FC2ブログ
2017年 05月 29日
ポーズの能力によって、ライダーもバグスターも超越する仮面ライダークロノス。今後はライダーもバグスターもクロノスの管理下に置かれるという。仮面ライダーの敵さんらしくなってきた。

檀政宗は仮面ライダークロニクルを管理し、さらに世界中に販売していく予定とのこと。夢は世界一のゲーム会社になることです。
じゃあ、そのうち課金要素で強くなれる要素とかも追加してくれるんでしょうかね。今の所、パッケージ販売分の利益しか無さそうですが。

そもそもクロノスは味方側のキャラクターなので、攻略しようがないと黎斗は語る。ま、味方側にしてもポーズを使えるキャラってのは反則だろうと思いますが。
そこで永夢と黎斗が考え付いた攻略法は、黎斗が一度やられた際にクロノスのバグバイザーに侵入し、黎斗もクロノス同様のプレイヤーとして認識させるという裏技。
つまり、勝手にポーズボタンを押してしまう奴に対して、ポーズボタンを押し返すという手です。

しかして結果は飛彩の裏切りにあり失敗。
強引な方法の割に結構上手く行きそうだっただけに残念です。
あえていうと、この手はゲンムが死ぬことが必要条件だっただけに、命を大事にしなければならない永夢達がその手で勝つことはテーマ的に不可能だったのだと見る事が出来る。

やはり変身前に殴り掛かるしかないか…。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2017年 05月 29日
兄・スコルピオと再会したスティンガーとチャンプでしたが、別の場所での会談を提示させられる。スティンガーはそこで、スコルピオがドン・アルマゲ暗殺の為に潜入しているのだと知らされる。
兄は邪悪に染まったわけではなかったのだと安心したのも束の間、それはスティンガーから情報を聞き出すためのフェイクでしかなかったと分かり、スティンガーは茫然自失。

スコルピオさんの狙いはドン・アルマゲを始末して、自身が宇宙の覇者となる事。スティンガーも目的を隠してジャークマターに潜入したことはあったけれど、兄弟の見る方角はまるで違っていた。

スコルピオのライダーキックからスティンガーを庇ったチャンプは大破。ジュウレンジャーがキュウレンジャーになってしまった…。
ロボットなので復活しそうとはいえ、こんなシリーズ前半でメンバーの死を目にすることになるとは。これも人数が多いからこその自由度なのかもしれぬ。

たった一人の家族だった兄を信じたかったが裏切られ絶望したスティンガーに、吾輩がいるではないかとチャンプ。
キュウレンジャー各位が持っている目的は仲間の存在によって叶えられるという約束。
スティンガーの場合は兄を探す事でしたが、それは言い換えると「家族が欲しい」という意味であり、チャンプ以下キュウレンジャーのメンバーによって補填されうるってコトなのだなぁと。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。