FC2ブログ
2019年 06月 10日
総理大臣をしている狩野澪子さんが実はリュウソウ族の一人であると明かされる。
そんな総理からマイナソーが生まれたものの、倒すのは自分が死んでからにしてほしいと頼まれてしまうバンバ兄弟。

数百年も人の世で生きてきた結果、愛する人々が自分よりも先に旅立つ事に耐えきれなくなったのだという。
しかし、人生はカードゲームと同じく、配られたカードで戦うしかないのだと語るのはバンバ。自分の条件の中でしか生きることは出来ないというそれは、乗り越えるしかないという厳しいエールでもあるし、新しいカードは与えられないという苦しみもあるような。
というか何で急にカードゲーム…事前にカードで遊ぶくだりがあったかな…。

コウのマスター達が弟子をかばって死んだ事と比べるなら、総理の願望は誰かに思いを託すでもなく消え去りたいという事であり、命と心が無に帰すだけと言える。
それでは行き場のないソウルがマイナソーとなって暴れるのみ…。

マイナソーが倒されると総理は自ら行方をくらまし、再登場を匂わせます。というか現時点では総理である必然が見当たらなくて、どういうコトなんだと思うばかり。

日本においての「王様」的な存在としての総理なんでしょうかね…それなら騎士との関係性からドラマが発生するかも…。

≪メッセージもどうぞ。
2019年 06月 10日
突如、空から降って来たのは時をかける列車デンライナー。その修理を順一郎おじさんに頼みに来るイマジン一同なのです。
劇場版があったからなのか、まだデンライナーのセット残っとったんかと妙な感心が沸き起こります。

かたやアナザー電王になったのは、姉を亡くしてその婚約者(?)に恨みを抱く青年というオリジナルの良太郎を反転させたようなお方です。また、見る限りでは平成ジェネレーションズは存在していないコトとなっているのかな?(というか仮に映画事象が存在していても、どこまでがアレなのか解釈が難しいのですけれど)

さらにソウゴを邪魔してくるのは、魔王になる未来を止めようとするゼロノスこと侑斗とデネブ。顔が同じ事はさらりと受け流す力技を見た。
「電王」を反転させたようなアナザー電王のゲスト達のドラマを、「電王」の設定とフォーマットで描こうとしているという…かなり「電王」みの高いエピソードではなかろうか。一種のセルフパロディ的でもある。

ゼロノスが出ているのが…ただのゲストなのか「電王」でやり残したことを掘り下げようとしているのか、ちょっと気にかかる点でもあります。愛理さんとの結婚は「電王」ではついぞ果たされていないし、その“未来”を描くとしたら今回がテーマ的にも好機と見えるのです。

電王ウォッチはあまりにナチュラルに渡されて全てのウォッチが揃ってしまう。
この電王ウォッチが良太郎のそれなのか、モモタロスのモノなのかで意味付けがちょっとだけ変えられそう。
借り物の時間でしか生きられなかったモモタロス達が自分の時間を手に入れるまでが「電王」だったので、それを他者に貸してあげる側になったというのならとても感慨深く思える。

良太郎のウォッチの場合であれば「おま、勝手に!」で終わるけれど。
TAGS : ジオウ
≪メッセージもどうぞ。