FC2ブログ
2016年 09月 19日
自我を手に入れ、人間の無限の可能性に脅威を感じたガンマイザーは、グレートアイを取り込んでグレートアイザーとなる。
てゆかフレイヤがグレートアイだったんかい…。自立歩行出来たんだ…まぁ、元々子どもの声だったからああいう姿で現れるのはそこまで不可思議では無いけど。

グレートアイザーは街の人々を次々眼魂にしてしまう。
そんな中でも、人が人を守ろうとする姿が映し出されて、タケルもまた父と母の愛を感じて奮い立つ。
お母さんの謎の声と、ジャベルさんの活躍も回収して最終回っぽい。

人が誰かを守ろうとする想い、人と人が繋がる力、それは愛。
人と繋がり一体化しようとしていたアデルは愛を求めていたし、アデル化するイゴールさんが元に戻ったのもビンタという愛(?)だった。
人間の心はデミアによって融合しなくとも、愛によって繋がる事が出来るのである。

愛の魂、アイコンを使って他者の姿に変身する仮面ライダー。
デミアも他者の姿にさせているけど、そこに愛は無い。
アイコンとは「愛の魂」だったのだとここに至り分かる。
(え…じゃあ眼球である理由は…?)

絵や人形では瞳を入れた瞬間に魂が宿ると言われることが多いですが、ゴースト達もまた、顔に目が描かれた瞬間に別の魂が宿っている。
目は魂であり、魂は愛であり、目はEYEなのだ…。繋がった、脳細胞がトップギアだ。

最後の最後は自分の魂、オレ魂ってのがしっくり来て嬉しい。この演出の為に最近オレ魂の出番が全然無かったのかな?(ぇ)
15英雄が次々関智一ボイスで殴りかかってるのは、当然と言えば当然の描写なんだけどナンセンスさの方がどうしても前面に出てしまう。ズルイ。
皆から「お前は英雄だ」と声援を受けてライダーキックでグレートアイザーを倒す。合成では無い吊りのライダーキックに妙な感動。

グレートアイザーが消えるとグレートアイが現れ、タケルの願いを叶えてくれる。タケルの願いは眼魂になって消えた街の人々を元に戻すこと。
グレートアイは願いを叶え、オプションにタケルの肉体を復活させて宇宙へと消えていく。

人々は戻り、眼魔世界でもみな肉体に戻り、タケルも生き返っておにぎりを食べられるようになる。おにぎりのくだりは劇場版を見ていた方が思うところが多くてイイなぁと感じます。というかこの最終話は劇場版もしっかり受けての話だから、やっぱり見ていた方がいいっぽい。

まぁ、なんやかんやあったし、1年間のシリーズ構成には気にかかる部分も多いし、作中での説明も十分とは思わないですが、この最終話に関しては英雄や眼魂といったまとめるべきところはまとめてタケルも生き返ったので、良かったやん…と思える。
生き返ってOPにリンクした映像で満足感が溢れてきたので、その影響が大きい。
ベタだけどああいうのは大事なんじゃよ…。

総括は次回書こう…。

仮面ライダー 各話レビュー
TAGS : ゴースト
≪メッセージもどうぞ。
2016年 09月 19日
大王者の資格を手に入れ、ジュウオウホエールの力を与えられた大和。
当然、キューブホエールも仲間になるはずと呼びだしてみるも、何も来ない。
伝説もアテにならんと思っていると、海で巨大な水柱が上がったという報道を知り駆けつけると、そこにはキューブホエールとバングレイさんが。

巨大な水柱が上がったと報道されたら今なら100万人ぐらいが「ゴジラか?」と浮かぶのではないかと思いますが、その正体はキューブホエールさん。
ホエールさんはバングレイだけでなく、大王者の資格に認められているはずの大和をも拒絶して誰も近付かせない。

一方シャカリキな操はセラと共にホエールの探索に挑むも毒にやられて気を失う。今回次回と操とセラが距離を詰める話か。
バングレイさんがクバルさんと仲良く共闘しているのに対して、操とセラは噛み合ってない。このまま仲良し敵さんチームにやられてしまうのか…。

キューブホエールが何故大和をも拒絶するのかを軸に、話の動きはデスガリアン側で活発に動き出している。次回予告でホエールさんが手懐けられてしまうのが分かってしまったので、敵さんの内部紛争の先行きの方が気になったり…。
いつも同じ台詞しか言わないナリアもこういう事があるとちゃんと別の言葉を発してくれるんじゃよ(ぇ)。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。