへ越してきたのがそんな家庭事情があるのは驚きです。SSでもあった同じスカウト物でも差があります。内容重いですけど、次回が更に重くなるようです。
今までブログのコメントのタイトルを予告する事はしなかったですけど、次回が物凄く興味あるのでします。
来週「Mの残光/強盗プリキュア」
再来週「女と女の誓い」
Commented by オニギリ URL at 2010-04-07 20:56 #- Edit
Title : ルール無視の奴らに飽きてたしー けっ!
「けっ!」が頭から離れません。戦闘員のみなさん、早く現場に出てきてください。

科学を使って生命を弄んではいけないよ、という安易なバイオテクノロジー批判話に走らないあたりが、さすが成田先生です。(え)
つぼみ父母の出会いが嘘臭いことこの上ありませんが、そりゃお母さんがかつてバイオテロ組織の一員だったなんて言えませんものね。
「レッドフローリアン」とか、どう聞いても悪の組織の隠れ蓑的な臭いがプンプンですよ。
あのソリコミ親父と、黒いボディスーツを着たお母さんが戦う過去話も早く見たいです。

それはともかく、今回は防音壁?をブチ破って吹っ飛ぶマリンにグッときましたよ!
夕陽と高圧鉄塔が映えるあのロケ地は、飛行機が低く飛んでましたから、飛行場なんですかね?
結構広い芝生が広がってましたし、今後もちょくちょく使ってほしいですね。
Commented by おおふ URL at 2010-04-07 22:13 #.mXwswPA Edit
Title : 今回ばかりは真面目に鑑賞
何かを色々と考えさせられる回でした。
前にTVで「小さい子は自分の疲労などに鈍感」という話を聞いたことがありますが、つぼみの場合はその辺の感覚の成長に比例するように寂しさの感情も積もっていって、限界がきてしまったのがあの大泣きする姿だったのかな…と。
でも、個人的にはその前につぼみへ「ちゃんと言ってくれないとわからないよ?」と言ってくれるえりかが見ていて嬉しかったですね。第4話でも戦闘中に「言ってくれなきゃわかんないよ!」と言っていましたが、えりかはこうやってつぼみの背中を押してあげる役だということがきちっと描かれている辺りは好感が持てます。

けれど、今回いちばんのツッコミどころは、サバーク博士も何が悲しくて砂風呂にかまけているコブラージャを差し向けようと思ったのかってことですね。後の二人は一体…ハッ! まさかコブラージャ以上に軟派な遊びにほうけていてサジを投げられたとか? う~ん、想像したくない…(汗)。

※ちなみに、例のクイズ番組で司会者が不正解者のひとし君人形を持っていってしまう行為は「ボッシュート」というらしいですよ。情報源はギター侍のネタですが。
Commented by タカくん URL at 2010-04-08 14:31 #Fo1S5Whw Edit
Title : 突っ込むところ無し・・・
 いやぁー 他の方もコメントされてましたが、今回は突っ込むところがほとんどなくて、真面目に見てしまいましたね。花咲さんがおばあちゃん子だったのは両親共働きだったからだと・・・
 ちなみに、もうん十年前の話ですが、私の両親も共稼ぎでして、私も母方の祖父母に面倒を見てもらってました。共稼ぎは妹が生まれたときに母親が仕事を辞めたので終わったのですが、今回の話でふとその事を思い出しました。
(花咲さんの場合は父方の方ですね。)
 まあ、私はその頃、両親が居なくて寂しかったのかどうかはよく覚えていないのですが、もしかしたら子供心に寂しい気持ちになっていたのではと思っています。
 そうそう、今回は珍しく花キュアさんが戦闘で足を引っ張りませんでしたね。どちらかというと海キュアさんの方が手こずっていた様子。どんどんスペックが上がっていく花キュアさん。だから私は海キュアさんが登場した時に忠告したはずですよ。
「今のうちにつぶせ・・・ 」

