FC2ブログ
2006年 05月 06日

字が汚いのもいつもの事だけど…
にしても、コレは… に、似てねェ…
富岡涼、夏帆両氏の関係者、及びファンの方はモニターの上部を手で覆いながら読んで下さい。
やはり三次元の人物は厳しいぜ…
いや、二次元だって満足行くもの描けてないというのに。安パイで怪獣だけという手も十二分にあったんですが… いや、この映画に関してはそれはダメだな、と。
何故ならば、今までの怪獣映画は何だかんだ言っても、最終的に美味しいところ持っていくのは怪獣だし、怪獣が主役の映画なんですよ。

でも、これは違う。


クライマックスにかけての映像を観ていて、はたと判りました。
タイトルが「小さき勇者たち~ガメラ~」なんです。
そう。「ガメラ~小さき勇者たち~」では、無いのです。
主役は「小さき勇者たち」なのです。

じゃあ、ガメラは?
もちろん、活躍しますよガメラも。
でも、主役じゃない。それはこの映画が、「怪獣映画」ではないからなのです。


お前の考えとかイイから、早く映画のレビューだけ読ませろや、という方はコチラ

<第一部>


■怪獣映画とは?


はてさて?
「怪獣映画」とは、いったいなんだろうか?

例えば、ハリウッド版ゴジラを観て、「あれはゴジラじゃない」とか「あれはあれで面白かった」とか色々なご意見あると思います。
しかし、あれは「怪獣映画なのか?」という問いに対しては、首を捻って唸る方が多勢かと思われます。
「いやぁ~怪獣映画…う~ん…」みたいな。
そう言う方も、あの映画を「モンスター映画」という括りになら納得して頂けるのではないでしょうか?
ハリウッド・ゴジラは怪獣というよりも、モンスターだという事なんでしょうか。

「怪獣」は英訳されると「monstar」です。
でも、「monstar」の和訳は「怪物」であり。「怪物」と「怪獣」は同じモノであると並べる事が出来ません。米国には「怪獣」という概念が存在しないというわけです。
いや、エンタメ・サブカル先進国の米でさえそうなのですから、むしろ「怪獣」という概念は日本にしか存在しないと言い切ってイイでしょう。
怪獣は日本人独特の宗教観、自然観に根ざしている可能性がある。日本特有の怪獣に見られる様々な特色から、二義的意味での「怪獣」は、滅びさる自然神の象徴であるとの説がある。非科学的なまでに高い防御力、都市破壊を好むなどの特徴がこれにより説明される。(wikipedia「怪獣」の項より)

「怪獣」という存在の明確な定義は未だされてなく、「モンスター」「怪物」との違いなど、非常に曖昧な要素も多い。しかし、日本では毎週当たり前のように新しい怪獣が生まれているというのも現実であり、それらの新怪獣を「いや、あれは怪獣ではない!モンスターだ!」と言う人間も皆無な事からして、日本人自体は怪獣という存在の定義を、明確にではないものの、理解していると思ってイイのではないだろうか。


では、「怪獣映画」の定義とは何か?
ハッキリ言って、怪獣が出てくればそれは既に怪獣映画なのだろう。
だが、世の中には怪獣の出ない怪獣映画というものも存在する。
→「大怪獣東京に現る」監督:宮坂武志

特に怪獣映画を嗜好する人間(つまりオレ)の考えによるところ、「怪獣映画」には「ゴジラ('54)」によって作り出され、脈々と受け継がれて来た文法が存在するように思う。
その私的見解による怪獣映画黄金律がコチラ

予兆→探索→発見→調査→出現→破壊→対策→対決→平穏

殆ど全ての怪獣映画という怪獣映画が、この黄金律で判断出来ると言って過言…… ではない、と思う。
ウルトラシリーズなんて、毎週30分でこれを詰め込んでいるんだから、大したモンですよ。
ま、要するに、多少おかしなコトがあっても、この文法になぞって進めれば「怪獣映画」としての存在は、ほぼ間違い無いわけです。

様式美、と言いますか。
日本の伝統芸能に言える事ですが、まずカタチから入る、という。
怪獣映画なんて生まれてからまだ50年ちょっとしか経ってないのに、そのカタチを手に入れているなんて、大したモンですよ、ええ。

