2009年 11月 29日

幸せ太りして衣装がパツパツのイースさんに会えるのかと思ったのに、とんだミスリードでしたよ(え)。

■今度こそ東さんのラスト回…?

いつインフィニティになるか知れないシフォンさん。
そんな恐怖に震えた生活に終止符を打つにはFUKOのゲージを破壊すればイイんじゃないだろうか、と思い立ったプリキュアさん。
暴力と破壊で新たな道を切り開け、そうだ、それがプリキュアだ!(おい)

しかし人々の怨念がこもったFUKOゲージを破壊するコト、それは即ち破壊した本人がその怨念に飲まれて命が無いというコト。ノーザさんが素手でFUKO汁を蛇口から絞っていましたけれど、あれはとんでもない危険な行為だったんですね…。
本来なら原発並の管理体制が必要なのではなかろうか。

そんな危険にみんなを巻き込ませるわけにはいかないと、せっさんは一人でラビリンスの館に乗り込もうと決意します。
その晩、桃園家では死亡フラグふりまきまくり…。さらりと桃園父をどう呼称しているのかに触れないところが泣ける(え)。

そうこうしながら翌日、頑張ってお芝居して館に乗り込みましたが、それは全部ノーザさんの罠やったんどすえ。まんまと囚われの身となったせっさんは触手で磔の刑に。相変わらずラビリンスには変態しか居ない。なんて楽しそうな国なんだろう(え)。

イースが集めたFUKOがソレワターセを育てている。
イースの集めたFUKOがインフィニティを呼び覚ましている。
みんなが苦しんでいるのはイースの所為。
みんなをFUKOにしているのはイースの所為。

そんなイースさんにプリキュアの資格なんて無い。

ステキ精神攻撃によって瞳からハイライトが失われていく東さん。よし、順調にイース化してる、頑張れ!(ちょ)
しかし、そんな邪心を払うかのようにピーチさん達の声が東さんへと届く。
次元の壁を越え、いつも繋がっている仲間の声が。
「私は一人じゃない、私たちは四人!」
今までの歩みを振り返って収束させてくれるだとか、まるで最終回のような高揚感すらあるじゃないか…。やべぇな、これは熱い。

二度もパッションさんのバンクを見せられるのは流石にどうなのかなぁ…とかちょっと思いましたけれど、見返すと一回目の変身では名乗りが入っていないんですね。
で、仲間パワーで復活した二度目の変身ではちゃんと名乗りが入っている。
プリキュアとして見失っていた何かを取り戻し、今度こそ「真のキュアパッション様だぜ!」という意味が込められて名乗りが入っているってのが、これまた熱いっす。

そもそも今回の東さんは「みんなに危険が及ばないよう一人でFUKOゲージを壊しに行こう。たとえそれで自分がどうなったとしても…」と思ってラビリンスの館に飛び込んでいきました。でもこの考え方って、「信じた人の為なら自分の身が滅んでも構わない」と思っていたイースさんと同じ考え方なんですよね。

そう考えていたイースさんは何やかんやあって、触手に縛られたり、ラブの仲間パワーに救われたりして、遂にはパッションさんへと復活なされました。
そして今回のお話も、自己犠牲に動いた後で触手に縛り付けられ、危うい所で仲間パワーに救われ、「キュアパッション」の名乗りを取り戻すという展開でした。

つまり今回のお話そのモノが、「フレッシュ」における東さんの変容そのモノを凝縮して表しているお話だったと言えるワケですね。
いわば「まとめ」。最後の段落で簡単に説明し直してくれるというアレですね。

そして同じような危機に陥っても、東さんはもう再びイースには戻らないという決着の話でもある(ちぇ、残念)。
前のお母さん話が東せつなと桃園あゆみの関係変化に終止符を打ったお話だとするならば、今回は東せつなと桃園さん達三人との関係変化が行き着く所まで行って、もう揺るぎ無いカタチに変化したコトを表すお話なのでしょう。

最もテーマを体現しているキャラなだけに、せつな話が何やかんや多いなぁとは思いますが、孤独な人を仲間パワーで救ったからには、それが嘘や過ちで無いコトを確認させるこういう話はやっぱり必須ですね。燃ゆるっす。

スティック+ハープの合体技で倒すってのも熱かったです。
展開上、グランドフィナーレと違って後から加われるってのもそうですし、一つ壁を越えたコトで今まで倒せなかった相手を倒せるようになるってのはシンプルにカタルシスですよ。うむ。

別にパインが一人いれば倒せるなんてコトは全然ありませんから、本当に本当に。


■「私たちなら何とかなるって、わたし信じてる」←根拠ナシ

いやはや、よく出来たお話でした。
ラストメインなんだか判然としない東さん回ですが、ちゃんとやるべきコトをやりましたというか、一つ大きな荷物を下ろしたって感じでしょうか。伏線が丁寧に回収されていくテレビ番組なんて、凄く新鮮だよね(棒読み)。
それにしてもディケイドの映画はアレ、伏線とか回収する気無いよなぁ、もう…。あ、全然関係ないですね、うん。

次回はミラーワールドで13人のプリキュアが戦わなければ生き残れない!

