FC2ブログ
2018年 10月 02日
巷で起きている連続女子高生失踪事件。
被害者の妙な共通点から、アナザーライダーの仕業と踏んでやって来たのは天ノ川学園。
案の定、姿を現したアナザーフォーゼとやりあう後、ライダー部の元顧問・大杉から現顧問である教師が残したフォーゼウォッチを受け取る。

これまでオリジナルの資格者からウォッチを継承するという儀式が行われていたので、その役者が登場しない場合はどう処理するのかが一つの懸念材料だったのですが、なんともあっさりと代理で済ませてしまった。
あ、なに、それでもいいんだ…。「本人から認められる」という部分が大事なのかと思っていたのだけど…そうかぁ、弦太朗は心が広いや。

2011年でフォーゼウォッチを用いてアナザーフォーゼを倒すも、アナザーフォーゼの中からアナザーファイズが出てきて次回へ。
アナザーライダーの重ね着、なるほどそういう仕様もありなのかと感心です。これで一度に二つのウォッチ販促が可能に…あぁ、うまい!

フォーゼとファイズ、「流れ星」というキーワードで繋げてはいますがテーマ的な繋ぎではかなり難しい両者です。
あくまで「ジオウ」のお話としては「仲間」を描くエピソードなわけで、フォーゼで仲間を絡めるのは定石として、ファイズを利用してそのテーマをやる難しさが垣間見えるかもしれませんね。予告で草加の事を「仲間だ」と巧が言ってましたが、拡大解釈ではなかろうか…と思ってしまう節があります。
まぁ、あの乾巧と草加はTVシリーズのファイズとは違う歴史にいるので、意外と仲の良い面もあるのかもしれないが。
いや、あるいはメタ的に「同じ番組内のライダー」という意味での「仲間」と言っているのかもしれない。などと次回の事について考えても仕方がない。

ファイズは平成ライダーの中ではむしろ孤高なイメージが強いだけに、仲間にいつも囲まれるフォーゼとの対比の中で「仲間」を描こうというコトなのかもしれない。
あくまで大事なのは「ジオウ」の物語だから。

仮面ライダー 各話レビュー
TAGS : ジオウ
≪メッセージもどうぞ。
2018年 10月 02日
ルパンが自ら隠したというお気に入りの一品ルパンマグナムを求めてルパンの隠れ家へとやって来たルパンレンジャー。
罠を掻い潜ってマグナムに近づくも、それぞれに取り戻したい者たちの幻影が目の前に現れるという罠(?)が待っていた。


氷漬けになって粉々になった大事な人たち。その幻影を自ら銃で撃たなければマグナムは手に入らないという。
幻影の中の人たちは、「消えてしまった自分たちの事はイイから未来へ向かって歩いてくれ(意訳)」と言ってくる。
所謂、過去に縛り付けようとする亡霊ではなく、むしろ未来へ向かってくれと背中を押してくれる亡霊です。凄くありがたい風に見えるわけですが、透真に初美花、ノエルはその亡霊を撃つことが出来ない。
大切な人を取り戻すためにコレクションを集めているのに、コレクションを集めるためには大切な人を捨てろと言っている。

その矛盾を処理できない3人は敗れるが、魁利だけは兄の幻影を撃つことが出来る。
ただそれは、過去を取り戻したいのに過去を捨てるという新たな矛盾にも見える。

兄のようになろうと背中を追っていた魁利ですが、兄を取り戻す為に始めた快盗が今では自分の天職であるように感じるという。
兄(過去)を取り戻す為だった行為が、結果的に兄への呪縛、コンプレックス(過去)を解消してくれたというのである。

ふむむ、果たして魁利のこれが良いのか悪いのか…というのが判然としかねる。
何となく、過去は変えられないけどそれも抱えたまま未来へ行こうという結論になる番組だと予測しているので、それに照らせば劇中善ともなり得ない気がしますが、かといって透真たちは時間が停まったままです。
どちらにせよマズそうというか…どうもアルセーヌ・ルパンの思惑通りに進むことは、決して快盗らを救うコトにはならなさそう…と現時点では感じますが。はてさて。

スーパー戦隊 各話レビュー
TAGS : ルパパト
≪メッセージもどうぞ。