FC2ブログ
2013年 09月 27日
「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」を全話視聴しまして。
まず純粋に単純にシンプルに大変楽しませて貰いました。面白かった。

ロボットアニメというモノに幼少期のノスタルジーが殆ど無い身なんですけども、それでも「俺達の思う“ロボットアニメ”」というイメージをちゃんと見せてくれる内容だったんじゃないかなと感じました。
こちらの“見たい”描写をちゃんと見せてくれるという、ただそれだけといえばそうなんだけど、心地よく入ってくるような。
簡単に言えば“ベタ”というコトなんですけども、どれだけ変化球を投げられるかというコトに注視している現21世紀のテレビ番組の中で、ストレートばかり投げてくるというのは稀有な存在に映りました。

内容に関するイメージとしては、詳しくないので漠然とした印象でしかないのですが…、“90年代の夕方アニメ”という空気を何故かひしひしと感じます。
ロボアニメに対してノスタルジーは無いんですけど、この何故か感じる90年代臭に「うはぁ、懐かし!」とノスタルジーを感じざるを得ず。
そういう意味ではベタというよりは、とても変なアニメですね。

とはいえ、今回書きたいのは内容面に関するコトではありません。
“面白かった”とか“王道ロボアニメだった”とか、そんなんよそ様でみんな書いておる。
個人的に「マジェプリ」で注目していたポイントというのが、“東宝がアニメ事業部を立ち上げて、初めて企画段階から関わったアニメ”という点なのです。
深夜アニメって、基本的に隙間産業みたいなニッチな商売なんですけども、そこに映像業界の“巨人”とも呼ばれる東宝がどういう戦略で立ち向かうのか…。
幼少期より東宝特撮で育った身としては大変興味深かったので、その点についてツイッターでちょいちょい書いていたコトをまとめてみた。

ただし、以下のテキストはほぼ推測に過ぎない事をご了承ください。

[『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』の戦い方を考える]の続きを読む

≪メッセージもどうぞ。