プリキュアバトルは女児視聴層が嫌悪感を抱くから、もうやらないんじゃなかったのかなあ…まぁコッチは大歓迎だけどもさ(え)。
それにしても、これはもう最終局面ってコトなん? だとしたら展開早くね…。

メビウス様は早々に倒して、ラスボスはシフォン!…とかそういうコトなんかなー?
あ、オレ去年も同じようなコト書いてるじゃん(自爆)。

フレッシュプリキュア 各話レビュー
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by nationwise URL at 2009-11-29 19:12 #Xlf.8pIU Edit
Title : なるほどね~~
勉強になります!TJ先輩
パッションは今日で真のプリキュアになったということですか。
自己犠牲のヒーローは古いだの、流行らないだの、某Sプロデューサーが言ってましたけど、自己犠牲否定を今回のような話で説明してくれると分かりやすいし、仲間の良さも分かりますよね。
でも、孤高のヒーローは自己犠牲の上で成立・・・いや、なんでもないです。
個人的には3人や桃園家と別れることをもっと悩んだり、イースに戻ってしまったりで前後編にしても良かったと思いましたけどね。
Commented by oimo URL at 2009-11-29 19:52 #sB3wHQ0s Edit
Title : 私はプリキュアになれない→私が、私達がプリキュアだ!
そういや今回やってることは22話と似ていましたね。
「本当は命が尽きてもいいなんて思ってないんだよね!」って台詞。
今回も無理して単独で突っ込んだけどラブたちの呼びかけで本当の気持ちに気付くっていう。
何ていうか自分が一番自分の気持ちや価値を分かってないってやつですね。
ラブたちは勿論ラビリンスからもモテモテだってのになぁ(ぇ
ってか今回は一言で表すと「せつな争奪戦」だった気がするw

あとはまぁ…西さんがイースイース言ってもスルーされるのがいい加減可哀想になってきました。
西さんが勝手に固執してるだけではあるんですけど…。
実際イース衣装もう一度だけ見てみたいから西さんに同調してしまいます(ちょ
Commented by L.C.K URL at 2009-11-29 19:53 #7SH5e4iw Edit
Title :
こんばんわ!
縄を切ったときのせつながもうかっこよかったです!そして来週は結構思い話になりそうですね!でも絆も深まることを期待しています!
Commented by 名無しさん URL at 2009-11-29 20:24 #- Edit
Title :
やられて変身解除→再変身の流れがどことなくライダーぽくて良かったです。

不幸のゲージを壊したら不幸に飲み込まれてしまうとのことでしたが、壊した直後にアカルンで逃亡という手段は無かったんですかね。
結局壊せなかったから、どっちにしろ関係ありませんが。
>ディケイド映画
もう不安しかありません(ん
Commented by ヘリケルザム URL at 2009-11-29 20:24 #fRHU6td2 Edit
Title : 今日の東さん
手法こそ違いますけど、多重人格のムッキーがカテゴリーAの呪縛から解かれて
ホントのレンゲルになった日と話数(42話)が被りますね(笑)

次回の展開予想
美希たん「みんなは何か勘違いをしているわ。ホントの敵はラビリンスじゃない…」

これがきっかけでプリキュア同士が仲間割れ…かと(コラ)
Commented by D・W URL at 2009-11-29 20:31 #Cl9e24jA Edit
Title : 結局、私はイース服を見れずじまいか……
 どうも、今日の話の展開が気になりすぎて、趣味の小説も手につかなかったD・Wです。

>そもそも今回の東さんは~と思っていたイースさんと同じ考え方なんですよね

 なるほど、そこには気付きませんでした……30話のオチが読めなかったり、このことに気付かなかったり、小説を書く身としては失格じゃなかろうか私は……

>それにしてもディケイドの映画はアレ、伏線とか回収する気無いよなぁ、もう…あ、関係ないですね、うん。

 たぶん、私は冬のあれ見に行くんだろうなぁ……
 夏のは、合計四回見たけど、今回はそう何回も見に行かないとは思うけど……

>プリキュアバトルは女児視聴層が嫌悪感を抱くから、もうやらないんじゃなかったのかなあ…まぁコッチは大歓迎だけどもさ(え)。

 あぁ、MHの劇場版ですね。ウィキペディアでも触れてましたよ。「子どもが号泣してクレームが殺到した」って。
 たぶん、来週は東映に幸せの嵐どころか、クレームの嵐が直撃するって、私信じてる(根拠はないよ)!!

