FC2ブログ
2018年 04月 09日
パトレンから快盗ではないかと目を付けられるルパレン組。
ほぼ勘だけで真犯人に行きついてしまうつかさ、刑事として有能過ぎるかもしれない。
とはいえ、いかに勘が鋭くとも証拠が無ければ起訴も出来ないし、公判は維持できない。国際警察は3人の監視を始めるコトに。

国際警察は誰の許可を受ける事も無くギャングラーを処分出来るという、かなり超法規的権限が与えられているものの、快盗の逮捕に関してはやはり証拠が必要であるとのコト。
ギャングラーに関してだけは超法規的なのだろうか。であれば、気に入らない者は全てギャングラーであったとしてしまえば何でも出来るなぁと、ここでも天下の悪法・対バイオロン法の穴が透けて見える。

犯行現場にルパンレンジャーが現れたのと同じ時間、レストランにも3人がいる事が判明してアリバイは証明され、嫌疑は晴れる。
3人に分身出来るアレ、何の意味があるのかとしれっと疑問だったんですが、こういう使い方が出来るのだなぁと。
怪盗モノの定番ネタとして楽しい。


フランスから来日した宝石デザイナーさんが持っているペンダントがコレクションではないかという情報から、本物ならばそれを頂こうと計画するルパレン。
かたやデストラもそのペンダントを突け狙う。デストラさんは、このバンダイから発売されるビークル系コレクションに大きな興味を抱いている様子です。もしかしたら小さいお子さんがいるのかもしれない…。

デザイナーさんはお姉さんと仲違いして以来、会えていないという身の上話をし、そこにシンパシーを感じる魁利。
会いに行けるうちに会っておいた方がイイのだと。

魁利のドラマに触れる話であるだけに、今までの「結果的に人助けもする」というのでもなく、ゲストを精神面から救うという割と王道的な人助けにもなっている。
という風に見ると、助けた代償というか署名的な意味で貰った今回のコレクションは、これまでよりも重みがあるとも感じる。

てなことをやっていると、今回はギャングラーごとコレクションを破壊されてしまって意気消沈のルパレン。
ルパvsパトとはいえ、ルパレンは最終回まで逮捕起訴される事はないだろうから、それまでは負け知らずやろうなーと思っていたのだけど、こういうカタチでの負けがあるのね。

スーパー戦隊 各話レビュー
TAGS : ルパパト
≪メッセージもどうぞ。
2018年 04月 09日
代表戦の結果を捻じ曲げて攻め込んでくる西都。さらにパンドラボックスの謎パワーによってスカイウォールは変形し、パンドラタワーが出来る。それは火星が滅びたイメージの中にもあった、あの建造物。

代表戦も終わって北都に戻りたい一海だが、この争いを最速で終わらせたいという戦兎の計略に乗ることに。死んだ三羽カラスからも背中を押される。
死んだ人間の想いを受け継ぐコトで、想いだけでも生き続けることが出来る。三羽ガラスや、万丈の恋人、葛城巧(死んではいないが)といった今は亡き者たちの想いと共にあろうとするライダーたち。

二つのボトルで変身するビルドは、自分と他人の出会いによって変化する変身を表してもいるかと思いますので、同じ仮面ライダーでも、この3人と自分の野望の為に戦うローグとの違いが鮮明化します。
破壊ではなく、絆を構築していく者としての仮面ライダーたち。

でもって再びみーたんの中から登場した火星の人。
曰く、火星の王妃ベルナージュさんとのこと。
火星を滅ぼしたのはエボルトさんで、もしかしたら万丈が勝利の希望になるやもと。

万丈、火星人なん…? と思われる中、石動マスターもスタークの人格とは別に残っていることが明かされる。
そういうテーマとはいえ、どいつもこいつも一人の肉体に2人格入っていやがるのですなぁ。気付くと普通の人間が全然いない。

東都首相から金を奪った罪で国家反逆罪として手配される戦兎。
そうすることで西都に入っても政府は関係ないと強弁するコトが出来る。また、その手配犯を追うということで万丈と一海も戦兎と合流できる。
戦争編が始まってからこっち、しばらく政府の意向の元に動いてばかりだったので、久しぶりに“自由”を手に入れたコトになる。
しばらくぶりの「自由の戦士 仮面ライダー」帰還。

仮面ライダー 各話レビュー
TAGS : ビルド
≪メッセージもどうぞ。