2009年 12月 14日

この世でもあの世でも無い三途の川から生まれた、死人でも生者でもない外道衆。
そのどうにもどちらつかずの処遇から生まれる羨望や怒りや妬み、それが外道衆がこの世を襲う理由なのだとしたら、同じようにあの世に思い焦がれる外道衆がいても何ら不思議は無い。
そして、それがアクマロという外道衆だったのだと。

ドウコクを倒して自分が頭目になるとか、自分こそがこの世を頂くとかの自己顕示的な願いではなく、地獄というモノを見てみたいという…興味関心、ある意味とてもピュアな願いであるとすら言える気がする。
ありがちな下克上の理由などよりは理解も納得もし易くて、そんな気持ちも分からんではない…とすら思います。
「二百年野望」とは言いつつも、アクマロにとっては結構純粋な「夢」だったわけですね。まさかアクマロにまでドラマを用意しているとは思いもよらなんだ…ほぅほぅ。

もうあれじゃないかな。
これ、最終決戦てコトでイイんじゃないかな?
「気にくわねえ」みたいな平たい理由でこの世を攻めようとしているドウコクさんよりエモーショナルな高ぶりがあるような気がするんだがなぁ、うん。

まぁ、一つ問題があるとすれば、アクマロさんの眼中にはシンケンジャーが一切無い、関係無い、どうでもいいってコトだけですね(え)。
そのぐらいは…ありだよ。うん、ありあり。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by Voiceters URL at 2009-12-14 22:26 #HfMzn2gY Edit
Title : 衝撃の事実
仲間と孤立している源太が死亡フラグに見えて仕方がありません。次回の大きな戦いで生死が決まるのでしょうけど・・・。
裏正は十臓の家族で作ったという衝撃の事実、この結末どうなるのか気になります。
Commented by 銀河水晶 URL at 2009-12-14 23:45 #701gxeB2 Edit
Title : 聖夜前大宣伝
アクマロが襲撃した地点を結ぶと日本がまっぷたつに!その理由はなんと日本に巨大な隙間を作る事だったのだ!!
…ていうシンケンジャーはあんなに遠くまで行ってたのか(え)。移動手段が凄く気になります。果たして馬か籠か折神か…。

えらく久しぶりに一体ごとの侍武装を見ました。最近なんかすぐ真or全侍合体してたのに。
これがクリスマス商戦ってやつなのか…(ちょ)。
Commented by 寿何 URL at 2009-12-15 00:04 #- Edit
Title : 登竜門を知らんのか
1200年前の貴人、小野篁は登竜門を抜け生きたまま地獄ヘ行き閻魔大王の秘書をしていたと言う

200年も生きてたんならそれくらい知っとけ

まああれだな
外道衆ってゲゲゲの鬼太郎の妖怪にくらべレベルが低いね
今すぐ忍者戦隊カクレンジャーの敵だった妖怪軍団に弟子入りすべきだ

ってなんの話だったっけ?
Commented by おおふ URL at 2009-12-15 00:10 #.mXwswPA Edit
Title : 既視感…?
何やら洒落にならない展開で、うっかりドウコクのことを忘れそうになりました(苦笑)。
ところで、アクマロが地獄への興味のために二百年も前からネタを仕込んでいた辺り、『ゲキレンジャー』のロンに近いものを感じたのは自分だけでしょうか。イヤ、あっちの方はラスボスのくせに悪行のそもそもの動機が「暇つぶし」というある意味とんでもないヤツでしたが。

しかし、今回はこの修羅場の中で巨大戦の流れがちょっと鼻についたかも知れません。兜、舵木、虎折神を久々にまともに見ることができたのはともかく、とりあえず出すだけ出しとけみたいな展開ではなくて「黒子力」の回のような工夫が欲しかったです。
Commented by 仮帯 URL at 2009-12-16 10:04 #ihMNMLjo Edit
Title : 年末商戦とはいえ
姐さんはともかく
ことはがカジキを使いこなせるようになったのは
前回の活躍といい
成長が感じられて感慨深いものがあります。
千明がコンスタントに成長していったキャラな分、
かぶらないように最後に成長を見せたと好意的に解釈しときます。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-12-17 23:39 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>Voicetersさん
源太は元々侍じゃないんだよねぇ…とか今更蒸し返して何をしようというのか…。
前に寿司屋と十臓が因縁っぽいフラグを立てていましたけど、それがココに来て生きる的なことなんでしょうかねぇ…。


>銀河水晶さん
とりあえず、あんな巨大な亀裂はもはや「隙間」とは呼べない気がする…。
そうか、マリアナ海溝も日本海溝も隙間みたいなもんだったのか…ふぅむ。
なんか無駄に話が壮大で、やっぱり最終決戦でええと思うねんけどなぁ。