――しかし、これは危険な事でもある。

その文法はこれまで先人達が築き上げて来てくれたカタチです。
それに従っていれば、大きな間違いも無く出来上がる。と同時に、当たり前ではあるが、そのカタチ以外のものは生まれない。
50年前にその文法を作った人達は、後世コレが脈々と受け継がれて行くなんて考えて作ってはいなかったはずだ。ただただ、新しいモノを産み出すという冒険だったはず。
正直、文法こそ受け継いで来てはいるが、これまでその冒険の魂までも受け継いで来ているかというと、安易に頷けない状況だろう。
いつまでも同じコトをしているだけでは、いつかは終わってしまう。
かくいう、この映画だって40年以上前に創造されたキャラクターを未だ使っている。

しかしこの映画には、これまでの文法に頼らないで、「怪獣映画」というモノを作ろうという思いに溢れているのだ。


■怪獣映画ではない

そう。前述したが、この映画は怪獣映画では無い。
上記で述べたような文法に即して作られた、いわゆる「怪獣映画」という概念で作られてはいない。
具体的な点を上げるにしても、

・怪獣に対する説明描写はほぼ皆無。
・バトルが思いの他少ない。
・怪獣が主役ではない。 etc…

今までの怪獣映画を期待していれば、こういった点に違和感を感じざるを得ないだろう。
だが、それは「怪獣映画」からの脱却が図られているからに他ならない。

怪獣映画では怪獣についての説明が成されなければならない。
怪獣映画ではクライマックスバトルでドラマを昇華させる。
怪獣映画では怪獣が主役。

そんなコト誰が決めた? いや、誰も決めてないンですよ。
怪獣映画は怪獣が出て来さえすれば怪獣映画なのだというのなら、観る方は怪獣が出る事以外は期待してはいけない。しかし、実際には「怪獣映画」という冠に少なからずのイメージや概念が、この50年の間にこびり付いているのも事実。
だとすれば、この「小さき勇者たち~ガメラ~」を怪獣映画と呼ばなければいい。

これは、「新たなる怪獣映画」なのだから。


<休憩>


つらつらと、この映画に対しての怪獣映画的なポジションを小論文的文面でお送り致しました。
同じコトを何度も違う表現で言い換えているだけじゃないか、なんて核心めいたご意見はお控え下さい。
ここからは、いつも通りの文章とノリでお送り致します。普通にネタバレ。

<第二部スタート>


第一部とは全く似て非なるモノとして存在する人格による第二部スタートです。

雨の中、映画館までバイクに乗って行くオレ。
頑張るなぁ。次の日は晴れだっていうのに。そこまでしてこの日に観に行く理由ってナンだろ…?

初日でもないのに、クリアバージョンガメラ貰っちまった。
たぶん初日の分が余っているんだろうね。ラッキーです。

ガメラが松竹のマークから始まるのか… ま、平成シリーズは東宝マークだったし。そっちの方がある意味異質といえば異質。
…でも、大映マークが無いってのは、やっぱ…サミシ…

予告編では「日本沈没」こそ流れなかったけど、「ブレイブストーリー」の予告が観れました。
やっぱ観ようかなぁ…。宮部みゆきだもんなぁ…しかも亀山千広が製作加わってるしぃ。現・日本における最高の映画プロデューサーだもんなぁ、あの人。


で、冒頭から出ました!
アヴァンガメラにギャオス。
このアヴァンタイトルは、まさに平成シリーズを切り取ってきたかのようなハードさ、&爆発。
ギャオスなんか「Ⅲ」のギャオスハイパーそのまま使ってるんじゃないのって感じだし。
火の玉が落ちるシーンは、同じく渋谷の崩壊シーンを思い出す。

ガメラがギャオスから救ってくれた事に対し、歓喜する人々。
既に人々は1973年のこの時点からガメラを人類の味方だと認識している。
このアヴァンからして、この映画は市井の人間達の目線で進む事を示唆してますね。
研究者でも無く、自衛隊でもマスコミでも無い人々は、どのような意思によって怪獣たちが動いているとか、何故生まれて来たのかとか、関係無いのです。
人間を襲う怪獣ギャオスをガメラが倒した。であるなら、それだけでガメラは人類の味方と言える。それだけなのです。
後々出てくる台詞にも
「何でか分からんけど、ガメラは人間を助けてくれる」
て言ってます。そう、何でか分からない。でも、それでイイんです、彼らは。
映画を観ているだけの観客よりも、もっと切実な現状にいる人間なのだから。
この映画では全編通して、ガメラを危険視する人間は一人もいません。
ガメラは何でか分からんけど(省略)と、知っているから。実感しているのだから。
そういう、今までただ踏み潰されるだけの存在だった人たちの映画なんです、今回は。

