FC2ブログ

今日のドラえもんは…大晦日、45年後の子どもから今の子ども達へ。

本日は「大みそかドラえもん 映画30周年!全部見せますスペシャル」でした。
「どら焼き伝説を追え!」「45年後…~未来のぼくがやって来た~」に加え、「海賊大決戦~南海のラブロマンス~」「バイバイン」の再放送という構成。

てゆかオープニングの映像変わってるし!映画30周年Verになってるし!
これまでの劇場版に登場した色んな映画キャラが登場してくる映像はわたわたする豪華さです。クオリティ高え。
しかもドラえもんだけじゃなくて、同時上映のキャラクターまで登場させるという芸の細かさです。
魔美とかパーマンとかウメ星デンカとかチンプイとか、さらにはF先生まで。スゲー。
レベル高いですね、このOPは…まんまとやられた。もう一度言う、まんまとやられた!(うるせぇ)
「どら焼き~」はドラ焼きのルーツを調べていたドラえもんが武蔵坊弁慶が作ったのが始まりという説を知り、初代ドラ焼きを尋ねて五条大橋まで弁慶を尋ねるというお話。
そんな嘘っぽいルーツがあるかよと思ったら、ちゃんと実際にそういう一説があるんですね。へぇー。
途中、歴史を変えてしまったおかげでドラ焼きが現代から消えてしまったという展開は可笑しかったですね。いや、牛若丸が弁慶に負けた影響その程度かよ、と(え)。あの歴史上有名な一件はその後の源平合戦やら何やら、日本史において重要だったワケではなく、和菓子史においてとても重要なポイントだったのか…そうか。
確かにドラ焼きが消えるのは一大事ですよね…たぶん…もしかしたら…きっと…。

牛若丸を特訓しておいて結局のび太を戦わせるとはずっこける展開だなぁと思いきや、ちゃんと最後は伝説通り牛若丸が戦って勝利してくれました。特訓シーンが無駄にならずに済みました。よかった。

「海賊大決戦~」は…正直なんで再放送してるのか分かりません(ちょ)。
去年の地下探検の話もそうでしたけど、チョイスするエピソードがおかしいと思うんだよなぁ…。
他にもっと面白いのあるだろうと、どうしても思ってしまうんですが…ムニャムニャ。

「バイバイン」は打って変わって安定した面白さ。
あのオチはやっぱりゾクゾクさせてくれます。

そして「45年後~」ですが…もうね、クオリティが劇場版に居並ぶほどのお話でした。
コンテ・渡辺歩、演出・宮下新平、作監・丸山宏一の最強布陣なだけに、そりゃあそうだと言いたくもなりますが。もうさ、最初の1カット目から溜息するぐらいレベルが違うんですもん…そりゃあもう卑怯なぐらいに違います。
演出も作画も劇場版レベル…至福としか言えん。

で、実際のお話しの内容に関しましては…もう書かなくてイイですよね?(え)

いや、あれはもう書く事なんて無いだろう。最後のメッセージなんて破壊力が尋常じゃない。ぶわっ。
全ての大人から全ての子ども達へのメッセージ。どうもありがとうございますとしか言えません、ホント。

ちなみに今しがたプラス5巻収録の原作を読み返してみましたが、ページ数が別に他と比べて多いとか、そんなコトもないお話だったんですね。アニメを見た後だと、やたらあっさりしている印象。実際、原作にはさほど感動要素って含まれていませんもの。
大人が子どもになったというオカシさの描写と、最後の子どもへの励ましぐらいの話で、今回のアニメにあった大人のび太の“色々あった感”や、のび太の将来への不安と希望みたいなモノなんてーのは特に描かれてはいない。

でも現象として描かれているコト自体は同じなんだよなぁ…。それはつまり、掘り下げ方が上手いってコトですよね。
流れや展開を変える事無く、ただコマとコマの間に隠された時間を掘り下げる。アニメを見た後だと、「ここのコマとコマの間にそんなくだりが含まれていたのかぁ」と思いながら読めたりします。
この手で渡辺歩に敵う奴は他にいないって気がするよ、うん。

こんなん見せられたら、また渡辺監督の新作映画が観たいです、安西先生(え)。

内容に関しては色々考えあぐねてもやっぱり書く事無いわぁ~…。
ただ「見ろ!」としか言えない。いや、もう放送終わってるけどさ。


「人魚大海戦」については、特に新情報は…無かったですよね。
主題歌が青山テルマなのは既に知れたコトでしたし。

てか、タレントのゲスト声優は今回無いのだろうか?
ドラ映画のゲストはいつもイイ意味での驚きを感じさせてくれるだけに、それはそれで物足りないと感じてしまう…いや、まぁどうせ誰か来るんでしょうけど。

それにしてもクイズコーナーでちょっと流れるだけだってのに「少年期」の破壊力は凄まじい…パブロフの犬的に何かが込み上げてくるな。その何かを食い止めるだけで精一杯です(なに?)。