>メビウス様は早々に倒して、ラスボスはシフォン!…とかそういうコトなんかなー?
あ、オレ去年も同じようなコト書いてるじゃん(自爆)。

 去年は私は大学受験の真っ只中だったんで全く見てないんですが、たぶん私も見れば同じ考えを持ったかもしれない……
 まぁ、それ以前に去年のは〝5〟の続編だから、〝5〟をリアルタイムで見てない私は見ようがないわけで……(ちなみに、理由は始まる直前の週の〝電王〟の第一話を見て絶望したため。ぶっちゃければ、日曜朝に早起きしなくなったのです)
Commented by 弁慶 URL at 2009-11-29 21:23 #9fYuzJy. Edit
Title : 4人でプリキュアであること。
どうもです!

今回はイース様復活かと思いきや、そんな事全然なかったんだぜ!
いや、今はノーザさんがいるから別にいいんですけどね(爆

しかし、FUKOのゲージの破壊が危険極まりないとはいえ、一人で抱え込んでしまう辺りは、まだイース時代の名残が残っているというか…。
てか、蔦によって張り付け状態になるとか、やっぱりそういう系統のものから逃れられないのか。

あと、「プリキュアであるということ」と、仮面ライダー剣辺りで出てくるようなテーマに触れられていたのも驚きでした。
先代は「そんな事ない!」の突っ張りで「正義やヒロインって何?」とゲシュタルト崩壊しそうになりましたが(笑)、フレッシュはかつての敵がプリキュアという特殊な状況ゆえ、上記の問いや彼女たちの絆の重さ、四葉クローバーの意味がより際立ったと思います。

しかし、西さんはせつな=イースが戻る事に本気で喜んでたなぁ…。
てか、あの汁は基本的に西さん発がほとんどのような…?

で、次回。プリキュア対プリキュアという禁断のシチュエーションがあるらしいですが、公式予告見ると、『ウルトラマンネクサス』的な罠のようで。
でも、きっと可愛い×2妖精さんが何とかしてくれるって信じてる!
てか、イケメンだけが取り柄な淫獣とは本当に一味違うな、今年は(マテ

ちなみに。個人的にはライダーの劇場版予告より、さも当然のように寿司屋で駄弁る三大臣たちに味噌汁噴きました。
本当、シリアスな空気台無しw
Commented by Voiceters URL at 2009-11-29 21:26 #HfMzn2gY Edit
Title : 最終戦・序章
不幸のゲージを破壊すれば中の不幸があふれ出し市に至る・・・本作はよく生死にまつわる描写が今までよりもよく見られます。これはせつなの死亡フラグ回避ではなくせつなの死へ第一歩近づいたように思えます。
ノーザがせつなを捕らえて色々言ったのは彼女は偽善者だと言っているように見えますね。せつなの行動は悪い意味では仲間を裏切ったとはよく言われるものです。どうせならイース時代の回想も加えて欲しかったのですが・・・。
今回もグランドフィナーレはお預けですが、内容が内容だから仕方が無いのでしょう。前作の様に毎回チート振り見せられてもつまらないですし苦戦する位が丁度良いです。
次回は予告を見てみると操られたから戦うと言うよりお互いが敵に見えるから戦うと言う雰囲気な内容に見えます。そしてシフォンがノーザと戦っている描写もありました(公式によるとタルトも参戦)。歴代に出てきたアイテムに頼ることしか出来ないどこぞの無能のキングとはえらい違いです。
Commented by 銀河水晶 URL at 2009-11-29 23:57 #701gxeB2 Edit
Title : 4人で一つの
ノーザさんのステキ精神攻撃やら、せつなの徐々にイース化→「私たちは四人!」→復活の流れやら、作戦は始まったばかりなノーザさんやらでテンション上がりまくりでした。
視聴者の気持ちを高揚させつつ次回への引きも忘れない…なんか「最終局面」って感じがします。

