FC2ブログ
2018年 10月 22日
相手を強制的に自宅へ帰してしまう強制帰宅ビームに苦戦する両戦隊。ならば自宅の無いキャンプ生活をすればビームは実質無効化されるはずだと奇しくも双方考える事に。

強制帰宅ビームとかいうふざけたネーミングの出だしから、魁利にビームが効かないコト、帰る家が無いという闇を見せつける話が描かれます。
透真や初美花でさえレストランの下宿を自宅と認識しているというに、魁利はそうは思っていない。以前、圭一郎を介抱した際に登場したあのベッド以外に何もない部屋が魁利の部屋だとすると、その闇深さは前から提示されていたというコトになろうか。

自宅というのを「帰る場所」と考えると「過去」、「住んで居る場所」と考えると「今」の象徴であると捉えられて、快盗警察の双方のテーマで考えることは出来そう。
マグナムを手に入れた回では兄の幻影を撃った魁利。過去を取り戻したいはずなのに過去を捨て去り、とはいえ未来志向でもなく、闇落ち必至という印象でしたが(快盗の時点で闇落ちしているという説あり)、自宅が無いというのはやはり「過去」も「今」も存在しない者であると言っているかのよう。

魁利が「過去」「今」どちらも欠けていると仮定した場合、「過去」を取り戻したい快盗、「今」を守りたい警察、そのどちらも揃うことでやっと魁利を救えるのだというコトになりそう。
ドラマ面での共闘の道が見えて来るような…。
なるほど、繋がって来たかも…。

スーパー戦隊 各話レビュー
TAGS : ルパパト
≪メッセージもどうぞ。
2018年 10月 22日
アナザーウィザードを倒す為にはオリジナルのウィザードが何処にいるのか確認しないといけませんが、ゲイツはウィザードウォッチらしきモノを持ったキャンパーに遭遇する。
記憶を失っているキャンパーことマヨラーに思い出してもらうべく、アナザーウィザードをまずは倒す事に。

それに伴い、何で過去ライダーの歴史が消え、記憶が消えるのかというお話。アナザーライダーがオリジナルの歴史を奪い取ってしまう事で記憶が消える…というのは分かるとして、何故アナザーライダーを倒しても歴史が戻らないのか…まではまだ分からない。
物語の核心部分だけに、まだまだ…。

絶望から人を襲い始めたアナザーウィザードこと早瀬を2012年に行って倒そうとするゲイツと、2018年のアナザーウィザードと戦うジオウ。
もはや2018年のアナザーウィザードと戦っても意味無いでしょとマジレスをかますウォズさんに「ですよねぇ」と思いつつ、ソウゴは2018年の早瀬自体も救おうとする。

ただアナザーライダーを倒しただけではその人間を救うことは出来ない。ソウゴは2012年と2018年の早瀬を会話させることで、その心を解きほぐす。
時間モノを活かした解決法でなるほどなと。タイムパラドックス原理主義で見るとややこしいですが、こういうのは「ドラえもん」みたいに「おかしいのでは」が残るぐらいが面白いと感じるタチなので、支障なし。

ソウゴがどの人間にもフラットに接するコト、その人の心を救いたいと思っているコトなどが詰まった話になっていたでしょうか。
現時点でソウゴ自身は何もドラマは持っていないので、ソウゴによって周囲がどんどん変化していく物語。それは人々の心理や関係だけでなく、歴史も含めて…。

しかし、仁藤がゲイツからウィザードウォッチとビーストウォッチを貰ったなら、完全に晴人はノータッチになってしまい、オリジナルが介在しなくても誕生するというウォッチの謎がまた増える。

仮面ライダー 各話レビュー
TAGS : ジオウ
≪メッセージもどうぞ。