FC2ブログ

仮面ライダーW 第11話「復讐のV/感染車」


Virus(ヴァイラス/ウィルス)、Vehicle(車両)、Vengeance(復讐)――そんな「V」前編。

おほほー、面白いじゃないか…。
ホラー調とか言うよりも、今迄で最もハードボイルドテイストが香っているって気がします。
愛する人を傷付けられた復讐という、哀しい理由をもつ犯人。
たとえ街にとって害悪としか成り得ない悪人でも、見殺しにはしない。

なんかさ、もうさ、ベタなんだけどさ、カッコイイんだわさ。
悪人でも殺されると分かって見過ごすわけにはいかないと変身する翔太郎は普通にカッコイイッ。
なんかアレは普通にハーフボイルドならぬハードボイルドだったんちゃうかなー、うん。

犯人のターゲットがどうしようもない悪人で、そいつを助けるか否かを天秤にかけるなんてーのはよくあるお話。とゆーか、その後の解答に至るまでも枕言葉的にフォーマット化されて決まっていると言ってもイイと思う。結局それ以外の答えは主人公として有り得ないですからねー。
だけどやっぱり鉄板だよぉ。ベタ燃ゆる。

これを普通の探偵モノとか刑事モノとかで観てしまうと、本当にただ「ベタ」でしか無いし、かえってクサくなり過ぎてしまう気配もあったりするのですが、それを「仮面ライダー」の中でやってしまうコトで、ある種の古臭い「ベタ」でも新味を持って視聴者に届けるコトが出来るのでは無いだろうかと色々都合よく解釈してみたんですけど、どうでしょうかね(え)。

変化球的な探偵ドラマだからこそ、王道の探偵を描く事が出来る…そんな現代なのではなかろうか(遠い目)。

前回のフーダニット、コメディ調なお話と打って変わって今回はちょっと渋めのテイストですか。
こういう色々とバリエーションに富んだエピソードを重ねてくれるってのはボク個人の嗜好にも沿っているだけに、ありがたいったら無いですよ。ギャフン。

まぁ、結局塚田Pのやり方がほぼデカレンと変わっていないってコトなんだよなー(うお)。

仮面ライダーW 各話レビュー
関連記事

コメント

お見事!

今回のエピソードを見ていて、思わずお見事!と口にでましたよ。
前にも書きましたけれども「怪奇大作戦」を彷彿とさせる様な
展開。伏線の張り方も良いし演出も各キャラの個性も際立って
ました。
一話完結と見せ掛けての後編に繋げるための大どんでん返しにはやられました!
後編の解決にも期待大です~!

バイラスだけに、マシンは「いすゞ」車の方がよかったのでは…

烏賊ちゃん、とうとうシンケンジャーが嫌になって、こっちに来ちゃったんですね。
確かに…思えば、烏賊が登場したあの頃がシンケンジャーのクライマックスだった…。(遠い目)
大丈夫、こっちならちゃんと活躍させてもらえますよ。スーパーショッカーの補欠枠とかで…。

長谷川脚本×諸田演出とか、夢の組み合わせを実現してくれる塚田P、まさにオタクの鑑です。
この調子で、小中兄弟や太田愛とかも引っ張ってきてください。

翔太郎は、平成ライダーでは珍しく常識人ですから、色々といじられ甲斐がありますよね。
駐車場での「馬鹿」ネタも楽しかったです。なんて不条理な変身不能状況だ…。
来週は「馬鹿は死ななきゃ治らない」とかで締めるんですかね?

 悪人だろうと、殺させるわけにはいかないというヒーローとしてのジレンマ。
 最後、ダブルのかわりにアキコがはたくところがスカっとしましたが、まだメモリは破壊されていない・・・。

 一体次回はどうなるのかー!?

