FC2ブログ

「ヒーリングっど♥プリキュア」UnLock!


令和初のプリキュア「ヒーリングっど プリキュア」が来春より放送開始となるそうです。
新時代の1号となるプリキュアさんは、地球を手当てする医者の役割なのだとか。
名前に付いた「キュア」への原点返りにも感じられます。殴った後は優しく癒そう。


新たなプリキュアさん達は3人組で、花・水・光をモチーフにしております。先んじて公表されたタイトルロゴを見た時は色味が少ないから二人組かなーと思ったのですが、もう何も信用できない。

御三方はそれぞれに「重なる二つの花」「交わる二つの流れ」「溶けあう二つの光」と、二つのモノが重なる様を名乗り口上に持っている様子です。
調和というテーマは毎年の如く存在するシリーズですが、名乗りに直接置くことでゴールラインを提示しているようでもある。

公式サイトからは医者がモチーフである事と、「手と手」「手当」といったキーワードが散見されます。
傷に手を置く事で痛みが和らぐ「手当」と、シリーズを貫く「手を繋ぐ」コトを繋げて、「人と人の絆によって病から救われる」というテーマに落ち着くのであろうコトが当然に想定されます。企画書が分かりやすい。

公式サイトにある“地球の病気”という現象がどんなモノかは実際の描写を見てみないとですかね。
地球規模の話と、花・水・光という光合成モチーフを考慮すると、昨今注目度の高い環境問題を描くのかも…と思わせつつ、そこまでの情報はまだないかな。

地球を病気にしていた原因は人類にあったと気付かされ、プリキュアはアークの意思に従い人類を以下略。


そしてヒーリングっどさんも参加される春映画では、同じ1日をループするお話だと告知されております。
春映画は毎年新シリーズのテーマ準拠で作られているコトを考えると、今年も「過去を継承しつつ未来を作る」というテーマが踏襲されているようです。



今年はOP・ED曲も早速公開されていて情報量が多いなぁ
この動画のED曲の歌詞にも「今までもこれからも大切にしていこう」と歌われていて、やはり「過去から未来へ」のテーマが踏襲されているのが分かります。

ちな、OP曲では「ゆうきは最強」と、主演の悠木碧を讃えている(ちがう)。

近年のシリーズとしてテーマが踏襲されているというだけでなく、令和の新たな時代になったからこそ、時代の継承というテーマが映えると見る事も出来ましょうか。

新たな時代の王を祝おう。

仮面ライダーゼロワン 第15話「ソレゾレの終わり」/第16話「コレがZAIAの夜明け」

滅亡迅雷のアジトが判明し、強襲を仕掛けるAIMS。
戦いの果てに滅を倒す事が出来たものの、イズも深手を負ってしまう。
アークの意思により、滅が破壊される事は迅の成長に繋がると判断され、滅は身を挺して迅を守る。
一方で、イズは戦いの最中にあまりに呑気に登場して負傷してしまったのですが、これも実はゼアの意思だったのではないかと疑うレベルです。

復讐に燃えるコトによって心が成長する迅は、人類殲滅のために進行を始める。或人は、ヒューマギアが友達だというなら、どうしてヒューマギアを傷付けるんだと言葉を投げる。
この或人の言葉は迅の矛盾を突く言葉であるけれど、同時に或人自身にも降りかかっているコトでもある。ヒューマギアと人間の共存を信じているのに、社長としてヒューマギアを破壊しなければならない矛盾を抱えている。

シャイニングアサルトホッパーは、復讐の未来であるアサルトと、ヒューマギアとの共存の未来であるシャイニングが同居している姿。ジオウII とほぼ同じ意味合いでしょうか。
このフォームに変身するためには或人に復讐心が無いといけないので、イズが呑気に負傷したのはゼアの意思ではないかと…また疑念が深くなってしまうのだ。

滅亡迅雷が崩壊し、これでヒューマギアが暴走する事も無い…と思われていたのに、案の定再びヒューマギアが魔ギア化し、人々を襲い始める。ヒューマギアのセキュリティ対策が弱いからではと突き上げられる。そらそうです。

そこへZAIAの天津社長が飛電にTOBを仕掛けると言い出して来年へ続く。そして、この社長こそがアークを作り出した張本人だと仰る。

人類を滅亡させようとするアークを作ったのが人間だったというのは、知ってた定期ではありますが、滅亡迅雷の行為を正当化し得る情報でもある。
人類は邪悪なので滅びるしかない…と。

結局、理想を信じるのも邪悪な野望を抱くのも、人間でしかない。
或人が本当に倒さなくてはいけないのは人間だったわけで、それは滅亡迅雷がやろうとしていた人間殲滅にも重なって来る。
やはり人類が滅びるのが一番平和か…。