 やっぱり花咲さんは主人公・・・
追伸:さていよいよ満を持して闇キュアさんが登場です。中の方は某少年探偵のお仕事が忙しいので、技名以外の台詞を言って頂けるのか興味津々です
Commented by 落葉庵 URL at 2010-04-08 16:39 #091eKriE Edit
Title : 猫の勝ち…かも
突然ですが、味噌汁などに入れるお麩(ふ)はご存知ですね?
あのフワフワしたやつです。
そして天ぷらは漢字で「天麩羅」と書き「麩」の字が入っています。

以上から、
トンカツ好きな犬とてんぷら好きな猫の将棋は猫の勝ちだと推測します。

麩(歩)の無い将棋は負け将棋 と言いますから。
Commented by オゴポゴ URL at 2010-04-08 20:54 #sc5pCUW6 Edit
Title : サラリーマンは、気楽な稼業ときたもんだ
花屋の店主で且つ大学の非常勤講師ですか、なんか格好いい・・・

小畑さんの勤めてる会社ってこれぐらいの規模の会社なのかな>http://www.hibiya.co.jp/outline/relation.html

最近、ハードディスクに撮り溜めていたドラマ「不毛地帯」をまとめて見たせいか小畑さんの会社内での立場を脳内補完しちゃってましたよ。
たぶん営業担当の役員に呼ばれて「新商品開発には、花咲氏の存在が欠かせない。彼を引き抜くことが出来れば研究所の体制を一新し花咲父を所長、小畑君を主任研究員のポストを与えよう」なんて命令を受けてたのかも。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2010-04-09 00:19 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます◆
>銀河水晶さん
ホント夕陽が多いですよねぇ。たぶんシリーズDが夕景に出来るシーンは全て夕景にコンテを直してるんですよ(え)。
あと、二大怪獣とか埃とかをもっと多めにすれば、より雰囲気が出るんですがねー…。
これは…グドンに食べられるレモネードのフラグ来たな…(ゴクリ)。


>Voicetersさん
SSのスカウト話はお父さんをちゃんと取り上げていたけど、今回の話はあくまで花咲さん主体でしたね。花咲パパがメインになる話もいつか…あ、それだとデザトリアンになっちゃうのか。取り上げられるのも考え物だ…。


>オニギリさん
そういう安易な科学批判こそがSFのイイところじゃないか(え)。オレは大好き。
あれ待てよ? お母さんがテロリストというコトは花咲父に近づいたのは、その研究技術を狙ってのコトだったんですね! でもその内に本当に心惹かれ…みたいな話。ベタだけど…いい!
戦闘シーンの撮影現場はどうせ埼玉でしょうね。ほら、大泉の撮影所から行きやすいから。


>おおふさん
今までのえりかの「言ってくれなきゃ分からない」は、「人の気持ちを察せ無い子」という表れでしたが、今回の台詞は同じ言葉でありながら「察してる」のが憎い子です。えりかのくせに空気を読むなんて生意気だぞ(え)。
来海さんは空気読めないコトこそがアイデンティティなのに…グスン。


>タカくんさん
成田さんはホントにこういう本気上手い話を書いてくるから困りますねぇ…。成田回は真面目すぎだしカップル推奨過ぎるぜ、というプリ5の時みたいなツッコミが出来ないじゃないか(え)。
花キュアさんの実力台等が著しい昨今、近いうちに海キュアさんも気付くんじゃないでしょうか。「プリキュアは…あたしひとりでいい!」


>落葉庵さん
ま、まさかプリキュア劇中に出てくるお茶濁しのなぞなぞ程度で、そこまでのインテリジェンスが必要とされると…!? 本当か、キバヤシ!
いや待ってくださいよ。トンカツはパン粉で揚げた…フライじゃないですか。ふ…。
この勝負、歩兵では勝負はつかんぞ!