で、タイトル「小さき勇者たち~ガメラ~」
どーでもイイかもしれんけど、ああやってフワ~と出すタイトルの場合は、あのロゴでは似つかわしくないと思う。ハリウッドでは、宣伝用のタイトルロゴと、本編のタイトルロゴは互いに相応しいものに変えるそうですしネ。


で、まぁ、透少年が見つけた小さな卵から、腹に模様の入ったカメが産まれて、トトと名付けるんですが…
かわゆい~~~~~!!!!!!
キュ~とかピ~とかホントはケヅメリクガメは鳴かないかもしれないけど、なんだ、あの愛玩イズムは!
配給の方々がしつこいぐらい、ケヅメリクガメの飼育に注意を促す理由もわかるッスヨ!
欲しいもんボク、あれ。眩しすぎるよぉ~~~んもぉ~~~!
しかも飛ぶしさぁ。
火まで吐くしさぁ。
かわゆさ全開フルスロットルゥ!
と、ココでサプライズ的に大悪獣ギロンが登場だぁぁぁぁぁ!!!!!
観た人は分かるよね? 上手いゾ!

どんどん巨大化するトトをガメラなのではと心配する隣のお姉さま、西尾麻衣。透に「麻衣さま~」なんて呼ばせてましたが、「舞様」はお姉ちゃまだろ、なんて思ってたのはたぶん劇場で俺一人。
もうね、透おいしすぎる。
隣に幼なじみのお姉さまがいて、しかも互いの部屋の窓が向かいあっているという、なんともあだち充イズム(え?違う?)というか。さらに心臓病で、さらにどうも透に気がある御様子!
かぁ~何それ? 鼻血が止まらないっすヨ、ええ。首の後ろをトント~ンてね。
その設定だけで飯五杯はいけるッつーの。

透はトトがガメラであるという事実を受け入れられない。
それは、もしトトもガメラなら、30年前のガメラのように死んでしまうのではないかという恐れがあるから。母親が死に、幼なじみの麻衣も病気で、透の大事な人がどんどん消えて行くのではないかという恐怖。
この辺が個人的に驚き。
自分の飼っている亀が怪獣では無いと否定する理由といえば、怪獣という破壊神のような怪物に、自分の愛する可愛いカメがなってしまう事を否定したいから、では無いのですね。
死んでしまう事への恐怖ってコトは、トトが怪獣であるという事自体に恐怖はさほど無いんですね。やはり、この世界の住民はガメラを信じきっているのだ。


透の父親、孝介にも父親と息子のドラマ以外のドラマがありましたよね。
孝介は73年にガメラが自爆する現場に居合わせていた。
ガメラは人間の為にその身を呈したのに、自分達はガメラに対して何も出来なかった…と。
だから、これは孝介にとって33年ぶりの恩返しなんですよね。
孝介が透と一緒に赤い石を届けようとするのには、父親として息子を守るという以外に、そういう思いがあるんじゃないかと。
だって、出なけりゃやっぱ必死で止めるッすよ。たとえ、赤い石がガメラに必要で、それが無いとガメラが死んでしまうとしても。ガメラより息子、人類より息子ですよ。
でも孝介は透と行く。息子に背中を押されて、やっとガメラに恩返しする事が出来るのだ。
あ、ちょっと涙腺が…ゆる…む…


ストーリーは、「のび太とふしぎ風使い」と似ているな、と感じます。
卵から生まれた××を育てる少年。××は成長し、悪の化身と対峙する――
ガメラかフー子かの違いっていうか、さ。
フー子の最期は今思い出しても涙腺が緩むんだよなぁ。
雲の切れ間から落ちてくるフー子の抜け殻… ゥゥ…(泣


トトが対峙するのは、これまたオーソドックスとも言えるフォルムの怪獣ジーダス。
ジーダスは色んな暗喩が込められている気がしますね。
オーソドックス過ぎるくらいなので、これまでの怪獣映画らしい怪獣です。つまり、「これまでの怪獣映画」の暗喩であり、それを打ち破ろうと戦っている新たなる希望トトは「新たなる怪獣映画」。
さらに、名前とか襟巻きってトコからジラースみたいな印象あるし。ジラースとゆーことは、それはもうほぼゴジラってことで。
ジーダス≒ゴジラ、もありですな。

でも、コイツが実はガメラらしい敵怪獣といいますか。今までのシリーズ同様、容赦無くトトを痛めつける。
しかも人間を食いまくる。イイんすか!? てぐらい人が死んで行く。その描写はある意味平成シリーズを越える生々しさです。

