FC2ブログ
2013年 07月 29日
小学校の恩師・熊谷の息子の形見をファントムが狙うと踏んで、現在の持ち主を警護する事となった晴人達。
ゲートと模型の持ち主と、警護対象が二人になってるような構成に。

身体がヒビ割れ始めたコヨミの身が心配で、晴人は笛木に会うために熊谷に絶望してもらおうと思ってしまったり。
一瞬こっちも、ナイスアイディアじゃんと思ってしまいましたが、瞬平に叱られてしまいました。
瞬平が凄く久しぶりに仕事した!(えー)

一人で抱え込んで思い悩んでいるうちに腐ってしまう、とは熊谷の言。
もともと一人で何でもやりがちな晴人もですが、コヨミや譲の事を心配するあまり晴人や仁藤らもバラバラになっていたというコトですか。

晴人に利用されそうになったものの、それは晴人が自分を信じてくれたからだと言って喜ぶ熊谷さんはエエ人でした。
過去よりも今の人間が笑顔になれる事を願って、息子の形見を壊す熊谷さん。
これまでのゲートの中でも飛び抜けて精神面が強いと感じられるなぁ。
晴人が成長するならばこちらの方向だという一種の理想像のようでもあるよ。

晴人の悪いところをピシャリと叱ってくれるゲートのおかげで好い感じにカタルシスがあるかなと。

今回は熊谷さんと模型好きの酒井父子の二重構造という気がするんですけど、普通にやっていたら酒井父子の話だけで成立して、熊谷さんのポジションを晴人がやっていたという感じなのかな。
しかし、コヨミのことで脳みそがパンパンになっている今の晴人はヒーロー属性が欠如しているので、代わりに熊谷さんがそこを請け負ったという風に見れる。

初見、熊谷さんの方をメインゲストと考えて見てたので、なんでこんな構造なのかと思ってしまったのだけれど、そういう風に考えればいいのかなと。

仮面ライダー 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。
2013年 07月 29日
復活したデーボス様に成す術無しのキョウリュウジャー。
出撃可能なはずのプレズオンは何故か動いてくれず、弥生は困惑。
プレズオンに、自分に何が足らないのかと考える。

デーボスに滅ぼされた星に無くて地球にあるもの、それがブレイブ。
だからこそかつてデーボスを跳ね除けるコトも出来たということか。
アニメやら特撮やらで、マシンが上手く動いてくれない時に「気持ちが足りないからだ」というくだりがちょいちょあるんですけど、どうしても「いや、機械に気持ちとか関係ねーし」とドライに思ってしまうんですよね、ボクはね。
でもプレズオンの場合は半獣・半メカだので、このベタな流れもありなのだなと納得させられるカタチになってました。
まぁ、弥生さん自らブレイブインしたのは笑わせてもらいましたが。

しかし、何故ブレイブはデーボスにダメージを負わせられるのか…それはブレイブがデーボス細胞破壊プログラムだからである、というよもやの肉付け。
この、何となく納得させられる、なんちゃってSFな感じは嫌いじゃない。

こういったバトルもので“気持ちが強ければ勝つ”という方程式は分かるんですけど、その具体的な現象・効果は物理的に納得出来ないというドライな気持ちが子どもの頃からずっとあるだけに、こういう一個それっぽいコトを載せてくれる説明は凄く嬉しいのよ。

プレズオンのブレイブに対し、デーボス様の感情エネルギー。
今回勝てたのはプレズオンのブレイブが満タンだったのに対し、デーボス様の感情エネルギーはまだ充分ではなかったからと見える。
しかし、ブレイブと感情エネルギーの違いとは何なのかと思えてくる。
ブレイブは言葉だけ見れば「勇気」のことだけど、でもぶっちゃけ大差ないって気もする。怒り・哀しみだけでなく喜びもあるしなぁ…楽はいつ集めるのだろう…。

近しいモノだけれど実は違う一点がテーマとなるのか、あるいは同じモノ同士仲良くしようとなるのか…。
ブレイブはまだまだ謎に秘められているわい。

そして次回予告で普通に驚いた。
そう来るのか…。

スーパー戦隊 各話レビュー
≪メッセージもどうぞ。