>次回はミラーワールドで13人のプリキュアが戦わなければ生き残れない!
そして最後の一人がインフィニティを手にする…と、そういう事ですね(ちょ)。
あれ、でもプリキュアで鏡の国ってどこかで聞いた気が…(え)。

>ディケイドの映画はアレ、伏線とか回収する気無いよなぁ
自分はもうJがまた出るってだけで満足です。噛ませって噂も聞いたけどきっとデマなんだ…
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-11-30 00:18 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>nationwiseさん
今期プリキュアさんの描く「幸せ」は他人は勿論のこと自分自身も一緒に幸せにならなくてはならないという、とても汚れの無い高潔な「幸せ」なのですよね。
凄く難しいけれど、だからこそプリキャアさんというステージで描けるテーマなんでしょなぁ。


>oimoさん
今回はあのイース編をダイジェスト展開で見せてくれたような、そんなお話でしたね。
しかも新規ストーリーだから総集編の劇場版なんかより全然お徳でした(おい)。
最近の西さんはあれですねぇ、ちょっとネタに定評があるからってソッチに走りすぎて鼻につくところがありますなぁ(うわ)。


>L.C.Kさん
変身してもいないのに触手を切ったのにはビックリですね。
あれが噂に聞く、伝説のスーパーラビリンス人なのか…!?


>名無しさん
きっとFUKOはウイルス並に感染力が高くて、壊した直後でも現場に居たらヤバイのでしょう。それなら時限式の爆破装置か何かを設置すればイイんじゃないかと思うんだけどなぁ…。ネットで調べれば中学生にも作れるって刑事ドラマで言ってたもん(おい)。


>ヘリケルザムさん
なんだって!次回、そんな展開が!?
苦しみ出したかと思ったら消えてしまうパインにパッション…そこに現れたオリジナルのパインとパッション…。
ピーチの勇気が世界を救うと信じて…続きはオールプリキュアDX2で。


>D・Wさん
MH2はクレーム来たかどうかは知りませんが、プロデューサーさんがインタビューでそういう展開を女の子は望んでいないコトが分かったと答えていましたね。やっぱり女児と男児では嗜好性が違うんですねぇ。ついついライダー戦隊と同じ目で観てしまうからなぁ…。


>弁慶さん
今年のプリキュアさんは本当にレベル高いですね。テーマに対して真摯に向き合ってアピソードと構成を積み重ねている。べ、別に去年がどうとか言ってないけどね!(おい)
ガイアーク三大臣は映っただけで幸せな気持ちになれますね。あれがあの映画の訴求力の半分占めていると言ってイイな。


>Voicetersさん
もしイースさんが一度死なずに改心したりしていれば、最終局面での死亡フラグ濃厚はかき消せないものだったでしょう。でもフレプリの上手い所は先に一回死んでいるんで、もうフラグも何も無いんですよね。大胆にして知能犯だとボクは感じましたね。


>銀河水晶さん
ちょっと盛り上げ過ぎって感じも否めませんね。この先どうなるんでしょ、流石にこのまま最終回までずっと…てのは無いでしょうし。ノーザ決戦編みたいなコトなのか…。
ディケイドは相変わらず本筋どうこうじゃなくて祭り重視なんですね。だからもう平成ライダーだけでまとめればいーじゃん!ウッキー!!
Commented by gato_azul URL at 2009-11-30 02:05 #- Edit
Title :
 今週はウッカリ見逃してしまったんですが