 チンピラが、「星獣戦隊ギンガマン」のギンガグリーンの人だってことにおどろきました^^;
 今回は、なかなか面白い理由での変身不能理由^^;
 そして、ボロボロの車体でよくぞあそこまで走ったなあ、と。

次回で悪人さんの扱いがどうなるかが見所ですかね。
翔太郎の言ってることは分かりますがあのまま放置ってのは流石に気が引けます。

あとそれぞれのフォームの見せ方がうまいなぁと思います。
サイクロンメタルとか地味だなと思ってたんですが今回でいい感じに思いました。
最初から9フォームあって見せ場のバランスとか大変そうですが今後空気フォームが出ないことを祈ります。

復讐のV/守る価値

「バイラス」と聞いた時は烏賊っぽいドーパントが出てくると思ったのですが「Virus」でしたね。まんまと騙されましたよ(え)。

悪人といえど見捨てるわけにはいかない…そんな翔太郎はベタとしか言いようが無くても、やはりかっこよかったです。
バイクで走りながらの変身もグッときました。Wはいい感じにライダーしてますね。

にしても車内にいたとはいえ、生身で銃弾の雨やメタルブランディングを受けてほぼ無傷で生還とか康平凄すぎです。
車体がメモリで強化されてたんでしょうが、そのあたりが次回で説明されるかが気になる所です。

もっと車がドーパント化したら良かったのに。

車のルーフから、上半身が出て、腕は伸縮自在で、フロントライトから銃が生えているドーパントか、フロント部分がでっかいブルドッグの顔になった、ドーパントになってくれると思ってたのに残念です。(元ネタ分かるだろうか)
今週はプリキュアさん達が、三人がかりとは言え、豪華客船を止めてしまったのに、Wが車相手に苦戦したので、息子(4才)が、プリキュアはWより強いと認識したようです。がんばれW・・・

◆コメントありがとうございます!◆

>masayukitaさん
楽しかったですねー。話が思わぬ方に流れていって次回がとても気になります。
予告を見たときは「車がウイルスに感染させるとは、またキワモノっぽい話だなぁ…」とか思いましたけれど、キャラのブレも無いし、いつものダブルさんと遜色無い作りでしたね。感染してすぐ死ぬメカニズムとかは分からないけど。


>オニギリさん
まさかまたバイラスさんを描く事になるだなんて…世の中は不思議でいっぱいだ。別にオレの引き出しの少なさの所為じゃない(え)。
今回はある種、ウルトラとライダーと戦隊が一つになったスタッフ陣とも言えるワケですねー。あ、あとゴジラも。わぁ、業界狭いな…。


>サンザイオー結城さん
メモリが無いって展開には普通に「え」て思っちゃいましたね。まだ11話なのにパターン崩し多いなあ。
そのうち変身しないで倒す話とかあるんじゃないかしら。あ、それは無理か。そうですか。
車ってあんなになっても動くもんなんですね…。また一つ勉強になった。


>oimoさん
まず風都警察の捜査レベルのショボさがヒドイですね。目撃者いて顔も名前も分かってるのに立件出来ないとか…「警察の捜査なんてそんなものだよ」と言ったフィリップの言は普通に真実だったんか。
フォームもギミック同様上手い見せ方ですね。半分半分で能力が見えるだけに、9フォームで使われているとかいないとか、案外気付きませんし(え)。


>銀河水晶さん
悪人でも助けるという翔太郎の正義イズムはもっと盛り上がる話で描いてくれてもイイ素材って気もしましたが、きっとそういう時はもっと凄いドラマが用意されているんですよね。と期待感を上げておく。
車の中にいて無事だったのはドーパントの所為か、もしくは…ちゃんとシートベルトをしていたからじゃないですかね。大事なことです。


>タダタカさん
残念ながら元ネタはボクの本棚からは検索できずです。思ったのは今回のドーパントが帰りマンのサータンに似てるよねってぐらいで(え)。
プリキュアはダブルより強い…とりあえずパッションさんとガチでやりあったら負けそうです…。

オートバジンのご先祖さまの番組です。

>管理人様
特撮好きとはいえ、ザボーガーは範囲外でしたか。
敵メカのデスガンダー、ブルガンダー、ヘルガンダーなんてコア過ぎますね。
ちなみに、ブルガンダーはトラックの運転席を、でっかいブルドッグの頭部にしたメカです。
荷台部分はまんま幌付きトラックの素敵デザイン。
何故かブルドッグの額部分に付いたパーツが弱点という、対戦相手に優しい設計です。
デスガンダー、ヘルガンダーは車のルーフから、ロボットの上半身が生えていて、ロボットの腕は蛇腹状で伸縮自在。
フロントライトに、機関銃が取り付けられ、夜間の走行はどうするつもりなのか、心配です。
この系統は、登場30年経ちますが、模倣デザインがまったく現れていないので、スゴく期待していたのに、残念無念。
Wは、怪人のモチーフが素晴らしく、幅広いので、まだ期待してます。
パッションさんは、アカルンの能力使えば、ほぼ無敵ですからね~。
息子にプリキュアの強い順番を聞いたら、パイン、ピーチ、パッション、ベリーでした。
好きな順番だろ、それ。と思いますが。
TJさん、ブッキー好きのライバルが、増えましたよ。