続きを読む

続きを読む

仮面ライダーゼロワン 第10・11話/第12・13話/第14話

えらくサボっておりましたが、絶妙にタイミングが合わなかったり、怠け癖が付いていただけなので、怠けていただけではないのだ…。

この間に放送されたのは、役者のヒューマギアが登場する大和田伸也編と、大和田氏を撃った犯人を追う暗殺ちゃん追撃編でした。

飛電の話題作りとして制作される事となった役者ヒューマギアを主役とした特別ドラマ。しかし、想像性の高い仕事をが求められる役者業に、ヒューマギアは着いていけず、大和田氏の信用を失う。が、或人のヒューマギアに夢を見る姿に感化され、大和田氏はヒューマギアの成長のために一役買うと言ってくれる。

アドリブが利かない役者ヒューマギアに対し、自分で台詞を変更する暗殺ちゃんの対比で、暗殺ちゃんがシンギュラリティ獲得に向けて成長している様が描かれます。同時に、役者に必要な想像性は“心”が無ければいけないというコトでもある。

人間には“心”があるからこそ、美味い寿司が握れたり、心を打つ芝居が出来たりする。
ヒューマギアと人間の違いを認識させることで「人間(らしさ)とは何か」を描いている。

■ ■ ■

成長して自我が芽生えた暗殺ちゃんを追って、旧世代ヒューマギアの探偵ワズが登場する12・13話。

シャイニングホッパー登場編でもありますが、まず最初の使用時は失敗してから後半で成功させるという展開が三条さんっぽい書き味ですね。
シャイニングホッパーは或人のデータ不足によって本来の能力を活かせていなかったとの事。そのため、データを補完するためにワズが犠牲となってシャイニングホッパーを完成させる。

イズの兄とされる旧型のワズ。現在形ISに対して、過去形のWASです。
つまりシャイニングホッパーに必要だったのは“過去”の要素なのです。
過去のデータを手に入れる事で、最初の発動時よりもゼロワンの攻撃パターンの可能性がずっと増える事によって、暗殺ちゃんの予測が作用しなくなる。

“過去”の要素を手にするコトによって、“未来”の可能性が広がるわけです。

ヒューマギアは人類の夢・未来だと謳う或人にとって、ゼロワンは未来を守るための存在です。
そこに“過去”のデータが注入される事によって、未来の可能性は格段に広がる。
これまで、或人は“未来”、不破さんは“過去”、唯阿は“現在”のテーマを背負っていましたが、それらが融合することによって未来は良いモノへと補強されていくという描写になっている。

■ ■ ■

そして14話。
衛星ゼアを管理する宇宙技術士ヒューマギアの兄弟が登場。
医者、刑事(役の俳優)、探偵、宇宙飛行士…これは平成ライダーモチーフの狙いでもあるのかしら…?

シャイニングホッパーがプログライズキーの過去データによって補強されたのと同様、アークもキーの過去データによって復活を遂げる。あえて違うとすれば、アークにはワズのデータが存在しないコトでしょうかね…。これが後々聞いて来るのかしら。

そうして出来たのがアサルトウルフのキー。あっさりと不破さんに奪われ、ヒューマギアにしか使えない筈のキーを使って見せる不破さんです。どいつもこいつも実はヒューマギア説が出るような行動を…。

不破さんは元々復讐という“過去”をテーマに背負っている人なので、過去データを補強して誕生したアサルトウルフには、未来を向く力は殆ど無さそうです。

或人がいつも言っている「人の笑顔」は、人類の明るい夢・未来を意味しているので、不破さんの言う「笑いなんかいらねえ」は、未来を信じておらず、より復讐への想いを強固にしている状態だと言えます。そういう意味ではアサルトウルフはかなり闇落ちに近いフォームであるなぁ。

しかし…シザースですら2週は登場したのに、1週で倒されるライダーが出て来るなんて…。

続きを読む

続きを読む

続きを読む

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


LATEST ARTICLE

CATEGORY


CATEGORY TAGS

LINKS



魔法つかいプリキュア! Go!プリンセスプリキュア ハピネスチャージプリキュア! ドキドキ!プリキュア スマイルプリキュア! スイートプリキュア♪ ハートキャッチプリキュア! フレッシュプリキュア! Yes!プリキュア5GoGo! Yes!プリキュア5 ふたりはプリキュアS☆S ドラえもん 動物戦隊ジュウオウジャー 仮面ライダーゴースト 手裏剣戦隊ニンニンジャー 仮面ライダードライブ 烈車戦隊トッキュウジャー 仮面ライダー鎧武 獣電戦隊キョウリュウジャー 仮面ライダーウィザード 特命戦隊ゴーバスターズ 仮面ライダーフォーゼ 海賊戦隊ゴーカイジャー 仮面ライダーOOO 天装戦隊ゴセイジャー 仮面ライダーW 仮面ライダーディケイド 侍戦隊シンケンジャー 仮面ライダーキバ 炎神戦隊ゴーオンジャー 仮面ライダー電王 獣拳戦隊ゲキレンジャー 仮面ライダーカブト 轟轟戦隊ボウケンジャー 仮面ライダー響鬼

これまでの記事