 青空に向かって
「プリキュア4号は君だーッ!」

 と云う話ではなかったんですね。
Commented by ラビリタミン URL at 2009-11-30 08:46 #W3FWQxe2 Edit
Title : 壮絶!前線基地での攻防
 不幸のゲージを破壊すれば(一応は)シフォンがインフィニティ可を止められる。
但し、破壊直後のエネルギー流出で命の危険が伴う代償もある。皆を巻き込まない為、
過去に起こした悪事の償いを清算すべく、一人占いの館に足を運ぶせつなと、そんな
彼女の思惑を逆手にとった策略でプリキュア弱体化を画策するノーザ。今回は、
せつな自身とラブ達との絆の強さを再確認させる展開の話でした。ソレワターセを
個々の必殺技の合体連携で倒せたのも、そんな強い絆の力があったからこそ
・・・と解釈できない事もないです。それにしても42話目でこの急展開。次から
どうなってしまうのやら(汗)。
Commented by 白キュア URL at 2009-11-30 09:50 #- Edit
Title :
uうーん わからんb
Commented by タカくん URL at 2009-11-30 13:35 #- Edit
Title : ごちそうさまでした。 m(_ _)m
 いやー・・・ もう満腹です。
 せっちゃんのかっこよさったら・・・
 まあ、イタイ子イースの衣装が再び見られなかったのは残念ですが、まあガキンチョ
(もとい! 視聴者のお子様)
にはあのぐらいで止めておく方が安全でしょう。
 (シフォンがインフィニティになったと言うだけでプリキュアを観なくなったという根性無し(もとい! ナイーブな心をお持ちの)お子様がいらっしゃったそうですから・・・)
 ところで、実は本当に真剣にプリキュアをやっているのは、せっちゃんだけなのではないかと思うようになってきました。
 だって、桃園さんはダンスと同列に考えてるし、蒼乃さんに至ってはプリキュアで有名になろうとしたし、ブキさんはみんながやるからという感じだし・・・ まあ、一応みんなそれなりに確固たる使命感を持ってやっていますから良いですけどね。
 さてさて、来週は北さんの極悪作戦第2弾だそうですが、果たして前後編になるのか乞うご期待という所です。
追伸:超必殺技「プリキュアQ」はやっぱりないんですかね。でも、やっぱりそういうのがあるとしても、桃キュアさんが放つんでしょうね・・・
 あと、パインさん。今回もほとんど何も出来ずに派手に吹っ飛ばされてましたね・・・
Commented by オニギリ URL at 2009-11-30 18:13 #- Edit
Title : 「ここの吹っ飛びは、胸を強調させたいんです!」と監督に詰め寄るブッキー
見たか、FUKOのゲージの力を。お前のハピネスハリケーンを幾倍にも増幅して、撃ち返すことができるんだ!(C)中尾彬
自分の技を倍返しにされるシチュエーションって、グッときますよね。
パッションがPクラッシャーで、脳みそバーンされなくてよかった。(え)

今週のパインの吹っ飛び&スライディングは、服の下にダンボールを巻いてワイヤーで引っ張ってもらうヤツですね。自主制作映画でも見られるおなじみの手法ですが、ワンカットできっちり見せてくれるあたりに、吹っ飛びへの熱いこだわりを感じます。
このこだわりこそ、ブッキー様が凡百の黄色とは一線を画した存在と言われる所以なのですね。

>『ウルトラマンネクサス』的な罠
副隊長のベリーさんがブチ切れるとか? 実はブッキーは既に死んでいたとか?
Commented by 浜急電鉄 URL at 2009-11-30 19:48 #n08XGfOg Edit
Title : せつなの十字架(はじめまして)
初めまして。
「現実逃避」さんのところでここのところ書き込みしております。以後お見知りおきを。

さて、今回のプリキュアですが、冒頭の絵のようにイースの服で登場してもらいたかったですよね。(でも、幸せ太りはいけません)(うわ)そして、「敵を欺くにはまず味方から」というのであれば、一度「我が名はイース。ラビリンスが総統、メビウス様が下僕!」って占いの館の前でやってほしかったですね。

せっちゃんがいくら幸せな(そして可愛い)顔をしたって、「イース」としてやってきた自分のしたことは自分が「プリキュア」になっても決して消えることはない…。前にタケシ君の件があったとき、「イース」として危害を加えてしまった以上、「パッション」としてタケシ君を守っても、それはプリキュアとして当然なのであって、イースが謝罪したわけではない。だからこそ、自分のやってきた過去の過ちを自分の命をもって償う。イースとして味わった痛みを知っているからこそ、このような行動ができるのではないでしょうか?普通の中学生では考えられません(ん)

それにしても西兄貴はよっぽど東姉貴が好きだったんですねぇ。ラビリンスの恋愛事情とやらを知りたくなりました。どうせ好きだったのならイースの時に告白していれば良かったものを。(そしてふってるイースが目に浮かぶ)(え)

では。今後ともおつきあい宜しくお願いいたします。(部分引用失礼しました)
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-11-30 21:43 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>gato_azulさん
まだそこまでは行ってませんでしたね(まだ?)。
その話はたぶん最終回の一つ前とか、その辺りですよ。うん。


>ラビリタミンさん
FUKOがインフィニティ化のスイッチになったとはいえ、それを破壊したからってインフィニティ化が止むか否かは別問題のはずなんですが…壊して損が無いなら壊してしまえ、みたいなコトなんでしょうか。この辺が女子中学生が世界を守る怖さですね…。


>白キュアさん
ふむ…そうですかぁ…。


>タカくんさん
えー、一番真剣にやっているのは美希たんであるとココは一票入れておきたいですな。
ヒーローは私事を捨て、苦しみを飲み込みながら戦わなくてはならないというプロのヒーロー観を持っている珍しいプリキュアですよ。キバの十倍はヒーローしてますよ(ちょ)。


