2018年05月11日
2018年 05月 11日
本日放送は「ママをとりかえっこ」「ざぶとんにもたましいがある」でした。

「ママを~」は、こっぴどく叱られて家へ帰るのが嫌になった子ども達がそれぞれの親を交換してみるお話。
別の母親と接することで、母親と言う存在を客観的に判断し、また自分の事も見つめ直すことが出来る…という、なんとも教訓みの高い話です。
親の愛情という話を描く上で、変にイイ話にすると大人視点での押し付けになりやすいけれど、自分の親が変わったらどう感じるかと想像し、子ども視点で自分の結論を得られるのが良く出来ているなーと感じる。
「結局親だって人間だもんな」というのは好いセリフですよね。パパがおばあちゃんに甘える話でも、「おとなは甘える相手が居なくてかわいそうだ」と、子どもにとって絶対的な存在に映る大人を、子どもと同じ不完全な人間なのだと描いてくれている。結果共感しやすくなる。
同時に、いつも描いている価値観の変化、相手の立場で考えてみる様を見せているんだよなぁと。

「ざぶとんにも~」は、どんなモノにも魂を宿らせることが出来る“たましいステッキ”のお話。
SFなので実際の魂というよりかは、ロボット的な効果をもたらせるという解釈の方が近いのかもなぁ。
これまた、普段想像もしえないモノたちの身になって考えてみようという教訓性があったりして、実にF漫画らしい。
「せっかく魂が入ったのに戻させるか!」とモノたちから反乱が起きるのもSFの定番やなぁ…。
≪メッセージもどうぞ。