◆コメントありがとうございます!◆

>タダタカさん
ザボーガー!
ザボーガーは引き出しのそんな手前には入ってませんね。もう、相当ホコリかぶった後ろの方にちょっとだけ入ってるって感じです。要するに名前と漠然としたビジュアルだけですね。あとはカゲスターがギリですね(何の?)。

パッションさんとガチでやりあえるのはハイパーゼクター手に入れたカブトさんだけじゃないですかね。
片や殴られたらハイパークロックアップで殴られる前に戻る。片や即座にテレポート。
はたから見ると何が何やら分からんプイですが…。
非公開コメント

トラックバック

『仮面ライダーW』、第11話「復讐のV/感染車」の感想。

★TBさせていただきます★『仮面ライダーW(ダブル)』、第11話「復讐のV/感染車」の感想です! どーせなら“人を馬鹿という奴がバカ”も検索した方が良いと思うよ、フィリップ(笑)。

仮面ライダーW(ダブル) 第11話「復讐のV/感染車」

メインの三条さんとは、一緒にゲゲゲの鬼太郎のシリーズ構成をした長谷川圭一さんが書いた今回・・・。 容赦なく、人を殺すよな~(汗 これまでガイアメモリを所有した犯罪者を不殺できたWなのに、一気に3人の被害者を出す長谷川脚本・・・ ある

仮面ライダーW第11話「ポンチWの描き方」

君にも描ける! 仮面ライダーW!! 1.輪郭と目を描く 大きな丸をひとつ。 中に小さな丸をふたつ描きましょう。 とにかく図のような感じで3つの丸が描ければ問題ありません。 2.ツノを描く ダブルのツノはWマークです。 真ん中の山部分は丸の中に収まるような感

W 第11話印象

遅ればせながら、やっと観ました今週のW。Vの前編、ひき逃げに始まるかなり重いテーマ性を持つ内容ですが…馬鹿は風邪を引かないって…!!

ライダーW「復讐のV/感染車」

 あれって車のエンジンの音だった? いや、よく知らんけど。  でも、後半のカーアクションは凄かった。タイヤはずれても走るんだもんな。  久しぶりに乗り物アクションを見たよ。これ「仮面ライダー」のはずなんだけどな。  バカ調査をしていたフィリップの「あれ、も...

仮面ライダーW 第11話「復讐のV/感染車」

仮面ライダーW 第11話「復讐のV/感染車」

◎仮面ライダーW第11話「復讐のV/感染車」

 ある夜、鳴海探偵事務所の電話が鳴った。「命を狙われてるんだ!頼む!助けてくれっ!」。 男に指定された埠頭へとやってきた翔太郎(桐山漣)だが、その男・青木(辻岡正人)は何者かが運転する黒い車でひき殺されてしまった。が、車は青木の体をすり抜け、青木は顔を...

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2021年03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


LATEST ARTICLE

CATEGORY


CATEGORY TAGS

LINKS



魔法つかいプリキュア! Go!プリンセスプリキュア ハピネスチャージプリキュア! ドキドキ!プリキュア スマイルプリキュア! スイートプリキュア♪ ハートキャッチプリキュア! フレッシュプリキュア! Yes!プリキュア5GoGo! Yes!プリキュア5 ふたりはプリキュアS☆S ドラえもん 動物戦隊ジュウオウジャー 仮面ライダーゴースト 手裏剣戦隊ニンニンジャー 仮面ライダードライブ 烈車戦隊トッキュウジャー 仮面ライダー鎧武 獣電戦隊キョウリュウジャー 仮面ライダーウィザード 特命戦隊ゴーバスターズ 仮面ライダーフォーゼ 海賊戦隊ゴーカイジャー 仮面ライダーOOO 天装戦隊ゴセイジャー 仮面ライダーW 仮面ライダーディケイド 侍戦隊シンケンジャー 仮面ライダーキバ 炎神戦隊ゴーオンジャー 仮面ライダー電王 獣拳戦隊ゲキレンジャー 仮面ライダーカブト 轟轟戦隊ボウケンジャー 仮面ライダー響鬼

これまでの記事