>オニギリさん
しかしプラズマグラネイドはすぐにオーバーヒートするのが難…。冷却装置が弱すぎる。たぶん水冷式じゃなくてファンなんだよ…。
今週のパインさんのやられっぷりは素晴らしかったですね。そこにアイデンティティを見つけているだけあって、一朝一夕で真似できる転がり方じゃないもんなぁ…すげぇや。


>浜急電鉄さん
はじめましてー。
せっさんは加害者側の弱みとしてついつい茨の道に行こうとしますが、そうやって自分を虐めるんじゃなくて、せつな自身も含めたみんなと一緒に幸せになる事が一番なのだよと桃園さん達は説いているのでしょうね、たぶん。
ラビリンスは完全管理国家ですから自由恋愛なんて無いと思われますので、きっと西さんは祖国の異端者なんでしょう。てゆか、繁殖自体も国家が試験管の中で生み出しているのではと個人的予想…。
Commented by makiray URL at 2009-11-30 22:54 #RsdfxmUU Edit
Title :
 せつなとの絆も強くなって一安心。
 相変わらずダンスのレッスンも続けられているようでなにより。
 誰か忘れてるような感じがするんだけど、気のせいですよね、きっと。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-12-01 20:30 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>makirayさん
誰か忘れて…あぁ、カオルちゃんですね。大丈夫、カオルちゃんだったら今回も台詞こそありませんがチラッと映ってましたよ。
え? 他に忘れている人が…? いや…そんな人は主要人物にはいないはずですが…。
Commented by 浜急電鉄 URL at 2009-12-02 19:42 #Chjb0GoU Edit
Title : ラビリンス<=○○鮮?
-ラビリンスは完全管理国家ですから自由恋愛なんて無いと思われますので-

そうですよね。
国民の寿命でさえ決められてしまう国家ですもんね。
でも、人間が何かを好きになるというのは自然の条理として、西兄貴の行動はある意味普通だったりして。
(ただ、ラビリンスの国民でありながら自分だけ幸せを謳歌しているとやがては…)

このあたり、「地上の楽園」と呼ばれたとある国を皮肉ってますね(でも、食糧はきちんとあるみたいで)
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-12-02 20:41 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>浜急電鉄さん
テーマ性を重く見ると、本来西さん達が幸福感を楽しむという行為自体がダメなハズなのに…あの人はそういうコト気にしないで生きていますよね。最初の頃はもっと真面目にラビリンスの人だった気がするんですが…おかしいなぁ、おかしいなぁ…。
Commented by 白キュア URL at 2009-12-03 09:34 #- Edit
Title :
せつなってもしかしたら(ありえない話だと思うが)今イースに戻る事ってできるんですかね??
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-12-03 20:16 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>白キュアさん
スイッチオーバーがどういうシステムによって行われているか…ですよね。
自分の服を分解・再構成させているのなら出来そうだし、ラビリンス本部から一瞬で衣装がワープしてくるのなら無理っぽい…。
でも出来ると信じたいのが視聴者の夢ってヤツですね。
Commented by リリ URL at 2009-12-03 21:30 #- Edit
Title :
定番の新プリキュア予測はやらないんですか?
あれすごく楽しみなんですよ
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-12-04 00:27 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>リリさん
うわぁ!あんな記事を楽しみにしている方がいるとは!!
てか、もうキャラクターも公式発表されたかと思ってサイトを見てみましたが、まだタイトルだけ…ですよね?
ネタバレを追っていないので公式発表待ちなのですが…タイトルだけでも妄想してみようかしら、どうせ書く記事も無いし(うわ)。
う~む、まぁ考えてみます。
Commented by 浜急電鉄 URL at 2009-12-04 19:32 #n08XGfOg Edit
Title : 次回作発言解禁ということで
個人的にはフレッシュの続編を望んでいたんですが、新鮮さは1年に限るとの朝日放送の決断だったのでしょうか?
面白かっただけに寂しい感じです。S・Sから考えて「3!」(世界のナベアツ風に)の倍数は続編にしないのでしょうね。映画もそこそこ入ってダンスも受け入れられていただけに残念です。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-12-04 22:35 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>浜急電鉄さん
え、ウソ、いつ解禁になったの?まだ公式発表はタイトルだけですよね?
じゃあそれ以上のことはボクの耳に入れないように配慮してください(え)。いや、純粋な流れってのを楽しみたいから。
ま、でもタイトルから考えて二期ではないわけで、プリキュアさんもやっと二年目グダグダの法則に気付いてくれたってコトですね。
Commented by at 2009-12-05 01:22 # Edit
Title : 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Commented by 浜急電鉄 URL at 2009-12-05 15:53 #Chjb0GoU Edit
Title : 知っていても…
いやいやいや。
前の方のカキコで次回作についての予想とかの話していいんだと思い書いたもので、ネタバレ解禁という意味ではございませんので…(ハイ)
次回作については私も一切知りません。
ましてや、関係者だったとしてもここで話すわけにはいかないじゃないですかぁ。(2chなら分かりませんが)楽しみは当日までとっておきましょ。
Commented by TJ-type1@管理人 URL at 2009-12-05 19:45 #- Edit
Title : ◆コメントありがとうございます!◆
>匿名希望さん
なんか出てるらしいですね…。Pixivでも既に画像が出始めていて、直視しないよう、脳裏に刻まないように注意している次第です。
でもま、最初の違和感ってのは戦隊やライダーよろしく、もはや恒例行事みたいなもんですからねぇ…。