>寿何さん
うーむ、人間が地獄に行けるのはさほど難儀でも無いってコトなんじゃないですかね、それが生きてようが死んでようが。どうにせよ生者はいつかあの世に行かなくてはならないのですから。でも外道衆はただただ永遠に二つの間を彷徨うしかない。仮に登竜門があっても、ガードマンに締め出されちゃうんですよ、きっと。


>おおふさん
毎年この時期は、「とりあえず出しとけ」というアイテムやロボの大放出セールが行われますからねぇ…もはや季節の風物詩と受け取るべき。
それを観るたびに、「あぁ、もうクリスマスと年末なんだなぁ…」て。


>仮帯さん
いつの間にあのディスクを預かっていたのでしょうね。カブトはまだしもカジキなんて流ノ介専用じゃなかったんですかね…。
いや、待てよ。その前に、インロウマルがあれば全ての折神は自由に扱えるって話じゃ…あははは。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from All's Right with the World! at 2009-12-14 22:41
タイトル : 真剣者 第42話印象
いよいよアクマロの野望がついにあきらかに!地獄というものを観てみたい…と言い続けてきたアクマロの真の狙いは…。
Tracked from MAGI☆の日記 at 2009-12-15 05:53
タイトル : 侍戦隊シンケンジャー 第四十二幕「二百年野望」
侍戦隊シンケンジャーの第42話を見ました。第四十二幕 二百年野望アクマロが一度現れた場所に再び外道衆が現れたことが気になった彦馬はアクマロにとって人々を襲う“方法”ではなく“場所”が重要なのではないかと考える。そこで、アクマロだけが絡んでいたと思われる場...
Tracked from blog mr at 2009-12-15 07:04
タイトル : シンケン「二百年野望」
 ことはのセーター(?)が可愛い。  分断と言えばフォッサマグナが相場だが、これは遠うのね。東京湾横断して千葉にまで行ってるし。  それにしてもあの島って新潟沖にあったのか。彼ら、どうやって移勤したんだろう。馬? 駕籠?  十臓、突然のクローズアップ。アク
Tracked from まぜこぜてみよ~う。by青いパン at 2009-12-15 08:35
タイトル : 『侍戦隊シンケンジャー』第四十二幕「二百年野望」の感想。
★TBさせていただきます★『侍戦隊シンケンジャー』第四十二幕「二百年野望(にゃひゃくねんの やぼう)」の感想です! 源太の不在中にツリーが届き、ダイゴヨウがハンコを押したのか押してないのか気になるところ(笑)。
Tracked from 閑古鳥ぽよぽよ at 2009-12-15 17:44
タイトル : 侍戦隊シンケンジャー第42幕ミニミニツッコミ
えー、アクマロ編クライマックスです。でも縮小営業。 アクマロさんはこの世にもあの世にもいけない外道衆。 ドウコク以下普通の外道衆はこの世に憧れるものですが、アクマロさんはあの世に憧れます。 なんといってもあの世はこの世みたいにほんのちょこっとですらい...
Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2009-12-16 20:12
タイトル : 侍戦隊シンケンジャー 第四十二幕「二百年野望」
アクマロの科学者ではないけど、「マッド・サイエンティスト」的な野望が明らかになった話でした。 自分をも滅ぼしかねないその野望・・・ それでも見たいという好奇心・・・ 外道衆を名乗るのに、尤も相応しい人物ですよね 御大将はヒーロ...
Tracked from 大地を吹き抜ける風 at 2009-12-17 03:36
タイトル : シンケンジャー 第四十二幕『二百年野望』
アマクロの言っていたガンドウ返し……って何ぞや?と思ってダメもとでGoogleで検索したら… ……あったよ…(驚) 何かこのがんどう返しが発...
タイトル : 侍戦隊シンケンジャー感想:『第四十二幕 二百年野望』
丈瑠の迷いの方はやはり、先週で一段落でしょうか?何かと丈瑠に動揺を与えてきた腑破十臓が行動を保留しているので、様子見かもしれません...
Tracked from ぺろぺろキャンディー at 2010-03-12 17:42
タイトル : ◎侍戦隊シンケンジャー第四十二幕「二百年野望(にひゃくねんのや...
シンケンジャーは、アクマロの行動について考える。そして、襲撃した場所を全部並べていくとバラバラだったがアクマロがでてきた場所を調べてみると直線状だった。そして、アクマロはツボトグラを呼び出す。そして、過去の死霊をみんなで調べる。ゲンタは文献を読めなかっ...