特撮でも怪獣と怪獣がスクリーンの上手と下手で対峙するみたいな、今までの「怪獣映画らしい画」があまり無い事も、脱却を狙っているんだという思いがひしひしと伝わって来ますね。


ファンタジー映画であるという事も重要ですね。怪獣に対する説明がほぼ無しですから。
SFって理詰めの面白さを求めたりしますからね。
でも今回は、考えるんじゃない、感じるんだ… というか。
別に「逃げ」でファンタジーと言っている訳でもなくて、元々怪獣なんて人間に分かるワケないんですよねぇ。予想を超える現象を起こさせる力があるんだ、とゆーそういうクライマックス。
小さき勇者たちのバトンリレー。
確かにグッと来ましたね。
「あぁ、これが小さき勇者たちってコトなのかぁ」とそのシーンでずっと思ってた。

そういや、「怪獣映画で泣いた事ありますか?」てコピーでしたよね、この映画。
そんな質問されちゃうと、「ある」と答えちゃうところがヲタクだなぁ…オレ。
「GMK」のクライマックス、父と娘が無線で話すシーンで、不覚にも泣いた…
まさか、怪獣映画で泣くとは… と自分に驚きでしたよ、ええ。


こういう映画はゴジラじゃ無理だなぁ、確かに。
でも、モスラならかなりハマるはず!
モスラとファンタジーの組み合わせの良さは、ガメラの比じゃないし。
東宝、チャレンジ、カモン!
あ、でもそれはそれで冒険スピリッツ足りないか…う~む。

いやぁ、上映時間何分間なのか分かりませんが、すごく短く感じたなぁ。
体内時計的には75分ぐらいか。
あっさりとした味わいだからかしらね。怪獣映画というと最近は濃厚なのが多かったから、その走りが平成ガメラだったりするんだけど。
対象的な雰囲気に包まれていました…
怪獣映画で女性が脚本てのも珍しいですね。俺の知っている限りでは「メカゴジラの逆襲」ぐらいだけど。
「小さき勇者たち~ガメラ~」は、滲み出る優しさや温かさから、監督こそ男性ですが、女性が作った怪獣映画という空気を感じましたね。