>浜急電鉄さん
情報を集めるのに卓越したネット技術は、逆に知りたくない情報まで視界の隅に映ってしまうという弱点がありますね。
エロを規制するフィルターがあるなら、ネタバレ防止フィルターを誰か開発してくれんかしら…。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from にき☆ろぐ at 2009-11-29 18:52
タイトル : 日曜日色々感想
今週のニチアサキッズタイムはちょっと重めだったかな・仮面ライダーW 12話今回は解決編ですがなかなか面白かったですまぁ犯人はやっぱり被害者の姉でしたかしかし婚約者が結婚詐欺師の最悪野郎だとは思ってませんでしたよただ個人的にはその婚約者がどうなったかぼか...
Tracked from 少女創作ファンブログ at 2009-11-29 19:59
タイトル : フレッシュプリキュア!/感想/第42話「ラビリンスからの招待状!」
 「私たちは、ここにいるよ」(ラブ美希祈里)  フレッシュプリキュア!第42話「ラビリンスからの招待状!」の感想です。
Tracked from 現実逃避 at 2009-11-29 20:16
タイトル : フレッシュプリキュア 第42話 『ラビリンスからの招待状!!』
『我が名はイース!ラビリンスが総統メビウス様の下僕』 Q.シフォンがインフィニティになってしまったのは何故? A.イース姐さんが不幸汁を満タンにしたからです。 なんてこった・・。 さわやかな顔して「ラーブ!」とか「お母さん・・肩もんであげる」とかやっている場
Tracked from オヤヂの萌えブログ at 2009-11-29 20:18
タイトル : フレッシュプリキュア! 第42話感想
結局イースの姿は見られませんでしたね、残念です。 ここでイースの姿になっちゃったらお子様は混乱しちゃうだろうね。 素朴な疑問を幾つ...
Tracked from Jimmy's Impression at 2009-11-29 20:25
タイトル : フレッシュプリキュア!(第42話)
急に田舎に帰らんといけんかったので、先ほど録画を見ました。 ははあ、せつなの、というよりはこれから起こるプリキュア4人に対しての、という意味合いも強かったのですね。 単に誰かのメイン回というわけではなさそうでした。 イースは、自分の気持ちとしては疑念とい...
タイトル : もぎたてフレッシュなプリキュアレビュー(「ラビリンスからの招待状!」・42話)
せつなさんことキュアパッションが大ピンチに・・・。せつなさんがノーザに捕らわれてしまい、ラビリンスに復帰してしまうか否か・・・と、気になるストーリーでした。 ラビリンスからせつなさんへの招待状。 せつなさんはラビリンスか...
Tracked from nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! at 2009-11-29 20:48
タイトル : 今週のフレッシュプリキュア!#42
今日のせつな・・・ なんかエロかったな。 3人+2匹を夕陽越しに見るせつなの腰つき・・・ え?ちょっと早すぎない? 占いの館侵入~パッション変身 やはり、ノーザの方が一枚上手でした。 FUKOのゲージを破壊させに、わざと来させたノーザ。 ...
Tracked from お萌えば遠くに来たもんだ! at 2009-11-29 20:51
タイトル : フレッシュプリキュア 第42話
「ラビリンスからの招待状!」 脚本:山下憲一 演出:長峯達也 作画:河野宏之 美術:?浦正一郎 ※ちょっとショックな出来事が・・・。凹んでます。 「四人一緒なら、出来ない事なんてないよ、ね!」 せつなの元に、クラインからの手紙が届いた。そこには、ノーザが占...
Tracked from MAGI☆の日記 at 2009-11-29 21:23
タイトル : フレッシュプリキュア! 第42話「ラビリンスからの招待状!」
フレッシュプリキュア!の第42話を見ました。第42話 ラビリンスからの招待状!せつなのもとにイースとしてラビリンスに戻るよう書かれた手紙が届く。そんなつもりは毛頭なく、手紙を破り捨てるせつなだったが、ラブ達と共にラビリンスへの対抗策を練っていると不幸のゲー...
