FC2ブログ

侍戦隊シンケンジャー 第四十幕「御大将出陣」


映画楽しそうですなぁ…。
ボンパーと彦馬さんが縛られていたり、ガイアークが寿司食っていたり…。
ディケイドの映画より心惹かれる一側面があるよぉ…。
前回、十臓さんから言われた事を今だ気にしている丈瑠。
家臣たちと心通わした事によって、かえって弱くなったのではないか…。
彦馬さんもその可能性を否定しているというのに、丈瑠の気は晴れない。
十臓さんの言葉が深く心に突き刺さっているのです。前はただのイタイ人としか見ていなかったはずなのに、気付くとあの人の言葉がずっと頭の中を駆け巡る…この気持ちは一体…?(ドキドキ)

てっきり今回が後編で、殿様の問題が払拭されるお話になっているかと思いましたが、引き続き問題は持続するようですね。てゆか、今回シンケンジャー全然関係ない話だったけど。

今回はドウコクと薄皮太夫のお話。
ドウコクが太夫を気に入っているのは、太夫の三味線の音だけが荒れ狂うドウコクの気を鎮めてくれるモノだから。太夫が人であった時からドウコクはその音色を聞いて心を落ち着けていたのだという。

う~む…また外道衆側でやりたいコトをやっているというか、難しいドラマを持ってくるなぁ、靖子にゃん。んまあ、悪役側のお話は子どもに理解されなくても構わない部分が大きいからなぁ…。
人間の感性に置き換えていいのかはアレですが、ドウコクが抱く太夫への感情のそれはやっぱり愛情なのでしょか。荒れ狂う自分の気持ちをたった一つ救ってくれた心の拠り所…。
同時に、その三味線の音は太夫が違う人を思っているからこそ奏でられる音色なワケで、その音色に心を寄せるというのは色々複雑なモノが絡み合います。言葉で説明されているワケでもないので、推察によって想いを測るしかありませんが…なんか、読み取り方も難しいな。
まぁ、ぶっちゃけて言うとその関係性がどこに行き着こうとボクはどうでもいいんですけどね(ちょ)。その辺は外道衆ですし、下手に幸せになるだなんてコトもなかろうと思いますし。
問題はそれがどうシンケンジャー側と絡むかだよなぁ…うむぅ。

外道衆ってのはてっきり悪人が死後転生するみたいな、臨獣拳のような人達かと思っていましたが、三途の川から生まれ、あの世にもこの世にも行けない哀しい奴らだったのですね。ほう。
生きているとも死んでいるともいえない存在か。この世を襲うのは行き場の無い憤りや、ある種の羨望が動機だったりするのかもしれないわけですねぇ…。

次回は黄色とお姉さんのお話。
やっとその話ですか…てっきり前半でやると思っていたのに、随分と待たせてくれました。
結局最後までやらないというゲキレンパターンの踏襲でなくて好かったです(おい)。

スーパー戦隊 各話レビュー
関連記事

コメント

こんにちは

私も最初、何故殿は一度は勝った十臓の言うことにそんなに拘るんだ?と思ったんですが、もしかしたら一度勝った相手だからこそ遅れを取ったのがショックだったのかも…と思いました。相手が強くなってないなら自分が弱くなったって事ですもんね。

しかし、番組終盤に黄色メイン回があるなんてあっていいんすかね。一昨年辺りの黄色なんて途中で謎の失踪を遂げましたよね?確か。

え?最終回も出てましたっけ…?

御大将この世へ

>家臣たちと心通わした事によって、かえって弱くなったのではないか…。
そう言う事を獅子折神と戯れながら話されても…(え)。寂しさ紛れに遊んでやってるって感じだったんですが、あの図は(ちょ)。

本性を現したアクマロ、それを止めんとするシタリ、そして太夫とドウコクの過去…外道衆のドラマも加速を始め…ってあれ?十蔵さん全然絡んでないよ?(ちょ)
てっきり太夫と一緒にアクマロに刃を向けるのかと思ったのに、傍観してばっかだったし…。

次回は待ちに待ったことはと姉の話。まさかこんな終盤に持ってくるとは思いませんでしたが、やってくれるだけありがたいってもんです(え)。

銀幕BANG!!、面白そうですね。個人的にナナシバイク部隊と真っ赤なオープンカーに乗ったWレッドの戦いが目を引きました。あれが専用車だったらより燃えたんですけどね。なんで最近はやらないんだろうか。
…あ、炎神戦隊にはギンジローがありましたね。あれで突っ込みゃいいのか(おい)。

最近、シンケンジャーはもともとクライマックスだ
VSゴーオンジャーを期待!!