また一つ、怪獣映画の可能性を感じる映画ッす。
関連記事
≪メッセージもどうぞ。

COMMENTS

Commented by まりん URL at 2006-05-07 21:38 #79D/WHSg Edit
Title :
TBありがとうございました。
ほとんど何も書いてないのに大変恐縮です(^^ゞ
どちらのトトも可愛かったですねー。
続きが見たい映画でした。
Commented by tamacat URL at 2006-05-07 21:47 #79D/WHSg Edit
Title :
TBありがとうございました。
怪獣への考察、深いですね。勉強になります。
>>また一つ、怪獣映画の可能性を感じる映画
そうですね。
「平成ガメラ」が大人向け怪獣映画の可能性を切り開いたとすれば、「小さき勇者たち」は、子ども向けにも、まだまだ可能性があることを証明した作品と言えるでしょうね。
Commented by みちまな URL at 2006-05-07 22:36 #79D/WHSg Edit
Title :
TBありがとうございます。
「感想1」と書いてまだ2を書いてないんですが、こちらも
ふまえて、もう少し考えてみたいと思います。
今回のは、タイトルが全てを語ってたんだなあ、ってつくづく思います。
Commented by おたっきー URL at 2006-05-08 09:40 #79D/WHSg Edit
Title :
TBありがとうございました。。
 「怪獣映画」は非常に愛着が深い人たちがいる(作り手も含め)一方で、一般的な認知は残念ながら今ひとつで、興行的にはまだまだ難しいのが現状です。
 しかし、テレビの特撮物が急激な変化を見せ、本来対象だった幼児の親世代など、特撮ユーザーの裾野が広がっている今、怪獣映画やヒーロー物を一つのエッセンスとして、一般向け映画・コンテンツが創られるのは、とてもいいことだと思います。
 そういう意味では今回の「小さき勇者たち」はその第一歩で、僕たち特撮ファンもその方向性は認めなきゃいけないな、と思います。
 東宝の「日本沈没」もその流れなのかも。そのうち、東宝が「世界の中心で愛をさけぶ~ゴジラ、その愛」とか松竹が「男はつらいよ~ギララ宇宙慕情」、日活が「四畳半襖の裏張り~ガッパ夫婦欲情の果てに」なんか作ったりして・・・。
 冗談はともかく、この映画は新しい怪獣映画の方向性を示してくれた、記念碑的な作品であり、監督が平成仮面ライダーシリーズで注目された人、というのもある意味象徴的だと思います。
Commented by tjtype1 URL at 2006-05-08 13:46 #79D/WHSg Edit
Title :
皆さん、長々とした記事を読んでくれた上にコメントまでどうもありがとうございます。
>まりん さん
トトの可愛さ爆ッでしたからねぇ。
でもトトはケヅメリクガメ以上に早く大きくなりますので、かなり飼育が困難と思われます。なんせ生まれて1週間あるかないかで30m級の大きさですからね。「のび恐」観た後もかなりピー助が欲しくてたまらなかったし。
妙な母性本能の目覚めが… ?
>tamacat さん
>「平成ガメラ」が大人向け怪獣映画の可能性を切り開いたとすれば、
>「小さき勇者たち」は、子ども向けにも、まだまだ可能性があることを証
>明した作品と言えるでしょうね。
なるほど、確かに。やはりゴジラのカウンターとして創造されたキャラだからなのか、ゴジラよりもガメラの方が遊びやすいというか、振れ幅があってしかるべしなんでしょうね。
Commented by tjtype1 URL at 2006-05-08 13:46 #79D/WHSg Edit
Title :
>みちまな さん
この映画の製作決定の時、タイトルが「小さき勇者たち~ガメラ~(仮)」で、「ガメラ」が後に付くなんて無いだろ~、本タイトルはたぶん逆になるのかな、なんて思ってましたが。そのまんま決まってしまい驚きました。でも、映画を観るとそれはテーマに則してのコトだったと納得しました。
>おたっきー さん
そうなんですよねぇ。
怪獣映画のブランド力と言うか、認知度というか、本当は面白いぞ、すごいぞってのをもっと知らしめないといけませんよねぇ。
一般からすれば怪獣映画=お子様ランチ扱いですから。それを脱却する為に、個人的には福井晴敏なんかが怪獣映画の原作書いてくれると、そういう効果とか高そうだなぁって思うんですけど。本人も好きそうだし…
Commented by 猪熊きつね URL at 2006-05-09 00:05 #79D/WHSg Edit
Title :
 TBありがとうございます。
自分の感覚が妙なところがありますが、それでも参考にしていただければ幸いです。
今回の作品は怪獣ものの新たなる地平を切り開いた金字塔といえるでしょう。
それと一般市民が直面する怪獣災害の実際を描ききったということでG2と並ぶリアルシュミレーションの一つの極地といえるかもしれません。(笑)