さーて、そんなこんなの大みそかスペシャルでした。
「45年後」はチビッコが観て果たしてどう思うかってのはありましたが、大みそかで家族揃って観る機会だからこそ、いつもとターゲットを変えたこういうお話で攻めてくるってのも面白いンじゃないでしょうか。油断してガッツリ涙腺殴られた大人がいっぱいいるんじゃねーかなーと思いますよ、うん。

といった感じの、今年最後の記事でした。
というか、00年代最後の記事。
だからって特に思い入れも無いけれど(あれ)。

じゃあこれから年越しそば食べます。

「よいお年を」とテンプレ的に書いてしめるとするか(おい)。
関連記事

コメント

2010年もドラえもん

どら焼き伝説はオリジナルながら実にドラえもんらしい話でしたね
ドラえもんの置き土産だからどら焼きというオチにはニヤリとさせられました。
また、ドラえもんが私利私欲で動くだけでこれだけの面白い話を作れるのだから
ドラえもんという作品、キャラクターの凄さを改めて思い知らされます。

45年後は、見る前はなぜこの時期にやるの?という疑問があったのですが
最後ののび太(声:堀秀行)の言葉を聞くと
この時勢の大晦日に放送する意義は十分にあったと思えました。
実際かなり励まされましたし、一年の計は元旦にありという意味でも
のび太(声:大原めぐみ)が希望を取り戻し新たな一歩を踏み出すラストはそれに相応しいと思います。
それにしても、こういう話を見るともっとF先生に説教されたいって思えてきて困りますね。

人魚大海戦はメインヒロインを本職声優(田中理恵)がやるというだけで
何故だか非常に期待値が上がります。

あと、今回のドラえもんが微妙にツリ目っぽいオープニングは30周年記念ではなく
25周年の時に劇場公開された記念映像を再構成したものであることを
こっそりお伝えします。
監督はドラえもんやエスパー魔美の演出
チンプイのチーフディレクターを務められた本郷みつるさんです。

◆コメントありがとうございます!◆

>snyaさん
なんだって!?あのOPはいつぞや劇場でみたあの短編だったんですか…!?
全く記憶になかったです…。どおりでのび恐2006以降のモチーフがなかった筈だ。まんまと騙された!なんて一人相撲だ!!

「45年後」の原作はギャグじゃないにしても、それほど感動話か?と持ち上げ方に疑問でしたが、出来上がりをみるとヤラれますね。うーん、まいった。
これだから渡辺歩に期待を抱かずには入られない。たとえ「緑の巨人伝」で幾らか裏切られたとしても(おい)。

遅れたコメント

ドラ焼き伝説はドラ焼き消滅どころではなく、ドラえもんがタイムパトロールに捕まる内容の1つになると思った人は私だけじゃないと思います。
45年後の話はこれまでの大人のび太が20代~30代しか登場していないだけに50ののび太はなんか新鮮です。それと両親に会って涙を流す辺りはかつてのび太が過去へ行き亡くなったお祖母ちゃんに会った時の雰囲気に似ていて、おそらく45年後では既にたま子ものび助も亡くなっているのではと思えてきました。大変良い話でした。
最後にドラえもん映画に関するコメントを書きます。最近はドラえもんもプリキュアも映画のメインキャラのキャストに本職の声優を使ってくれてるのはアニメファンである自分としては大変喜ばしい限りであります。新ドラに入ってから未だに映画は見てませんが、メインキャラの幼少期を演じている人の方が明らかに年上のキャストに演じさせるのには物凄く違和感ありました。むしろ逆の方を演じるべきだと思います。後、今年の映画には十年振りにドラえもん映画に出演する声優がいるそうです。

◆コメントありがとうございます!◆

>Voicetersさん
幼少期の子どもをベテランが演じるのはよくあること…というか、純粋に子どもとか小動物って、芝居力が一般の人間を演じるよりもずーっと必要になるんですよね。だから大概の場合、芝居の難しい子ども時代はベテランが演じるという結果が出来上がる。てーコトだと思いますよ?
ま、中の人などいないけどね!(え)
非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


LATEST ARTICLE

CATEGORY


CATEGORY TAGS

LINKS



魔法つかいプリキュア! Go!プリンセスプリキュア ハピネスチャージプリキュア! ドキドキ!プリキュア スマイルプリキュア! スイートプリキュア♪ ハートキャッチプリキュア! フレッシュプリキュア! Yes!プリキュア5GoGo! Yes!プリキュア5 ふたりはプリキュアS☆S ドラえもん 動物戦隊ジュウオウジャー 仮面ライダーゴースト 手裏剣戦隊ニンニンジャー 仮面ライダードライブ 烈車戦隊トッキュウジャー 仮面ライダー鎧武 獣電戦隊キョウリュウジャー 仮面ライダーウィザード 特命戦隊ゴーバスターズ 仮面ライダーフォーゼ 海賊戦隊ゴーカイジャー 仮面ライダーOOO 天装戦隊ゴセイジャー 仮面ライダーW 仮面ライダーディケイド 侍戦隊シンケンジャー 仮面ライダーキバ 炎神戦隊ゴーオンジャー 仮面ライダー電王 獣拳戦隊ゲキレンジャー 仮面ライダーカブト 轟轟戦隊ボウケンジャー 仮面ライダー響鬼

これまでの記事