2017年 06月 05日
クロノスの側に寝返る事となった飛彩。
その理由はおそらく消えた恋人を復活させる為ではないかと推察され、飛彩は恋人がストレスを抱えた原因は自分にあるのだと自分を責めていた。かたや大我は、その責任を自分にぶつけておけと思っていたらしい。ライダーとしての苦しみも憎しみも自分が全て請け負っておきたいという事の様子。
全然興味ないけど、男同士の薄い本が…と思ってしまった。なんということだ…。
そして今更ですが、ニコがいないと大我の内心を解説してくれる人がいないので助かりますね、ええ。

檀政宗は消えた人間のデータを復活させられるというものの、飛彩に働いてもらうために完全には復活させない。なるほど、まさしく命をモノとしか扱っていない悪役の鑑です。

患者に医者の私情は関係ない、飛彩からの教えを実践するために永夢は戦う。たとえその相手が飛彩であっても。
互いに、命大事にと思う医者だからこそ戦う羽目になっていて、そもそも“消えた人間の復活”が劇中善としてありなのか否かもまだ見極めきれない。死んでないならそれでよしなのか、あるいは命への冒涜なのか…。
眼魂を15個集めていればこんな面倒な事を考えずに済んだのに…。

パラド達が考えたクロノス攻略法もなかなか上手い手だったものの(あんなチート級キャラの攻略を週イチで提示できる永夢とパラド…)、監察医の能力を持つ仮面ライダーレーザーターボによって無効化されてしまう。
といったわけで、死んだはずの貴利矢が復活…? というところで次回。毎回毎回、反則という訳でもない時でも、何某かのサプライズを仕込んで来ますね。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 06月 05日
ラッキー達がやって来たのは光を通さないドームの中の街。
中では昼間が22時間続いており、長時間労働によって酷使させられる人々は満身創痍であった。
その街のダイカーン・シャイドスは常に市民を見張り、悪口を言うだけでも即座に制裁が与えられる。しかしその姿は誰も見えないのだと。

市民に長時間労働を強いる恐ろしいダイカーンですが、自身も監視のために22時間働きっぱなしだので、物凄くタフな方であるというのが分かる。自分が楽をするために働かせているでもなさそうなので、自分がそれだけ働けるからお前たちも働けという体育会系の極みみたいな存在なのかもしれない。どうにせよ恐ろしい。

お話はガルとバランスの不和から和解、さらにヒカリキュータマの効能を示してくれる。
ガルとバランスはそんなに仲悪かったかなぁとも思いましたが、そこはサブライター回なので大雑把に見つつ、ヒカリキュータマの太陽と月に合わせてのチョイスになっているのだと分かる後半です。
だいたい新アイテムの販促回は、そのお当番のキャラがアイテムを使用することが多いわけですが、今回の様に使用者と効能者を別にするというパターンもあるのですね。なるほど。
これもまた人数が多いからこそのアイディアだなーと感じられますなぁ。
まぁ何で二人がパワーアップしたのかは分からないわけですが。

次回はデカレンジャーとギャバンが客演。今回、荒川さんが書いていたのはその為の…。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。