こちらからもTBを張っておきましたのでよろしくおねがいします。
Commented by こーいち URL at 2006-05-09 01:36 #79D/WHSg Edit
Title :
こんにちは。
TBありがとうございました!
「怪獣映画研究家」ですね(笑)
とても興味深く読まさせて頂きました。
僕はガメラも今回が初なので怪獣映画は全く詳しくないですけど
怪獣映画は日本独特の文化なのですね!
これからも継承していってほしいです。
今回のガメラは良質なファンタジーとして楽しめました☆
すごく温かい映画でしたね。
Commented by tjtype1 URL at 2006-05-10 01:06 #79D/WHSg Edit
Title :
コメント・TBありがとうございます。
>猪熊きつね さん
政府や自衛隊のリアルシュミレーションを描いた「G2」に対し、市民の側からのリアルシュミレーションですか。確かにそうかもしれません。
麻衣がベッドに横たわりながら、窓の外のガメラとジーダスの戦いを見ている画が、やけにリアリティ感じてしまいました。
意外と、避難所ってのは交戦区域とさして離れていない。全然安全じゃないじゃないか!て。私があそこに子ども時代いたら、完全にトラウマ背負ってますね、間違い無く。
>こーいち さん
大学の講師の先生にも、ゴジラ全作観てますッて言ったら、「論文書いたら?」て言われた事がありました。…一瞬、迷いましたけどね、書けるかも…て。
そうですか、初ガメラがコレだったのですか。もしハードな映画も好きでしたら、平成3部作もお勧めですよ。全ッ……たく違う雰囲気ですがね。
ハマるとヤバいです。
Commented by Kei URL at 2006-05-18 00:14 #79D/WHSg Edit
Title :
TBありがとうございました。
>これは、「新たなる怪獣映画」なのだから。
そうですね。これまでの“大人向けハード路線”でも、昭和ガメラがドツボにはまった、“お子様遊園地路線”でもない、“子供をしっかり楽しませつつ、大人をも感動させる”、新しいパターンの嚆矢になるかも知れませんね。
そういう意味では、“父と子が懸命に階段を駆け上がる”シーンつながりで私は「クレしん/オトナ帝国]を思い出してしまいましたが…。
Commented by たましょく URL at 2006-05-18 13:31 #79D/WHSg Edit
Title :
 TBありがとうございますm(_ _)m
 レビューを拝見して、確かに「怪獣映画」とゆーカテゴリー分け
される作品ではないですね。あくまでも少年とトトの友情物語で
あり、ジーダスとの戦闘も「おまけ」程度かと。
 「ケータイ刑事」の劇場版を観に行った時、夏帆(零)が「空を飛
ぶカメは、もっと好き」とゆーセリフを言っていたので、この作品に
対するオマージュと気付いたのですが、まさかこっちの映画でも
「ケータイ刑事」に対するオマージュがあったとはw
 あと、TOPのイラストすっごいいいですよ!特に怪獣たちは、
迫力が見事に表現されていると思います!
Commented by tjtype1 URL at 2006-05-18 17:29 #79D/WHSg Edit
Title :
TB&コメントありがとうございます。
>Kei さん
今や「大人も子どもも楽しめる」というのは、エンターテイメントの節理ですからね。大きなお友達だけに楽しんでもらっていては、未来が無いですから。
とは言いつつ、ハードな怪獣映画は大好物なんで、そっちもどしどし欲しかったりして… ワガママな自分との葛藤です。
>たましょく さん
私も、劇場版を観に行った時は夏帆のあの台詞に爆笑でした。
撮影的にはケータイ刑事の方が後だから出来る遊びでしたよねェ。
いや、しかしオ、オマージュ…ですかね、マイ様は…(^。^;)
どうせオマージュなら、「レレレ」とか「QED」とか入れてくれたりすると…ム、ムリすか…?
Commented by クマイヌ URL at 2006-05-25 10:36 #79D/WHSg Edit
Title :
遅くないなりましたが、トラックバックありがとうございました。
やっぱり始まる時に大映マークが出ないのはちょっと違和感があり寂しいですね。
イラストは味があって良いですね。(^(ェ)^)
Commented by tjtype1 URL at 2006-05-25 17:08 #79D/WHSg Edit
Title :
クマイヌ さん コメントありがとうございます。
ちなみに、当ブログ100番目のコメントでした。(管理人の返コメントも含めてですが)
いまや、完全に「大映」のネームが消滅してしまいましたからネ…
角川もせめて「角川大映」のままで、ネームを残すぐらいの心の大きさを見せて欲しかったんですが。リスペクトでも、オマージュでもイイから。