>オゴポゴさん
しかし無理な勧誘をしたせいで小畑さんは警察に捕まり、上司は部下を切り捨てるんですね…。そしてその上司だけがどんどん出世して行くのか…。
まずい、小畑さんが恐喝犯になるフラグきたこれ。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2010-04-04 18:48
タイトル : 今週のハートキャッチプリキュア! #9
つぼみは非常に我慢強いことが分かった今回・・・。 そのつぼみが「堪忍袋の緒が切れた」って言うんだから、相当のことしてるんだよね?砂漠の使徒たちは・・・。 そんな感じをさせない鳩プリクオリティ、恐るべし!(汗 まぁ、つぼみは自分自身のこ...
Tracked from 日々の記録 at 2010-04-04 20:58
タイトル : ハートキャッチプリキュア! #9
つぼみのお父さんに、花屋をやめて会社で働いてくれないかという話が持ち上がりました。今でこそお花屋さんですが、つぼみのお父さんは元々は大学教授だったのでした。そして、お母さ...
Tracked from 三十路男の失敗日記 at 2010-04-04 21:16
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第9話 「スカウトされたお父さん!お花屋さんをやめちゃいます!?」
これまで丸5年、プリキュアを見てきたけど、感想記事だけはどうしても 皆勤賞が取れず。一年のうちには、どうしても調子が悪い日があります。 でも、それを乗り越えたところに何か見えるのではないか…そう思って 今週も垂れ流してみる。 お花屋さんを営む花咲家。 親
Tracked from のらりんクロッキー at 2010-04-04 21:18
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第9話「スカウトされたお父さん!お花屋さんをやめちゃいます!?」
つぼみパパン&ママンの出会いはお花畑♪ なんともロマンチックな出会いですね~о(ж>▽<)y ☆ パパンに後輩君から一緒にお仕事しましょうの誘いが。 つぼみちゃんめがねでナーバスモード… ちびつぼみのかわいさにもんぜつ(≧▽≦) つぼみがちっちゃい
Tracked from 秋元こまち解放区 at 2010-04-04 21:22
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第9話
ハートキャッチプリキュア!の物語の作り方で感心するのは、 毎回違う登場人物が出てきて、 その表面的な行動と裏腹に、 デザトリアンにさ...
タイトル : ハートキャッチプリキュア!レビュー(「スカウトされたお父さん! お花屋さんをやめ・・・」・9話)
花咲夫妻の出会いと過去。そして、つぼみのお父さんが研究所からの引き抜きを断った理由とは・・・。 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● つぼみのお父さんに研究所からのお誘いがありました つ...
Tracked from MAGI☆の日記 at 2010-04-04 23:33
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第9話「スカウトされたお父さん!お...
ハートキャッチプリキュア!の第9話を見ました。映画「プリキュアオールスターズDX2」主題歌シングル::キラキラKawaii!!プリキュア大集合♪~希望の光(仮)/プリキュアシリーズファンタジックメドレー(仮)第9話 スカウトされたお父さん!お花屋さんをやめちゃいます!?過去...
Tracked from モノクロのアニメ at 2010-04-05 00:00
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第9話
第9話 スカウトされたお父さん! お花屋さんをやめちゃいます!? HANASAKIフラワーショップにお客さんがやってきました。かつて大学で花咲陽一のゼミを受けていた小畑です。 お店の中でなごやかに談笑している姿を、えりかとつぼみがこそこそと聞いていま...
Tracked from お萌えば遠くに来たもんだ! at 2010-04-05 00:59
タイトル : ハートキャッチプリキュア 第9話
「スカウトされたお父さん!お花屋さんをやめちゃいます!?」 脚本:成田良美 演出:境宗久 作画:小島彰 美術:井芹達朗 「二人は、春のお花畑で出会ったんだそうです」 「ハートキャッチプリキュア!」挿入歌::つ.ぼ.み~Future Flower~/スペシャル*カラフルMarvelous...
タイトル : ハートキャッチプリキュア!感想/第09話「スカウトされたお父さん! お花屋さんをやめちゃいます!?」
 「シダ植物って面白いですよね」(花崎つぼみ)  ハートキャッチプリキュア!第09話「スカウトされたお父さん! お花屋さんをやめちゃいます!?」の感想です。
