FC2ブログ
2014年 10月 14日
ロイミュードによる連続殺人未遂事件は、実際は誘拐事件の残滓であった。
健康な人間を拉致しようと企んだロイミュードが、健康でない人間を現場に残してきただけのコトであったのだと。

実体を持たないロイミュードはシフトカー(?)の力で体を得て、さらに人間の体をコピーすることで強化されるらしい。
初回はどんよりなる重加速とそれに対抗出来るドライブの姿をばっちり提示し、今回は敵さんであるロイミュードについて言及し、通常運行する条件は既に整った。なんという安心感。

ロイミュードの目的が強い肉体…ということで見直すと、肉体と精神というモチーフが劇中のそこかしこに散らばっているのが見えて来る。

ベルトさんはかつて肉体を持つ人間でしたが、今はその頭脳・魂だけがベルトさんとして残っている様子。
ドライブとロイミュードはシフトカーでその姿を得るという共通項があるけれど、ベルトさん自体がとてもロイミュードに近い存在となっているのであるなぁ。

また、進ノ介のかつての相棒・早瀬は肉体を故障し刑事をやめている。
初代ライダーのサソリ男と同じ早瀬という名から(しかも本郷とは親友だった)、既に一部では裏切りフラグを指摘されておりますが、故障しているためにロイミュード同様、強い肉体を所望する動機は十分にあるのですよね…。

逆に、強い肉体はあるけど精神が備わっていないのが泊進ノ介。
その彼が精神だけのベルトさんを装着することでヒーローになれるという補い合う関係は、実にバディものらしい。
「考えるのやめた」という台詞も、体を動かすという意味ですしね。
またその口癖、“停車”しているネガティブな意味と、“考えるより先に動く”というポジティブな意味と、両方の状況で使われているのが面白い。

パイロット話で説明も多いので捜査シーン自体は力技で乗り切ったという印象がまだあるかな。刑事ドラマ的要素での見せ場は次回からに期待を。
しかし、見ていてとにかく爽快だなと感じる。1話2話とクライマックスで主題歌が流れますが、イントロが流れた時の一体感と高揚感がずるいです。カッコイイなぁちくしょう。
一年後、この主題歌が地球のメロディになってるのかもしれない…。

前回は「戦士ドライブ」というだけでしたが、今回「仮面ライダー」という名称が登場。
おそらく1話冒頭に登場した、バイクに乗ったドライブっぽい人のことだと思われる。
あのシーンを見た時は「てめー、ドライブのくせになにバイク乗ってんだよ!」と仮面ライダーとも思えぬ思いが出て来たものでしたが。

仮面ライダー 各話レビュー
TAGS : ドライブ
≪メッセージもどうぞ。
2014年 10月 14日
トッキュウジャーの本当の姿は子どもであった。
闇に襲われ逃げ出した時、その強いイマジネーションを見込んで、シャドーラインと戦えるようにと大人の体を総裁が与えたのだという。
しかし、戦いの中で闇の影響を受けてしまい、このまま戦いを続ければ子どもの姿には戻れなくなってしまうかもしれない…。
だので、トッキュウジャーは解散なのである…。

意外と人道的な理由で、優しさを垣間見せる総裁よ。
トッキュウジャーの正体は子ども…うちのブログでは未来人やろぅと予測していましたが…まぁ、あれです、当たらずとも遠からずです(負け惜しみ)。

戦いを続けていけば子どもには戻れず、取り戻したいはずのいつかの日常には戻れなくなってしまう。しかし戦わなければ当然取り戻す事は出来ない。どう進んでも取り戻せない…。
自分を取り戻すために戦い続ければ自分自身を失う…だがトッキュウジャーはそれを承知で再び変身する。子どもの姿の自分にお別れをして…。

戦っていくと失っていく…という安定の、いつもの靖子にゃんだ!
今回はトッキュウジャーのドラマの中で最も哀しくて熱い話でグッと来ていましたが、同時に「またいつものそれや」とニヤニヤしてしまう話でもありました。
自分とお別れするシーンとか、ほんまイジワルやで靖子にゃん…。

ハイパーターミナルが変形するハイパーレッシャテイオー。
烈車の姿に変形した際は「でけえ!」と最終玩具特有の巨大なインパクトを感じます。
ロボ形態がどう見てもただの箱ではありますが…基地変形モノはいつもそうか…。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。