コメントの投稿


管理者にだけ公開する
TRACK BACK

トラックバックURL :

Tracked from プラスα空間 at 2006-05-07 21:21
タイトル : GAMERA
今日封切りになった映画、「小さき勇者たちGAMERA」を子供と一緒に見てきた。公...
Tracked from だってミ~ハ~なんだもん at 2006-05-07 21:30
タイトル : ガメラ
5月1日、「映画の日」(正確には映画ファンの日だそうですが)見に行った映画は『小さき勇者たち ~ガメラ~』です。本当は「ナルニア」見たかったんですが、朝早いか夕方とか夜のため断念しました。出てきた怪獣「ジダース」・・・・オロチかと思った。。。だって、あの
Tracked from でじたるあーかいぶ迷走ろぐ at 2006-05-08 23:34
タイトル : 小さき勇者たち -GAMERA-
 少し落ち着いたんでネタバレ御免の感想エントリ、いきます。まず結果から言ってしまえば、一生もの殿堂入り、一発で確定。自分的にはすっごいOKで逆に言えばなんでいままでこういう怪獣ものってなかったんだろって。自分の思いつくところではデジモン(テイマーズまで)に
Tracked from アンディの日記 シネマ版 at 2006-05-09 01:29
タイトル : 『小さき勇者たち ~GAMERA~』
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]        (公式HP) (公式ブログ) (壁紙)泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 癒し度[:おはな:][:おはな:]満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】田崎竜太【出演】富岡涼/津田寛治/夏帆/寺島進/奥貫薫/石川眞吾/成田翔吾/石
Tracked from Akira's VOICE at 2006-05-09 17:04
タイトル : 小さき勇者たち ~ガメラ~
「平成ガメラ」好きとしては物足りない映画でした。何もかもが中途半端すぎる・・・...
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2006-05-09 23:15
タイトル : 【劇場鑑賞47】小さき勇者たち ~GAMERA~
ガメラ~♪ ガメラ~♪つぉいぞガメラ つぉいぞガメラ つぉいぞガメラ~♪ガメラは少年のために。少年はガメラのために。...
Tracked from 猫姫じゃ at 2006-05-14 02:02
タイトル : 小さき勇者たち ~GAMERA~ 06年100本目
小さき勇者たち ~GAMERA~田崎竜太 監督ありがとう! あたしのG3 に対する昔年のわだかまり、ほぼ解消しました!京都から志摩まで、ず~っと戦ってきたんでしょ? その間に、あれだけいっぱいいたギャオスも、残りわずかになったんでしょ? そして最後に、......
Tracked from かりめろ日記 at 2006-05-16 02:30
タイトル : 【映画】小さき勇者たち GAMERA
■観覧場所 ピカデリー(センチュリー豊田)■■監督 田粼竜太■■脚本 龍居由佳里■■CAST 富岡涼 夏帆 津田寛治 寺島進 奥貫薫 石川眞吾 成田翔吾ほか■■あらすじ■ガメラは少年のために。少年はガメラのために。美しい海辺が広がる伊勢志......
Tracked from 映画レビュー トラックバ.. at 2006-05-17 12:31
タイトル : 「小さき勇者たち GAMERA(ガメラ)」レビュー
「小さき勇者たち GAMERA(ガメラ)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:富岡涼、夏帆、津田寛治、寺島進、奥貫薫、石丸謙二郎、田口トモロヲ、他 *監督:田崎竜太 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事からのトラックバックをお待ちしています
Tracked from お萌えば遠くに来たもんだ! at 2006-05-17 16:28
タイトル : 小さき勇者たち ガメラ
観てきました。<新宿ジョイシネマ2>面白かった。母を亡くしたばかりの少年にとって、「死」とは“昨日までそばにいた人が居なくなってしまうこと”。母の死によって、ともに残された父との日々の生活。いつも自分を気にかけてくれる隣の幼馴染の手術。突然襲い掛かってく
Tracked from 長江将史~てれすどん2号.. at 2006-05-17 20:51
タイトル : 必見!小さき勇者たちガメラ 公開中でっせ~~!!(笑)
※ガメラリンク集は→http://blog.goo.ne.jp/masashisandesuka/e/33e336c6e99c6854dcad4bfe222dadc7天保山ガメラトレーラーレポートは→http://blog.goo.ne.jp/masashisandesuka/e/b1469825c77d07a144e7b657d87c6edcyahoo無料公開(現在は終了しています)昭和ガメラ5作品の
Tracked from カノンな日々 at 2006-05-17 23:00
タイトル : 小さき勇者たち-ガメラ-/富岡涼、津田寛治
普段なら劇場で観ることはない怪獣映画。別に嫌いとか苦手ってわけじゃないですよ、日本が誇る特撮SFファンタジー映画だしゴジラもガメラもハリウッドスタークラスのキャラクターですからね。ある意味スーパーアイドル(笑)。今回あえて劇場観賞してみようと思ったのは、やっ.
Tracked from ブログリサ at 2006-05-17 23:17
タイトル : 映画「小さき勇者たち~ガメラ~」の試写会に行ってきました