Tracked from 日々の記録 at 2009-11-29 21:30
タイトル : フレッシュプリキュア! #42
FUKOのゲージを破壊するため、せつながたった1人で占いの館に乗り込むお話でした。アバンから、いきなりせつなのところに、ノーザの手紙が届けられました。なんと、イースとしてラビ...
Tracked from 三十路男の失敗日記 at 2009-11-29 21:43
タイトル : フレッシュプリキュア! 第42話 「ラビリンスからの招待状!」
こちらの世界で幸せゲットしたせつなさんのところに、クラインさんから お手紙です。 ま、また寿命が尽きたとか言うの?! 恐れ慄くような内容かと思ったら、 イースとして帰国せよとの命令でした。    びりびり。 せつなさんには、ラビリンスに戻る気など更々あり
Tracked from のらりんクロッキー at 2009-11-29 22:15
タイトル : フレッシュプリキュア! 第42話「ラビリンスからの招待状!」
せつなお当番回はやっぱり特別扱いだなあという感じ。 変身シーンが2回あったのは昭和ライダーを思い出す。 V3とかね。 最初の変身だと大体苦戦するんですよね。 北さんの作戦は狡猾だったけど、ラブたちの絆がそれを上回りましたね。 ワターセちゃんを生まない...
Tracked from 黄金時代のTourism at 2009-11-29 23:34
タイトル : フレッシュプリキュア!イラスト感想 第42話「ラビリンスからの招待状!」
「イースは俺達の仲間に戻るそうだぞ!!HAHAHA!!」(byウエスター)  イースが戻ってくると知って大喜びするウエスターさんが可愛過ぎる。「また三人で頑張ろう!!」なんてピュアな台詞をさらりと吐ける、こんなイケメンになりたいものです。
Tracked from 穴にハマったアリスたち at 2009-11-30 00:13
タイトル : フレッシュプリキュア! 第42話「ラビリンスからの招待状!」
【今週もスプラッシュスター】 “Magical☆Voice☆Party -silent&noisy night-”  日時:12月10日(木) 開場18:00/開演19:00  出演:榎本温子、樹元オリエ、五條真由美、うちやえゆか、山本麻里安 3週間後に迫りました。みんなで行けば怖くない。 ■フレッシュプ...
Tracked from 色・彩(いろ・いろ) at 2009-12-01 00:50
タイトル : フレッシュプリキュア!#42.
「ラビリンスからの招待状!」 そもそも、「一度死んで」生き返ってるのだから、今更
Tracked from しるばにあの日誌(新館) at 2009-12-01 10:14
タイトル : フレッシュプリキュア! 第42話ラビリンスからの招待状!
(プリキュアシリーズ通算 284話) 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/200911/article_41.html 注意事...
Tracked from パズライズ日記 at 2009-12-01 23:49
タイトル : フレッシュプリキュア! 第42話
今回はせつなが誘いに乗ったふりをして一人で不幸のゲージを壊しにいく話。 単独で破壊にくるところまで見越していたノーザの作戦恐るべしでした。 せつなに再び罪の意識と孤独を認めさせようとするあたりがえげつないなぁと。 いきなりせつなに対して手紙が到着、や...
Tracked from blog mr at 2009-12-04 05:51
タイトル : フレッシュプリキュア「ラビリンスからの招待状!」
 話はいいのに、作画が追いついてない。あんまりだ。  ハンバーグだの肩もみだの、フラグ立てまくりの導入部。おかあさん、外から帰った格好のままで飯食ってましたが。  せつながいなくなったことで完全にうろたえているラブがよかった。  占いの館は異次元に隠し
Tracked from ぺろぺろキャンディー at 2010-12-26 04:52
タイトル : ◎フレッシュプリキュア!第42話「ラビリン...
セツナのところにクラインからの手紙が送られてくる。そして、ラブたちが不幸のゲージを壊しにいこうという。ノーザにイースとしてラビリンスに戻るように手紙が送られてきてた。ゲ...