前の土曜日
影山ヒロノブと遠藤正明はライブIN台北!!
遠藤さんは爆龍戦隊アバレンジャーを歌う
さらに...
勇者王誕生!
遠藤さん”一起唱”(一緒に歌う)
皆”ガガガッ ガガガッ ガオガイガー”
影山も熱血している!

俺は今,猛烈に熱血している!

◆コメントありがとうございます!◆

>夜長さん
後れを取った事を気にするぐらい十臓を認めていたってコトになりますよね…個人的にそこが理解出来ないです。あんな頭の悪そうな人を自分と同列に扱うなんてムリっす(え)。
一昨年というと…確か世にも珍しい悪役が主役の戦隊でしたよね。黒と緑が主役で…あと赤とネコと…いや、黄色なんていたかしらん?


>銀河水晶さん
アクマロさん、何がしたいんか分かりませんが、引っ張ったあげくホロンデルタール様みたいな噛ませ犬の扱いだったら哀しいなぁ。てか、普通にドウコクに切られて死ぬ可能性もあるんですよね…。
十臓さん? いや、いいよあの人は。あの人に気を取られるとオカシナことにしかならない気がするし(うわ)。


>鯊魚さん
アニメソング、特撮ソングの歌手は勢力的に海外活動も行っているようですね。
プリキュアのライブしか行った事無いので、あまり生の迫力は知りませんが。

劇場は毎年恒例にするのでしょうか??

あぁ、、十何人も中の人連れてったら
現行のTVシリーズに影響が(汗)
いえ、いい思い出ですが・・
ボンちゃんはきっと某パインの人よりは
出番があるのでしょう。
秘伝ディスクの改造くらいはやらかすかもしれません。
ところで、ボンパーの本名覚えてますか??

◆コメントありがとうございます!◆

>紅葉さん
やられ役に定評のあるパインさんなだけに、ボンパーでもファンの期待を裏切らない感じですね。壁にぶつけられたり地面にヘッドスライディングするボンパーが今から楽しみです。
ボンパーの本名…?と本気でポカンとしてしまいましたが、ゴーオンゼミナールですね。そうかー…いや、結局記憶にはありませんが。

待ってました!

あぁ、爪! 蹴鞠! やっとアクマロが曲者らしく振る舞ってくれている! 今回はもうそれだけで満足です(言い過ぎ?)。
前回なんか一見物凄い危機的状況を作ったように見せておいて、1話限りで潰されてさっさと退却でしたからねぇ。…というか、いつからそんなにアクマロに入れ込んでのかなぁ、自分? まあ、『ハリケンジャー』のサンダールのような声優ネタまでは期待していませんけど。

そして、もう一つの「待ってました」はドウコクの初参戦ですね。岩塊を作ってその中から現れるというのは、ちょっと堺正章の『西遊記』が入ってるような気がしましたが…これも古いなあ(汗)。いや、自分は再放送で見ただけですよ。

ちなみに、こちらはミニプラのモウギュウダイオーを製作中ですが、サムライハオーはこちらの方が台車部分を左右に割れるので人型らしく見えるようにはなっていますね。
ただ、トイザらスのチラシによると、DX版でハオーを組み立てようとするとトイザらス特価をもってしても25,000円強…。どれだけ凶悪なんですかコイツって感じです。

◆コメントありがとうございます!◆

>おおふさん
確かに裏切るのか従えたままなのか意外と判然とせずに来たアクマロさんがとうとうやってくれたという感じはありますね。ドウコクがラスボスでは直球過ぎるとか思っていただけに、色々と頑張ってもらいたいです。
神龍に不老不死を願えば、ドウコクにだって負けやしないんだ!
非公開コメント

トラックバック

侍戦隊シンケンジャー 第四十幕「御大将出陣」

なんというヒロインを救うヒーロー・御大将!! やべぇ、御大将・・・惚れた。 でも、こうなったら太夫が浄化する、外道から救うということは出来なそう・・・。 忠誠誓うだろうな~、元は人間の太夫だし。 若干抽象的過ぎて、話の筋が見えにくい...