今日は試写会に。会場前の列には子供たちがいっぱい。映画が始まるととっても静かになりました。前、予告編を見たときにすごくおもしろそうだったんですよね確かにおもしろかった。2時間はあっという間でした。子供の信じる気持ち、とても純粋。名古屋の街はめちゃくちゃに
Tracked from 厄年ぶろぐ at 2006-05-17 23:43
タイトル : 小さき勇者たち~ガメラ~
『小さき勇者たち~ガメラ~』。冒頭に繰り広げられる33年前の闘い、場所は伊勢志摩。その闘いで、ガメラは自爆することで3匹のギャオスを倒し人類を救った。そして現在、母を交通事故で失った少年・透は、かつて闘いがあった辺りの岩場で卵を見つけ、孵化したカメ.......
Tracked from お楽しみはココからだ~ .. at 2006-05-17 23:47
タイトル : 「小さき勇者たち~GAMERA」
(2006年 角川ヘラルド=松竹 監督:田﨑竜太) 旧大映(現在は吸収されて角川映画になった)の看板シリーズ「ガメラ」の久々の復活である。 ...
Tracked from みはいる・BのB at 2006-05-18 01:23
タイトル : 『小さき勇者たち GAMERA』 (初鑑賞32本目・劇場)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4)4月29日(土) 神戸国際松竹スクリーン2にて 16:40の回を鑑賞。...
Tracked from skywave blog at 2006-05-18 06:12
タイトル : シネマ日記 小さき勇者たち-GAMERA
「小さき勇者たち」のタイトルどおり、この映画の主人公は、汚れなき子供たち。怪獣ガメラをファンタジー物語に登場させてくれました。人間を救うため、必死に戦うガメラ。その...
Tracked from シネマをぶった斬りっ!! at 2006-05-18 07:22
タイトル : 小さき勇者たち GAMERA(評価:○)
【監督】田崎竜太【出演】富岡涼/津田寛治/夏帆/寺島進/奥貫薫【公開日】2006/4.29【製作】日本【ストーリー】美しい海辺が広がる伊勢志摩。交通事故で母親を亡くし...
Tracked from 何を書くんだろー at 2006-05-18 13:32
タイトル : 小さき勇者たち GAMERA
「小さき勇者たち」GAMERA評価 ★★★★☆(3.5)『あらすじ』 1973年、ギャオスの群れとの攻防戦の果てに、「自爆」をすることでギャオスを消滅させたガメラ。その後の日本では、巨大生物も確認されず、政府も巨大生物に対する研......
Tracked from Enjoy Life笙ェ at 2006-05-18 15:11
タイトル : 小さき勇者たち~ガメラ~
小学生の相沢透は最近母親を事故で亡くし、父親の孝介とは以来どこかギクシャクしている。そんなある日、透は生き物の卵を見つけた。卵はほどなく孵り、中から出てきたのは愛らしい子亀だった。透は子亀をトトと名付け、トトを育てることで悲しさを紛らわせる......
Tracked from ☆ 163の映画の感想 ☆ at 2006-05-18 19:45
タイトル : 映画館「小さき勇者たち~ガメラ~」
今回のガメラの幼少期トト、可愛かった~!大きくなってからのトトはガメラになったんだけど、やっぱり可愛い♪これじゃ、ガメラファンには納得できないような、、、私はあまり怪獣モノにこだわりはないのでどっちでもOKよ~~!ガメラの元気の元らしい、赤い石......
Tracked from 映画をささえに生きる at 2006-05-18 20:20
タイトル : 小さき勇者たち ~GAMERA~
金子監督のよるガメラ3部作、「平成ガメラ」と呼称されてきましたが、今後は「金子ガメラ」と呼ぶことになるんでしょうか。その金子作は日本の特撮技術の底力を示す傑作となりましたが、本作はジュブナイル路線に回帰。クリッとした目が印象的なガメラとなっています。...
Tracked from うっかりはんぞう at 2006-05-19 09:13
タイトル : 映画『小さき勇者達 GAMERA-ガメラ-』
「生きろ!トト!!」 いやぁ~、毎月1日はファーストデーでやんすよぉ~♪ 映画...
Tracked from ガラダマの英雄(ヒーロー.. at 2006-05-20 21:11
タイトル : 小さき勇者たち ガメラ
上映終了が近づいたころになって、ようやく見ることができました(苦笑)角川で製作された、初の「ガメラ」。徳間・大映が製作した「平成ガメラシリーズ」とは異なり、過去にガメラが存在した世界から話が始まっています。ですが、冒頭に複数のギャオスと戦うガメラ、99年の
Tracked from 映画とアートで☆ひとやす.. at 2006-05-25 22:48
タイトル : ★小さき勇者たち-GAMERA-@品川プリンスシネマ:5..
ブログをり移転したはいいが、いくら忙しくとも「リニューアルのごあいさつ」以外、新...
Tracked from 再出発日記 at 2006-05-25 23:41
タイトル : 祝!21世紀のガメラシリーズ再開
80年代に入り、お金の余裕が出来てからというものは、怪獣映画は残さず観る様にしている。数ある怪獣映画の中で最高傑作は「ガメラ3 邪神(イリス)覚醒」であった。だから今回の作品には多くは期待していなかった。心配だったのは、初期ゴジラシリーズがファミリー路線....
Tracked from 厄年ぶろぐ at 2006-05-26 00:26
タイトル : 小さき勇者たち~ガメラ~
『小さき勇者たち~ガメラ~』。冒頭に繰り広げられる33年前の闘い、場所は伊勢志摩。その闘いで、ガメラは自爆することで3匹のギャオスを倒し人類を救った。そして現在、母を交通事故で失った少年・透は、かつて闘いがあった辺りの岩場で卵を見つけ、孵化したカメ.......