FC2ブログ
2018年 10月 15日
巷で人気のマジックショー。
そのあまりに見事なマジックに、これはもうアナザーライダーを疑うしかないでしょとソウゴ達。仮面ライダー特有の超速理解術。特に証拠は無くても怪しい奴はアナザーライダーと疑え。

アナザーウィザードさんは、勤めていた見世物小屋と支配人のお嬢さんを助ける為と思い、ウィザードの力で手品を見せる事にした。
オリジナルのウィザードも、ヒロインを救うためというのが最も大きな目的だったので、アナザーさんとはそれが共通している。
少なくとも劇場で手品を見せている時点では、ヒロインを救う事と大衆を喜ばせる(希望を与える)事が同期しているので、むしろ性質はオリジナルに近いとすら言える。

アナザーさんが頑張るも小屋は取り潰しが決まるし、ヒロインは婚約者がいるし…と、報われない。いや、でもオリジナルも報われてはいなかったのだけれど。
周囲の人間に希望を与え、周囲の人間のおかげで絶望しなかったのが晴人だったと思うと、アナザーさんはそんな人たちが周りに居なかったのかなと思える。
となれば、前回のエピソード同様に仲間について言及されている話になっているのも筋であるか。

仮面ライダー 各話レビュー
TAGS : ジオウ
≪メッセージもどうぞ。
2018年 10月 15日
ギャングラー怪人が町で配るネックレス。人間の怒りを吸収して爆破エネルギーに変換するとのコト。
普段から怒っている圭一郎もネックレスのおかげで大人しくなる…と咲也の狙いが裏目裏目に出る羽目に。

タワーに設置された爆弾を解除するには、咲也にかけられたうっかりミスの呪いを解くしかない。その為には先に怪人を倒さねばならない。
といったトコロでルパンレンジャーが手を貸してくれる展開。優しいなぁ、おい。
今回はほぼ警察のみでも成立する話にはなっているのだけど、一応テーマ通りに快盗との共闘を入れて解決したという感じだろうか。


怒りを吸収して最後に爆発するという、まぁまぁ棒ライクなアイディアなのですが、前回予告の印象と違ったのは咲也のお話だった事。
すぐに怒る熱血肌の圭一郎が怒らないように奮迅する様を楽しむ喜劇かなと思われたのですが、軸は咲也の自信を回復する話。
アイディアはどう見ても圭一郎を美味しく見せる調味料なだけに、ちょっと勿体ない気がするのだけども。

スーパー戦隊 各話レビュー
TAGS : ルパパト
≪メッセージもどうぞ。
2018年 10月 15日