侍戦隊 シンケンジャー ~第四十幕 「御大将出陣(おんたいしょうしゅつじん)」

~第四十幕 「御大将出陣(おんたいしょうしゅつじん)」

真剣者 第40話印象

満を持しての大将ドウコク登場…アクマロはやはりくせ者でしたねえ。そして、殿…!!! 最終クールを前にいろいろやってくれました。もう40話なんだ…と改めて思いました。

シンケンジャー 第40話

侍戦隊シンケンジャー 第四十幕「御大将出陣(おんたいしょうしゅつじん)」。血祭ドウコクに惚れる一本。とにかく格好いい。 以下読みたい方だけどうぞ。

侍戦隊シンケンジャー 第四十幕「御大将出陣」

侍戦隊シンケンジャーの第40話を見ました。第四十幕 御大将出陣皆と訓練をする中、十臓に弱くなったと言われた丈瑠は弱くなった原因は仲間だと考え、流ノ介達家臣と距離を置き始める。「茉子ちゃん、やっぱり殿様この間からなんか…」「立ち入り禁止、か…」一方、六門船...

『侍戦隊シンケンジャー』第四十幕「御大将出陣」の感想。

★TBさせていただきます★『侍戦隊シンケンジャー』第四十幕「御大将出陣(おんたいしょう しゅつじん)」の感想です! “珍”が★★★★★に対して“味”が★★のゴールド寿司。ちなみに喫煙は不可のやうです(笑)。

<プレリリース版>侍戦隊シンケンジャー 第40幕「御大将出陣」

(東映スーパー戦隊シリーズVol.33 #1669) 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/200911/article_40.html ...

侍戦隊シンケンジャー第40幕ツッコミ

【アヤカシクライマックスフォーム(違)。】 第40話にしてついに降臨! 御大将血祭ドウコク! 石が積み上がって登場する演出はイマイチでしたが(え)、あまりのカッコよさに本気でシンケンレッドの敗北を祈りました(笑)。 だって殿、ウジウジしててウザいんだもん...

侍戦隊シンケンジャー 第四十幕

ドウコク格好良かったっしょ! 前回モフモフ潰した時は、オマエこそ潰したろかゴルァ(`д´)ノ ぐらい思った、御大将でありましたが、今回はドウコクの あまりの男気にクラクラしましたぜ! 太夫のために命(命かな外道衆なので「存在」?)の危険まで冒して、 アクマロか

侍戦隊シンケンジャー 40話

「俺は・・・違うっ」 の意味も、うそつきで動揺した謎も、誰のかわからない墓石の謎

シンケン「御大将出陣」

 その名乗りシーケンスは今イチ。  冒頭の千秋の剣技はなかなかだった。「それまで」と言った流ノ介もいい声だった。  アクマロがついに正体を現した。は、いいが、ドウコクが姿を消すのって2回目だよね。それってどうよって感じがする。アクマロにいいようにされた

シンケンジャー 第四十幕『御大将出陣』

「アマクローー!!てめぇーーー!!!」 お、御大将…ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル、怖ええ!!!そしてカッケェェェ!!!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2020年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


LATEST ARTICLE

CATEGORY


CATEGORY TAGS

LINKS



魔法つかいプリキュア! Go!プリンセスプリキュア ハピネスチャージプリキュア! ドキドキ!プリキュア スマイルプリキュア! スイートプリキュア♪ ハートキャッチプリキュア! フレッシュプリキュア! Yes!プリキュア5GoGo! Yes!プリキュア5 ふたりはプリキュアS☆S ドラえもん 動物戦隊ジュウオウジャー 仮面ライダーゴースト 手裏剣戦隊ニンニンジャー 仮面ライダードライブ 烈車戦隊トッキュウジャー 仮面ライダー鎧武 獣電戦隊キョウリュウジャー 仮面ライダーウィザード 特命戦隊ゴーバスターズ 仮面ライダーフォーゼ 海賊戦隊ゴーカイジャー 仮面ライダーOOO 天装戦隊ゴセイジャー 仮面ライダーW 仮面ライダーディケイド 侍戦隊シンケンジャー 仮面ライダーキバ 炎神戦隊ゴーオンジャー 仮面ライダー電王 獣拳戦隊ゲキレンジャー 仮面ライダーカブト 轟轟戦隊ボウケンジャー 仮面ライダー響鬼

これまでの記事