Tracked from 現実逃避 at 2010-04-05 04:49
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第9話 『スカウトされたお父さん!お花屋さんをやめちゃいます!?』
CMによると「ハートキャッチドリームダンス」というものが出ているらしい。 競合他社さんが次々と転戦していく中、プリキュアさんも堂々の七年目。ぶっちゃけまだ続いていたのかこれとか思いましたけれど。なんといっても問題はこの手の筐体を街中で見かけたことが無いっ
Tracked from 穴にハマったアリスたち at 2010-04-05 08:24
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第9話「スカウトされたお父さん! お花屋さんをやめちゃいます!?」
【今週のオールスターズ】 新宿バルト9で開催の「オールナイトプリキュア」に参加してきました。 幾人もの出演者が、トークショーでおっしゃった。 「このオールナイトが終わった後、どうせ『ハートキャッチ』も見るんでしょ」と。 もう全てが織り込み済みの全力企画に
Tracked from しるばにあの日誌(新館) at 2010-04-05 16:06
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第9話スカウトされたお父さん!お花屋さんをやめちゃいます!?
(プリキュアシリーズ通算 301話) 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201004/article_9.html 注意事項 ...
Tracked from 地球(ほし)の本棚 at 2010-04-05 19:35
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第09話
ハートキャッチプリキュア! 第09話 なんちゅう家族愛の物語なんだーーーーーーーーーーーー!! そしてコブラ-ジュさんは完全ギャグ要員じゃないですか 下っ端にいいように丸め込まれ...
Tracked from 色・彩(いろ・いろ) at 2010-04-05 23:27
タイトル : ハートキャッチプリキュア!#9.
「スカウトされたお父さん!お花屋さんをやめちゃいます!?」 花咲パパンは、実は「
Tracked from blog mr at 2010-04-06 07:07
タイトル : ハートキャッチプリキュア「スカウトされたお父さん!お花屋さんをやめちゃいます!?」
 つぼみと小畑の口論に割って入ったえりかが、話し合いの場所として植物園を選んだのにはすげぇびっくりした。適切すぎて。大人の発想じゃね? 「堪忍袋」と「海より広い」はちょっと並べて言われちゃうと却って弱く聞こえちゃうね。各エピソードで主役になってる方、と
Tracked from Jimmy's Impression at 2010-04-06 12:52
タイトル : ハートキャッチプリキュア!(第9話)
おー、SSで似たような話があったような。 つぼみのお母さん、かわいすぎずきれいすぎず、ちょうどよい感じです。 お花畑で・・・ベタか? 曲がり角のほうが、、、 このときのシフレコフレの再現ドラマがおもしろかったですね。 まあ、大きく見ると三浦ラーメンのとき
Tracked from あおいろ部屋 at 2010-04-06 17:17
タイトル : ハトプリ9話感想&考察
遅ればせながら、ハトプリ9話 「スカウトされたお父さん!お花屋さんをやめちゃいます!?」 の感想です…。 いえ、今回はちゃんと観れた...
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第9話「スカウトされたお父さん!お花屋さんをやめちゃいます!?」
今回は、パパさんの元生徒さんに関する奮闘記。 つぼみのパパさん、まさか大学の教授だったとは・・・・。ママさんも有名な大企業の社員、おばあちゃんも「博士」と言われていたところからするに何かしらの研究者だったのか?? つぼみの一家って何気にスゲーですな(...
Tracked from パズライズ日記 at 2010-04-27 13:56
タイトル : ハートキャッチプリキュア! 第9話~第12話
何だか月ごとにまとめて感想を書くのが慣例になってしまった感のあるプリキュアですが、それもきっと今回まで。 一応この前の日曜日の放送分まで視聴したので、ようやく追い付きました。 まとめて簡易気味の感想になりますが、今後も感想の分量はあまり変わらないかもし...
Tracked from ぺろぺろキャンディー at 2011-06-14 19:55
タイトル : ◎ハートキャッチプリキュア!第9話「スカウ...
ツボミの父は大学の教授だったらしい。小畑に是非わが社に来てくださいと言われる。父は植物の教授で、お母さんはレッドフローリヤンで働いてたという。二人は花つながり。父はスカ...